2008年08月04日

最近、井上先生が紹介された記事。

井上先生が、メディカルChaiに紹介されています。
こちらでご覧になれます。

また、フォレスト出版のホームページでも紹介されています。

ベストセラー作家で、世界的なマーケッターの岩元貴久氏のメールマガジン【イ ンターネット虎の巻】でも紹介されました。
こちらでご覧になれます。

投稿者 inoue : 16:17 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月02日

新創刊のフリーペーパーに紹介されます

今度、十勝で創刊される、フリーペーパー「ポカチ」に紹介されます。
掲載ページはこちらでご覧頂けます。
どうぞご覧下さい。

投稿者 inoue : 15:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月24日

新しいいのうえ歯科医院が雑誌に掲載されました。

記事はこちらでご覧いただけます。

投稿者 inoue : 09:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月15日

財界さっぽろに紹介されました。

財界さっぽろ新年特大号に北海道の経済界の方と掲載されました。
大変光栄に思います。
記事はこちらでご覧いただけます。

投稿者 inoue : 09:51 | コメント (2) | トラックバック

2006年11月07日

解釈の仕方・・・

おはようございます。院長の井上です。

今日は、東京で日本産業心理コンサルティング協会の

サイグラムの講習会です。夜の9時までの講習会です。

私は、日本産業心理コンサルティング協会 認定コンサルタントでもあり、

認定インストラクターです。

今回も三日間の講演で、多くの先生が 院内での人材育成・人間関係に

悩んでいるお話を多く聞きました。

サイグラムを知ることで、本当に多くの問題を解決することが出来ます。

現在、サイグラム基礎・実践コース(医療関係者対象)の準備をすすめています。

是非、楽しみにお待ち下さい。

コミュニケーションの私の講演を聞いて下さった先生なら、サイグラムの価値は

十分お分かりしていただけたと思います。

 

さて、前置きが長くなりましたが・・・

解釈の仕方です。

皆さんの周りには、常に前向きに物事を解釈する人と、後ろ向きに解釈する人

がいませんか。すなわち、何でも良く受け止める人、悪く受け止める人です。

 

私が今日伝えたいことは、物事の解釈は必ずしも一つではなく、いくつもあるという

ことです。

そして、どんなことでも 前向きの、良い解釈ができるということを忘れないで下さい。

解釈を間違うと心が痛み、気持ちが暗くなり・・・どんどん悪い方向へ進みます。

例えば、問題が起きれば、起きるからこそ解決を知ることができ、

さらに、今後、そのことを起こさない慎重な対応ができるのです。

相手が時間に遅れてきたら・・・何か思わぬ出来事があったのかしら・・・

という別の解釈。お前が嫌いと言われたら・・・本当に嫌いなら、嫌いとも言わずに

その前に来ないはず・・・

 

解釈の仕方は、自分の気持ちを前向きにも、後ろ向きにもします。

同じ人生を生きるなら、前向きな解釈で、明るい人生を過ごしませんか。

 

批判や否定からは、何も良いことが生まれないということに、

早く気づくことが大切です。

さー今日も勉強頑張りますね。

投稿者 inoue : 08:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月06日

講演を終えて・・・

お久しぶりです。院長の井上です。

先週の金曜日から三日間東京で講演でした。

金曜日は、日本医療管理士研究会の経営学術大会でした。

日本を代表する医療コンサルタントの方と共に、私も

「コミュニケーションについて」の講演を行いました。

大変嬉しいことに、コンサルタントの方から懇親会などで、

とても素晴らしいと高い評価を得ました。

この講演内容は、日本産業心理コンサルティング協会

吉井先生が軸でしたが、今年、私が全精力を捧げてきた

勉強の質の高さを確信することができました。

 

土・日曜日は、SimPlant10周年記念講演会です。

日本を代表する素晴らしい先生との講演でしたが、

とても好評で安心をいたしました。

この講演でも、ある意味 自分の見ている方向をがどうかを

確認できた、とても良い機会でした。

 

評価とは、自分ではなく他人が決めることですから、もう少し時間が

経過することで、今回のことも分かるのかもしれません。

そう考えますと、自分の思惑と違う誤解により、評価されることも

あると思います。

いつも、正しい評価を受けるためには、どうすればよいのでしょうか???

皆さんは、どうお考えになりますか??

 

私が気づいたことは、何が正しいか、正しくないかではなく、

自分の行動・行為が相手に喜ばれるかどうか、役立つかどうかを

選択基準にすることではないかと感じました。

ただし、その時に、相手を限局しないことも大事です。

 

私の講演の評価は分かりませんが、高い結果のときは、

今日の私のコメントが間違っていないと言うことなのかも

しれません。

では、今日も頑張りましょう。夜は、銀座で診療です。

投稿者 inoue : 13:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月02日

モチベーションを高く・・・

おはようございます。

昨日は、院長室やスタッフルームの引越しでした。

12年間過ごしてきた部屋を壊すのを見ていますと、

少し寂しい感じもします。

病院は、医療関係者の方が驚くくらい、大きく変貌します。

外観は、大きく変わらないのですが、中の空間と設備が全く

違います。

特に、今回は、手術環境、メイテナンス環境、消毒環境の

この三つに関して、相当充実しています。

完成しましたら、ブログでも写真を掲載しますね。

 

さて、明日から三日間、東京で講演です。

とても大切な講演ですので、モチベーションを高くしなくていけません。

では、どのようにしてモチベーションを高くするのか・・・・

 

自分の好きな音楽を聴くの良いでしょうし、自分が成功した瞬間を

イメージするのも良いでしょう。

しかし、最近の私のモチベーションの維持の方法は、

自分らしく、楽しくです。それ以上、基本的に今の実力しか無いのですから、

自分らしく、楽しもうと思うと気持ちが楽になり、元気が出てきます。

 

飾らない自分、自然な自分が一番よいと 私は、感じます。

今日も自分らしく、過ごしましょう。

投稿者 inoue : 08:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月31日

何をすべきかを明確に・・

おはようございます。今日は、手術日です。

麻酔科医の先生と共に8名の患者様の手術です。

手術も普段の仕事も同じだと思います。

すなわち、段取りをしっかり行い、何をすべきかを

明確にするということです。

 

例えば、心臓外科医が難しい手術を何故、成功することが

できるのかを考えてみてください。

選択と集中ができているからです。

心臓手術中には、面会もしませんし、電話にも出ません。

目的に対しての結果が得られるまで、終わることがないのです。

では、私たちの普段の生活は、どうでしょうか。

人が来ればお会いし、電話がくれば出られますよね。

目的に対しての結果が得られなくても、中断です。

 

選択と集中は、とても大切です。

 

目的に対しての結果を得るためには、何が大切かを少しお考え下さい。

そして、自分の生活と行動を振り返ってみてください。

きっと、何か気づかれると思います。

私も今日の手術、選択と集中で頑張りますね。

投稿者 inoue : 08:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月30日

伝えることで・・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、札幌で筒井先生の咬合療法研究会で、発表してきました。

3日前の急な依頼でしたが、私の親友が主催でしたので、お受けしました。

筒井照子先生は、前回のクインテッセンス国際シンポジウムでも、

一番会場に人が集まった先生です。

私も何度も勉強をさせて頂いていますが、とても、先生と価値観を共有でき、

来週からの講演にも少し自信が持てました。

 

さて、伝えることで・・・・

そのように講演会など会場に行きますと、若い先生に質問や意見を

求められることがあります。

そしてお応えしていますと、どんどんとアイデアが浮かんでくるんですよね。

「8つの習慣」の原著の中で、教えることで95パーセントの理解と書かれて

いましたが、伝えることで多くの学びが自分自身にもあることに気づかされます。

一人でもんもんと内に秘めていても、意外とアイデアは湧かないし、気づきも

ないものですよね。

 

自分の感じたこと、気づいたこと、考えている事を人に伝えてみては

如何でしょうか。

 

きっと、自分自身の何か変化に気づきますよ。

今週は 東京で、金・土・日曜日と講演です。しかも、ジャンルが違いますので、

さー今晩から練習です。では・・・。

投稿者 inoue : 08:37 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月28日

常に挑戦を・・・

今朝は、6時から仕事をしていました。

おはようございます。今月と来月で6講演です。

しかも、内容は、医療専門から経営、啓蒙・・・

すべてが違う内容ですので、常に動きながら考えています。

しかも、増改築の引越し・・・、「先生、2日は院長室の引越し」だそうです。

しかも、診療後です。どうなるのでしょうか・・・?

 

そこで、常に挑戦です。

私のモットーは、挑戦です。常に挑戦する事を心がけています。

命を燃えつくして、人生を終えたいですよね。

上手く行かないときこそ、挑戦です。上手く行っているときもです。

 

よく、問題点や欠点ばかりの改善をする人がいます。

それは、成長でなく、現状維持なのです。

マネジメントの神様と言われたP.ドラッカーは、イノベーション(新しい事業への挑戦)

こそが成長であると言っています。

何を恐れて挑戦をしないのでしょうか・・・

成功の反対は、平凡です。

平凡は、必ず衰退します。 ですから、挑戦をするのです。

人生、自分の才能を使うことなく、周りと同じ、と感じて平凡に生きている人が

あまりにも多くいると思いませんか。

 

少しだけ外に目を向けてください。同じ年で、どうしてこんなに人生が違うの???

必ずそう思う人は、たくさんいるはずです。

違いは、学歴でも、環境でも・・・なんでもありません。

違いは、思考と思考を具現化する、根性をもって挑戦しているかの違いです。

実は根性を、忘れているんです。

かっこいいこと言っても、最後は、根性を持って、常に挑戦ですよ(微笑)

では、今日も素敵な一日を・・・

投稿者 inoue : 07:38 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月27日

計画を実現するには・・・・

こんにちは、院長の井上です。

だんだんと寒くなってきましたね。

さて、皆さんは、来年の計画をどのように決めていますか。

 

私は、必ず手帳に書くようにしています。

書くと、殆どが実現できるからです。

嘘でしょ・・・・

そう、思いますよね。私も嘘とまでは、思っていませんでしたが、

半信半疑でしたね。

しかし、ある年から書き始めたんですね。

そうしましたら、その年に全てが実現できたんです。

それも、それまでかなり「こうなればいいなーくらいの夢のようなことも」

全てが実現されました。

私は、かなり成功書やプログラム、講演会に参加していますが、

もう入りきらないくらい学んでの答えは、

「書いてある通り、どれだけ素直に行動できるか」これに行き着きました。

 

そのことに気づいてからは、もの凄く気持ちが楽ですね。

 

中途半端に時間と行動と投資をしていたら、私も半信半疑で人生を

終えていたかもしれません。

 

だから、今年も来年の計画を手帳に書きます。

今、沢山の手帳がでています。楽しみながら、探してみては如何でしょうか

 

投稿者 inoue : 11:39 | コメント (1) | トラックバック

2006年10月26日

無理せず・・・

おはようございます。院長の井上です。

本当に仕事が多くて・・・(笑)

来週は、今、この院長室も改築のため引越しです。

11月4講演あるうえに、増改築、引越し、本当に激動の毎日です。

 

12月からは、少しゆっくりしたいですね。

 

昨日の朝は、ニューヨーク大学の方と1時間ほどスカイプで話を

しましたが、大きな課題を与えられました。

自分が望む、望まざるに関係なく、周りがどんどん動いている感じが

します。

 

年末には、来年の目標をしっかりと手帳に書き込まなければ・・・・

 

今、決めているのは、

診療:東京歯科の教授から来年の世界歯科学会日本代表で2時間

講演依頼があるそうで、発表する患者様の症例を頼まれました。

気合を入れて頑張らなければ・・・

サイグラム:これは、企業コンサルを含め、生涯の私のスキルにしたいと・・・

学術セミナー参加;世界の・・・という先生の3ヶ月コースを受講します

それと、ニューヨーク大学からの・・・・。他・・・・。(ドラッカーマネジメント構築・・)

来年は、講演を出来るだけ受けないようにします。

新しい病院で全力で仕事をしたいので。

 

しかし、無理せず、自分らしく、楽しくですよ。

ワクワクしながら毎日を過ごした結果が、一年でありたいですから・・・・

皆さんも、そろそろ来年の計画を考えては、如何でしょうか(^^)

投稿者 inoue : 08:39 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月23日

健康のために必要なもの・・・

みなさん、こんにちは。院長の井上です。

週末は、インプラント・アドバンスセミナーに参加してきました。

いかに侵襲を少なく手術をするかが、テーマでした。

色々な先生の考えを聞くことは、とても勉強になります。

 

最近、患者様から歯科治療以外にも健康面からのサポートをして

欲しいと言われることが多く有ります。

出来れば、世界的にも認知されているものを病院で扱いたく思い、

昨夜は、4時間ほどブログのサイドで書籍を紹介している岩元さんの

知人でサプリメントを扱っているスペシャリストの方とお会いをしました。

素晴らしいものでした。早速、私は迷わず注文をしました。

まず、私自身が体験し、それから患者様にもご紹介をしたく思います。

やはり、患者様や仲間の歯科医師にお伝えするにも、自らが体験し

納得することが大切ですから・・・

出来ましたら、年内には、紹介をしたく思います。

是非、興味のある方は、私に聞いてください。

 

健康は、本当に大切ですね。

自分自身も年をとると、本気で健康によいものを探すようになりました。

その結果、患者様にもご紹介できることを考えますと、年をとることで

よいものを紹介できるのかもしれませんね(^^)。

投稿者 inoue : 18:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月20日

相手の伝えていることの理解・・・・

おはようございます。院長の井上です。

毎日、増改築がもの凄い勢いで進んでいます。

11月後半2週間は、休診となります。12月4日(月)

リニューアルオープンです。

人生第二のスタート気合を入れて頑張りますね。

 

さて、今日は、相手の伝えていることへの理解・・・

 

本当に難しいですね。

講演をしても、もの凄くよかったと思う人も居れば

そうでないと感じる人も居ると思います。

相手が何を求めているか、または、成長の段階でも違うと思います。

 

この成長の段階というのが、実にあります。

 

私も大家と言われる先生と二人ご自宅で勉強をさせて頂く事がありますが、

あたりまえの事の話が多いのです。

しかし、その話に実は、真実があるということを

自分の成長と共に分かってきます。やはり、深みがあるんですね。

 

例えば、安岡正篤先生の「十八史略講義」を聞きます。テープでですよ。

しかし、さっぱり理解が出来ません。価値があるお話と言われても・・・・

しかし、何度も聞くと、うなづけるような時が来るんですね。

 

立場の違う人の話を聞くときは、謙虚に、繰り返し聞くことで、

必ず得るものがあると感じます。

相手の表面的でない、深みを是非、学ぶぼうという姿勢を

持つことは、とても大切です。

今週末も多くの方とお会いをします。素晴らしい人との出会いから

成長が出来たらと思います。

投稿者 inoue : 06:47 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月19日

喜びの大きさとは・・・・

おはようございます。今、朝の5時半です。

講演準備のために早起きです。講演の準備も重なると大変ですが、

講演でもないと、のんびりした生活になるのでしょうね。

同じ大変なら、大きなほうがよいと思い、責任の大きな講演ばかり

受けています。

 

さて、昨夜は、サイグラム認定コンサルタント合格の通知が来ました。

本当に嬉しかったです。

この半年間、本当にある意味サイグラムに専念してきました。

サイグラム開発者の吉井先生は、とても心が広く 優しい方ですが、

サイグラムの試験に関しては,とてもシビアです。

この講座は、聞くところ約1000名の申し込みから、

アドバイザー受講資格者、インストラクター受講資格者、コンサルタント受講資格者

をまず、論文と試験で選抜、約160名がアドバイザー、62名がインストラクター、

18名がコンサルタントまでの受講資格合格がもらえます。(受講資格ですよ!)

さらに、コンサルタントまでは半年間、一日12時間の講義を 30日間受け、

企業分析・論述・カウンセリング試験で合否が判断されます。

第一回認定インストラクター合格12名、コンサルタント合格7名です。

インスタラクター合格も涙が出そうなくらい感動しましたが、

コンサルタント合格は、さらに感動でした。

いつ通知がくるかと、パソコンをどれだけ開き、確認をしたことでしょうか。

ある意味、いつも結果は 厳しいものですが、サイグラムを真剣に伝えたいという

吉井先生の思いの強さと真剣さだと思います。

(本当に受講生の試験課題のビデオなども、具合悪くなるくらい

 真剣に、集中して評価をしてくれているそうです)

 

しかし、今回は、大変なもの、努力したものほど、喜びが大きいと実感しました。

43歳になって、このような感動を得られることは、本当に幸せです。

新しく病院も 12月にニューアルオープンします。

私にとりましては、第二の人生への挑戦の始まりです。

歯科医師として、サイグラムコンサルタントとして、精一杯、末永く

頑張りたいと強く感じた昨夜でした。

 

やはり、挑戦は、生きている限りしたいものですね。

昨夜は、合格通知を受け、多くの方に感謝をしました。

投稿者 inoue : 06:47 | コメント (5) | トラックバック

2006年10月16日

講演を終えて・・・

おはようございます。院長の井上です。

昨日、講演が終わりました。

本当に沢山の方が来ていました。

7000名近い参加だそうです。

昨夜、MAXインプラントセンターの波多野尚樹先生とお食事を

いたしました。

私の尊敬する先生の一人です。

波多野先生に「4年に一度の歯科のオリンピックですから、井上君、おめでとうと。」

と言われた時には、とても嬉しく感じました。

 

嬉しいとはどういう気持ちか・・・

勉強を教えていただいた先生へ、少しですが恩返しできた感じが

嬉しかったということです。

最近ではサイグラムもそうですが、いかに自分に教えて下さった

先生に恩返しできるような成長ができるかは、とても大切だと思いました。

明日は、東京歯科大学で講義です。

学生に夢を持ってもらえる、そんな講義をしたいですね。

自分が沢山の先生から夢を与えていただいているように・・・

 

講演を終え、多くの方に感謝をした、素晴らしい一日でした。

投稿者 inoue : 07:48 | コメント (1) | トラックバック

2006年10月14日

友人との出会い・・・

こんにちは、院長の井上です。

国際シンポジウムで横浜に来ていますが、

全国から歯科医師や技工士・・・7000名以上が来ていると思います。

明日は、講演です。少し緊張しますね。

今晩は、練習かな・・・・(^^)

これだけ大きなシンポジウムになりますと、本当に親しかった友人とも

久しぶりに会います。

ずっと会っていないのに不思議ですね!

昔と気持ちが全く変わらなく、会えるんです。

 

そこで、友人との出会いから思うこと・・・

 

人は、本質的に持っている、性格や気質は、変わらないということです。

後天的に変わるものと、変わらないものがあることに気づきます。

すなわち、サイグラムは、本来のその人の性格や気質を知ることができます。

サイグラムを学べば、学ぶほど、その凄さに気づきます。

私は、飾らない、本来の自分を出して友人と会っていますと、

凄く気持ちがよかったです。

 

人は、生まれ持った本来の自分の性格や特質に対応してくれたら、

物凄く心地がよいということです。

 

そのように人と接することは、難しいことでありません。

 

私は、友人と話をして決意をしました。

多くの友人、歯科医師のために、サイグラムを伝えていこうと・・・。

 

ここで、少しだけ・・・・

人は、「考え方」・「感じ方」・「動き方」のどれかを軸とした性格・特質が

あります。

「動き方」を軸とする人に、いくら説明をしても価値観が合いません。

このように、本来の人の性格や特質を知ることは、とても意味があります。

上記の三つを意識するだけでも、人生が変わりますよ。

さらに詳しくは、セミナーを開催しますので、お待ち下さい。

私の学んできた全てを出し切る、サイグラムセミナーにしたいと思います。

投稿者 inoue : 16:49 | コメント (1) | トラックバック

2006年10月13日

いかに普段が・・・・

おはようございます。院長の井上です。

今日から横浜の学会へ行きます。

学会の準備をしていますと、本当に思うことがあります。

講演すると言っても、急に勉強しては出来ないということです。

 

憶えられませんし、そういう話には、深みがありません。

 

そこで、感じることは、

いかに普段が大切かということです。

 

普段から、勉強をして学ぶ習慣を身に付け、体にしみこますように

するということです。

そして、日常の会話で、常に学んだ事を人に伝えること、

本当に、それくらいあたりまえにならないと本質的な話は出来ないと

思います。

自分だけで学んだり、人に伝えないと、知っているようで、

知識が定着していないんですね。

講演の準備をしていると、本当にそのことを感じます。

 

さらに、自分の軸をしっかり持つことも大切ですね。

この軸を中心に学ぶこと。全ては、軸に連動していることが大切であり、

その結果、身に付いた事には、深みと底力があります。

皆さんも、軸をしっかり持ち、学ぶとよいですよ。

そうすると、圧倒的な力と魅力を持つことが出来ると思います。

さー楽しんで講演をしてきますね(^^)

投稿者 inoue : 08:50 | コメント (1) | トラックバック

2006年10月12日

話の聞き方、仕方・・・・

おはようございます。院長の井上です。

明日から来週の水曜日まで、クインテッセンス国際シンポジウム

講演と東京歯科大学での講義で出かけます。

少しでもお役に立てる講演をしたいと思います。

 

さて、素直な心・・・

 

人から色々な話をされることが、あると思います。

なかなか、素直に聞けなくありませんか???

自分では、素直のつもりでも、周りがそう思っていないかも・・・。

 

人には、色々な価値観があります。

だから、面白いと思うんですね。

社会的な地位だけで、価値観が高いとも限りません。

 

では、素直になるためには、どうしたらよいかということです。

私は、人からの話は、その人の今の気持ちをただ

伝えているという気持ちで受け止めています。

ですから、まずは、聞くことです。

意見を言うから、話が変におかしくなるのであって、

心を開いて全て受け入れることです。

そして、全てを聞くことによって、相手の心にもスペースができて

こちらの考えや意見も素直に聞いてくれるのです。

 

簡単なようですが、意外と出来ていないものです。

今日から少し 話の聞き方、仕方を変えてみては如何でしょうか。

投稿者 inoue : 09:50 | コメント (1) | トラックバック

2006年10月11日

相手を認める・・・

おはようございます。院長の井上です。

今は、今週末の講演の準備をしています。

どのような構成で、どのように伝えるべきか。

同じ時間を会場で共有してくれる先生方へ、

一つでも心に残る講演会ができたらと思います。

 

今日は、相手を認めること・・・・

 

昨日から新しいスタッフが二名来ています。

初めは、大変だと思いますが、少しづつ成長して欲しいと思います。

実は、この少しづつという気持ちが、大切であり相手を認めるという

ことなのです。

私もこのことに気がつくまでに、すごく時間がかかりました。

 

例えば、どんなに価値があると思う話でも、それを決めるのは相手です。

すなわち、相手の評価がまずは、初めにあるということです。

そして、自分もいつも努力し、完璧な行動をしているわけではないのですから、

自分の出来ない事を、相手に押し付けない、強要しないことです。

 

そうですよね。上を見ても 下を見ても、切がありません。

今、自分の目の前の人を素直に認めること、それがあるからこそ

また成長も出来ると思います。

 

人は、それぞれが自分を認めて欲しく、そして少しでも努力して成長したい

そう、思っていると思います。

結果を急がないこと、このことは、とても大切です。

必ず人は、成長するのですから・・・・。

投稿者 inoue : 09:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月10日

時間の大切さ・・・

おはようございます。院長の井上です。

皆さんは、連休をどのように過ごされました?

あっという間に過ぎたと思う方、ゆっくり過ごせたと

思う人もいたと思います。

 

最近は、すごく時間が大切だと本当に思います。

 

お金で買えるもの、買えない物があります。

よく考えてみますと、殆どがお金で買えないものばかりです。

買わなくてもよいものにお金を使っている人は、そう感じないかもしれません。

買う前に、よく考えないで行動している人も、そう感じないでしょう。

しかし、よく考えると本当にお金で買えないものが、とても大切なんです。

 

愛情・信頼・実力・環境・時間・・・・挙げれば切がありません。

その中で時間というのは、一番大切だと思います。

時間が無ければ、何もすることができませんから・・・・。

 

世界中すべての人に与えられている時間を

どう感じ、受け止めるか。

時間を考え抜いて、どのように活用するかしかありません。

 

皆さんに、今日お伝えしたいこと、それは、時間の大切さです。

時間を無駄にしていませんか?

大切な人を失ったとき、自分が病気で動けなくなったとき・・・・

そんな体験を思い出したり、考えてみてください。

あの時、もう少し・・・そういう気持ちを誰もが持ちませんか?

 

時間に後(あと)は、ありません。

今、この瞬間を仕事に、出会っている人すべてに

悔いのない時間を使ってください。

 

時間は、確実に過ぎ去っていきます。全力で、一生懸命に使った時間は、

人生に大きな成果と思い出を与えてくれます。

そう、信じてください。

さーこの瞬間から時間、本当に大切にしてくださいね。

 

では、今日も素敵な一日を過ごしましょう。

投稿者 inoue : 08:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月07日

全ては、選択・・・

おはようございます。院長の井上です。

私は、嬉しくて涙がでました。

それは、多くの方から励ましと勇気の出るコメントを25件も

頂いたからです。

しかも、日本からだけではありませんでした。

(是非、コメントをお読み下さい。多くの気づきがあります)

 

今、このような時代だからこそ、〈変わらなくてよいこと〉、

〈変わるべきこと〉の選択をしっかりとすることが大切なのです。

 

全ては、選択ということです。

 

私たちは、言葉も自分が意識・無意識に係わらず、選択しているのです。

「頭にくる・・・、一緒にいても面白くない・・・」

このような言葉からくる、惨めな感情も含め、自分の行動の全てを

自分が選んでいます。

そうですよね。

「遅いよ」と文句を言うとしますね。

それが、「今日が待ち遠しかったよ」と言葉の選択、自分の気持ちが違います。

 

他人が私たちを惨めにしたり、幸せにしているのではないということです。

私たちは、人から意見など情報を与えられ、脳でその情報を処理し、

自分で何かを決める。すなわち、自分で選択して、その結果、行動します。

 

例えば、病気になったとしても、それは、過去の選択の積み重ねてきた

自分の選択の結果が、病気という結果をもたらしているのです。

 

選択の仕方で、毎日の生活する気持ち、結果・・・

          将来の起こり得る全ての現象が・・・

決まってきます。

 

どのようにして、選択をすべきか???

きっと、それは、自らの学習と多くの人からの声、そして、自らの体験などの

情報からの選択です。そこからくる、習慣やクセかもしれませんね。

私は、〈市民フォーラムの件〉で、多くの方から励ましの声を頂きました。

この素晴らしい方々の声からの選択は、時代を変える選択になると思います。

本当に感謝しています。

そして、本当にコメントから多くを学びました。

 

皆様のお陰で、貢献できる選択だと確信をしました。

では、素敵な週末をお過ごしくださいね。

投稿者 inoue : 07:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月05日

調和は本当に大切でしょうか・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、ある方から意見を頂きました。

市民フォーラムの件です。市民フォーラムは、NPO主催で

私は依頼を受けて講演を行います。

今回、主催するNPOは、国立大学でも健康のフォーラムを

手がけてきている実績があります。

 

なぜ、私がフォーラムの依頼を受けたか・・・

 

私が歯科医師として物事を決めることで、一番大切にしていること、

それは、「自分の行為が患者さんにとって良いことかどうかということ」です。

例えば、健康フォーラムを行うにあたっても、この行為が地域の患者さんに

とって良いことかどうかが、選択の大きな基準でした。

 

私は家族で大事故の経験をしました。妻は、半年ICUで植物人間の

可能性もありました。何とか助かり2年半入院をしました。

入院中、多くのお医者さんに診てもらいました。

その時、あまりの価値観の低い医者にも会いました。

もし、このような医者の意見しか知る機会がなければ、失明をしていた

かもしれませんし、車椅子の生活もしていたかもしれません。

しかし、これが医療の現実です。

 

医者を責めているのでありません。どうすることで、問題が解決できる

か、その情報がもしあればという気持ちを何度も持ちました。

私の親戚に医者もいましたし、担当麻酔科医(現在、東大病院にいます)

も、真剣に協力してくれたおかげで、素晴らしい先生とも出会い、治療を

受けることもできました。

 

私が市民フォーラムの依頼を受けた理由は、このような自分の体験を通じ、

少しでも健康の大切さを知っていただき、現在の医療の可能性を知り、

夢と希望を多くの方に持って欲しいという願いからです。

このことが、法律的に問題がある依頼でしたら、断りました。

このことに対する意見もあるとも思いました。

しかし、私の事故に遭い、いつも治療している側から、される側になり

多くのことに気づいたからこそ、お伝えしたいと決意しました。

確かに周りとの調和は、大切だと思います。しかし、調和のもつ意味と価値

を誰に置くか,です。

私は、スタッフにも言います。自分の行為が、選択が、患者さんにとって

良いかどうかを問い、意志決定ををして欲しいと・・・。

調和を大切にするとき、その調和の持つ意味と価値をどこに置くか、

とても難しい問題なのでしょうか・・・・

 

*コメントありがとうございます。私からも返信コメントを書きました。

 皆さんからのコメントをお待ちしていますね。 

投稿者 inoue : 00:53 | コメント (26) | トラックバック

2006年10月04日

求人面接の難しさ・・・

おはようございます。院長の井上です。

昨夜は、設計士と夜に打ち合わせをしました。

新しい病院へ向けて、準備が進んでいます。今日は、東京からも

打ち合わせに来てくれます。

本当に多くのスペシャリストの方が、協力をして下さり、感謝です。

 

今日は、求人面接の難しさ・・・

人を採用するというのは、大変難しいものです。

また、この採用が今後の会社に大きく影響もします。

人財というものが、字のごとく会社の財産になることが理想です。

しかし、人材(ただの材料的存在)、人在(ただ居るだけの存在)など

色々な場合が想定できます。

 

求人面接の方法も色々としてきました。

面接担当者の社外での一次面接、両親との面接、

当然、私との最終面接・・・。

しかし、本質的には、勤務しませんと分かりません。

両親とお会いしましても、殆ど意味がありません。

「子供が、無理だと言っていますので・・・」

「まだ子供で、自己管理が出来なくて・・・」

「社会に出てからも、宿題もでるなんて・・・」

これを、読んで納得されている方が殆どではないでしょうか。

ですから、もう現在はしていません。

 

そこで、私が今 行っている方法は・・・

 

私のミッションや理念に合うかどうか、

合わないのなら、来ないで欲しいということです。

そこに、尽きます。

学校も家庭も問いません。

新しい場所で生まれ変わればよいのですから。

生まれ変わり、誰もが成長を認めてくれたとき、

過去への解釈が変わり、また、将来性についても約束されて

いるようなものですから。

 

ミッションや理念に合うかどうかが、人と人の絆の上で、

とても大切だということです。

如何でしたか?

もう一度、ミッション(使命)や理念を自分に問いてみては、

如何でしょうか。

投稿者 inoue : 08:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月03日

一流のリーダー共通するもの・・・

おはようございます。院長の井上です。

帯広は、雨です。お天気が悪いと同時に、最近は寒くなって

きました。もう少しで、暖房が必要かもしれません。

今日は、一流のリーダーに共通するもの・・・

1、使命を徹底的に考え抜き、明確で目に見える形で定義している

2、自分がしたいことではなく、成すべき事から始めている

3、自分自身を知り、強みを活かしている

4、規律や基準をしっかり持っている

5、相手への権限委譲が的確ができている

6、常に自己点検をしている

 

他にも リーダーとしてあると思いますが、仕事への取り組む姿勢を焦点を当てて

見てみると、これらが考えられます。

本当に当たり前のことですが、この当たり前が出来るのには、

凄い努力が必要です。

私が、来週末からの国際シンポジウムなどの講演で伝えたいことも、

最新のことでありません。考え方です。

当たり前のことを、いかに気づいて医療をおこなっているかを

多くの歯科医師に問いたいと思っています。

何故か???

当たり前のことを、きちんとできていれば一流になれると考えるからです。

日常の生活に追われていて、意外と考えることをしていないんですね。

今日は、一流のリーダーに共通するものをテーマに書かせて頂きましたが、

この問いは、リーダーでなくても、全ての立場の方が、問いを少し変えることで

沢山の気づきのある内容と思います。

では、今日も素敵な一日を・・・

 

投稿者 inoue : 08:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月02日

考える時間を・・・

おはようございます。院長の井上です。

今回は、ドラッカー塾で京都から世界に向けて発信している会社の

社長にお話を聞くことが出来ました。

また、今回で、一年のドラッカー塾も終わりました。

そこで、感じたこと・・・

 

いかに、考える時間が大切かということです。

 

京都の社長の会社も ドラッカーの考えを軸に、経営をしています。

本当に基本的なドラッカーの問いを、真剣に深く考え、会社の仕組みに

しています。

また、ドラッカー塾の仲間の社長の一年間の成果報告や考えを

聞いていましても、もの凄くあらゆる角度から会社全体を捉えています。

 

〈そこで、一流の仲間と出会って感じたこと・・・〉

 

とにかく、よく考えています。考えて、考えて、考えています。

考える事を仕事の一環としています。ですから、時には、会社の中ではなく

環境を変えて、深く・深く考えています。

 

それと、腹をくくっています。

一度の人生を無駄にせず、社会に貢献できる会社になるという強い思いです。

 

上場をしている会社の人が、上手く行かない場合は、この上記の

ことをしっかり捉えていないという話しもしていました。

 

そして、最後に行動する力強さです。とことん諦めないで行動する。

どんな困難も考え抜いたのですから、信じて行動する力です。

 

きっとこの考えは、全ての皆さんに大切なことと思い、書かせて頂きました。

私がドラッカー塾の仲間全員から言われたこと・・・

「井上さん、もったいないですよ。今のままでは・・・」厳しい言葉の中に

沢山の愛情溢れる言葉を頂きました。

今後もドラッカー塾、トップマネジメント一期生の仲間とは、半年に一度

報告をかねて集まることになりました。

私も生まれ変わりたいと、強く感じましたね。

心から多くの仲間(大会社の社長に失礼ですね)に感謝をいたしました。

投稿者 inoue : 07:56 | コメント (3) | トラックバック

2006年09月29日

ドラッカー塾 京都から・・・

おはようございます。院長の井上です。

今日で一年間のドラッカー塾も最後になります。

これから、京都で大成功している会社見学をしてきます。

 

小さな会社ですが、世界にも市場を広げている会社です。

数年前まで、求人をしても近くの人・・・

でも、最近は、数名の求人に 一流大学大学院のエリートの学生が

1000名近くの応募があるようです。

ドラッカー塾の事例でもお話を聞いていましたので、

見学が楽しみです。午後からは、リーダーシップの研修を

明日の夕方まで行います。明日、最終の新幹線で東京へ戻り、

翌日、一便で帯広へ戻ります。

 

小さな歯科医院にとっては、とても参考になる今日の見学、

病院の増改築後に向け、いのうえ歯科医院もこの会社のように

なれることを願い、勉強してきます。

今日の報告は、是非、皆様とシェアーしたいと思います。

京都から・・・

投稿者 inoue : 08:17 | コメント (1) | トラックバック

2006年09月28日

自分に問う・・・

こんにちは、院長の井上です。

帯広は、雨です。今日から京都です。

今回は、ドラッカー塾の最終回です。

ドラッカー塾では、本当に多くを学びました。人生が変わるくらいです。

やはり、世界を制してきた、動かしてきた力は、もの凄いと思います。

実は、毎回、ドラッカー塾では、課題がでます。

 

そこで、今日は、自分に問う・・・・

 

ドラッカー塾での課題は、今の自分を問う 、そのような課題なのです。

何か、資料で調べるというものではありません。

例えば、今回の課題では、

・自分は、部下からどのようなリーダーとして見られているか?

・成果をあげるために、自分自身の何を強化し、改善すべきか?

・チームワークが発揮されているとき、発揮されていないときは?

他にもこのような事前検討課題がたくさん出ます。

しかし、どうでしょうか???

簡単な問いですが、すごく奥が深い問いと感じませんか??

また、このように自分に問うということは、していないと思いませんか?

 

先程の問いの部下を家族・周りの仲間・・・に変えて、自分に問うと・・・

成果を自分の夢や今したいことに対して・・・に変えてみると

チームワークを周りの協力が得られるとき、得られないとき・・・に変えてみると

 

このように一つの問いの気づきが、何十、何百の自分を問う課題になります。

どう、思いますか?

 

成功する人、周りとの違いをもたらす人など、何が違うか?

私が気づいたのは、気づいたことをしっかり、自分に対して出来ている人

なんだと思いました。

たった今日書いた、三つの問いでもかなり違いますよね。

是非、今日のブログを読み返し、何が大切かをよく考えてみるとよいですよ。

では、これから、帯広から京都へ移動します。

投稿者 inoue : 07:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月27日

サイグラム・・・・

こんにちは、院長の井上です。

今朝、帯広へ戻りました。明日から京都です。

今日は、サイグラムについて、お話をします。

私も10年以上病院の経営をしていますが、

お陰様で患者様の問題など 苦労をしたことがありません。

このことは、時代を考えますと、もの凄い感謝です。

しかし、ずっと苦労してきたこと・・・・

それは、スタッフの問題です。特に年齢差が大きくなってきますと

本当に病院側の価値とスタッフの求める価値の違いに、

すごく苦労してきました。

当然、長く勤務してくれるスタッフは、全国どこに出しても誇れる

くらい仕事もできます。

そこで、悩んだ時、どうしたらもっと相手を理解できないかと

思ったことが何度もありました。

 

そんな時に出会ったのが、サイグラムです。

 

きっと、皆さんも会社や家族、友人関係で、もっと上手く

コミュニケーションが取れたらと思われることがあることでしょう。

サイグラムを知ることで、本当に相手の求めてる価値観や考え方、

行動の仕方などが、とても楽に理解できます。

理解できますと、相手の良さに目を向けることができますし、

良さを延ばすこともできます。

良い情報を、どれだけ早く取り入れるかです。

私もコンサルタントまでの勉強をして、本当にサイグラムの

凄さを実感しました。

 

是非、サイグラムを取り入れては如何でしょうか。

講座を12月から始める予定です。

また、告知しますので、ブログをご覧下さい。

投稿者 inoue : 13:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月26日

サイグラム・ビジネススクールを終えて・・・

今晩は、院長の井上です。

今日で、サイグラム・ビジネススクールが終わりました。

ある意味、始まりだとも考えています。

今日の最終日には、コンサルタント取得のための

卒業試験が行われました。

企業分析試験 3時間、論述およびカウンセリング試験 1時間半

が行われました。

朝の企業分析試験では、3時間分析をしながら、

手を休めることなく書き続けました。最後の試験ということもあり

全力で、一心不乱なく取り組みましたが、終了後は充実感がありました。

その後、論述・カウンセリング試験を終え、全てが終わりましたが、

本当に厳しいものでした。

しかし、サイグラムを正しく伝えるためには、これくらいハードな勉強と試験を

合格することで、真の価値があるのかもしれません。

合格発表は、二週間後ということです。

今日は、明日 6時起きですので、これで休みます。

是非、合格が出来ましたら活動を始めますので、ブログを楽しみに

ご覧下さい。お休みなさい。

投稿者 inoue : 23:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月24日

相手の価値を知る・・・

こんにちは、院長の井上です。

サイグラム・ビジネススクールで、東京に来ています。

サイグラムには、多くの私のブログを読んでくれている

方からも「個人的にすごく興味があるので、早く先生の講座を」

というお声を頂き、嬉しく思います。

まずは、コンサルタントの資格を取得するまで、する予定はありません。

しかし、取得した後には、必ず行いますよ。

 

さて、今日は、相手の価値を知る・・・

 

簡単そうで、とても難しいことです。

例えば、多くの人が指示してくれることでも、相手によっては

指示されないこともあります。

私も病院で体験しますよ、そのような状況。

気を使いすぎても、かえって、その使い方が誤解を招いたり・・・

いったいどうしたら、よいというのでしょうか。

私も 逆の立場も又、先日経験しました。

ある、セミナー会社が、終了後は、再受講も 再聴講もなく

再受講も全額同じ扱いと言うのです。最後には、ビジネスですので・・。

私は、セミナーも教育と考えていますので、かなり考え方に違いが

ありました。

 

このようなことから、相手の価値を知るということは、とても大切です。

コミュニケーションの成立は、「納得」がキーワードですから。

簡単そうで、とても難しい、しかも、システム化やマニュアルで本当に

対応できないものです。

 

どうか、常に相手の価値を知るという、努力をしましょう。

これは、私も自分に言い聞かせなくていけないことだと思います。

難しい勉強もよいですが、全ての人間関係の基本です。

では、夜、9時まで今日も勉強してきます。

投稿者 inoue : 08:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月23日

サイグラム講座へ・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日は、これから東京です。サイグラム・コンサルタント講座が

今日で終了です。最終日には、数時間の筆記と口頭試験があります。

楽しい中にも、厳しさがある講座でした。

 

 サイグラムを学び本当に人間として成長できていると

感じています。

 一番は、人間関係におけるストレスが全く無くなったということです。

これは、とても大きな成果だと思います。

 他にも、どのように人事配置を行い、それぞれに合った場の提供を

すべきかを知ることができたことです。

 他にも本当に多くあります。

きっと、全ての人がサイグラムを学んだとしたら、とても毎日の生活が

変わると自信をもって言えます。

 私も講座を12月になりましたら、始めたいと検討しています。

11月までは、週末に5講演とすでにスケジュールが一杯でできません。

 しかし、年末からは、一度でもできたらと思います。

ここに、サイグラムについて聞けます、アドレスをお知らせします。

https://www.psygram.jp/introduction/download/


*クリックいただくと、直接ダウンロードページへと
 移動します。

( クリック後、画面が出るまで、13秒お待ち下さい)

きっと、お役に立つと思います。

 是非、今後、皆様にサイグラムをお伝えしながら、

楽しく、自分らしく生きていけたらと思います。

 では、最終講義と試験、頑張ってきます。

 

投稿者 inoue : 01:22 | コメント (3) | トラックバック

2006年09月22日

会う事は大切・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、NPOの理事長が帯広に来られ、

市民フォーラムの件で、報道関係・帯広市役所への

ご挨拶をされました。私も同行いたしましたが、

本当に皆さん、とても感じよく嬉しい気持ちになりました。

人と直接お会いし、伝えることの大切さ、また、出会い

からの感謝を強く感じた一日でした。

 

今日のテーマ、会うことは大切・・・・

最近は、連絡や会話というと、多くがメールやスカイプ、電話になります。

確かに便利ですが、本当にそれでよいのでしょうか。

最近は、疑問を感じます。

時代というものでしょうが、時代の進化が人と人の本来の大切なものを

失くしてしまっているように思います。

例えば、メルマガを書いている人で、とても成功しているという人が、

実際に会って見ると、とても対人関係が上手く出来ていると思えない場合、

メールの文章は魅力的だが、実際にお話をすると実際のコミュニケーションも

メール的な話やコピーライティングに準じた話法です。

私は、会って顔を見て会話をする機会が少なくなってきたことで、

本来の人としての直接的な感謝・感動・そこから伝わり結ばれる

人間関係が失いつつあることを心配をします。

やはり、人と人は、直接お会いして、物事を進める。

便利な時代だからこそ、過去を振り返り、大切なものを忘れていないか

少し考えてみては、如何でしょうか。

時に、手書きのお手紙も感動ですよ・・・・・。

今日もお天気が良いです。病院の増改築も朝から始まっています。

本当に壊すのは、早いですね。それって、何でもそうですね。

投稿者 inoue : 07:24 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月21日

少し余裕を持って状況を・・・

こんにちは、院長の井上です。

インターネットは、本当にすごいですね(^^)

ブログを書いていますが、スウェーデンやニューヨークでも

読んでくださっているお返事をいただくと、嬉しくなります。

今日は、病院の契約、そして今日から工事です。

それと、NPOの方とお会いします。

実は、11月12日(日):「食と健康」というテーマで、

山東昭子(参議院議員)さんと二人で2時間の市民フォーラムを行います。

詳しくは、新聞や今月の月刊誌しゅんにも掲載されますので、ご覧下さい。

 

さて、今日は、少し余裕をもって状況を・・・・

 

人は、一番面を見て、すぐに状況を判断することがあります。

しかし本当に、そんなに単純に 状況を判断して良いのでしょうか。

判断だけなら・・・・

しかし、判断の結果、何か方針を決めてしまうとしたら、

それは、どうなのでしょうか?

 

私は、もう少し余裕を持って状況を判断することが、

とても大切だと考えています。

一つの状況を多角的に分析、捉えることの大切さです。

「がつがつ」しないということですよ。

心に余裕を持つことです。

 

余裕を持つには、どうしたらよいか?

多くの体験と学習をするしかないと思います。

どうしてかは、分かりますよね。

意識、無意識に係わらず、判断や選択は、体験と学習による

瞬間的なクセでしか、行われないからです。

余裕を持つことも、やはり気持ちだけでは、限界があるということです。

では、今日も感謝をして一日を過ごしましょうね。

投稿者 inoue : 07:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月20日

頑張る必要は、ありません・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、麻酔科医の先生と話し込み、先生が帰られたのが

午前0時半でした。

専門分野の違うエキスパートの先生と最高の医療体制について

お話ができることは、とても充実した時間です。

また、ウメオ大学に留学している友人からも、世界的有名である

口腔外科医の先生との感動の手術のメールを頂き、嬉しいですね。

「是非、技術を取得し、先生にお伝えしたく思います」の言葉、

早くまたマンツーマンで指導を受けられる日が楽しみです。

 

今日は、頑張る必要は、ありませんというテーマで・・・

私は、自分らしくが一番成長できると考えています。

頑張りなさい・・・

これは、相手の価値観からの言葉なのです。

皆、自分らしく頑張っているんですよね。

早咲きの花もあれば、遅咲きの花もあるように、

人にも自分なりのペースがあるのですから。

それを、周りも認められずに、自分と同じ価値観をという

押し付けの気持ちが、相手のやる気を損なうんですよ。

 

簡単そうで、難しい考えですけどね。

 

ただ、このことを意識できているだけでも、かなり違います。

意識は、相手に伝わりますから。意識は、無意識で行動にも

なっていますから。

 

自分らしく、自分に頑張ろうよ、それで十分ですよ。

自分へのメッセージ、きっと素直に受け止められますよ。

そうですよね、自分への応援ですから・・・

 

では、今日も自分らしさを忘れずに・・・

 

投稿者 inoue : 08:26 | コメント (1) | トラックバック

2006年09月19日

時間効率を高める取り組み・・・

おはようございます。院長の井上です。

週末は、学会講演準備などをしていました。

私の友人が北欧のウメオ大学に客員教授として

留学しています。昨日、スカイプでお話をいたしました。

お互いに顔を見ながら、パソコンを使いお話ができる、

本当に便利ですよ。しかも、電話代が無料ですから・・・。

最近は、会議でも時々使います。

これも、ある意味、時間効率への取り組みですね。

 

今日は、インプラント手術日です。6症例を行いますが、同時に

スーパーデンチャーも行います。

どのような症例をするかにもよりますが、時間を効率化することで、

今まで考えていないことも、取り入れるような時間の使い方が

できるものです。

 

時間を効率化するためには、色々な方法があります。

時代の便利なものは、どんどん取り入れるべきです。

考えることでも時間効率を高めることがあると思います。

私の最近の一番の取り組みは、朝、早く起きて仕事をすることです。

よく言われることですが、最近、とくにこの持つ価値を実感しています。

生体リズムを生かして、時間効率を高める大切さ。

本当にあたりまえのようで、出来ていないんですね。

 

時間は、本当に大切なものです。

今日は、時間効率を高めるということを意識した一日を

過ごされてはいかがでしょうか。

投稿者 inoue : 08:26 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月14日

本質を見極める・・・

こんにちは、院長の井上です。

連日、病院増築の打ち合わせです。

基本的に納得できるレベルになりました。

今回の増改築は、患者様の立場で考えることに徹しました。

完全個室・最高の消毒レベル(通常の歯科医院レベルよりはるかに

高いものです)・顕微鏡手術室・インプラント手術室・完全個室メンテナンス室

・・・・です。12月には、完成いたします。

さて、今日は、本質を見極める・・・

これは、簡単そうで、難しいですね。

多くの人は、自分の価値観で物事を見極めます。

それも、悪いことではありませんが、自分の求めている価値を

本当に持っているのか、の本質が大切なのです。

最近、建築関係の方にお話を聞くのですが、有名な建築家の建物

の中には、マスコミで注目されるものの、使い手側には大きな問題を

もたらしていることも多いようです。

それは、自分の建物をプロデュースすることを主眼としているため、

建物本来の本質を捉えていないのかもしれません。

このことは、医療分野においても同じです。

皆さんも、インプラントをご存知だと思いますが、

インプラントもただすれば良いというものではありません。

あまり、詳しく書きますと・・・・。

 ただ、どれくらいの手術経験を、

最近、手術をしたのはいつごろか、

どのような、勉強をしてきたのか、

などの質問をされるべきだと思います。

 

本質的な捉え方の治療を受けませんと、あとで後悔します。

(この分野は、専門的に書くと切がありませんが、近いうちに必ず

お伝えをさせて頂きます)

このように、本質を見極めませんと、とても大きな後悔をします。

では、どのように見極めるか・・・

答えは、簡単なんです。信頼できる、相談相手を見極めることです。

必ず本気で探せば、近くにいます。

歯科のことなら、私で良いのであれば ご相談下さい。

本質を見極める、本当に大切です。

それが、できるかどうかが、人生に大きく影響します。

これは、私の医療という分野一つをとっても明らかです。

少し考えてみては、如何でしょうか。

投稿者 inoue : 09:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月13日

環境を変える事で・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨夜は、設計士と画廊の方の3人で打ち合わせを

しました。

病院のどこに絵をかけるか、どのようなライティングにするかなど

細かな場所の設定や環境作りの話です。

立場の違う人が色々な角度からの意見を出し合うことで、

本当に素晴らしい方向に進みます。

逆に、このような人との出逢い、環境が無かったとしたら、

気づくことなく過ぎたと思うと、本当に恐ろしいことです。

 

そこで、今日は、環境を変える事で・・・

 

人は、いつも同じ環境で、同じパターンで過ごしています。

それは、慣れた環境 が とても楽だからです。

しかし、今の自分が一歩成長できない、目標を叶えられないのは、

環境と生活のパターンだということです。

 

そう書きますと、単純な人は、職場を変えようと・・・すぐに考えると思います(^^)

それが、一歩成長できない、目標を叶えられない、

                    自分の生活パターンだということです。

 

では、どうすれば、良いのか???

だんだんと分からなくなってきましたね。

 

私が言いたいことは、環境も生活パターンもまず自分の中で、

すぐ出来ることから変えてみるということです。

例えば、言葉の使い方や声の出し方を変えてみる、

早起きやウォーキングなどして変えてみる、ポジティブな一文を必ず読む・・・・・です。

どれも実は、成功者が実際に行っている習慣でもあります。

 

これを聞いて、本当に毎日の生活で出来ている人は、

ほとんどいないと思います。

きっと、出来ている人は、現在の環境や人、自分に不満や不平を

持っていないはずです。

今、自分の心に不満や不平がある人は、まずは、自分の環境や生活パターン(行動・・・)

を変えられていない人です。

それでは、成長ができません。きっと数年後過去も同じく不満や不平を持って

生きていると思います。

 

どうか、一度、自分の環境や生活パターンについて、振り返ってみてはいかがですか。

その中には、良い環境からもたらされる生活パターン(行動・・)と

そうでないものに気づくと思います。

良い結果は、良い環境と生活・行動パターンからしか生まれません。

さー今日もお昼は、東京からお客様と、夜は 別の方と打ち合わせです。

では、頑張りましょう!

投稿者 inoue : 07:28 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月12日

プレッシャーは宝・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨夜は、東京からインプラント会社の方が来られまして、

私のため製作した、「オリジナル・フラッグ(旗)」

を贈ってくださいました。

世界地図があり、日本とニューヨークを 金色の

橋で結んだデザインの、〈Golden Bridge〉という字が書かれた

ものでした。

オリジナルの贈り物、本当に感動しました!

 

プレッシャーは宝・・・・

 

何か新しいことに挑戦するとき、楽しいだけのものもあれば、

プレッシャーを感じながら、挑戦をしなくていけないものもあります。

プレッシャーとは、恐らく 自分の未知の能力を揺さぶっている瞬間かも

しれません。

すなわち、過去の知識や経験だけでは解決できない場合で

新たな成長をしている時、過去を捨て、未来に向かうより自分を

高めたいと感じている時かもしれません。

そう、考えますと、プレッシャーを受けていることは、まさに自分の

さらなる成長への挑戦ではないでしょうか。

 

例えば、スプリングを上から押さえているようなイメージです。

プレッシャーがかかればかかるほど、開放された時の飛躍が違うと

考えてみてはいかがでしょうか。

 

きっと、プレッシャーの持つ意味づけが自分の中でしっかりと出来れば、

その瞬間も明日への自分を想像し、ワクワクできると思います。

プレッシャーは、まさに【宝】なんです。

では、今日も悔いのない一日を過ごしましょう。

投稿者 inoue : 08:29 | コメント (2) | トラックバック

2006年09月11日

人生が予期できたら・・・

こんにちは、院長の井上です。

先程、東京から戻りました。あまりの忙しさに

ブログも二日間お休みをさせていただきました。

 

さーそこで今日は、

人生が予期できたら・・・・

 

これは、どういいう意味かと言いますと、

完璧に人生を予期することなど、出来るわけがありません。

しかし、歴史から、株式市場から、易学から、バイオリズムから・・・

結構、人生の参考になるものは、多く存在しています。

どれもまた、多くの先人たちが活用し、成功実績もあるものです。

では、仮に予期できたとして、どうしたらよいのでしょうか。

良いときは、全力でその時期を進めばよいですが、

悪いときは、どうすればよいかということになります。

そして、全ての日が悪い時期に悪くなるのかと思ってしまうことです。

 

そうだとすれば、予期することができたら、物凄く多くの人が

頼りにするのでしょうが、そうでないから、予期する価値を持てない

のだと思います。

 

私は、人生を予期することは、価値あると考えています。

その理由は、自分の特性を知り、人生が予期できたとしたら、

良い時期には、自分の特性を最大限に生かし行動し、

悪いときには、慎重に対応することができるからです。

それだけでありません、悪い時期(逆境)をチャンスにも変えることが

出来ます。

 

このように、物事は、視点を変えること、パラダイムシフトすることで

大きく変わることに気づいていただけたらと思います。

二日ぶりのブログは、如何でしたか。

どうか、明日も楽しみに・・・・

投稿者 inoue : 11:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月09日

傾聴の大切さ・・・

こんにちは、院長の井上です。

今、東京です。今日で、サイグラムビジネススクールが終わり、

夕方からニューヨーク大学のサポートです。

 

今回は、カウンセリングについて勉強しました。

 

カウンセリング技法の一つに傾聴があります。

すなわち、相手の話をよく聞くということです。

実際に相互実習で、相手に傾聴をしてもらうだけで、

気持ちが楽になり、気づきも自ら出てきます。

不思議ですね・・・。

皆さんも、傾聴ということを心がけてみては、いかがでしょうか。

コミュニケーションと傾聴のバランスが、大事なんですね。

 

本当に学ぶことで、多くの気づきを持つことができます。

学べば、学ぶほど自分の足りなさに気づき、

成長することの大切さを感じます。 

<人生は、最後まで勉強ですね。>

皆さんも、素敵な週末をお過ごしください。

投稿者 inoue : 08:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月07日

選択と集中がポイント・・・

こんにちは、院長の井上です。

今、東京に来ています。サイグラム・ビジネススクールと

ニューヨーク大学セミナーのためです。

今回は、ニューヨークとドイツから先生をお招きして、

講演をしていただきます。

初めて、ニューヨーク大学OBと二期・三期合同の懇親会も

企画していますので、リーダーとしても とても楽しみにしています。

 

さて、今日は、選択と集中というテーマで・・・

 

時間が無いという言葉を、皆さんは ついつい口にしてしまいませんか?

時間管理の方法については、今までもブログで書かせて頂いたと思います。

 

そこで、今日は、成果をあげる時間の使い方について・・・。

成果を挙げる秘訣、集中することであり、焦点を絞ることです。

ドラッカーの有名なたとえの一つに、

「心臓手術中の外科医は、電話に出ない」。

このことの持つ意味は、重要なことに専念している時には、

他のわずらわしい事を一切受けない。

 

短い時間であっても、 重要なことは 選択と集中して積み重ねていくことで、

必ず大きな成果を挙げることが出来ます。

多くの人は、まとまった時間を期待しすぎで、何もしないで何もしないまま

終わっています。

 

どうか、選択と集中した時間の活用で、その全てをゴールデンタイムに

して下さい。

きっと、素晴らしい成果が一瞬にして感じる体験ができますよ。

投稿者 inoue : 08:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月06日

よいアイデアを生み出すためには・・・

p> こんにちは、院長の井上です。

ブログを毎日ほぼ毎日書いていますが、

自分でも書けていることを不思議に思います。

日記でもこんなに続いたことがあいませんから・・・。

ブログは私にとり、自分の毎日の気づきを書き留める

ノートのような感覚です。

ですから、楽しく毎日書かさせていただいています。

 

今日は、よいアイデアを生み出すためには・・・

 

アイデアというものは、通常 従来あるものとの組み合わせによって

生み出されることが多いものです。

または、強い好奇心をもっているからこそ、アイデアが生まれると

思います。

そして、質より量が大切だということを 意外と気づいていません。

良いアイデアというものは、いくつものアイデアから、

いくつかが残り、その結果を生みだされているのです。

ですから質も大切ですが、量が多いことが大切なのです。

理由は、量が多いことで、予期しないことや、色々な成功事例や

失敗事例など、あらゆる機会にめぐり合うことが出来るのです。

何か良いアイデアを生み出せる人は、日ごろから多くの色々な

情報を取りいえているからこそ、生み出しているということです。

今日は、よいアイデアの生み出し方について、書かせて頂きました。

投稿者 inoue : 07:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月05日

明日をつくること・・・

こんにちは、院長の井上です。

皆さんも毎日、日常業務に追われて忙しく過ごしていませんか。

私もこれから残り三ヶ月は、物凄く責任のある仕事が多くあります。

そんな中で、どのように明日に向かって生活をしていくかです。

 

明日をつくること・・・

それは、昨日を捨てることからだと思います。

 

確かに過去の成果を上げてきたことは、とても参考になると思います。

しかし、過去にこだわり過ぎるがために、成果を出せないということも

あるということです。

 

過去を捨てることという意味は、成果の無い過去のものを全て捨てるべき

ということです。

明日をつくるにあたり 大切なこと・・・・

「過去の流れを捨て、今、この瞬間からこのことをはじめるとしたら

価値のあるものか、成果が出せるものか」

過去でなく、明日に必要かどうかを考えて、必要でないものは捨てる

べきと考えます。

 

ただ、むやみに捨てると言っているのではありません。

自分の使命や会社のビジョンや目標、戦略と照らし合わせることが

大切です。

 

過去を捨て、明日をつくる・・・

このことを少し考えられては、いかがでしょうか。

投稿者 inoue : 08:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月04日

自分の姿を鏡に映す・・・

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、週末をどのように過ごされましたでしょうか。

私は、相変わらずのデスクワークでした。

今週は、サイグラムやNY大学のセミナーなどあり、

忙しい週になりそうです。

 

さー今日は、<自分の姿を鏡に映す>です。

 

鏡を見て、自分を客観的に見ることで

「自分がなりたいと考えている人間」・「尊敬しうる人間」

かを見直すということです。

 

私たちは、毎日の自分に慣れきっていて、自分を見直すという事を

していません。

たまたま撮影されたビデオを観て、自分のありのままの姿に

気づくことがありませんでしたか?

 

簡単な方法ですが、自分の姿を鏡に映し出し、

自分に問うということをしてみては、いかがでしょうか。

きっと、何か気づきがあると思いますよ。

投稿者 inoue : 10:33 | コメント (1) | トラックバック

2006年09月02日

人生の上手な生き方・・・

こんにちは、院長の井上です。

週末、皆さんは、どのようにお過ごしでしょうか。

私は、10月の国際シンポジウム講演の準備など

勉強の時間になりそうです。

最近は、少し運動をしないと筋力も落ちると心配しながら

机に向ってばかりいます。

今日は、人生の上手な生き方とは・・・・

上手な生き方??? そんな方法があるわけないでしょ。

そんな言葉が聞こえてきます。

私が伝えたいことは、多くの人生の先輩に話を聞いて、

そのことを参考に、自分の人生へ生かすということです。

例えば、年をとると「一日が早いね。人生は、あっという間だよ」

こんな話は、よく聞く話ですよね。

これは、年をとると、自分の思った通り体も動かないですから、

やりたいことがはかどらない、一日があっという間に過ぎるということ

のようです。

他に、人生を振り返り幸せでしたかと聞きますと、昔の苦労は

とても良い思い出で、過去4年くらいがとてもよいと、人生を

幸せと感じるようです。

さーここからどう考えるかですよね。

人生は、同じように人は、感じるものがその時あるのでないでしょうか。

難しい未来の検証や歴史を背景に時代を予測するような、

難しい話をしているのでありません。

人生の先輩から謙虚に学び、自分の人生の生き方に変えることが

出来るのでないかと、私はお伝えをしたかったのです。

私は、病院でいつもこのような社会の先輩・後輩からも学び、

人生に生かすことを楽しみながら、仕事をしています。

投稿者 inoue : 09:34 | コメント (4) | トラックバック

2006年09月01日

時間を制するとは・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日から9月ですね。今年も、残すところ あと3ヶ月になりました。

早いと感じていませんか???

 

時間を制する・・・

 

「時間制するもの、人生を制する」と言いますが、まさにその通りだと思います。

恐らく、時間を有効に活用している人は、一日24時間が20時間になっても

成果を出すのでしょうね。

要するに、考え方と行動力の違いが成果の違いだと思います。

 

例えば、エレベーターを待つ20秒間・・・どうされていますか???

ボーと待っている人は、時間を制していません。エレベーターに

時間を占領されているんです。

エレベーターでもう一つ、上司と話す時間が無い、聞いてくれない、

これは、自分の無理という気持ちに制しられているのです。

時間を制する人は、エレベータの中 数十秒で、自分を伝える

準備が出来ているのです。

 

時間を制するというのは、こういうことではないでしょうか。

多くの人は、このことに気づいていません。

今、この瞬間の時間をどう制するかです。

やはり、これも意識なんですね。意識は、学習から高まるものなのです。

その結果、時間を制し、価値ある選択をする。

どうですか、成果が出る人と出ない人との生き方の違い。

 

今日のブログを読み、この瞬間から時間を制し、人生を制してください。

では、また・・・・

投稿者 inoue : 09:35 | コメント (2) | トラックバック

2006年08月31日

ビジネススクールのもたらす影響・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日は、大阪から患者様が日帰りで 治療に来て下さいます。

本当に嬉しいことです。私は、患者様に「先生に感謝していますよ」

そう言われると「私も感謝していますよ」と必ず伝えます。

それは、どんなに勉強して知識や技術を高めても、そこには、

私を信じて力を発揮させてくれる患者様がいないと、価値の無い

知識と技術だからです。

本当に現場の感動は、言葉で語れない醍醐味がありますよね。

今日は、ビジネススクールのもたらす影響についてです。

私の経営学博士論文の軸となった本は、ヘンリーミンツバーグの

「人間感覚のマネジメント」という書籍です。

彼が、「MBAが会社を滅ぼすと」という本を出版しました。

ミンツバーグは、2000年には、米国経営学会から優秀研究者に選ばれた

最も影響にある経済学者の一人です。

彼の本の中に、空前の人気を誇るMBAを教育するビジネススクールへの

疑問と問題が書かれています。

マネジメントは、本来、「経験」・「直観」・「分析」の3つのブレンドしたものを

行っています。また、MBA教育は、分析ばかりを教える教育に終始し、

本来の現場からの生の声の大切さと実際の経験が重要であると言っています。

分析は、確かに必要だと思います。しかし、人間力を高めることや現場の大切さ

を知らない、分析をマネジメントと勘違いさせてしまうようなビジネススクールが

沢山出来たとしたら大きな問題を社会にもたらすかもしれません。

私は、今、サイグラムビジネススクールで学んでいます。

ここでは、MBAのような分析を学ぶものではありません。

人を現場で何千、何万と検証し、素の人間性に目を向けた、

現場からの経験と統計的科学分析、学問をブレンドした、素晴らしいものです。

組織を考える上で最後は、人の強みをどう活かすかにかかってきます。

そのような意味で、人に焦点をあてた勉強は、多くの人にとって必須と考えます。

ビジネススクールは 今多くありますが、何が本質なのか、本質をきちんと教育

してくれるスクールはどこかを、私たち自身がしっかり見極めることが大切です。

最後に、なぜ 先生は経営学博士を取得したいと思ったのですか???

そういう質問をされます。

MBAは、実質的に企業など現場を体験した人が学び、

はじめてその価値を見いだせると 考えました。

経営学博士(DBA)は、そのような体験がなくても、組織を徹底研究することで、

ドラッカーマネジメントやサイグラムなどを学んだ際に、とても役立つ知識

と思ったからです。

今日は、少しビジネスの話になりましたが、さー仕事を始めますね(^^)

投稿者 inoue : 08:50 | コメント (5) | トラックバック

2006年08月30日

気づきと納得することが大切・・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日、東京から戻りまして、早々に仕事をしています。

不在中は、勤務医もスタッフも本当に良く頑張ってくれています。

全員の意識をどう高め、持ってもらうことが大切です。

そこで、今日は、午前中の受付との会話から、納得することが

大切というテーマで書かせていただきます。

いのうえ歯科医院には、二人の受付がいます。

今年から受付をしているスタッフと色々と雑談をしました。

(私の雑談は、長いのですが・・・・(^^))

スタッフから「院長不在のときに、患者さんが勤務医の●●先生のことを、

物凄く親切で、他に行けないと感動していました」と報告を受けました。

そこからが、私の質問!!

患者様の言葉から何か気づいたことは・・・?

その言葉で気づいた事を、自分で生かすとしたら・・・・。

その患者さんの言葉、嬉しいことだけど、本当にただ喜んで

いいことなのかな・・・?

質問が続きます。

次に、自分の仕事や患者様との対応で、納得できていないことは・・・・?

このような質問で考えて応えていると、とても素直な疑問を私に

投げかけてくるんですね!

また、その疑問が素晴らしい(^^)。

当然、しっかり応えますよ。

どうですか問いに「納得できたことで、価値観がかわりました。」

と応えて いました。

常に、一つ一つの出来事からの気づきを持ち、成長の糧にすること、

疑問を納得する解決をすることで、さらに自信に変えること、

スタッフとのこのような時間は、とても価値ある時間だと感じました。

このスタッフの成長を見守りたいですね。

投稿者 inoue : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月29日

なぜを考える・・・・

こんにちは、院長の井上です。

私は、12時間もホテルに缶詰でセミナーですので、

天候を感じることもなく、学んでいます。

学ぶことは、人生の今日の成長と考えると 楽しいといいますか、

幸せな時間です。

 

さて、今日は、なぜかを考える・・・・

 

例えば、マーケッティング思考ですと、見るもの、聞くこと全てに

なぜを考えることは、すごく大切です。

なぜ、スーパーでは、野菜や果物を入り口の近くに高く積んであるの???

季節感ですよね。

人の感情は、とくになぜかを考えること、今後の人間関係や自分を見つめ直す

意味でも大切です。

例えば、なぜ、怒っているの???なぜ、決断をいつも急ぐの???

それは、その人の環境や素質にあるのかもしれませんね。

そうだとしたら、人の資質を学ばないと相手を理解できません。

 

このように、なぜを常に考えることは、社会状況を知る、人間関係を高める上で

とても大切です。当然、他の分野でも同じですよ。

 

皆さんは、事実を状況に対して、なぜを考えず、そのままを受け止めていませんか?

この考えも間違えではありません。しかし、なぜを考えることが大切だということを

少し意識してください。

もしかしたら、知人が約束に遅れてきたとき、なぜかを考えることで、さらに

パラダイムシフト(視点移動)すると、相手に対する怒りや腹立ちがなくなり、

優しい思いやりになることで、友情関係がさらに深まりますよね。

 

なぜを考える、このことを常に意識してください。

きっと、あなたの思考がものすごく変わり、目の前の世界も大きく変わる

そんな瞬間を感じるときが必ずありますよ。

では、今日もセミナーです。

皆さんも、充実した時間をお過ごしくださいね。

投稿者 inoue : 08:52 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月28日

暇つぶしとは、どんな意味・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日のサイグラム開発者の吉井先生の印象的な言葉を

皆さんと・・・

 

吉井先生は、生死をさまよう病気の体験者で、そのころ読んだ本の中に

「人生とは暇つぶし」という言葉があり、凄く心に残ったそうです。

私も事故の体験がありますので、何だか共感できるものがありました。

その言葉の中に感じたことは、仕事も何もしないで適当にのんびりという

ことではありません。

人生は、暇をつぶすような、自然体の心で、自然の法則で過ごす。

例えば、日が昇り 起き、今日中(PM11頃までに)に休むような

そんなふうに生きるといいですよと伝えてくれているように受け止めました。

 

厳しい時代だからこそ、「人生とは暇つぶし」くらいの大らかさが、

自分も周りも 癒し、実は、もの凄く時代の波に乗り、

成長できるのかもしれませんね。

投稿者 inoue : 07:53 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月27日

セミナーでどう学ぶか・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日は、サイグラム・ビジネススクール・コンサルタントコースです。

21時までセミナーで、その後も皆で情報をシェアーします。

さらに翌日まで宿題?テスト準備?予想がつきませんが、

いつも3日間、サイグラム漬けです。

 

そこで、もう少しでセミナーが始まりますので、簡単な気づきを・・・

 

セミナーは、参加すれば学べるものでありません。

学ぶ方法を勉強してから、参加すると効果が大きく得られます。

本も速読やフォトリーディングなど多くの読書法がありますよね。

何でも〈方法〉というものがあります。

 

通常のセミナーで実践するのは、多くて20%だそうです。

参加満足型の人が多いようです。

しかも、記憶のメカニズムから24時間以内の復習が必須です。

 

学んでも成長できるかどうか、セミナーの学び方、学んだ後の復習など

によって違います。

学ぶことと、実践できること 「知行一致」 という言葉がありますが、

大切なことですよね。

 さー「知行一致」を目指し頑張ります。

皆さんも、充実した週末をお過ごしください。

 

投稿者 inoue : 07:54 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月26日

褒めること・・・・

こんにちは、院長の井上です。

最近は、朝の天気が良く、とても清々しい気持ちになります。

人の気持ちって、些細なことが影響しているんですね。

そう、考えたとき、自分の気持ちに影響しているものを知れば、

気持ちのコントロールも出来るということになります。

逆転の発想でしょうか・・・・

少し考え、気持ちが高まるとき、下がるとき、その時、

何に影響を受けているか、書き出してみてはいかがですか。

 

今日は、褒めること・・・・

 

自分を褒める、相手を褒める、

褒めることは、とても大切なことだと思います。

しかし、自分を褒めるときは、当然、よく自分の気持ちを理解したうえで

自分で褒めているので、何も問題なく、受け止められると思います。

しかし、自分でない相手を褒めるとき、相手がどのような感情の特性が

あるかなど、相手の気持ちを理解した褒めかたを意識しているかという

ことが、大変重要なんです。

 

褒めること、大切です。長所伸展法も大切です。

しかし、・・・・

相手の人柄など十分に理解し、認めた上で褒めたり、アドバイス

することがさらに大切です。

そう、相手を理解しない対応や行動は、ある意味こちらの考えとは

共有していないことがあることを意識しておくとよいです。

(この意識が、あなたのストレスを軽減します)

そして、相手をいつも意識し、感心をもつことで、

ちょっとした相手の行動や発言などから、相手の持つ価値などしっかり理解する

ことが出来るようになりますよ。

 

このような意識をしている人は、素晴らしく、相手の心に響く褒めかたが

ができ、お互いが幸せな気持ちになります。本当ですよ!

 

今日も何か気づきが、ありましたか。

気づきを皆さんで、シェアーしましょう。

皆さんのコメントに コメント欄に >> な形で私もコメントの感想も

書かせていただきますね。

投稿者 inoue : 08:55 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月25日

人の好き、嫌い・・・・

こんにちは、院長の井上です。

毎日、ブログのアクセス数を分析していますが、

昨日は、本当に大きな反響がありました。

コミュニケーションの問題を多くの人が抱えているという

事実なのかもしれませんね。

メールにも「ブログを読ませてもらい、自分を客観的に見ることの大切さに

気づきました」・・・・の言葉を頂きました。

毎日、ブログを書いていますと、本当に反応が嬉しくなります。

 

今日は、人の好き嫌い・・・・

 

この人は、好きだ、この人は、嫌いだと、心で思うことがきっと

あると思います。

その時の判断基準は、何で決めていますか?

所詮、自分を中心に、自分にとって都合が良い人、

何か利益のある人、自分との考えや気の通じ合う人・・・

そんな、理由で決めていませんか。

 

それも大切なことですが、ある意味、くだらない基準だと思います。

そうは、思いませんか。そう言うことでの 好き、嫌いの判断基準は、

要するに、自分の一方的立場からの勝手というものです。

言われてみて、気づく方も多いと思いますよ。

 

もし、その考え方で職場で仕事をされたら、誰もが不愉快になります。

しかし、好き、嫌いの自分の判断基準が何かを知らない人にとっては、

その周りの不愉快も相手のせいになることが多いのではないかと思います。

そして、このことは、職場でなくても家族や友人関係、学校などでも同じです。

 

もう一度、自分自身の好き、嫌いの判断基準を

客観的に考えてみては如何でしょうか。

好き、嫌いは、生理的に仕方がないものだと思います。

しかし、それを他人に分かるように表すものでないと言う事です。

 

社会の一員として、この世に生きているのなら、そんな好き、嫌いよりも

どうしたら、自分も相手も楽しい、心地よい状態になれるのかという

考えを大切にすべきです。

 

病院なら全員が、自分たちの仕事が患者様にとって、本当に役立ち

喜んでもらえるかを考えるのと同じように。

相手の立場で考える事をしていれば、好き、嫌いの関係など

存在しなくなると思います。

 

一度、好き、嫌いの基準となっている考えや気持ち、価値を捨ててみてください。

きっと、凄く楽になりますよ。

所詮、好き、嫌いの判断基準なんかは、未熟な自分の基準で、

意味のないものなのですから・・・・

投稿者 inoue : 00:56 | コメント (5) | トラックバック

2006年08月23日

生きている価値と存在・・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨夜は、病院の増改築の件で打ち合わせをしました。

素晴らしいものになるという確信と さらに細かな希望・・・

尽きないものです。

 

何故、増改築するのか????

自分に何度も問いました。 

今の私は、素晴らしい多くの人との出会い、協力・・・のお陰です。

国際学会や記念カンファレンスなど、一流の先生と講演の機会も

頂くようになりました。そして、何よりも多くの患者様が私を

育ててくださいました。

そう、思ったとき、十勝帯広にない、他にもない

安心・快適な・最新設備の理想的な病院があるという喜びを

十勝の人と感じたかったという思いに尽きません。

私は大事故の体験から、都会に行けば治る、良い環境があるという

常識を変えたかった、そんな思いからの挑戦でもあります。

もしかしたら、今のこんな思いと行動に、生きている価値と存在を

感じているのかもしれません。

 

さて、生きている価値と存在の本題です。

少し、視点を変えて考えてみましょう。

 

私は、どんな小さなこと、誰にでも出来ることでもよいですから、

世界一だと思えるものを自分自身に持とうということを提案したいですね。

それって、凄いことですよね。

何だか、自分自身の生きている価値と存在を凄く感じませんか。

 

例えば、朝のおはようの挨拶では世界一、笑顔では、裁縫では・・・・

何でもよいのです。

そして、それは人に認めてもらうのでなく、自分が心で意識するということが

大切だということです。

そうすることで、自らの心のエネルギーを高める、自分を心から輝かせる原動力に

なるということです。

 

どうでしたか。どんな小さいことでも世界一を目指す。

少し、お役に立てましたでしょうか。

投稿者 inoue : 08:58 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月22日

基準を持つ・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日の高校野球は、感動しましたね。

少し、観ていて疲れましたが・・・・(^^)

 

今日は、スタッフの朝礼でも話したのですが、

基準を持つことの重要性についてです。

 

〈状況や物の良し悪しを決めるのは、何かということです。〉

 

すなわち、その人自身の基準によって決まるということです。

例えば、ニューヨークへデパートの視察に行くとしますね。

せっかく、ニューヨークに行っても何も発見がない。

〈何故かと言う事です。〉

行く前に、日本のデパートを徹底的に観察し、日本のデパートの

基準をしっかり持つことで、ニューヨークのデパートとその基準で

比較できるということになるわけです。

そういう基準の大切さを知らない人は、視察しても無駄ということです。

 

すなわち、高いレベルで、幅広い基準を持っている人は、

多くの気づきが得られるということです。

 

また、ある意味、基準の低い人は、あまり気づきもないでしょうし、

その気づきは、すでに多くの人が気づいていることにしかすぎません。

頑張りについても同じですね。

基準の高い人は、さすがという頑張りと成果・・・

基準の低い人の頑張りは、燃費の悪い車の成果・・・

 

こう考えると、基準の持ち方は、すごく大切です。

どうか、基準を高めることを意識されては、いかがでしょうか。

その時から、世界が変わるかもしれませんね。

投稿者 inoue : 08:59 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月21日

廃棄すること・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日の高校野球決勝戦、すごい試合でしたね。

特にピッチャーの精神力には、感動しました。

 

今日は、廃棄すること・・・・

 

私たちの周りには、本当に余分なものが多く有ります。

病院にも本当に普段使わなく、以前に購入したのもがたくさんあります。

取っておくべきか、廃棄すべきか????

半年以上、使っていないものは廃棄です。

机の中でも、何でも、余分なものは、

廃棄することがすごく大切です。

 

例えば、コスト削減を考えるときも、まずは、現在、購入しているものや

あるものを、本当に無くて困るかをよく考え、

「まーどちらでも」のような答えなら、廃棄です。

 

その結果、購入を決めることが大切です。

多くの場合、廃棄せず、購入ばかりするので 無駄なものが

増えるのです。

しかし、一番大切なのは、廃棄することを考えなくていいように

予防することがもっと大切です。

1kgのダイエットよりも1kgの予防の方が、ずっと楽だし、効率的ですよね。

 

時間管理でも同じです。

新しいことを始める時は、現在の何かを廃棄する必要があります。

それを、廃棄せずに始めるから 100%以上の時間管理で無理がでてきます。

廃棄するという考えは、全ての場面で考える とても必要なことだということを

忘れないでください。

 

無駄なく、効率よく、しかも、ストレス無く、物事を進めるために

廃棄という考えを取り入れてみては、如何でしょうか。

意外と気づいていない、出来ていない事だと思いますよ。

投稿者 inoue : 08:00 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月20日

自分を褒める事・・・

こんにちは、院長の井上です。

久しぶりに日曜日を帯広で過ごしています。

いいものですね(^^)

今日は、北海道代表、駒大苫小牧と早稲田実業の決勝戦、

楽しみにしています。

どちらが勝つかでなく、本気が気持ちよいですね。

皆さんは、見ている人が気持ちよくなる<本気>

で、生活、仕事していますか・・・・

いきなり、厳しいですね(^^)

 

さて、今日は、自分を褒める事・・・

自分で自分を褒めるなんて、そう思われる人も

いるかもしれませんね。

しかし、自分の強みも、弱みもすべてを知っているのは、

自分だけです。

(もし、考えたことがないのなら考えてください。自己カウンセリングもお勧めです)

だからこそ、自分で自分を褒めてあげるとよいのです。

そして、何一つ、自分を責めないという考え方をもつというのが

一番大切です。

 

人は褒められることで、心も身体も元気になってきます。

それを責めてしまうと、本来 元気でありたい心も身体も

自らが苦しめていることになります。

 

〈何を自分に責めるのですか???〉

 

責めなくていけない、反省しなくていけない・・・・

それは、完璧という前提があるからです。

人は、人生をかけて気づきをもって成長していけばよいと思います。

ですから、上手くいっても、いかなくても、全てに感謝です。

上手く行かないような事に気づけたことに感謝ですよね。

自分に感謝をして生きていたら、心も身体も感謝に対して、

ありがとうと、元気になってきますよ。

 

考え方なんですよ。

 

よく、「先生は、なぜそんなに元気なんですか」と聞かれ、

実は、自分でも分からないことがあります(^^)

しかし、考えてみると、色々と実はあります。

サプリ・・コエンザイムQ10他、スーパー青汁、プラセンタ・・・

まー考え方が一番でしょうか。(^^)。

最近は、シャンプーまで拘っていますよ。(^^)。

とにかく、感謝していますよ。学べば学ぶほど、そのような気持ちの

大切さを実感しています。

要するに、感謝もできない、前向きにも考えられない、貢献も考えられない、

そのような人が自分自身に良いことなど ある訳がありません。

こういうことは、誰でもわかると思います。

そんな理由を考えるより、真理として受け止めるとよいです。

 

自分を褒めて、笑顔で楽しくすごす事、すごく大切です。

きっといつも元気な心と体、そして無限のエネルギーが湧いてきますよ。

今日も、素敵な週末ををお過ごし下さい。

投稿者 inoue : 09:00 | コメント (2) | トラックバック

2006年08月19日

成長とは、考えること・・・

院長の井上です。

ブログの気づき、皆さんからコメントやメールでいただき、

感謝しています。

気づきをシェアーして頂けると、私も物凄く勉強になります。

 

昨日は、ドラッカー塾に参加してきました。

本当に世界のドラッカー・マネジメントは、内容が深く、自分自身の

器の小ささを感じます。参加されている方も素晴らしいので、

課題をシェアーする時のアドバイスなども とても価値あり、

言葉に出来ない充実感です。

さすがに、成長している一流の企業トップは、成功すべきして

成功している、その一言につきます。

ビデオや本で読むのとは、格段に違う真実を体験しています。

 

今回は、事業計画策定シートを頂きました。このシートには、今まで

ドラッカー塾で学んできたことが体系的にまとめられています。

しかし、これを持っていても何も意味がなく、これをどう生かすかは、

どこまで本気で考えに、考えて、まずは自分自身に落とし込むかに

かかっています。成功し、今も成長もしている社長の本気は、

命を懸けている本気が伝わってくるんです。

自分の甘さに、自分が悔しくなります。

 

私は、最高の歯科医院の組織作りがしたく、ドラッカーを学びに来ました。

今、確信していることは、考えに、考え、スタッフと共に真剣に実践できれば

世界でも他にないような、病院組織ができるということです。

ドラッカー・マネジメントには、世界を動かしてきた力が本当にあります。

 

過去を検証しながらも、過去に拘るのでなく、未来設計図をどう描くかを

しっかりと目標による管理を行い、そして、達成すべき生き方をしたいと思います。

上手くいかないのは、その解決する知識と方法を知らなく、知っていても実行しない

、考えていない。ただ、それだけなのかもしれません。

 

例えば、

●組織全体の成果を上げるために、何が課題なのか?

 そのために自分の仕事に何を求められているのか?

●自分の仕事の成果を上げるために、今、何が必要か?

 それは、組織全体にどのような貢献をもたらすのか?

たったこの二つの問いにしても、これが会社全体に浸透して

考えられているところが、どれだけあるでしょうか。

仮に、これだけでも実践できていたら、どれだけ成果があがるでしょうか。

こんな事にも気づかず、実践できていなくて、社会に貢献できる組織も

成功する組織にもなるはずがありません。

 これが事実なのです。

学ぶことの大切さ、気づきになればと思います。

投稿者 inoue : 00:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月18日

スピード感を持つこと・・・

院長の井上です。

台風が来ているようで、心配です。

ドラッカー塾のため 東京に来ていますが、

昨夜の夕方は、ものすごい雨でした。

 

今日は、スピード感を持つこと・・・

 

日本国内に限らず、海外の一流の方と連絡を取って感じること・・・

仕事のできる人は、まず連絡が早いということと、行動力があるという

確実に両方の資質を持っています。

どちらか、一方だけということが決してありません。

何故なのでしょうか、とても不思議ですよね。

そして、スマートで、まとまりがよいというのが感想です。

 

そう考えますと、一流の人から学ぶことは、文章一つからも多くの気づきがあります。

仕事のできる人には、当然、多くの仕事があり、連絡もあります。

その瞬間・瞬間に対応をしなければ、後にまた仕事や連絡が

終わり無く 来ますので、早い対応が要求されるということでしょう。

 

ある意味、スピード感が無く、連絡対応の悪い人と行動力の無い人は、

それなりの対応で成り立っているか、チャンスを逃している人だということです。

また、こういう人に限って拘りがあるんですね。(意味があるかは別ですが。)

例えば、必要以上に長い返事を書いている。まとまりがないのに など・・・

 

私は、メールを開くと すぐに不要と感じたものから削除を始めます。

そして、大切なものから瞬時に返信するようにしています。

このことをニューヨーク大学の方とお話をしましたら、「世界的に有名な

ターナー先生も移動中の電車の中で、メールは削除からしていましたよ」と聞き、

そうなんだと、あたらためて自分の対応にも納得したものでした。

 

世界中の人に神様は、同じ時間を与えています。

しかし、人生の成果には 大きな違いがあります。

成果を大きく上げるためには、スピード感と行動力です。

自分には、無理だと決め付けるのではなく、出来ている人との違いを

見つけることをしてはいかがでしょうか。

投稿者 inoue : 00:02 | コメント (3) | トラックバック

2006年08月17日

自分の役割とは・・・

こんにちは、院長の井上です。

お盆休みがあけて、本気で残り4ヶ月 仕事を精一杯

頑張っていきましょう。

 

 さて、今日は、自分の役割について・・・・

 

皆さんは、自分の役割が明確になっていますか。

役割・・・・????

仕事、プライベート、人生・・・・???

そうですね。人には、色々な役割がありますよね。

色々な役割があるからと言って、どの役割も明確ではなく 、

なんとなく日々を過ごしていませんか。

 

私は、今、ドラッカー塾の事前課題に取り組んでいました。

テーマは、「目標による管理とは・・・」についてのレポートです。

そこで、気づいたこと、自分の役割とは、すなわち使命だと思いますが、

使命に連動した 「目標と管理」 が必要だということです。

その結果、自分の役割がはっきりしてくると感じました。

 

皆さんは、会社の使命が何かを知っていますか?

ちょっと待ってください! 知らないなんてすぐに言わないで下さい。

そんな人任せの言い方をしているようでは、話になりませんよ。

きっと、そう思った人は、全く今まで目標というものを持ったことが無い

と思います。

 

自分の役割を真剣に考えてください。そして目標による管理をしっかりしてください。

それが出来たとき、本当の意味で全ての人との関係が上手くいき、

人としても感謝をされるようになります。

 

よく話をすることですが、相手の望むこと 求めることと、役割がずれていては

カレーライスの嫌いな人に、一生懸命に何日も仕込んで食べて欲しいと

思っている自分ということになります。

それほど、虚しいことはありませんよね。

ですから、真剣に時間をとって、

自分の役割をもう一度、しっかり考えてみては如何でしょうか。

投稿者 inoue : 11:03 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月16日

言葉の解釈・・・

こんにちは、院長の井上です。

最近、私は【安岡正篤先生】にはまっています。

 

安岡先生は、不朽の人間学によって社会を啓発し、

昭和を指導しました。安岡正篤氏は、孔子・孟子や老子・荘子ほか

東洋先哲の教訓に潜む 普遍の真理を国家の歴史と指導者像を

介して現代に敷衍し、人の道そして国家と指導者のあり方を

論じた人です。 

安岡正篤が論じるテーマは、陽明学に代表される東洋の思想、西洋哲学、

国家治乱興亡の歴史、英雄・先覚者の人間像、科学と産業、教育と道徳、

人生と家庭、経営と行政、文学と芸術、自然と環境など、実に多領域

にわたります。 その凝縮したものが人の道と指導者のあり方に

関する教えであり、安岡人間学(人物学)といわれるゆえんです。

 

この安岡先生の講和の中にこのような、言葉がありました。

「いつみてもお若いと口々に

           褒めそやさるる歳ぞ悔しき」

いつ見てもお若いということは、すなわち歳をとったということで、

歳をとる事は良いことだが、やはり言われると、歳をとったのだなあ

と感慨もよおして気になると話されていました。

言葉の相手に与える意味は、解釈により全く変わるものですね。

安岡先生のお話を聞きながら、考えさせられました。

 

私は、今、サイグラムというコミュニケーションを相手と自分との違いを

認め、伝えるという素晴らしい考え方を学んでいますが、

あらためて、安岡先生の講和からコミュニケーションの大切さ、

言葉の使い方の大切さなど、多くの気づきを持つことができました。

安岡先生の世界はとても深いですが、とても魅力的な世界です。

皆様も安岡正篤先生の世界を学ばれては、いかがでしょうか。

 

 

投稿者 inoue : 00:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月15日

高校野球から学ぶ精神・・・

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、お盆休みをどのようにお過ごしでしょうか。

私も今日までお休みで、明日からは仕事です。

お墓参りや勉強など、充実した時間を過ごすことができています。

 

さて、今日は、駒大苫小牧高校と青森山田の試合がありました。

大逆転、さよならで駒大苫小牧が勝ちましたが、この試合と

試合後のインタビューを聞いて感動しました。

皆さんは、試合が7-1になった時点で、もう試合は決まったと

思いませんでしたか。

今、この話を聞いても、その状況ならそう思われたに違いありません。

試合後に選手が、「ピッチャーも頑張っているし、どんな状況でも

盛り上がりながら、信じて戦っていた」というインタビューでした。

 

絶対に諦めないことの大切さ、暗い環境と気持ちでは、チャンスが来ない

という、環境と気持ちの大切さですね。

 

私の〈心の指針の言葉〉に、ナポレオン・ヒルの 【挑戦】 という言葉があります。

私は、この言葉を額に入れて、いつも目に入るところに飾っています。

DSC00540.JPG

この言葉は、私が事故で一番辛かった時に、

安達亜由美さん(ナポレオン・ヒル・夏目先生のところでも仕事をされ、

その後は、ジェームス事務所の立ち上げに協力した素晴らしい女性で、

現在は独立し、朝倉千恵子さんなど多くのサポートもしています)

という、今も親しくさせている方から贈られた言葉です。

 

この言葉の大好きなところは、諦めない、自分を信じることの大切さです。

私は、多くの勉強をした結果、気づいたこと・・・

それは、心の持ち方で人生が変わるということでした。

 

今日の試合もまさに心の持ち方が、勝利を導いたと言えるでしょう。

皆さんも、〈心の指針の言葉〉を何か持たれてはいかがでしょうか。

きっと、その言葉が、皆さんの人生を変えることになります。

投稿者 inoue : 12:06 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月12日

自然に生きる・・・

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、お盆休みをどのように過ごされますか。

私は、のんびり読書をしようと思っています。

人は、のんびりもよいし、慌しく働くのもよいし、

何がよいということは、ありません。

好きな事を、したいときに自然に行えばよいと思います。

このお盆休みも、自分が感じたままの生活をすれば よいでありませんか。

自然の現象にはかなわないように、自分の気持ちに無理をしても

あまり、良いことがありません。

すなわち、そうできるときは、そうしていて困らないからそうしているんですよね。

本当にそう思いませんか。

 

困るから・・・、そうしないと・・・・、辛いから・・・

 

そのような言葉を使いながら、その状況を変えない人ってたくさん居ますよね。

本当に困れば、人は気持ちも、行動も 変わります。

 

今、好きな事をしたいとき、自然に出来るのであれば、

その状況は、できるからしているのであって、出来なければしていないということです。

 

お盆休み・・・

少し、そんな自然の法則のような気持ちで、過ごしてみていかがでしょうか。

投稿者 inoue : 11:07 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月10日

現実を認めること・・・

こんにちは、院長の井上です。

台風の大きな被害もなく、今回は一安心ですね。

お盆休みも全国的に天気がよく、どこかに出かけるのも

良いかもしれません。

私は、サイグラム・コンサルタント講座が始まりますので、

勉強でしょうか・・・

さて、今日は現実を認めること・・・

このことの意味は、過大解釈も過小解釈も、自己解釈も他者解釈でもなく

目的とすることに対しての 〈現実と結果〉 を認めることの大切さです。

人は、現実から目をそらす、逃げる特性を 誰もが持っています。

例えば、仕事に関していえば、自分は一生懸命働いていると感じていても、

成果、一番分かりやすいのが数字でしょうか、

確かに数字で評価できないものが あることも事実ですが、

まずは、数字ですね。

その数字が低いのであれば、それは現実を認め 改善すべきということです。

すなわち、燃費の悪い車みたいなもの。本人は、汗だくで走っていても、

成果で評価した場合には、ただの鈍足で、自分よがりの

なんでもないということです。(きついですが、そうなんですよ)

 

きっと、これを読んでいる方は、きついよなー。そんな声が聞こえてきます。

しかし、実際に気づいている人は、このブログを読んで、確かにそうだと

納得して読んでいると思います。

先に書かれているのを読んだ時の読み手がどんな気持ちになったかが、

今、どの位置に自分が居るかの評価です。

 

私の伝えたいこと、それは、「気持ちは大切ですが、気持ちだけでは

何も意味を持たない」ということです。

また、自己分析をして、現実を見つめ、現実から評価し、認めることが

大切です。

 

あなたは、自分の評価をしたことがありますか。

評価をしなくて、何をどうしたいと考えているのでしょうか。

 

私は、フルコミッションの営業に魅力を感じます。

それは、成果がでないと野宿の現実があるからです。

今、世の中を見ていますと、そこを乗り切ってきた人が、本も出版しています。

よーするに、今求められてるものは、無いものは無い、あるものは有る

教育も受けず、努力もせず、考えない人には、何も無いということです。

そこが自信と勇気になるからです。

私も時々、色々な意見を言われることがあります。そこで感じた事を

最後に・・・

 

結果が悪ければ、全て人は悪く言います。結果が良くなれば、全てを良く言います。

それだけでありません。過去の解釈も変えるので、過去も良くなります。

そんな、人に振りまわされるのではなく、本当に人のために良いことと

自ら自信があるのなら、突き進めばよいのです。

昔、あーしとけばよかった、そんな、話をよく聞きますね。

どの道を選択するか、それは自分(あなた)が決めることですよ。

               

投稿者 inoue : 09:08 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月09日

自ら考えること・・・

こんにちは、院長の井上です。

いよいよサイグラム・ビジネススクールのコンサルタントコース

が 明日から始まります。

アドバイザー、インストラクターと学び、最後のコンサルタントコースです。

今までの何倍もの情報と勉強になるそうですので、

少し緊張をしています。しかし、もうここまできたら、やるだけです。

時々、サイグラムとは???という質問をされますので、

講座のご紹介をさせていただきます。詳しくは、以下をご覧下さい。

http://www.psygram.jp/tokyokisokatsuyou/

 

さて、今日は自ら考えること・・・

 

ブログでも毎日、私の考えている事を書いていますが、

決して結論付けるような書き方を出来るだけしないようにしています。

それは、それぞれ立場も仕事も、全てが同じではないからです。

人には相手を理解することが出来ても、全く同じく共有することは

とても難しいと考えるからです。

情報をインプットし、自らの脳で考え、自分自身に落とし込むことが

大切だと考えるからです。

人の物まねでは、自分らしさがなく、気づきも生きてきません。

 

最近は、自ら考えることなく、すぐに答えを求める人が多いと思います。

その裏には、自己責任への逃避もあるかもしれません。

しかし、人から何でも与えられ、ゆだねていても仕方ありません。

素晴らしい助言や情報は、背中を押してくれているのですから、

あとは、自ら考え、必要な時は行動する事が大切です。

全ての答えは、自分の心にしかないのですから。

投稿者 inoue : 00:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月08日

意思決定・・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日、朝のワイドショーでプロボクシング亀田の

お父様が出ていました。

その話題は、今朝のスポーツ新聞も一面のようですね。

私も仕事前に少し観ましたが、物凄い激論でした。

亀田の世界戦や、その前の態度や対応をどう受け止めるか、

それぞれではないでしょうか。

        正しいものは、ありません。

しかし、私の意見は、誤解を与える原因については、真摯に

受け止めるべきです。それは、試合も態度もです。

その結果、どうするかは、本人の意思決定しかありません。

しかし、その意思決定は、本当に価値あるレベルでの意思決定でしょうか。

子供同士のレベルでも、大人同士でも、企業レベルでも、国家レベルでも

それぞれに意思決定が行われています。

しかし、その違いは何かということです。

その違いをよく考え、受け止めることが大切です。

例えば、私は、ドラッカーマネジメントで9ステップの意思決定を

教わりました。

その瞬間、この意思決定を知ることがなければと、怖くなりました。

他にも素晴らしい意思決定のプロセスがあるでしょう。

しかし、いずれにしても、学んでいない人には、個人感の意思決定基準しか

持ち合わせていないということです。

これは、本当に恐ろしいことであり、そこでの思い込みを周りが押し付けられたら

とても大変なことになりかねませんからね。

今日わたしは、病院の増改築について設計士、器械関係の人と最終的な

話し合いと意思決定を行ないます。

とても重要な決定になります。後悔は許されません。

しかし、自分を信じ、学んだことでの意思決定基準やプロセスは、

きっと素晴らしい未来への意思決定になると信じています。

最後に、自分の心を支えてくれるものは、学びと体験だと思います。

投稿者 inoue : 08:10 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月07日

読書の大切さを・・・

こんにちは、院長の井上です。

毎日、暑い日が続きますね。

昨夜は、町内会の焼肉でした。私の家の裏で行われました。

年に一回の このような町内の集まりも、人との繋がりという意味で

大切なことだと感じています。

 

今日は、読書の大切さを・・・

 

最近、皆さんは、読書をしていますか。

一時、本屋さんが凄く暇な時代がありましたが、

今は、読書ブームといいいますか、本屋さんには

いつも沢山の人がいます。

皆さん、情報を求めているのでしょうね。

私も東京の浜松町駅構内の本屋さんに、時々、立ち寄りながら

本を見ます。

目的の本がある時もあれば、無い時もあります。

ただ、眺めているだけでも、時代背景や流行、どういう言葉に

目が引かれるのか・・・マーケッティングとしても勉強になります。

 

私は、月に10冊 本の要約をして送ってくれる会員雑誌やレポートなど

毎月取っています。

本当に本から学ぶことは、多いですよね。

それと、尊敬する人、成功している人の読んできた本にも

とても興味がありますね。

 

先日は、サイグラム開発者の吉井先生にも数冊ご紹介を頂きましたので

週末に2冊ほど読みました。

さすがに、素晴らしい本です。

吉井先生のバックグランドを 少しでも共有できたことで、

話される言葉の深さを少し読み取れたらと思いました。

このように、相手を寄り知るためには、その方の影響を受けた本、

感銘を受けた本を紹介して頂くとよいですよ。

このように、読書をすることは、情報としても、相手を知るためにも

とても大切です。

是非、この夏休みに読書をされては、如何でしょうか。

投稿者 inoue : 08:11 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月06日

軸の大切さ・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、大阪からいらした、ドラッカー塾で一緒に勉強している

コンサルタント会社副社長さんの治療後、ゆっくり自然を

感じながら、楽しいお話を聞かせて頂きました。

600名以上いる会社で、しかも体験からのお話は、

ものすごい私の財産になりました。

 

そんな素晴らしい方から「井上さん、大阪で知らない病院へ行くよりは、また通いますよ。

何回くらいですか。距離の時代は終わりました。健康は大切ですからね。」

本当に考えが違うと思いました。さらに・・・

「井上さん、帯広は素晴らしい自然と環境ですね。どこからでも患者さんが

来ますよ。」とても勇気つけられます。

 

そこで、今日は、軸の大切さです。

 

軸とは、本質・原点、そのようにイメージして下さい。

サイグラム開発者の吉井先生も 私たちに、「自分らしさを出して講義をしなさい。

しかし、軸をずらさないこと。」とおっしゃいます。

昨日のコンサルタント会社の副社長さんも、「自分の仕事の軸をずらさず、

自分の強さをしっかり認識し、魅力的になる。そのようして成功していることは、、

他の業種でも共通の価値観や共感を得られる」と話してくださいました。

 

〈本当にそうだと感じました。本質をしっかりしなさいという深い言葉ですよね〉

 

全ての物を考え、見る時に、軸が何かをしっかり認識することは、

とても大切です。

軸がしっかりしていれば、迷うことがありません。

軸がしっかりしていると、大きく話が広がっても、生き方を広めても・・・

聞いていて、見ていて、安定感と安心感があります。

 

もう一度、軸というものを意識してみては、如何でしょうか。

軸がなく、ふらふらとしている、魅力的ではないと思いますし、

そういう匂いがやはりするんですよね。

これは、昨日、副社長さんと共通の意見でした(^^)

さー今日は、軸について書かせていただきました。

AM 5:00からブログ書いている、私です。

これから、勉強でもしますね(^^)。学ぶことは、楽しいです。

投稿者 inoue : 05:12 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月05日

今日、2回目の配信です。

ニューヨークの知人からこんなメールが・・・

皆さんもニューヨークの気分を お感じ下さい。

ニューヨークもとても暑いんですね(^^)

こんにちは。
NYは連日猛暑で、今日の気温は38度、
アパートのエレベーターが節電のため半分しか稼動していなかったり、
大学のエレベーターは数時間止まってしまったり(外来8階なのに!)、
研究所の-80度のサンプル用冷凍庫を守るために、電気を消して
デスクランプとPCスクリーンの明かりだけで仕事をしたり、
外来ではDental CharのSaction吸引が全館動かなくなり、仕方ないので診療が全
面的に停止になったり・・しています。
もともと夏ばてはしないのですが(むしろ冷房に負けるタイプ)、先週から
暑さ対策に果実酢を飲み始めました。
(日本で流行っているって聞いたので・・。)

それで、仕事がなくなった(早上がりになった)のをいいことに文字通り
炎天下のなかYankeesの試合(しかもデーゲーム)を見に行きました。
ちなみにその野球は、観光客のためにチケットを取ったのですが、余りの
暑さに行きたくないというので、もったいないので代わりに行ったのですが、
こんな日に誰が野球に行くの?と思っていたら意外にも球場は混んでました。

1イニング終わるごとに「水分補給をしてください」のアナウンスが流れて
いて、各階にHydration stationが設けられて、水を配っていました。
ジムのサウナでもこんなになったことがない!というほど汗をかきました。
町でもスターバックスが無料でアイスコーヒーを配ったり、せめて水分くらい
は十分にとりなさい、ということなのだと思うのですが、NY市の一部では
停電が続いたりと、ここまで来ると生命に関わるのでは、と思います。
(ちなみに昨冬のストライキのときもそう思った気が・・。)
毎年毎年、電力不足に陥るNY, 少し学習して節電とかリサイクルとかすれば
いいのに、とこれまた毎年思う私なのでした。

                                                                                                            日本も暑いことと思います。水分補給をして乗り切ってください。

投稿者 inoue : 10:13 | コメント (0) | トラックバック

行動力、実行力・・・

こんにちは、院長の井上です。

帯広も連日、もの凄く暑い日が続いています。

私は仕事柄、外に出る時間がありませんので、

一番暑さを感じるのは、寝る時です。昨夜は、本当に

ベットで 何もかけずに寝ました。(お腹を冷やしますよね)

 

さて、行動力と実行力について・・・

 

行動力のある人に 成功している人、人生を豊かに生きている人が

多いように感じています。

今日は、大阪から600名近く社員がいる会社の副社長さんが来院します。

メールが来て「井上さん、歯が欠けて心配です。一度診察していただけませんか。

空いている日程をお知らせてください」

今日、関西空港から帯広へ来て、明日一便で帰るそうです。

 

しかし、最近は 異業種の方ともよくお会いしますが、

さすがに成功している人の求める行動力と実行力の

凄さに大きな学びを得ます。

 

成功者は、成功者に学べ・・・昔からよく言いますよね。

私が気づいた共通していることの一つに、行動力と実行力の違いです。

本気なんですよね。そこまでする人は・・・

 

サイグラム・ビジネススクールにも、物凄く困難を乗り切り 学びに来ている

人が多くいました。九州から北海道まで・・・深夜バスで通われている方も

いました。ですから、卒業式でも多くの方が涙をするんです。本気なんです。

きっと、この仲間は成功すると信じています。

 

 

そうですよね、行動力と実行力があるのですから・・・本気なんですよ。

皆さんは、今の生活で何か行動と実行しているものがありますか?

留まることは、澱むことなんです。

運勢がいい。この言葉の解釈は、運のよい人には、勢いがあるということ

です。すなわち・・・・・行動力と実行力です。

今日のブログから何かを感じていただけたら、嬉しいです。

投稿者 inoue : 07:14 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月04日

プロとしての自覚・・・

こんにちは、院長の井上です。

今回は、サイグラム・ビジネススクール(インストラクター)

の卒業式でした。

主催者側から1000名の申し込みがあり、62名が選ばれた受講生と

の話がありました。

インストラクター・コースは、62名で140時間以上の勉強をしてきました。

課題などもありましたので、受講生はかなり勉強したと思います。

最終的には、日本産業心理コンサルティング協会認定の

インストラクターとして 12名が選ばれました。

幸いにも、私も12名の中の一人に選ばれましたが、嬉しさ・感動と

同時に、与えられた責任の重さを強く感じました。

(呼ばれた時は、胸が熱くなり・・・・感動です)

 

私は、歯科医師としてプロです。ですから、当然、患者様から

お金をいただいています。

今後、サイグラム認定インストラクターとしての活動は、受講生から

お金をいただくことになります。

 

〈プロと素人の違い〉は、お金をいただいて仕事をするということです。

ある番組で たけしが「お金をもらい喜ばれ、感謝されるのがプロ、

プロとアマの違いは、お金をいただいて仕事をするかどうかだ。」

 その話を聞いて、本当にお金をいただき 仕事することの責任を

強く感じました。

多くの仕事をしている人は、お金という報酬を得ているにも係わらず 、

プロとしての意識でなく、素人の意識の人が多いように思います。

例えば、病院に行って患者さんの支払う代金は、

どの先生やスタッフに診てもらっても同じですよね。

それなら、下手な医者、スタッフには、触られたくないと思います。

 〈これは、患者様の正直な気持ちだと思います。〉

そこで大切なのは、一生懸命努力し、ある一定以上の基準を

達成している人なら 受け止められるかもしれません。

 

私は、認定インスラクターとして名前を呼ばれた時、物凄い責任を

感じました。それまでの、受講していた気持ちと全く変わりました。

それは、専門が歯科医師だから・・・こんな言い訳を受講に来た人が

聞きたくないという現実を想像することができるからです。

プロとしての自覚をしなくてはいけないと、歯科医師として

自立した時以来、強く決意しました。

 

皆さん、お金という報酬をいただいた時からプロだということです。

そしてプロは、喜びと感動を与えなければいけないということです。

それは、パートやアルバイトでも同じです。

もう一度、自分の仕事を振り返ってみて、心に説いてみては如何でしょうか。

投稿者 inoue : 12:15 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月01日

生きていく上で大切なこと・・・

こんばんは、院長の井上です。

今、東京でサイグラムの勉強に来ています。

金曜日に帰ります。

今回で <インストラクター・コース>は、最後です。

来週からは、いよいよ <コンサルタント・コース>が始まります。

今日も素晴らしい多くの学びがありました。

そこで少しシェアーしたいと思います。

生きていく上で大切なこと・・・

1、志を高く持つこと(時代と共に変わってもよいのです。まずは、持つことです)

2、評論家にならないこと

3、自分が当事者であるという自覚を持つこと

4、自分を時代に応じて変化させていくこと

5、自分らしいこと

このことを、心の中で意識し、自覚することが大切です。

皆さんは、これを読んでどうお感じになりますか???

感じ方も読む側の心のありかたで、変わることでしょう。

私は、お会いする方から「先生のブログは、本を読む以上に学びが

ありますから、毎日読んでいますよ」と言われることがあります。

私も多くの方に少しでもお役に立てればという思いで書いています。

しかし、気づきを持てる人と持てない人は、必ずいることでしょう。

例えば、いのうえ歯科医院のスマイル・ニュースも スタッフにも気づいてもらいたくて

書くことがあります。しかし、気づいて欲しい人ほど、

全く自分には関係ないように感じているのが現実です。

それくらい、自分を客観視できていないのが、多くの人の現実です。

上記の5項目も、自分に置き換えて気づける人は、どれくらいることでしょう。

ブログを読んでいる方は、かなり意識レベルが高いでしょうから、

気づきとして力に変えてくれると信じています。

学ぶ人は、さらに学び成長し、学ばない人は、評論家・当事者意識なし・・・

本当に知識レベル・意識レベルも二極化の時代ですね。

これが、現実です。

投稿者 inoue : 22:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月31日

寿谷先生との出会い・・・

おはようございます。院長の井上です。

昨日の朝一便で東京へ来ました。

私の尊敬する寿谷先生(ロマリンダ大学教授、目白でご開業されていた先生)

のスタディーグループ発足の記念パーティーのためです。

先生は、私が最も歯科医師として影響を受けた方です。

DSC00551(1).JPG

          〈先生との記念写真〉

 

先生の主催します、「3年間の歯科総合コースと1年間の外科矯正コース 」

を受講しました。

3年前の12月30日、2回目の歯科総合コース受講をしていた途中、

脳出血で倒れられ、現在までリハビリをしています。

寿谷先生は、天才的な先生です。さすが、世界が認める人は、

違います。

先生のコースはとても厳しく、私の時には2名しか

卒業をしませんでした。

本当に厳しく、物凄い緊張感で学びに学んだことを 今も忘れません。

だからこそ、今の自分があると感謝しています。

DSC00552.JPG

 〈今も、変わることなく眼光鋭く、お話される先生〉

 

私は、歯科医師としての知識・技術・生き方を学びました。

知識と実践する事を教え込まれました。

「能書きはいらない。患者様に本物の医療を実践できる歯科医師になりなさい。」

これが先生のお言葉でした。

 

今回、先生にお会いすることができ、本当に嬉しく感動しました。

最後に先生の私たちへの言葉は、

「正しい診査・診断・治療計画を立案できれば、必ず正しい答えがでます。

後は、生体が健康へ導いてくれる。君たちは、患者様への

プロとして最高のサポートをしてあげなさい。

また、時代や環境に一喜一憂して心を乱すことの無い、振り回されない、

自分の意志をしっかり持った自分の生き方をすること。

そして、寿谷と出会った人として、輝(ひかる)人になって欲しい。

これが、私の心からの願いです」

という言葉を涙を流しながらお話して下さいました。

 

私は、寿谷先生への感謝の気持ちを生涯忘れることなく、

先生から教えて頂いた、数多くの素晴らしい知識・技術・言葉を胸に、

今度は、先生に恩返しをしたいと考えています。

どんな状況になろうと、恩師への感謝を忘れるべきでは

ありません。

 

今日は、皆さんにも 自分に影響を与えてくれた方への恩師への

感謝の気持ちを思い出して頂けたら幸いです。

投稿者 inoue : 10:56 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月29日

昨日は涙の感動が・・・

p> おはようございます。院長の井上です。

昨日は、涙の感動がありました・・・・

今朝、このようなメールを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井上先生

人生の記念すべき日を先生のお力添えで作ることができたことに御礼を申し上げま
す。
またその時間を井上先生と共有できたことを大変嬉しく思っております。
突然の無理な予定の中で、関根先生をはじめ、工藤先生やいのうえ歯科医院のスタッ
フの方々に支えられてなんとか乗りきることが出来ました。
今回自分が受けた感動を、近い日のうちに患者様に感じてもらえるように努力いたし
ます。
母親も井上先生のところでオペが出来たことを大変喜んでおります。
両親に感謝をし、親孝行をしていきます。
何度お礼の言葉を言っても足りませんが、この丸2日間本当にありがとうございまし
た。
では昼過ぎに東京へ戻ります。
皆様によろしくお伝えくださいませ。

●● ●

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は、昨日の午後3時頃に、

「もしお母様の手術をするのなら、今から帯広へ来られますか・・・?」

そのように、話したところ、彼のニューヨーク大学卒業ケースプレゼンテーションのために

お母様が治療に急遽、東京から来院することになりました。

彼は、大変優秀で、多くの先輩も認める素晴らしい歯科医師ですが、

インプラント治療の経験がありません。

(当然、NY大学他、多くの素晴らしい先輩やセミナーでは、勉強をしています)

昨日の私たちの手術終了が 22時頃ですから、

そこからお母様の鎮静ですので、0:00時からのスタートで 深夜2時半の終了。

30分お休みいただき、深夜3時半に終わりました。

彼は、周りのサポートもありましたが、立派にお母様の手術を果たしました。

まさに、「多くの勉強してきた結果」だと思います。

彼も感動して泣いていました。私たちも感動しました。

当然、お母様の目にも涙がありました。

母親の子を思う気持ちは、尊いものです。

彼には、ご両親への感謝と この感動の気持ちを忘れず 、

頑張って欲しいと思います。

私も素晴らしい感動の時間を信頼できる仲間と共有でき、

心から幸せでした。

昨夜は、午前4時就寝・・・明るかったですね(^^)

投稿者 inoue : 09:58 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月28日

インプラント手術から感じたこと・・・

おはようございます、院長の井上です。

昨日は、手術終了が10時15分、スタッフが帰ったのは、

0::00時近くでした。今日も、8時スタートですから

スタッフは、7時前には病院へ来ています。

今日も、21時30分終了予定です。

今日は、九州からNY大学の後輩や東京から銀座で開業されている

総義歯の大家の先生も来られます。

沢山の方とエキサイティングな時間を過ごせること、

とても幸せな気持ちになりますね。

 

さて、インプラント手術から感じたこと・・・

患者様、スタッフの人間的魅力と暖かさです。

患者様が、本当に自分のある意味人生をかけて取り組んだ姿を

見たとき、私たちも患者様の人生の一端に本気で係わろうという

気持ちになります。

また、そのことが、何にも変えがたい、大きな喜びと感謝の気持ちに

なります。

歯の無い人が、自分の歯のように何でも食べられる、インプラント治療。

私は、この治療の素晴らしさを本当に感じています。

歯の無い多くの人が、インプラント治療が受けられる事を

心から願っています。

 

インプラント治療は、とても奥が深く、どれだけの教育と経験を

積んできたがとても大切です。

やっているのと、出来ているのは、どの職業でも同じですが

かなりの違いがあるのでないでしょうか。

また、スタッフの患者様や私たちへの気づかい。

きっと患者様にもスタッフの気持ちが、伝わっていると

そう思いたいです。

朝早くから、深夜まで、しかも今日もですから・・・。

 

最後にインプラント手術から感じたことは、

本気で取り組むことでのエネルギーと仕事の素晴らしさ、

そして、チームワーク、仲間の大切さ。

私は、素晴らしい患者様、スタッフ、真剣に見学してくれている先生たち

もチームともいえる専門医の仲間たち、

こんな環境で仕事をさせて頂ける事に感謝の気持ちで一杯です。

今日も、骨移植、全顎インプラント患者様などです。

 

今日も患者様の人生を変えられるように、一丸となって力を出し切ります。

人生は、一度です。悔いは残したくありませんし、

プロとしての使命を果たしたいと思います。

 

投稿者 inoue : 07:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月27日

悩みは抱え込まない・・・・

おはようございます、院長の井上です。

今日は、朝8時から手術が始まります。

スタッフは、6時半から準備をしています。

終了は、23時を予定。スタッフのこの根性と意欲には、

院長として感謝以上のものです。

さー気合を入れなくては・・・・

 

今日は、「悩みは抱え込まない」をテーマに書かせて頂きますね。

 

 

人は、多かれ少なかれ 悩みを持っています。

その人の意識や感じ方でも違うと思いますが。

例えば、自分の問題は、多くの人も持っている問題だから

今は少し辛いけど、頑張らなくては・・・という人。

もう、問題に悩んで、苦しくて、落ち込んでしまう人。

自分は、強いし、前向きだし、不可能はないから、自分で解決すると

考えている人・・・・さまざまですよね。

 

ただ、そこで私が感じることは、

人は、一人で突っ張って生きていけないということです。

最後は、周りに支えられ、生かされている自分に気がつく時が来ます。

ですから、どんなに強い人でも悩みを抱え込まないで、

人に相談したり、遠慮しないで聞いてもらうとよいですよ。

そんな素直な自分を出すからこそ、絆も深まると思います。

そして、受け止めてもらえないとしたら、それは大切な人としての

絆でありません。

ある意味、人は 頼って欲しいと思っているんです。

頼られるということは、自分を信じてくれている、自分が生きていて

役立てている喜びでもあるんですよ。

 

では、何故、悩みを抱え込まないことが大切なのか???

それは、自分の気づかないうちに、悩みがどんどん広がり

体や精神すらも侵食されていくからです。

生ゴミと同じですよ。貯めておくと、どんどん腐り、

自分も周りも凄く辛いし、困りますよね。

多くの人は、この現象に気づいていません。

ですから、吐き出すことは凄く大きな意味を持っているんです。

 

いいですか、悩みは抱え込まないこと。

吐き出すことで、心も精神も健康になれるのです。

この原則を少しでも多くの人が気づいてくれることを

心から願って・・・・

投稿者 inoue : 07:02 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月26日

常識は、洗脳・・・

おはようございます。院長の井上です。

エキサイティングな日が、今日からスタートです。

何が???

 

明日から 朝8時から夜11時近くまでの

インプラント手術のスタートだからです。

しかも、連日・・・・

さすがに気合ですよね。

通常の病院なら、1名で2~3本で、1時間くらいでしょうか。

では、何故、先生の病院は、そんなに沢山の患者さんで、

しかも、たくさん一度に手術ができるのですかという声が聞こえてきます。

常識ってどうやって自分の中に取り込まれてきましたか?

きっと、ご両親、お友達、先輩、環境、勉強・・・etcです。

もし、そこから与えられてきたもの、受けてきた影響が

全く違っていたとしたら、今のあなたは、同じ常識を持っていましたか??

きっと違うと思います。

必ず違います。

そうなんですよね。常識は、周りからの洗脳の結果かもしれませんよ。

私は、そのことに気づいていましたので、

友達、先輩、環境、勉強の場所・・・・全てを自分の常識を超えさせてくれる

というところを選んできました。

ある意味、素晴らしい人との出逢いが自分の常識を変えてくれた

ということです。

ですから、私の周りは、スタッフも含め、当然のように受け止めています。

患者様もです。

九州や東京からも見学に来てくださいますが、きっと彼らも常識が変わる

のかもしれません。

常識とは、洗脳かも・・・

自分の可能性や限界は、いくらでも変わるということです。

皆さんも今の常識を捨ててみて、新しい常識の世界に変えて

みては、いかがでしょうか。

投稿者 inoue : 08:03 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月25日

スケジュール管理・・・

みなさん、おはようございます。

院長の井上です。

最近は、息つく暇もないようなスケジュールです。

昨日も診療終了後、病院増改築に伴う器材関係の

打ち合わせを0:00時過ぎまで行っていました。

今週は、今日からも連日来客、木・金とインプラント手術13名です。

その後は、週末から学会・・・来週まで東京です。

当然、他にもいくつかの課題があります。

 

では、このような状況で全てをやり遂げるためには

どうすればよいのでしょうか。

簡単です。

必要以外のことは、何もしないということです。

無駄と考えることを全てしない。自分以外でできることは、極力しない。

ある意味、自分だからできること、自分の強みをいかせること

に集中する生き方をすることです。

自分のだからできる、自分の強みを明確にすること

このことはとても大切です。

さらに、短い時間を上手く活用し、集中すること。

まとまった時間など 現実には、とることができません。

多くの人は、短い時間を生かし切れていないと思います。

短い時間だからこそ、集中でき、また、高い価値を生むのです。

今日は、強みを活かし、短い時間の活用による

スケジュールの組み立てと管理について書かせて頂きました。

頑張りましょう。

投稿者 inoue : 09:04 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月23日

ドラッカー塾の仲間から・・・

今晩は、院長の井上です。

今日は、ドラッカー塾の仲間から教えていただいた

「幸せ三か条」
奪うより与える!(人の役に立つ心)
現状に満足して常に感謝する!(感謝の心)
人の喜びを自分の喜びにする!(祝福の心)

をシェアーしたいと思います。

この幸せ三か条を教えてくれた方は、ドラッカー塾の丸山さんです。

もの凄くバイタリティーがあり、尊敬できる経営者です。

実際、会社も素晴らしいのですが・・・

皆さんは、この「幸せ三か条」をどのように受け止めましたか。

私の気づき・・・

この「幸せ三か条」が常に実践できている人で成功していない人は

絶対にいないと思います。。

人に尊敬と感謝をされる成功者になる必須の三か条だと

丸山さんを通じて感じました。

私は、この幸せ三か条を真摯に受け止めようと決意しました。

 

投稿者 inoue : 23:05 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月21日

相手の心の奥を認めること・・・

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、毎日どのようにお過ごしですか。

最近、色々の方とお会いしたときに、

「先生のブログを毎日見ていますよ。

      すごく毎日の気づきになるので・・・」とよく言われます。

とても嬉しいことです。

毎日よく書けますねとも言われますが、自分は好きなんでしょうね。

多くの人とお会いしたとき、今日の先生とのお話で 

とても元気が出ましたと言われることが多くあります。

しかし、毎日の生活や自分の目標に向かい 過ごしていますと

お会いできる人は、ほんの僅かな人なのです。

私のブログと出会って、元気になったり 楽になったり、気づきを持てたり

してくれたなら、それはとても幸せなことですよね。

 

 

今日は、相手の心の奥を認めること・・・・

 

これは、どういう意味かということです。

人は、相手の表面的な現象で判断をしがちです。

あの人の言葉は 失礼だとか、あの態度は横柄だとか、

あの人の服装はだらしないとか・・・・・

要するに、自分の感じた主観で 相手を決めつけ

 表現してしまう傾向があります。

それって、本当に正しいことでしょうか。

反対の相手の目で自分がそう見られたとしたら、

不快な気持ちに なりませんか。

そんな、あなたの主観で 私を決めないで欲しいと。

 

思いますよね。

そのような相手への見方は、絶対的な自分の価値観を

心の中に持っているからです。

もっと、相手の心の奥を認めようでありませんか。

 

心の奥に無限の優しさや思いがあるから、時として反動が一時的に

表面に出ているだけかもしれませんよ。

もう少し相手を認める、しかも見えない心の奥を認めることです。

どんな人も必ず素敵な人なんです。

たまたま、環境や状況が 今のその人の態度や言葉に出ているだけなんです。

私たちは、相手の全てを知らないのですから・・・

また、相手の態度や言葉の原因、あなたが作らせているのかもしれませんよ。

 

今日は、最高の人間関係作りのための、

相手の心の奥を認める大切さについて書かせて頂きました。

全ての人との出会いに、感謝を込めて・・・・

 

 

投稿者 inoue : 08:07 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月20日

お葬式で感じたこと・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、子供の頃から大変お世話になった、叔父の

お葬式に行ってきました。叔父は、71歳の若さで亡くなりました。

しかし、人は死という道を必ず通るのですから、そのことを

受け止めなければなりません。

受け止めるのは、亡くなった本人と、周りのことです。

自分の人生は、長くても短くても運命を精一杯

自分の意志で生きたと考えるべきでしょう。

しかし、残された周りがその現実を受け止めるには、

生前、笑顔で毎日過ごしていたとしてくれたのなら、、

それは、きっと最高の人生だったと受け止め、

見送ることができるのでないでしょうか。

 

ここで、私が感じたことは、

人は、毎日を楽しく、精一杯生きることで

たとえ何が起きても、自分も周りも悔いなく、幸せだったと

人生を受け止めることが出来るということです。

 

そのように考えますと、叔父は、とても楽しく、素晴らしい人生を

送ったように思います。

私の記憶には、笑顔しかありません。

きっと家族も親族も友人も・・・・・全ての人がそう思っています。

自分の生き方が、残された人の人生にも影響を与えるのです。

楽しく笑顔の記憶の叔父は、最後まで、それ以降も、私たちの

人生に 笑顔と言う最高の人生の生き方を教えてくれた

感じました。

自分の生き方は、自分にだけのものでなく、

例えこの世からいなくなったとしても

人の人生に大きく影響を与えるのです。

自分も満足した人生であり、周りの全ての人にも自分の人生を

通じて、幸せや生き方を伝えられる・・・・

そんな人生を過ごせることを意識してみてはいかがでしょうか・・・

 

最後に、叔父には 今まで伝えてくれた多くのことを

心から感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

 

投稿者 inoue : 07:08 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月19日

積極的な心構えって、苦しくない?

こんにちは、院長の井上です。

帯広は、毎日寒いです。夏を感じる間もなく

街ではバーゲンですから、衣料品店など大変だと思います。

今は、本当にどんな仕事も大変な時代ですよね。

まさに、こういう時代だからこそ

積極的な心構えで、時代に向わなくては ????

本当に、そうなのでしょうか。

私は、この積極的な心構えについて少し、考えていました。

 

いくら、人からこのような心構えを言われても、

自分の心の底で不安や恐怖・・・があったら 受け入れられ

ないと思いませんか。

積極的な心構えを、頭から無理矢理 理解しようとしても、

結果として 心との葛藤になり精神のバランスが崩れると考えます。

いくら、素晴らしい話を聞いたり、プログラムで学んでも、

心の中が素直に受け止められる環境になれることが大切です。

そうしませんと、維持的に 積極的になっても

すぐに戻ってしまうのが現実です。 

そのような経験を多くしていませんか。 心当たりありますよね。

私は、あまりガツガツ目標や数字とか決め付けることなく、

まずは、毎日を楽しく過ごすことが大切だと思います。

 

何かを決めるのでなく、毎日の成長を楽しむことです。

そうすることで、心中に躍動感が出てきて、自然と全ての事に

取り組む姿勢が変わる、そうすることで、積極的な行動になり、

その行動が、積極的な心を生み出すのです

一番大切なことは、今の自分、生活を楽しむこと・・・

これがキーワードです。

楽しめていない人、心に不安や恐怖・・・持っている人に

積極的な心構えがあれば、全てが解決できるといった

そのような自分の価値観は、全てが正しいということではないことを

理解することが大切です。

最後に、毎日楽しく過ごすこと・・・これが全てですよ。

投稿者 inoue : 07:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月18日

患者さんへの思い・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日は、患者様への思いについて・・・・

 

来週は、激しいインプラント手術を2日間行います。

おそらく、朝8時頃から 夜10時過ぎまでずっと手術を

行う予定です。協力してくれるスタッフや 九州や東京からも

見学に来てくださる先生にも感謝です。

 

今回は、難しい患者様ばかりですが、主に若い女性で

全顎インプラント治療、上顎洞や鼻腔底挙上など、さらに

骨を移植しながら 同時に埋入したり、大変やりがいのある手術です。

このような、激しい手術を受けてでも、健康を取り戻したいと

頑張ってくださる患者さんへ、さすがに、一人の人(歯科医師)として

最高の笑顔と美味しい食事できる生活を取り戻すお手伝いをしたい

そう思います。

 

患者様から「先生を信頼していますので、何の不安もありませんよ」

本当に嬉しく思うとともに 心の中で手を合わせるような感謝です。

やはり、病院側と患者様とも、一人の人としての心の絆が大切であり、

その共有している、お互いの信頼と思いがあるからこそ、

どんなことでも共に立ち向かえるのだと強く感じます。

 

 

そこで、皆さんは、どんな思いを持って、周りの人と対応していますか???

思いなんて・・・・と考える人もいるかもしれませんが、

実は、このことがとても大切だということです。

 

昨日、病院へ見学に来た、前向きな素晴らしい先生に私が伝えたこと

それは、患者様への思いです。

思いがあれば、必ず自分を高め貢献できるようになる、行動を

するからです。

皆さんは、どう感じになられましたか。

投稿者 inoue : 12:10 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月17日

命を懸けて守るもの・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、映画を観てきました。しかも、帯広で映画を

観たのは、30年振りでしょうか。

「日本沈没」 http://www.nc06.jp/ を観てきました。

 

もし、皆さんは、日本が1年もしないで沈没すると分かったら

どうしますか???

 

日本から逃げますか、それとも日本と共に死を迎えますか。

とても難しい質問ですよね。

この映画からの私の気づきは・・・

人は、最後は自分のことよりも社会に貢献できることに

自分の命にも代わる価値を見出すと感じました。

健康で元気な時は、自分を中心に 自分の利益を

考えるのかもしれませんが、

究極の心理での生き方の基準は、

「愛」と「貢献」なのかもしれません。

この映画での最後は、「草薙剛」が日本を救うために

命を捨てることになります。

そこで、皆さんは、自分の命を捨ててまで守るもの、

守りたいと思うものは、何でしょうか。

 

それは、人によって違うように思います。

家族・恋人・知的財産の継承、お金、地位・・・・・

そして、無限にあると思います。

 

この映画を通じて、いつ何が起きても悔いない人生を、

毎日生きよう。と思うと同時に、自分にとって命を捨ててまで

守るべきもの、守りたいと思うものを考えさせられました。

皆さんは、この質問に迷わず応えることが出来ますか?

死から見た時の自分の人生の充実感については、

以前に2日間ほどかけて考えましたが、

今回は、新たな視点からの気づきで 考えることをしたいと思いました。

投稿者 inoue : 12:11 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月16日

客観的に見るとは・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日で、サイグラム・ビジネススクールが終わりました。

そこで感じたこと・・・・

 

客観的に見ることの大切さです。

 

多くの人は、自分を客観的に見ることができません。

何故でしょうか?

それは、とても難しいことだからです。

しかし、いくら知識やスキルを持っていても、

自分のビジネスがいくら成功していても、自分を客観視できて

いるかというと、決してそうではありません。

そのために、相手との行き違いのあることは、多くあるのではないでしょうか。

 

では、何故、客観的に見ることが出来ないのでしょうか???

また、出来るようになるためには、どうすれば良いのでしょうか???

 

私が考えるには、多角的であり 世界的な視点からバランスよく学ぶということです。

人の判断は、学んでいるものの価値の影響が、大きいと思います。

例えば、一つだけを求めて、認めている価値の物か、

それとも日本、または世界の価値観の物なのかによっても違います。

すなわち、自分が今、どの範囲の価値を持っているかで、

自分にとっての最大限と考えるものも、小さな独りよがりしかない物か、

または、素晴らしい物かということになります。

客観的に見ている自分も、自分の見ている価値観の影響でしかないのです。

そう、考えると本当に客観視することは、難しいことですよね。

 

そのことに気づいたのなら、

常に相手の立場の気持ちになって考え、行動することで、

きっと客観視したとき、間違えのない態度や行動ができていると思います。

 

あまり、自分のレベルや成功に過信することなく、

相手の立場の気持ちになって考え、行動することで、間違えのない

人間関係コミュニケーション、そして最良の人間関係が出来ます。

投稿者 inoue : 00:11 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月15日

成長の喜びと感動とは・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日のサイグラム・ビジネススクールは、約12時間かけ、

全員が実際の講義状況を想定しての 実技試験が行われました。

 

そこで、強く感じたこと・・・

昨日の試験をむかえるまでに、100時間以上の講義と実技練習を

してきました。

スクール以外で受講生全員が、仕事の合間にどれだけの勉強や練習を

してきたかは、想像できません。

きっと、もの凄く努力をしていることは、昨日の結果を見れば分かります。

全員が、初めのころとは、比較にならないほど成長をしていました。

これは、昨日も書きましたが、開発者の吉井先生の考え抜かれた

講座の組み立てと、受講生に対し 愛があるからだと思います。

(サポートしてくれる多くの協力者の愛もあるでしょう)

 

それと同時に、受講生同士の連帯感も 成長の原動力になっていると思います。

ここで、私が皆さんと考えたいことは・・・

なぜ、ビジネス・スクールの受講生は、こんなに短期間で成長が

出来ているのでしょうか?

 

今まで書いてきただけの理由だけでしょうか???

 

私は、違うと思います。

多くの犠牲と負担をにないながら、本気でサイグラムを学びたい

そういう受講生が集まってきたからです。

受講生の気持ちが素直に学びたいと心の扉を開いたから、

吸収できているのだと思います。

人は、素直に本気で学ぼうとすれば、必ず成長ができることを

まさに体験しました。

全員で成長できている感動は、格別な感動です。

これで、終わりではありません。当然、さらに成長を求められ、受講生が

挑戦を続ける気持ちを忘れてはいけないと思います。

このスクールは、まだまだ続きます。

私たちは、更なる成長への努力をしたく思います。

 

最後にブログで伝えたかったことは、

成長するために、今の自分の取り組み方も含め、何が必要かを

謙虚に考える機会になればと思い、書かせていただきました。

そろそろ、自らの可能性に本気になって挑戦してみませんか。

投稿者 inoue : 00:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月14日

愛の教育とは・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日も、東京でサイグラム・ビジネススクールに参加しています。

昨日は、論述試験、今日は、プレゼンテーションの試験です。

このスクールの素晴らしさは、以前にも書かせていただきましたが、

仲間との一体感です。

今の世の中、個人を尊重するあまりに、仲間との協調性が欠落

しているように思います。

しかし、仲間の協力なしでは、何も成り立ちません。

以前は、そういった意味から仲間の素晴らしさを書きましたが、

今回は、愛の教育というテーマで書かせていただきます。

 

愛の教育・・・・

なぜ、そのようなテーマで書こうと思ったのか???

 

サイグラム開発者である吉井先生のセミナーの組み立ては、

実に全員が学びことができ、全員が実力を高め、

全員が試験に合格し卒業できるように、愛に満ちた教育の組み立てに

なっているからです。

吉井先生は、セミナーの組み立てについて詳しくは、お話をしません。

しかし、今日、お食事をする機会があり、お話をしましたところ、

やはり、私が感じていたように、受講生への深い愛情が伝わるお話でした。

教育とは、教育者が寡黙な中に深い愛情を持っているからこそ、

受講生全体に 自然な形でそのことが伝わり、連帯感が生まれてきているのだと

強く感じました。

 

学校教育も社会の教育も、最終的には「愛がいかに大切か」ということを知る

素晴らしい機会を与えていただきました。

サイグラムビジネススクールに参加したことで、多くの仲間との絆、

吉井先生からは、愛の教育の大切さなど、沢山の感動を得ました。

皆さんも、子供や仲間、会社の従業員・・・・

必ず愛を持って教育することで、 素晴らしい気づきを持ってもらえると思います。

皆さんも、愛の教育の素晴らしさを信じてみませんか。

投稿者 inoue : 01:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月13日

立場の違い・・・

こんにちは、院長の井上です。

東京に来ています。東京は、物凄く蒸し暑いですよ。

今回は、日本産業心理コンサルティング協会の

サイグラム・ビジネススクールの参加です。

毎回、本当に吸収することが多くあります。

サイグラム開発者の吉井先生が受講生に、

「私と受講生の一番の違いが分かりますか???」

という問いをされたことがありました。

答えは、立つ位置が180度違うということです。

立場が全く違うということです。

 

私は、病院で毎日、朝礼を行います。

そこで、私が話をするのですが、今週からは交代で

することにしました。

何故か、分かりますか???

立場が代わると、気づきも変わるからです。

すなわち、人に話をすることの責任、伝えることの大変さ、

聞いている人の態度をどう感じるか・・・・です。

人に話をするという事は、責任があります。

一生懸命に話をしているときに、姿も隠れて、下を向いて、

笑顔やうなずきもない・・・

きっと、もう話したくない気持ちになりますね。

逆もあります。

前に出て、笑顔でうなずきながら聞いてくれたとしたら・・・

話をしていても、最高の気分で朝から仕事が出来ますよね。

すなわち、人にされて嬉しいこと、不愉快なこと・・・・

立場を180度変えないと、きっと気づかないと思い、

朝礼を交代で行うことにしました。

 

相手の立場でと、よく言いますよね。

そのように考えられる人は、かなり少ないと思います。

これは、正直な私の気持ちです。残念ですが。

立場の違いが理解でき、相手の立場で考えられるようになれば

自分から望まなくても、社会から豊かさや幸福感が

与えられるのでないかと思います。

 

このことに気づかない限り、いつも狭い視野の思考と価値で

自分中心の評価をしたり、または転職し、自分の認めてくれる場所を探すのです。

本当に愚かです。

転職の意味を理解していないと思います。

(転職を悪いと言っているのでなく、一度、自己を客観視することです。

自分で考える姿と他人から見る姿とは、大きく違うことがありますから。

その時、類友の意見では、参考になりませんよ)

現状で成果が出せない一番の理由・・・

相手と立場の違いが理解でき、相手の立場で考えられるようになる。

この素直さと謙虚さ、これしか、ありません。

皆さんは、どうのように思いますか???

投稿者 inoue : 00:14 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月12日

素晴らしい経営者思考を・・・

こんにちは、院長の井上です。

最近は、本当に多忙な毎日を過ごしています。

4次元の世界で生活している感じです。

過去の記憶が無くなるくらい、多くのことをしています。

それでも、まだまだしたいことが沢山あり、

本当に人生の楽しみは尽きないというのが実感でしょうか。

 最近の私の楽しみは、素晴らしい経営者の

                       思考を学ぶことです。

 中村天風や松下幸之助の経営100話、安岡正篤・・・

 本当に勉強になりました。

 そこで、最近、やっと手に入れたのが、京セラの稲盛和夫の経営講和

1~55巻のCDです。何度か聞いたことがあったのですが、

徹底的に聞きたいと思い 購入しました。(すごく、嬉しいですね)

 また、さらに最近、はまっているのが、孫子の兵法など、さらに

古典に学ぶ考え方です。 

       「言志四録」の講話も聞いています。

勝海舟、坂本竜馬、山岡鉄舟、西郷隆盛も影響を受けたと言われています。

過去の素晴らしい人が大きな影響を受けたものです。

現在、多くの経営者に影響を与えている人の講話を聞くことは、

とても勉強になります。

 

現在の流行のマーケッティングの世界も大切ですが、

やはり、幅広く、バランスよく、学ぶことは、さらに重要です。

素晴らしい経営思考を持つようになるためには、素晴らしい

経営者が影響を受けたものを、私たちも学ぶことで成長することができ、

多くの気づきを持つことができると思います。

人が学んだ、人の思考で解釈されたことを、単に受け入れるのでなく

自らの思考で解釈すること、受け入れることは大切です。

 

私は、原著の大切さをすごく感じています。

 是非、自分の尊敬する人、興味のある人が、何に影響を受け、

何を学んだかを探ってみてください。

 そして、影響受けた書物や人物を徹底的に調べてみると

そこには、きっと大きな何かを発見できると思います。

 私は、歯科医療の勉強に関してはいつもそうしてきました。

小手先の価値のない、長続きしない情報に惑わされている時間は、

あとで後悔すると思います。本質で生きること・・・

 すごく大切だと感じています。

投稿者 inoue : 00:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月11日

諦めないこと・・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、先週のインプラント手術後の患者様から

すごく嬉しいメールをいただきました。

ご紹介させてください。

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

いのうえ歯科医院  井上先生 様


昨日インプラントの手術を受けた●●●●です。

本当に最高の治療、手術ありがとう御座いました。いのうえ歯科医院に出会えた事に感謝 いたします。

私自身数年前から歯では悩みに悩んでいましたから手術が終わり安心し、ほっとし ています。


いのうえ歯科医院に出会えていなければ・・・

今考えただけでぞっとします。

私は2年程前からインプラントを考えはじめ歯科医院にも三ヶ所ほど行きましたが 何処も納得する説明をして貰えず(何処もインプラントの事聞くと見積書を帰りに渡さ れる)、ネットでインプラントの事を調べると安心、信頼出来る歯科医で治療したほ うが良いと書かれていますが本当に信頼できる歯科医を見つけるのは大変な事を知りました。正直、帯広市の歯科医は遅れていると思っていました。本当に悩みに悩んで いたので札幌での治療も考えていましたが、たまたま●●でいのうえ歯科医院のを見 つけアドレスにアクセスしましたニューヨーク大学プログラムリーダーと書かれてい ましたのでここなら納得できるインプラント治療をしてくれるのではないかと祈る気持ちで予約を入れたことを今でも覚えています。(正直、当時大変申し訳御座いませ んがこれほどすばらしい先生が帯広に居る訳が無いと思っていました) そして昨日、世界的権威ある井上先生の手術が受けることが出来て井上先生、スタッフの方々 に感謝いたします。

またこの帯広に素晴らしいいのうえ歯科医院が有った事に感謝します。
なぜ世界的権威ある井上先生が帯広に居るのか不思議です。でも地方だから、田舎だから最新の治療が受けられない、素晴らしい先生が居ないのはおかしいと思いま す。本当は都会だから地方だからではなく同じ志をもって治療して頂けない事はとても悲しい事だと思います。

今では本当にいのうえ歯科にめぐり合えたことに感謝しています。先生の書いた小冊子、ブログも毎日楽しみにしています。
毎日、あたらしい発見、気付など日々行動にも大変役立っています。

本当に有難う御座いました。
またこれから続く治療も宜しくお願いします。

お忙しいところ申し訳御座いません 一言お礼が言いたくメールにて失礼いたします。


●● ●●(男性)

追伸 
本当に安心、信頼できる病院を見つける事は大変です、私も最後の方は諦めていま した。でも諦めなかった事に幸運が訪れたと思います。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 私たち、いのうえ歯科医院のスタッフ全員、このような患者様の

お手紙やメール、お声にいつも元気とやる気を戴いています。

私は、自慢をしたくて出しているのでありません。

私は、世界的権威でもなく、ただの帯広の歯科医師です。

しかし、素直に私もスタッフも 患者様のお声に喜び、

このことを糧に さらに努力したいと感じています。

 このような患者様のお声は、さらに私たちの成長への意欲を与えくださり、

患者様のために新しいことへの挑戦・貢献をしたいという気持ちになります。

 

 今、私も、サイグラムという勉強に挑戦していますが、日常の多忙な中

とても大変です。しかし、価値あるものへの挑戦は、将来必ず多くの人に

役立つと確信しているからこそ、多くを犠牲にしてできるのだと思います。

患者様の追伸に、諦めない事に幸運が訪れたという言葉・・・

 私も大事故の体験から同じく思います。

 

 私たちは、すぐに何でも諦めてしまいます。

諦めない素晴らしさ、本当に大切です。

 毎日を安住していては、人生の醍醐味を知らずに終わります。

最高の人生を送るために、何か共に挑戦しようでありませんか。

 感謝を込めて・・・今日は、書かせて頂きました。  

投稿者 inoue : 07:17 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月10日

ビジネス・マナーについて・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日、P.ドラッカー学会(http://www.drucker-ws.org/)から

いのうえ歯科医院をリンク(http://drucker-ws.org/links.htm

させていただきましたと連絡を受けました。

今、ドラッカー塾のトップマネジメントコース(http://www.dcbs.jp/djt/

を受講している、ドラッカーファンの私には、嬉しい連絡でした。

 

 

さて、今日は、ビジネスマナーについて・・・

 

 皆さんは、西出博子先生をご存知でしょうか。

先生は、英国でビジネスマナーを学ばれ、日本でセミナーを

されている、素晴らしい方です。

HP:http://www.erh27.com/

実は、スタッフから「先生お休みが欲しいんですけど」と言われ、

西出博子先生のビジネスマナーに参加したいとのことでした。

基本的にいのうえ歯科では、新人教育の一貫として、

私の友人の奥様で、元スチュワーデスさんの方から、

5回~8回病院でのマナー講座を受けてもらっています。

しかし、今回、西出先生のセミナーの話を聞きまして、

まさに、実践できるレベルの素晴らしいセミナーと感じました。

セミナー自体も素晴らしいのですが、参加者の意識の高さが素晴らしい

と感じます。

 

私も早速、書籍(一流になる人のビジネスマナーの本)を読みましたが、

自分を振り返る、素晴らしい機会となりました。

西出先生の本は、単なるビジネスマナーの本ではなく、

人としてどうすることが、相手にとって心地よさを与えるのか 教えてくれるものです。

私も英国紳士のようなビジネスマナーを身に付けたいと

本当に心から思いました。

知識やトレーニングを積んでのマナーと 感覚的なマナーでは、

全く違うということを 

是非、深く認識して欲しいと思います。

是非、皆さんも西出先生のセミナーに参加してみては、 如何でしょうか。

きっと、西出先生が言われるように、素晴らしいマナーは、

人生を変えると思います

 

私も本当に そう思います。

 

皆さん、目を閉じて想像してみてください。

素晴らしいビジネスマナーの人と聞かれ、浮かぶ人がいますか???

そう、それが現実です。

 

私もスケジュール調整をして 英国紳士ビジネスマナー講座を

一度、参加してみたいと思います。

そして、人生を変えてみたいとも思います。

投稿者 inoue : 08:18 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月09日

モチベーション・・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、夕方、手術で疲れましたので、フット・マッサージと

足の裏の角質ケアをしてきました。

角質を取ると、こんなに綺麗になるのかと驚きました。

歯でもそうですが、見えない足の裏が 綺麗になるだけでも

気持ちがよく、嬉しい気分になります(^^)

今日は、久しぶりにゆっくりします。

DSC00469.JPG

*昨日、手術後に麻酔科医の工藤先生との写真です。

 

さて、今日は、モチベーションについて書きます。

 

私への多くの方の共通の質問に、

どのようにしてモチベーションを保っているのかと聞かれます。

多くの方からもメールをいただきますが、やはり一番の悩みは

モチベーションを上げられないということです。

私は、勤務医に話をするとき、

「最近、君は心の刺激を求め、何か行動をしましたか?」と聞きます。

すなわち、初めは、何か刺激を求める行動をするように意識することです。

映画・コンサート・ドラマ・雑誌・自己啓発書・能力開発プログラム・

成功者のDVD・セミナーへの参加・・・何でも良いのです。

何かを求めるのです。

今の自分の現状に留まっていたのでは、モチベーションは上がりません。

私は、常にそうしてきました。今もそのように意識して生活しています。

モチベーションの低い人で、刺激を求める行動をしていません。

 

ここが、すごく重要ですので、聞いてください。

 

行動することが、気持ちを変えるのです。

気持ちが変わるのを待って、行動するのでありません。

行動すると気持ちが変わるのですよ。

多くの人は、心と体の関係に気づいていません。

気づいていても出来ていません。

 

私の今のモチベーションの原動力について、最後にお伝えします。

この世に生まれた自分を、人のために役立てたいという気持ちです。

自分の行動が 少しでも多くの人と喜びを分かち合うために、

少しでも成長したい という気持ちです。

喜びを受ける側でなく、与える側でありたいと考えています。

そして、思考ですべてが変えられると感じた時から、

その気持ちは、さらに大きく、強くなりました。

 

皆さんも、まず初めは、行動から・・・

そして、最後は、自らが生み出せるモチベーションを見つけて下さい。

少しでもこのブログが気づきになればという思いで、

いつも精一杯 書かせていただいています。

今日も素敵な一日を・・・・。

投稿者 inoue : 10:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月08日

仲間の大切さ・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日もインプラント手術日です。

いつも思いますが、

インプラント手術は、まさに仲間で行うものです。

それぞれの担当スタッフ、ドクターが役割をしっかり果たすことで

最高の医療を提供できます。

例えば、来客対応スタッフ。待ち時間対応のスタッフ。

インプラント関係器材準備担当、手術サポートチーム3名、

術後対応スタッフ、アシスタント・ドクター、麻酔科医・・・です。

それぞれのスタッフは、いつも同じ担当ですので、本当に仕事が

スムーズです。

 

私は、手術に集中するだけです。

本当に仲間の大切さを強く感じます。

一人では、無力だということです。

 

志の高い志事(仕事)を目指すには、仲間が大切だということです。

ただし、ここで大切なのは、志が高いということです。

 

今月末は、長崎大学口腔外科の友人(ウメオ大学臨床教授として留学します)

と2日間で14人の手術をします。(しかも、全員、静脈内鎮静で難症例)

仲間が力を合わせたとき、常識では考えれないことが、

普通に行うことができるのです。

仲間がいることで、人生が何倍、何十倍、何百倍の楽しさも体験できます。

 

今日は、仲間の大切さをお伝えしたく書きました。

最後に、毎回、素晴らしい麻酔で患者さんに注射一つの苦痛もなく

手術を提供してくださる、工藤先生に感謝を込めて・・・。

 

投稿者 inoue : 10:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月06日

人に好かれるコツ・・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日の帯広は雨で、少し寒いくらいです。

やはり、快晴のほうが、気持ちも明るくなりますよね。

昨日は、USPについて書かせていただきました。

簡単に言いますと、会社、商品、自分の一番の魅力を知り

どう伝えるかと言う事です。

 

今日は、そこで人に好かれるコツについて・・・

 

いくら自分の魅力を知っても、人に嫌われたら話になりませんもね。

答えは、簡単ですよ。

● 笑顔でいる ● 人を好きになる ●真のサービス精神

 

これしかありません。

 

●笑顔は、相手から見ると「好感の持てる人」そんな印象を強く

 持たれます。

 第一印象は、最初の3秒で決まります。

 素敵な笑顔をいつも心がけてくださいね。

●人を好きになること。自分が相手を好きでないのに、

 好かれるわけがありませんよね。鏡の法則です。

 また、自分を愛せない人も、相手が好きになれないと思います。

 自分を愛し、人を好きになる。そうすれば、必ず相手も

 好きになってくれるという法則です。

●真のサービスです。自分の我を捨てて、人に喜んでもらうためには

 何が出来るかを考え行動する。

 相手が、ワクワクするサービスの提供。自分もワクワク必ずするはずです。

 

今日一日、どうか心がけて見て下さい。

 

投稿者 inoue : 08:23 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月05日

USPをご存知ですか・・・

みなさん、こんにちは。院長の井上です。

私も先月の出張の疲れか、肩がすごく凝り

二回もマッサージにかかりました。やっと元気で回復です(^^)

 

昨日、近くの美味しい鳥を中心とした「味咲(みさき)」という

お店へ 食事に行きました。(TEL 35-0008)

本当に美味しいですよ。最近の情報誌は、美味しくないお店も

沢山でていますからね・・・

情報に惑わされない、真の情報を手に入れてください。

 

今日は、USPについて・・・

USPとは、ユニーク・セールス・プロポジションです。

他にも色々な言い方があります。

簡単に言いますと、自社や商品の特徴でしょうか。

個人で考えれば、自分の魅力です。

よく、流行らない会社は 注目されたい為の行動が

かえって、それが逆の効果を生んでいることがあると思います。

それは、自社の特徴、個人の魅力について分析ができて

いないからです。

 

すなわち、USPを知ることで、

客の利益・競合との優位性・・・

この時、客観的に”自分がお客さんならどう感じるか、見えるか”で、

考えられているかが重要なポイントです。

 

今日は、USPについて本当に簡単に書きました。

そうですね。情報誌など見て、USPを考えられている

広告や情報があるでしょうか。

私から見て、ほとんど無いですよね。

一生懸命も方向を間違うと、加速して転落することも

あるかもしれません。

今日は、USPについて簡単ですが書かせていただきました。

投稿者 inoue : 09:24 | コメント (3) | トラックバック

2006年07月04日

イメージする力・・・

こんにちは、院長の井上です。

毎日、本当に暑いですよね。

最近は、ブログを紹介してくださる方が多く、

毎日多くの方に読んでいただき、嬉しく思います。

 

今日は、イメージ力について・・・・

 

日本人の行動特性として、まずは・・・という行動が多いように

思います。

周りがこうだから、私たちもそうしようという行動です。

 

しかし、それでは上手くいくはずがありません。

 

アメリカンフットボールの選手や一流のプロゴルファーなど

必ずイメージトレーニングをするそうです。

例えば仕事も戦術を立てて行うにしても、あらゆるこれから

起きるかもしれないことに対して、ただ紙の上で考えるのではなく、

イメージ(映像として)することがとても大切だということです。

 

あらゆる状況におけるイメージ力を高めること、

それは、絶対に負けない結果を出すためには、とても大切です。

 

世界中の結果を出している人は、この「イメージすることの

大切さをいち早く気づいたから、成功した」といっても過言でありません。

皆さんは、今、自分の取り組んでいる全てのことに、

高いイメージ力をお持ちでしょうか???

投稿者 inoue : 17:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月03日

説得力とは・・・

こんばんは、院長の井上です。

もう、7月なんですね。本当に時間の過ぎるのが速いですね。

いのうえ歯科医院スマイルNewsも更新しましたので、

是非、ご覧下さい。

http://www.inoue-dental.jp/smile/index.htm

 

今日は、説得力について・・・

説得力、あまり好きな言葉では、ないです。

今日の説得力という意味は、相手に伝えるにどうすることが

一番の最高の方法かということです。

 

皆さんは、どのように思いますか???

 

たくさんの知識を持ってスキル高く話をすること。

そう、思われる人が多いと思います。

確かにそれも相手に伝えるためには、大切かもしれませんね。

しかし、それは、最高の方法でありません。

では、最高の方法をお伝えしますね。

 

「自分の信じていることを自分の言葉で伝えるということです。」

 

なんだ、そんなこと・・・そう、思いませんでしたか。

しかし、このことは、物凄く大切なことです。

結果としてどんなに相手に伝えても、成果がでないのは、

自分が信じていることを自分の言葉で伝えていないからです。

その時、情報や知識、経験が多ければ多いほど、

相手に伝わると思います。

 

最高の説得力とは、そのようなことだと思いますよ。

是非、心の留めておいて下さいね。

投稿者 inoue : 00:48 | コメント (3) | トラックバック

2006年07月01日

楽しい人生とは・・・

おはようございます。院長の井上です。

昨日は、インプラント手術でした。

とても楽しい時間を過ごしました。

毎日が手術でもよいと思います。それくらい、楽しいです。

人に貢献できて、しかも、楽しい、まさに、天職と感じています。

 

しかし、仕事だけが楽しいわけでありません。

生きていることが楽しくて仕方ありません。

 

それって、少し変でありませんか???

そんな声が聞こえてきそうですね(^^)

 

本当に嘘でありませんよ。 心からそう思います。

多くのことに「興味と好奇心」を持つことで楽しくなると思います。

そして、その興味と好奇心は、自分の心で生み出すのです。

そうですよね。

他人に押し付けられたものに、興味や好奇心は持てないですよね。

 

昨日は、インプラント手術でしたが、

事前に骨の状態・・多くの検査をCTなどで行います。

その検査データと手術時のイメージが100%と同じですから、

楽しいですよね。

そのとき思うことは、科学的データと数多くの体験をすれば、

実際にイメージの世界が、現実の世界と 完璧に一致することの事実です。

そう考えると、データがあるだけで、イメージ手術、すなわち、

実際の手術の感触と変わらないのですから、

いつでも、場所を問わず、いくらでもトレーニングが出来るということです。

それって、電車や飛行機の中でも、手術が沢山できるということですよ。

それは、インプラント手術に限らず、全ての治療でも同じです。

また、それくらいの感性をもてないと、プロになれませんよ。

 

さらに、街に出てお買い物したら、

なぜ、自分はこの商品に興味を持ったのかな?

この商品の魅力は、何なのかな???

こんなことを考えていたら、沢山、マーケッティングのヒントが

湧いてきます。

 

常に、なぜ、どうして、そして、それを他に生かすとしたら、

それをより良くするには・・・

興味と好奇心を持って生きていると、

生きていることが楽しいということです。

そして、そう生きていることで、成長もできます。

 

楽しくない人生の人は、興味や好奇心の持てない人だと思います。

そこで、一言・・・

 

同じ興味や好奇心を持つのなら、自分のことのためよりも

人の幸せに繋がることが楽しいですよ。

人生は、一人で生きても楽しくないですから・・・

この思考が少しでも皆さんのお役に立てば、幸いです。

投稿者 inoue : 08:49 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月30日

インプラント手術日・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日は、インプラント手術日です。

インプラントとは、失った歯を自分の歯のように噛むことの

できる、素晴らしい治療方法です。

今日は、大学病院から麻酔科医の先生が来院して、

5名の患者様の手術です。

今では、年間400本以上の埋入手術を行いますが、

開業してしばらくインプラントを行いませんでした。

なぜ、だと思いますか???

セミナー仲間の先生には、いつも「先生ぐらい技術がありながら

なぜ、インプラントを行わないか不思議だね」とよく言われたものです。

理由は、一つです。

「自信がなかったからです。」 本心です。

恐らく、始める時点での研修会の参加の数、また、

日常の臨床の数や高度な治療から考えて、

通常の先生が生涯かけても出来ないくらい、 患者様にも恵まれ、

実践していたと思いますし、評価も得られていたかもしれません。

それでも 自信がなかったのです。

 

私の考えるインプラント治療は、総合的な視野からの診査・診断ができ、

全ての治療にある一定のレベルが到達してから行うレベルのものだと

認識しています。

世界的に有名な先生も、インプラント治療を多くの先生が易しいレベルと

勘違いしていることが、一番の問題だと、講演で話していました。

日本の現状は、セミナーを一日受講すると、インプラントが買えて

すぐに研修期間が終わればインプラントを行えるが現状です。

怖いと思いませんか???

しかし、これが日本の医療の現実です。

 

ブログは、書き込みが自由ですから、ここからが、真実です。

初めての手術でも、サポート(アドバイスの先生)もなく行っている事実。

しかも、手術環境も診査環境もない状態。

本当に年間10本も手術していないのが、現状。

先生もスタッフも前日に手術ステップのテキストでの確認。

他にも現実には、沢山あるかもしれません。

 

私は、それが良いとか悪いとかを言っているのでなく、

経験が無くても仕方がないとも思います。

事実は、事実として、

そんな自分を患者様が受け止め、共に取り組んでくれる

患者様と行う信頼関係が大切だと思います。

信頼とは、インプラント治療をどれだけ解っているかです。

 

私は、ニューヨーク大学・インプラントプログラムリーダーですが、

参加される先生と出会い、このような素晴らしい心の先生に

治療をしてもらえたら、本当に幸せだと思います。

参加されている、神奈川で開業の小沢先生のHPです。

http://www.ozawashika.com/index.htm

参加されている先生、全員をご紹介したいくらいです。

 

今、私は、インプラント治療の素晴らしさを実感し、積極的に

取り組んでいます。

今年の秋には、2つの手術室、最新のヨーロッパからの消毒器械

など、さらに環境を整える準備をしています。

今は、楽しくインプラント手術を行っています。

http://www.inoue-dental.jp/customer/(患者様の声)

こんな声を聞いたら、楽しくなりませんか。

さーこれから、患者様と幸せを共にできるように

頑張って手術をしてきますね。

投稿者 inoue : 09:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月29日

人の見分け方・・・

今晩は、院長の井上です。

今日は、二週間ぶりに仕事をしました。

仕事は、本当に楽しいですよね。

特に勉強して、学んできた後の仕事はたまらない充実感です。

ブログを書こうと思ってパソコンに向かっていましたら、

スタッフが来ましたので、「何か聞きたいこと書きますよ」と

話したところ、「人の見分け方・・・」と言われました。

そう、受付の人なので、対人関係にいつも凄く気を使って

いるのでしょうね。

しかし、人の見分け方がわかれば苦労しないですよね(^^)

では、本当に無いのでしょうか???

 

人を見分けたいと思ったら、とにかく人に興味を持つことです。

 

そうすることで、人の雰囲気や話し方から、その人の隠された

人間性を洞察することができるように思います。

しかし、この方法ですと、もの凄く人を見分ける、

人を知るという意味では、時間がかかるかもしれませんね。

ですから、現在もし人を見分けたい、すなわち、素の相手の基本的

考え方や行動特性・・・知りたいと思うのであれば、

易学や統計的人間分析学を学ぶしかないかもしれません。

 

私の易学の先生は、的中率でランキング1位に

選ばれたことがあるのですが、その理由を聞いたことがあります。

その時の答えは、易学を基本に多くの人を検証してきたそうです。

その中で、的中率が悪い場合は、なぜかを考え さらに検証したそうです。

そうすることで、時間や場所の要素を加味することで

さらに精度が上がったとお話をして下さいました。

 

 

現在は、「サイグラム」という吉井先生の開発されたものがあります。

これは、もの凄い的中率だと思います。

易学と違い、すぐにでも使えるという意味では、大変優れています。

(実は、サイグラムも相当奥が深いですが・・・)

しかし、易学の四柱推命もまた、たまらなく奥が深く面白いですよ!

 

何が一番良いというのでなく、何が自分にとって一番学ぶ上で

合っているかです。何が一番かは、意味の無いことで、

何を使い自分の身になるように検証するかです。

 

しかし、このようなスキルを持つのと、持たないのでは、

人生が相当に変わると思います。

現在、私は「サイグラム」のコンサルタントを目指し、吉井先生から

指導を受けています。

資格の取得が出来ましたら、ブログをご覧の皆さんには、

最強・最高の人生のツールとして「サイグラム」をお伝えしますね。

もうしばらく、お待ち下さい。

本当に凄いですよ!

投稿者 inoue : 20:50 | コメント (1) | トラックバック

2006年06月28日

どうして、そこまで???

こんばんは、院長の井上です。

先程、帯広に戻りました。

東京でのセミナー →ニューヨーク大学 → 東京でのセミナー

→札幌 →帯広へ。

スーツケース一つで移動です。

帰ってきて一番の驚きは、机の上の書類の山済み。

それでも、スタッフが日付ごとに整理をしてくれていますので、大変助かります。

書類に目を通すだけでも、かなりの時間を必要とします。

しかし、今は、インターネットがあるので、世界中どこにいても

日常業務の報告は受けることが出来ますので、とても便利です。

 

皆さんが、こんな私の生活を知って 一番聞きたいのは、

「病院は大丈夫なのですか???」という質問ではないでしょうか。

次には、「疲れないのですか??」 ・・・の質問です。

 

そこで、私の考えをお伝えします。

人生の目標と価値をどこにおいているかです。

私は、大事故の経験がありますから、”本当に素晴らしい病院で

良い治療をしたい”と 誰よりも思っているという自信があります。

しかし、本当にそんな素晴らしい病院や治療を行っている 所、

そして先生がいるでしょうか。

いるとは、思います。しかし、私は、自分の体験から、

こんな病院があれば、こんな治療を受けられれば、こんな先生がいたら

という理想があります。

そうした時、どうしても学ぶ時期、成長に時間をかける時期が必要です。

では、その時期とは???

 

私の場合ですが、

●自分の目標設定からの逆算しての時期。

 時代の予測(歴史的な背景や経済的な予測)

 これは、多くの資料を参考にすべきだと思います。

●自分自身のバイオリズムや易学などによる時期。

 参考としては、とても価値があると思います。

●そして、自己の環境分析や自己分析

 これは、専門的な角度からの助言です。

最後に、自分の使命に連動した成果を得るために本当にやるべきか。

 そして、意思決定をしたら、あとは、迷わず、自己責任において

努力するということです。さらに、周りの協力者(スタッフ)を信じることです。

 

今の私の行動は、すべてこのような考えに基づいています。

 

しかし、未来は予測できませんが、夢のある多くの人と喜びを

分かち合うそんな未来のためには、今をどう生きるかです。

 

この瞬間が、未来の夢貯金だと考えています。

 

自分がいつまで生きていると考えていますか?

 

明日の予定は、ある意味予測できないということ・・・

私は、たった一度の人生に悔いを残したくない、ただそれだけです。

汗をかき、力を出し切って、微笑みながらベットで休むような

そんな人生を・・・

投稿者 inoue : 21:49 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月27日

Help-Help・・・・

今晩は、院長の井上です。

今日まで、日本産業心理コンサルティング協会のセミナーに

参加していました。

同じ志を持つ仲間と共に学ぶ充実感は、個人としてだけ得た

充実感とも違います。

下は31歳から 上は70歳までの約60名と、サイグラム・インストラクター

取得を目指し学んでいます。

 

素晴らしいと思いませんか?

 

31歳そして70歳、これだけの年代差の人が志を同じく

朝9時から夜9時まで3日間、講義・実習を行います。

それぞれ参加者は、自己改革をしながら、自らの成長を喜び

インストラクターとして知識・技術・人間性を学んでいます。

講座では、それぞれが講義の実習をグループごとに分かれて

行います。

そんな時、アドバイスをしたり、励まし合いながら、物凄い成長を

していく仲間がどんどん出てきます。

誰一人 脱落者を出すことなく、助け合い頑張る講座の雰囲気に

最後に涙する受講生もいました。

 

今の時代、中学、高校では、隣の教室の出入り禁止や、

能力があっても目立つ人をいじめたり・・・

そのような、人間が、素晴らしい大学へ進学し、社会に出ても

人として大切な助け合う気持ちを、本当に持てているのでしょうか。

面倒なことには係わらない・・・そんな、昔のいじめのトラウマから

助け合うことをしないか心配です。

 

これからの時代は、Win - Win でなく Help - Help の時代と思います。

 

お互い助け合い、幸せになることを もう一度考えてみては如何でしょうか。

幸せな人生、成功する人生は、決して一人では出来ません。

 

サイグラム・ビジネススクールでは、年代差を越えて、共に助け合う精神

それが自然と生まれてきている素晴らしい講座です。

 

皆さん、お互い助け合う気持ち 、Help - Help の関係の大切さの

意味を考えてみてください。

 

きっと、そこには、一人では体験できない、大きな喜びがあることでしょう。

今日の気づき・・・それは、助け合うことの大切さです。

 

投稿者 inoue : 20:48 | コメント (1) | トラックバック

2006年06月26日

例え話の大切さ・・・

こんにちは、院長の井上です。

私は、東京でセミナーです。 熊本が大雨ということですが、

東京も夕方には降るということです。

 

毎日、コメントを色々な方がしてくれますが、

本当に心から感謝しています。嬉しいものですよ。

私もコメントへのお返事を出来る限りしています。

また、コメントはブログと違った内容で書いていますので、お読み下さい。

ブログより、かなり面白いですよ(^^)・(^^)

 

今日は、例え話の大切さについて・・・・

「それって、何の話でしょうか???」

そんな、声が聞こえてきそうですよね。

コミュニケーションは、双方向で理解できて、

初めて成立していると言えます。

双方向で理解できていなく、 自分の話が相手に伝わっていないとしたら、

どうしたら良いと考えますか???

そうなんです。

例え話をしますと、相手にとても伝わりやすくなりますよね。

意外と簡単な気づきですが、気づいている人は少ないように思います。

その例え話も小学生が聞いても判るくらいの、易しい言葉で

伝えられたとしたら、完璧ですよ。

私は、歯科医師ですが、どんな難しい専門の内容でも、

患者様が理解できない内容は無いと思います。

すなわち、例え話をすれば必ず理解が出来ると信じています。

しかし、例え話と言いましても、それが出来るようになるには

物凄く知識を持たなくては、出来ません。

ですから、簡単そうで、これは、レベルが高い話かもしれませんね。

どうか、皆さんも、例え話を考えながら、しっかり双方向で理解できる

コミュニケーションを心がけてくださいね。

きっと、このことに気づいたとき、人間関係など大きく変わると思います。

頑張ってくださいね。

投稿者 inoue : 00:47 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月25日

真摯に学ぶ大切さ・・・

おはようございます。院長の井上です。

今、東京です。

今日から、産業心理学協会のセミナーです。

このセミナーでは、必ず課題がでます。

課題には、ニューヨークでも時差の中、少しでもという気持ちで

取り組みましたが、大学の仕事が想像以上に忙しく出来ませんでした。

本当に、ホテルから大学という生活です。

そうですね、場所に対する特別な意識を持つことなく、

今、自分のすべき目的の場所が、帯広だったり、東京だったり、

ニューヨークだったり・・・と考えると、気になりません。

自分の目的は何か、それを一番心に強く意識することが、

すごく大切であるということです。

皆さんご存知の、5th AV などの街を、一歩もで出ず帰国です。

しかし、ニューヨーク大学の方が、ホームパーティーや大学のパーティーに

ご招待してくれるなど、普段できない素晴らしい体験ができたのも事実です。

ニューヨーク大学の方には、心から感謝をしています。

 

さて、では今回のセミナーの課題は・・・

帰りの飛行機の中で、勉強しました。

テキストを読みますと、本当に今、学んでいる学問の素晴らしさに感動しました。

テキストは、講座をインストラクターとして、進めるための内容ですが、

自分が受講生として、いかに講座の知識の一部を断片的しか

憶えていなかったということを痛感しました。

すなわち、学んでいるようで、一部の知識の習得しかしていないということです。

やはり、しっかり学ぶには、反復の勉強がすごく必要です。

 

一回は、一回の学び、10回は10回の深さの学びだということです。

 

ナポレオン・ヒルの本を読み 世界的に大成功した方が、ある方に

「あなたは、この ゛思考は現実化する゛ を何度読みましたか?」

そのような質問をしたそうです。

その方が、「一度ですが」と話したそうです。

そこで、

「私は、何度も読み込みましたよ。それが、あなたと私との人生の違いなんですよ」

 

実に、深い意味の言葉ですよね!

本当に繰り返し同じ事を、真摯に学ぶ大切さに気づかされました。

では、今日から三日間、頑張って勉強してきますね。

最後に今の私のすべての行動・勉強は、歯科医師として、

素晴らしい病院作りへ向けて必ず役立つと確信しています。

 

 

投稿者 inoue : 08:45 | コメント (6) | トラックバック

2006年06月24日

NYから・・

院長の井上です。

今、ニューヨークJFK国際空港です。

これから、約14時間のフライトです。

日本に帰りましたら、またご報告いたします。

NY大学受講生のコメントもいただき、大変嬉しく思います。

今後もNY大学のために、日本の先生のために少しでも

お役に立てればと思い、NYを発ちます。

投稿者 inoue : 01:45 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月23日

「ニューヨーク大学インプラント・プログラム4日目」

こんにちは、院長の井上です。

今日は、大学の講義とその後に受講生との懇親会が、

大学の近くのスペイン料理のレストランで行われました。

受講生は、とてもまとまりよく、質疑も活発で、

リーダーとして、今後2年間とても楽しみです。

実は、明日もプログラムがあるのですが、私は

日曜日からセミナーがありますので、一日早く帰ります。

そこで、今日は、私のニューヨークの一日を写真で、

お伝えしたく思います。

凄くたくさんの写真を添付しますので、皆さんもニューヨークの風を

感じていただけたら嬉しく思います。

今日は、ニューヨーク大学およびインプラント・プログラムの

全てをお伝えします。写真が32枚です。

是非、1期生、2期生の皆さん、そして3期生、これから受講を

考えている先生方へ送ります。

4-1.JPG

*ニューヨークのホテルから朝6時の様子

4-2.JPG

*朝のブロードウェイの出勤の様子

4-3.JPG

*大学近くのカフェ。ここで食事をしてから

 大学へ行きます。

 4-4.JPG

*カフェの中の様子です。

4-5.JPG

*今日のカフェの朝の食事。約6$。

4-7.JPG

*ニューヨーク大学の前で・・・。

4-8.JPG

*ペンシルバニア大学、EVIAN教授。

 世界的に有名で、とても情熱ある先生です。

 「インプラント周囲の組織メネジメント」の講義。

4-9.JPG

*EVIAN教授との記念写真。3回目の再会です。

4-23.JPG

*真剣に聞く受講生。質疑も活発でした。

4-25.JPG

*全員が立っての拍手で講義が終わりました。

 受講生から、最高でしたの言葉。

 リーダーの私にとっては、とても嬉しい言葉です。

4-11.JPG

*ニューヨーク大学病院の1Wの受付

 病院は、8W(8階)まであります。

4-10.JPG

*ミーティング・ルーム。

 朝は、受講生とここでコーヒーを飲みながら・・・・

4-12.JPG

      *診療室の様子。

4-13.JPG

     *各個室の診療室

4-14.JPG

   *ニューヨーク大学レストラン

4-15.JPG

4-16.JPG

4-17.JPG

4-18.JPG

*セミナー中は、食券をもらい食事(10$まで)

4-19.JPG

*今日のお昼の食事です。

  ステーキにサラダ、スープ(約8$)

  お腹がいっぱいです(^^)

4-20.JPG

*レストランの中で・・・

4-21.JPG

4-22.JPG

*食事後、受講生と・・・

 皆さんが、どう感じているか・・・

 少し、気になり感想を聞いています。

4-27.JPG

*今までの色々な国の先生の卒業論文

 の記載の記録を撮っています。

 卒業には、論文と症例発表が必須です。

 真剣ですね・・・

4-28.JPG

4-29.JPG

*懇親会の様子。

 開催の挨拶・・・

 2年間全員の卒業を目標に・・・

 できる限りにサポートをしたいと、感じました。

4-30.JPG

*お酒も入り、盛り上がっています。

 皆さん、素晴らしい先生ばかりで、本当に

 楽しい時間でした。

4-31.JPG

*参加年齢は、20代後半から50代の先生まで

 世代を超えて、これからニューヨーク大学で学びます。

4-32.JPG

*帰りに、受講生と・・・

 今度は、9月に日本で、2期、3期合同のセミナー

 2期生は、10月ニューヨーク、3期生は来年2月ニューヨークです。

 いかがでしたか?

 ニューヨーク大学インプラント・プログラムは、本当に素晴らしい

 プログラムですよ。受講されている先生の笑顔が真実です。

 まだまだ、足りないとこころもありますが、改善していきながら

 満足してもらえる、最高のプログラムにしたいと思います。

投稿者 inoue : 11:43 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月22日

「ニューヨーク大学インプラント・プログラム3日目」

こんにちは、院長の井上です。

NYの気候は、今おそらく一番良い時期だと思います。

しかし、今回は、外に出る時間はなく、全てホテルと大学の

往復になりますが・・・(^^)

では、今日も写真を添付しますね。

3-1.JPG

*Dr.Dean の講演です。

 今の日本は審美が中心です。

 しかし、次に求められていることは、インプラント・審美・咬合の

 のバランス感覚のすぐれた治療です。

 もう、「インプラントが出来るから・・・」 そんな視点で患者さんも歯科医師を

 選ぶ時代は終わったのかも知れませんと。

3-2.JPG

*上のスライドのように、穴埋めの時代~保存の時代、

 機能回復の時代~審美の時代・・・

 そして、今は・・・。もう、世界の歯科事情は、動き始めています。

3-3.JPG

*世界に目を向け学ぼうとする人が、世界の動きを

 知ることが出来ます。心の意識がどこに向いているか・・・

 NY大学に来る人にしか、きっと分からないかもしれません。

3-4.JPG

*Dr.Cho は、世界の論文のデータを一番持っている先生

 かもしれません。NY大学での彼の存在は、すごいものです。

 そのDr.Cho から骨移植の講義とライブ・オペで学びました。

3-5.JPG

*ライブ・オペを見ながら、同時に質問に応えてもらいます。

 また、オペ終了後は、さらに詳しく解説をしてもらうことで、

 普段の自分の術式や考え、最新の情報との比較を行う

 ことができます。

 常に、今の自分に満足することなく、学ぶことがとても大切です。

3-6.JPG

*ニューヨークのエネルギーは、どこから・・・

 街を少しでも歩くと、すぐに実感できます。

 世界の経済の中心のニューヨーク、そしてニューヨークの

 市民から愛されているニューヨーク大学。

 明日の夕方は、受講生の懇親会です。

 最後までリーダーとして、少しでもお役に立てればと思います。

 

投稿者 inoue : 11:42 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月21日

「ニューヨーク大学インプラント・プログラム2日目」

こんにちは、院長の井上です。

NYでの生活は、もの凄くハードで睡眠も3時間程度です。

インターネットはとても便利です。

よって 世界中どこにいても 、連絡が来ます。

 今週末は、日本で3日間のセミナーですが、その課題も届きます。

もう、課題に取り組み時間がないため、朝5時に起きて しています。

便利も 時には、辛いかもしれませんね(^^)

今日は、写真を多く添付しますね。

NYU.JPG

  *ニューヨーク大学歯学部正面

受付.JPG

        *病院受付

DSC00226.JPG

*今日は、ニューヨーク大学・ペンシルバニア大学教授

 ワイスゴールド先生の講義でした。

パーティー会場.JPG

*ニューヨーク大学インプラント科・歯周病科の

 卒業パーティーが行われました。

 ニューヨーク大学から特別にご招待され参加しました。

ターナー先生.JPG

*世界的インプラントの権威である、ターナー先生と

 の写真です。今日は、先生のお部屋で午前お話を

 させて頂きました。

リンコー先生.JPG

*インプラント界の巨匠のリンコー先生と・・・。

 リンコー先生は、インプラントを世界である意味一番早く

 臨床に取り入れた先生であり、また、開発もした歴史的な先生です。

 リンコー先生が、インプラントを始めたのは1942年だと

 お話して下さいました。54年前です。帰りは、駐車場まで

 NY大学の方と二人でお送りしました。

       素晴らしい時間の出会いに感謝です。

DSC00269.JPG

*パーティー会場の様子です。

世界中で活躍しているニューヨーク大学の方に「Patrick(NYの私の名前)!」

と皆さんから声をかけていただき、いつも特別に対応をしてもらい

感謝しています。

世界のトップの空気に触れ、インプラントの原理・原則と最新の情報を

知ることで、十勝・帯広の皆さんに少しでも安心・確実なインプラント治療を

提供したいと思います。

今日の気づきは、どんな場所でも自然体で、積極的に参加すること。

体験しない限り、次の成長はありません。

何も無い自分でもよいでありませんか。そこに与えられる機会があるのなら・・

無いことは、恥ずかしいことでありません。

何も成長しようとしないことが、恥ずかしいことなのです。

そこで、今日は、成長できる特別な書籍を、ご紹介させていただきます。

明日、出版される、すごい気づきの書籍がありますので、NYから特別に

ご紹介しますね。

 

仕事が嫌になった人へ Happy@Work  岩元貴久

私は、何度か岩元さんとお会いさせていただいたことがあります。
岩元さんほど、分かりやすく、しかも本質的なお話をする人と
お会いしたことがありません。
この本は、今までの書籍と違う気づきを与えてくれるものと思います。
私のブログをお読みの方に、特別にご紹介させていただきますね。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569647731/249-1143318-0192344?v=glance&n=465392

私は、もうすでに予約を入れさせていただきました。

投稿者 inoue : 12:41 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月20日

ニューヨーク大学プログラム1日目

こんにちは、院長の井上です。

今日から、NY大学インプラントプログラムが始まりました。

この2年間のインプラントプログラムも3期生を迎えることができました。

まず、このコースを始まるにあたり、リーダとして必ず

いくつか お話をさせていただいています。

DSC00197(1).JPG

●自分の意志で来ると決めたのですから、最後まで是非

 頑張って欲しい。

●世界的なNY大学の講義を 心の扉を開き、まずは一度

 受け止めて欲しい。

●学んだことを知識に留めるのではなく、必ず一つでも実践

 して欲しい。

●素晴らしいこの出会いを生涯の友人として大切に

 して欲しい。

●質問は積極的にして、問題をなくして欲しい。

 

このような話をさせていただきました。

リーダーとしては、誇りを持ってNY大学のプログラムを

最後まで頑張って、生涯の自信になることを望みます。

今回は、20名の参加です。仙台から鹿児島まで、全国の情熱

ある先生が参加してくださっています。

今日の講義は、審美歯科治療からインプラント外科までの

幅広い講義が行われました。

DSC00206.JPG

受講生の皆さんからも積極的に質問があり、

              充実した一日だったと思います。

今、NYはPM 9:30です。

これから、来週のセミナーの課題に取り組みます。

 

今朝は、AM 5:00からドラッカー塾の課題レポートの提出をしました。

窓からのマンハッタンの夜景で 今回は帰ることに

なりそうですね。

では、これから始めますね(^^)

投稿者 inoue : 10:40 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月19日

NYから・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、ニューヨークに着くとすぐに Meeting でした。

今朝は、時差ぼけで二度寝、三度寝の状態でした。

午後からは、ニューヨーク大学の方の自宅で、

ホームパーティーをしていただきました。

ホームパーティーでは、最近の大学の様子や今後の予定

さらに他の国のプログラムの現状などをお話をしながら

21:00近くまで行い、車で送っていただきました。

ニューヨーク大学の方と親しくさせていただくことで

いくつか勉強になったことを書きます。

 

 

●よくニューヨーク大学に売り込む先生がいるようです。

 しかし、価値は自分で決めるものでなく、相手がどう受け止めるかです。

 

●世界を視野に考えているのと、目先の視野で考えている人では、

 共有する価値観を見出すことが難しいということ。

 

●人を評価する前に、一つでも何を学べるかという考えが

 大切である。

 

●習ったことは、一つでもよいからとにかく実践する。

 

 

さすがに、世界をイメージしている人たちとの話は、

本当に多くを学びます。

少しでも、参考になればと思います。

明日は、8:00に大学です。おやすみなさい。

投稿者 inoue : 13:38 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月18日

NY に着きました

皆さん、おはようございます。院長の井上です。

今、NYのホテルに着きました。

成田から約13時間でした。気温は23度で、快晴です。

飛行機の中では、CDと読書で13時間でした。

(読書をしながら、感動して涙していました(^^))

NYもあっという間に着きますね。

CDとかで勉強していますと、13時間くらいないと全部聞けませんし

ちょうどよい時間かもしれません。

集中してこんなに学べるチャンスは、貴重な時間ですよ。

身動き取れないのですから・・・

 

さてさて、

NYへ着くと、ゆっくりできるかとお思いでしょうが・・・

そうはいきません。

これから、NY大学の方と月曜日からのプログラムの件、

9月からのNY日本プログラムの件など、打ち合わせです。

その後は、すでにNY入りしている、受講生とお会いします。

皆さんが、想像されているより、ずっと忙しんですよ(^^)

このブログも、ホテルでNY大学の方を待っている間に書いています。

時間をどう使うかが、本当に大切です。

 

まずは、NYに無事に着いた報告のブログです。

では、また、報告しますね。

次回は、写真の添付に挑戦しますね。

投稿者 inoue : 04:37 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月17日

NYへ行って感じたこと・・・

おはようございます。院長の井上です。

今日の12:00のJALでNYへ行きます。

初めてNYへ行って感じたこと・・・さすがに 情熱がある!

それが、第一印象でした。

NYという街は、人が求めれば求めるだけ、何かがある

不思議な街です。

何度も行っていますが、毎回新しい発見があります。

そんな発見や気づきをNYから報告しますね。

 

私がNY大学へ行き学んだ後、NY大学のプログラムを日本で

行うことになりました。

ここで強く感じたのは、文化や価値観の違いでした。

世界のNY大学からの日本は、世界の小さな街(国)でしかないのです。

NYは、世界の情報の中心という感覚なんですね。

NY大学が世界中で受け入れられていることが、日本で受け入れられない

訳がないという感じでした。

日本でNY大学のプログラムを始めるにあたり、この価値観の違いを

理解してもらうことにどれだけ苦労したことか・・・。

 

今だから話せますが、日本の第1期生NY大学コースの時、

NY大学の会議室で副学長から、NY大学の講義に「受講の先生方はどのような

評価をしているか、リーダーとして教えてください」と言われました。

私は、正直に「それぞれの価値観があるので必ずしも100%でないと

思います」と答えました。

NY大学の講義が良くないという意味ではなく

日本の先生も国際感覚での学び方が十分でないこともあると思います。

しかし、そのように話したところ、お互いが満足できないなら

このプログラムを辞めようと言われました。

 

私は、なぜ相手の受け止め方や価値観が少し違うことで、

そんなに憤慨するのか解りませんでした。

辞めようとも言われました。

彼らの教育に対する考え方は、本気なんです。

だから、本当に心から喜んでもらいたい、そんな気持ちが凄く強かったんですね。

 

私は、「お気持ちは解りますが、あなた方も日本の受講生の価値観を理解

してすべきです」だと話しました。常に100%などありません。

 

その時、私は、いきなり涙が出て止まりませんでした。

 

その理由は、彼らの価値観が あまりにも日本人を見下しているかの

ように感じたことです。しかし、私は、NOはNOと絶対に言おうと思いました。

また、反面、自分の勉強ではなく 受講生のためになぜここまでという気持ち、

NY大学の副学長と教育について本気で話が出来ていることの喜び・・・

それらが、複雑に絡み合い、涙が止まりませんでした。

 

そのプログラムも今回は、3期です。今では、物凄い信頼をNY大学と

結ぶことができました。

ある時、NY大学の方が、仮に井上先生のことを誰が何かを言っても

私たちは、先生への信頼は決して変わらないと・・・

 

すごく嬉しかったですね。

 

どんなことでも本気で、本気で・・・立ち向かうことで、世界に壁はありません。

教育という国境の無い、素晴らしいものを、世界中で共有する。

今後も頑張っていきたいと思います。

では、NYへ・・・・・

投稿者 inoue : 08:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月16日

組織作りとは・・・

こんばんは、院長の井上です。

今朝の東京は、大雨でした。

夕方は上がりましたが、さすがに蒸し暑いです。

今日は、ドラッカー塾で、組織作りを学びました。

 

私の経営学博士の研究テーマは、カナダの有名な経済学者

H.ミンツバーグの組織論と歯科組織を比較検討した論文でした。

今日、P.ドラッカーの組織作りの考えをさらに学ぶことで、

最高の組織作りとはどうすべきかについて、さらに頭を整理する

ことが出来ました。

 

なぜ、私が組織作りに拘るのか???

 

患者さんに心から喜んでもらえる病院にするには、

歯科医師の知識・技術だけでは無理だと思います。

そのためには、素晴らしい組織の中で、

歯科医師、スタッフが共に価値観を共有し、

患者さんの立場に立って考えてこそ、実現できると思います。

だから、組織に拘るのです。

最高の経営学・マネジメントを学び、そこに参加する

経営者から多くの失敗や成功事例を聞くことで

もの凄く勉強になります。

今は、少しでも早く いのうえ歯科医院が、素晴らしい組織

となり、多くの患者さんに最高の笑顔を提供できるように

頑張りたいと思います。

 

明日からニューヨーク大学です。最新のインプラント治療の

情報を吸収し、今月末、来月の100本以上のインプラント手術に

生かしたいと思います。

最高の組織と最高の治療を十勝帯広で、少しでも多くの人に

提供できるように頑張ります。

投稿者 inoue : 23:35 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月15日

何が正しいのか・・・

こんばんは、院長の井上です。

今朝は、7時からロスアンゼルスの方とスカイプで

話を1時間しました。

もの凄くビジネスで成功されている方で、色々と

人生へのアドバイスをしていただきました。

こういう方をメンターと言うのかもしれません。

お話をしていて、私の心の扉がどんどん開かれていくのを

感じていました。

本当に心地の良い時間でした。内容は、後日お知らせしますね。

昨日は、いのうえ歯科医院の全体会議を行いました。

私にとって本当に多くの気づきがありました。

 

使命とは・・・・

 

私の考えとしては、働くにあたり病院の使命を知り、

その使命に共感して働く。そして、その使命に連動した役割を

スタッフがすることが大切と考えていました。

しかし、その考えが違うということを知りました。

通常、就職する人は、まず就職が目的、そして生活です。

使命はその先で、まずは数ヶ月仕事に慣れることが精一杯。

使命は、その先でしか考えられないということでした。

(新人で入ったときの気持ちですよ)

何が正しいという訳でありませんが、

自分の考えを押し付けても、当然無理なことです。

物事を進めるためには、相手の目線、価値を十分に理解し

いかに伝わる方法を考えるか、時には歩み寄り、時には

こちらの考えを理解をしてもらう。

 

社会の法則も大人が子供に話した時と同じ考えなんですよね。

本当に昨日は、学びました。

すなわち、いかに自然な受け止め方や理解をしてもらえるかが

重要だということです。

 

皆さんは、このブログを読みどう感じましたか???

 

そんな常識や価値、考えに合わせていたら、話にならないよ。

そう、思う方もいると思います。

しかし、それでは、真の組織が出来ないと思います。

自我を捨てて、心を開き、相手を受け入れられたとき、

本当の意味での心の繋がりができるのかもしれませんね。

投稿者 inoue : 22:34 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月14日

ちょっと一言・・・

院長の井上です。

今日は、病院の全体会議をしました。

初めての病院外での会議としては、よくできたと思います。

きっと、スタッフ全員へとへとかな?(お疲れ様でした。感謝です)

実は、朝から体調が少し悪く、辛い会議でした。

(元気なふりをしていましたが・・・)

体調管理、すっごく大切ですよね。

しみじみ感じた一日でした。

明日からNYですので、とくにに感じました。

体調が悪くなると、虚しい気持ちになりますよね。

常に体調には、気を配りベストでありたいものです。

さーこれから出かける準備をしなくては・・・

本当にスケジュールは、待ってくれませんからね。

ちょっと、体調について書きました!

投稿者 inoue : 20:33 | コメント (0) | トラックバック

腹を割る話し合いとは・・・

おはようございます。院長の井上です。

本当に毎日、寒いですね。

皆さんは、特に変わったことありませんか?

今日、いのうえ歯科は休診です。

実は、ホテルで全体会議を行うことにしました。

普段も会議を行いますが、集中した会議をすることができません。

(電話や来客で・・・)

中途半端な内容になってしまします。

そこで、思い切って休診にして、しかも場所を変えて行うことにしました。

このことは、現在、一緒に勉強させていただいている、

P.ドラッカー・トップマネジメントの仲間の方のアドバイスです。

このような会議を各経営者の方は実践していて、

         もの凄く成果があり、価値があるということです。

そこで、病院の増改築に向けて、

・なぜ、今、増改築を行うのか

・増改築することでの、患者様への貢献、スタッフが得られる価値

・私がなぜ、そのような挑戦をした生き方をしたいのか

素直な心を開いて話し合い、共に意識を一つにしたいと思います。

・また、業務に対する改善などもあります。

一番大切なのは、会議をするということでありません。

腹を割る話をするということだと思います。

この時大切なのは、後ろ向きの発言を禁止する。

お互いを褒めて、認め合う話をするということが重要です。

いのうえ歯科でも初めての挑戦ですが、

素晴らしい、地域に、患者様に貢献でき、喜びを分かち合うには

人の意識と行動以外に達成できないと思います。

今日の会議が、少しでも将来の発展に繋がることを願い

出かけますね。

皆さんも、楽しい一日を過ごしてください(^^)

投稿者 inoue : 08:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月13日

失敗を恐れるな・・・

院長の井上です。

最近は、本当に寒いですね。

私も朝、少し電気ストーブをつけます。

 

昨日は、インターネット電話のスカイプを接続しました。

世界中、どこでも電話代が無料ですので、とても便利です。

実は、15日 AM 7時半からロサンゼルスの方と電話会議を

1時間行います。そのような理由もあり、スカイプを設置しました。

今は、パソコンでテレビ電話も出来ますし、本当に便利な時代に

なりましたよね。

 

今日は、「失敗を恐れるな・・・・」という内容で書かせていただきます。

 

人生とは、失敗をどう解決していくかであると、

                       ある有名な方が話していました。

             そうですよね。

失敗の無い人生は、恐らく成長が無いと思います。

失敗とは、神様が今の自分に足りないものを気づきとして与えてくださる、

さらなる成長のチャンスだと考えるべきです。

しかし、ここでお伝えしたいことは、この失敗を成長のチャンスに

できるかどうかは、受け手しだいだということです。

 

失敗には、原因があります。

この、「原因と結果の法則」でしっかりと考えることと、謙虚さでしょうか。

 

私は、今、日本産業心理学協会のビジネス・スクールに通っています。

スクールですから、試験もあります。

多くの人は、試験というと不安を持ちますよね。

私は、違います。学ぶためにスクールに来ているのですから、

何も分からないことを恥じる必要はない。

出来ないことは、一つでも克服することで成長ができると、喜びに変えます。

 

しかし、多くの人は、失敗を成長に変えていません。

 

「原因と結果の法則」で考えていません。

謙虚に受け止めていません。

失敗を、出来ないことをそのままにしています。

後で、考えることもしません。

 

このように書かれた時、どう感じますか???

 

例えば、病院で血管注射を何度も失敗したとします。

その先生や看護婦さんが、実は十分な練習もしていない、

していたとしても、技術が足りない。

失敗をしても、申し訳ないと感じていない。

思っていても、次の日も成長していない。

成長は、患者様の失敗から学ぶ・・・・

失敗をして背中を向けたら、笑顔・・・・

どのように思いますか???

 

私が言いたいのは、それだけです。

 

そういうことは、決してないと思いますが、

そうだとしたら、本当に悲しいですよね。

(けど、本当に決してでしょか・・・)

 

「原因と結果の法則」をしっかりと受け止め、謙虚になると、

自然に努力として現れてくると思います。

 

自分が幸せになりたく、不幸を背負いたくないないなら、

まずは、人の幸せに貢献することでないかと考えいます。

失敗を恐れず、成長に変えていこうでありませんか。

 

投稿者 inoue : 09:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月12日

今日は、私の独り言・・・

院長の井上です。

皆さんは、週末どのように過ごされましたか。

私は、今週末からニューヨークへ出張です。

 

私の出張のときの拘りは、学習できる準備をしっかりとすることです。

例えば、ノートパソコン、パソコンで音楽やDVDなども見ますので、

パソコン用外部音声スピーカー(ソニーの携帯用を使っています)

MP3プレーヤーとBOSEの消音装置付きヘッドホン。デジタルカメラ。

これらは、特に海外の出張の時には必ず持ちます。

 

     当然、学習用DVDと数冊の書籍も持ちます。

     (自分で言うのもどうかと思いますが、

            本当に学習するのが好きなんです)

 

     私は、時間というものを凄く大切にします。

 後悔するような、無駄な時間の使い方はしたくありませんから。

 

   特に海外での一人のバスの移送や待ち時間、

    NYまでの飛行機往復の約27時間、滞在時間・・・・。

   普段よりも充実した時間を過ごすことができますよ。

    ある意味、自己成長をさせるためには、

       普段の環境から全く離れることが大切です。

 

誰にでも、普段の環境から離れることへの不安はあると思います。

しかし、それをしないからこそ、新しい発想や展開、解決策などが

見つけられないように思います。

 

例えば、手のひらを目の前に近づけると何も見えなくなりますよね。

離すとよく見えるでしょ。(離すと見えるでしょ)

それと、同じなんです。

自分の環境から離れてみて、色々と見つめ直す...

そんな時間が大切ですし、自己成長の鍵かもしれませんね。

 

小室哲也(ミュージシャン)の本に、不況の日本も、外に出てみて

世界的な視野から見たとき、解決策が色々あることに気づいたと

書いていました。

 

皆さんも、思いっきり長期海外など 出てみては如何ですか?

きっと、何か違った世界が見えてきますよ。

 

投稿者 inoue : 00:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月11日

パレートの法則・・・・

院長の井上です。

今日は、皆さんに「パレートの法則」について、

説明したいと思います。

皆さんは、「パレートの法則」を知っていますか???

ここでは、セールスの世界における事例を持って

説明させていただきますね。

    「80対20の法則」=「パレートの法則」

 

 売り上げ高80%は、上位20%の

       セールスパースンが占めている。

 売り上げ高20%が、残りの

     セールスパースンの成績という事実。

 

 年収 下位80%のセールスパースンを100とした場合、

 上位20%の平均年収は、16倍、その中の20%、

 つまり4%のセールスパーソンの平均年収は、

 下位80%32倍という事実。

 

さらに、4%の20%、つまり全体の0.8%の年収は、

下位80%のセールスパースンの50倍とうのが事実です。

ということは、51人以上のセールスパースンがいる

会社には、たった一人で、他の50人分以上の収入を

得ているものがいるというのが調査の結果です。

 

しかも、同じ商品を同じ条件での結果です。

皆さんは、これを読み どう思いますか???

そんなの嘘だよ! そんな事実を聞いたこと無いよ!

  〈そんな声が聞こえてきますよ(^^)〉

しかし、これは、嘘偽りの無い事実だということです。

なぜ、セールスパースンの事例を参考に書いたかといいますと

収入に関する事例が一番、分かりやすい事例だからです。

しかし、この法則は、世の中の全ての色々な状況に

  あてはめても同じような結果が出てきます。

 

詳しくこの事実を知りたい方は、まだ疑っている方は、

「人生を変える 80対20の法則」リチャードコッチ

の本を読まれるとさらに詳しく理解できると思います。

 

   今日は、パレートの法則=80対20の法則

       について書かせていただきました。

 

 しかし、いつまでもこの法則が続く時代かどうかは、疑問です。

もしかすると「90対10の時代」になるかもしれない

    と言われています。皆さんは、どう考えますか?

 

私は、この法則を初めて知り、学んだとき、あらためて自分が

どう生きるべきか、何をすべきかに気づけたように思いました。

ですから、皆さんにもこの原則・法則をお伝えしたく思います。

     是非、真摯な気持ちで受け止めてみてくださいね。


 

投稿者 inoue : 00:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月10日

人の話を聞く大切さと価値・・・

院長の井上です。

今日で産業心理学協会の3日間のセミナーが終わりました。

とても 多くを学ぶことができました。

今回のセミナーでは、それぞれの受講生が、

初日には3分間スピーチ、最終日には5分間スピーチを

全員行いました。

最終日の5分間スピーチは、受講生同士で評価をし、

誰が良かったかを投票しました。

緊張感があり、とても良い勉強になります。

 

スピーチを聞いて何を感じたか・・・

人の話を聞く大切さです。

すべての話に得るものがありますよ。

今回、他の人の話を聞くことで、自分の中で解決できない問題が、

偶然にも同じ体験をした方から、その時の気づきを

教えていただけたりと、大変勉強になりました。

他にもまったく同じではないにしても、とても学びがあります。

今回は、多くの方のスピーチを聞く機会から、

本当に人の話を聞く大切さと価値をあらためて感じました。

 

皆さんは、人の話を聞いて学んでいますか???

逆に、学ぶような聞き方をしていますか??

聞き流す聞き方になっていませんか??

人の話を聞くことで、きっと素晴らしい気づきがありますよ。

自分での体験や気づきの範囲には、限界がありますよね。

そういった意味からも、人の話を聞くことは、

大切ですし、またとても価値があると考えます。

投稿者 inoue : 00:28 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月08日

自己診断・・・

院長の井上です。

今、東京で日本産業心理協会のセミナーに参加しています。

この講座の中で自分を知るための自己診断を行いました。

自己診断と聞くと、何だか いやな気持ちになるかもしれませんね。

しかし、自分を客観的に知ることは、とても大切だと思います。

私の場合、積極性が比較的他の要因と比べ弱かったです。

周りからは、そのように感じれられないのかもしれませんが、

自分の心中では感じていましたので 納得できました。

皆さんも、自己診断など自分を客観的に評価してみては

いかがでしょうか。

最近は、時代が変わったと思います。

物事に対する捉え方が、すごく変わってきたように思います。

例えば、前のことですが、家は出るのですが 仕事場にまったく

来なく、しかも無断欠勤するスタッフがいました。

当然、辞めたのですが・・・・

本人からでなく、知らない人から出勤分のお給料をくれないかと、

いきなり電話が来ました。家には嘘をついて、病院も無断で来なくて

そのままで・・・いきなりの電話。本当に何が常識か分かりません。

そのような話は他にも沢山ありますよ。

今は、自分を客観視できない人があまりにも多いように思います。

当然、難しいことだと思いますし、私も出来ていないと思います。

しかし、あまりにも常識が違いすぎていると、最近、感じていませんか?

今日、自己診断をしてみて、とても気づきを持てました。

これからの時代、職場や学校・・・色々な場面で、自己診断をして

客観的な自分に気づけることをしませんと、

だんだん、常識では考えられない人が多くなりそうで心配です。

全ての人が必ずしもそうでは無いし、

素晴らしい人もたくさんいるのは事実ですけどね。

皆さんは、どう感じているのでしょか???

投稿者 inoue : 00:26 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月07日

人に求められているもの・・・

院長の井上です。

今、東京です。今日から3日間セミナーです。

以前にお話しました、産業心理コンサルティングの勉強です。

昨夜は、人材コンサルティング会社の取締役の方と

3時間ほどホテルでお話をしました。

その方は、とても易学や統計学的人材分析などに精通している方で、

今までに3000名以上の方と面接もしてきているそうです。

さらに、数万人の人材教育もしてきたということでした。

色々とお話をしていく中、私の分析もしていただきましたが、

あまりの的確なアドバイスに驚きました。

さすが、プロですね。

そこで、面接の時の人材の見方など、お話を聞かせていただきました。

彼が話すには、通常採用後1年ぐらいが一番、正直な自分が出てくるそうです。

すなわち、人も一年くらいすると、どこかで飾ってきた自分が無くなり、

本来の自分の意見や価値観が現れてきて、勤める人と辞める人がいるのが

多いと話していました。

その為に、面接で一番見るところは、正直に質問に答えているかどうか

だそうそうです。

正直???どうかやって見抜くのか???

やはり、その道のプロですから、そのようなノウハウがあるんですね。

なるほどと思いました。実は、私もそのノウハウの勉強をしてきたことが

ありましたが、面接での活用はしたことがありませんでした。

とても勉強になりました。

よい組織は人間力です。裏表の無い、素の状態での人間性をいかに見抜き

その素の状態で、お互いが会社でどう向かい合って成長していくが大切だと

いうことです。(素の状態とは、生まれ持った時の自分の性格)

当たり前に感じますが、ある意味、気づかされましたね。

ある意味、お互い飾っていたのでは、成長できないということです。

腹を割って・・・、裸の付き合いを・・・

昔の人は、いいことを言いますよね。

これって、仕事関係だけでなく、人間関係の大切な原点かも

しれませんね。

投稿者 inoue : 00:25 | コメント (6) | トラックバック

2006年06月02日

思いを伝える大切さ・・・

院長の井上です。

皆さんは、自分の気持ちや、考え方をどうしたら伝えられるか

そんなことに悩んだ事はありませんか?

 

必ずあると思います。

 

私は、思いをどう伝えるかは、大切なことだと考えます。

伝わらない思いは、無いのも同じです。

中途半端に伝えるのなら、伝えないほうが良いこともあります。

 

そうは、言われてもやはり、とても難しいですよね。

 

では、思いの伝え方をお教えしますね。

 

皆さんは、文章が上手でないと伝わらないと考えていませんか?

もしくは、ライティング・テクニックが大切と考えていませんか?

 

実は、何も必要でありません。

 

 「嘘でしょ」という声が聞こえてきそうですね(^^)

決して、嘘でありません。

 

ただ、ひたすら納得がいくまで、書くだけです。

書いて、書いて、自分が納得できるまで書くんです。

そこには、最後に自分の心が手に伝わり、

無心で手が動く状態になるまで書くのです。

自動書記のような状態でしょうか。

 

私は、宿泊型の「周りの方への感謝を見つめなおす」という

セミナーに参加した体験があります。

一歩も外に出ることなく、ひたすら二日間朝の4時起床

夜9時間で思いを書くのです。

その時、そのような自動書記のような

自然と心が手となり動く体験をしました。

今読んでも、その文章を読むと胸が熱くなります。

 

思いを伝える大切さ・・・これは凄く大事なことです。

その大事なことを、簡単に伝えていませんか。

気持ちを伝える・・・それは同じ思いでも、どれだけ心から自然に

出ているような無我の状態で書かれた気持ちかが大切なのでしょうか。 

投稿者 inoue : 08:18 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月30日

力を出し切ることの大切さ・・・・

院長の井上です。

もう少しで6月になりますね。一年も半年が経とうとしています。

皆さんは、今年初めに目標や計画など立てたと思いますが、

順調に実行できていますか?

私は、全ての目標を現在のところ順調に達成してきています。

毎年、必ず新しい事への挑戦と資格取得、また自分自身への

新たな記録を目指しています。

さて、昨日は、沢山のコメントをいただきました。

きっと、スタッフかな???感謝しています。

沢山の気づきを私もいただきましたよ(^^)

そこで、今日は、力を出し切ることの大切さです。

人は、普段から力を出し切ることが大切です。

スポーツでもそうですが、余裕を持って戦っているうちに

最大限の力を発揮しないため、どんどん力が落ちていくものです。

ですから、力を出し切らないような相手と勝負するより、出し切る勝負

をする方が、自分自身を成長させてくれるものです。

成功者の講演会でも、「今日は惜しみなく力を出し切ってお話させて

いただきますね」と必ず言います。

成功者の方は、力を出し切ることで、さらに成長ができることを

知っているからでしょう。

普段の仕事や生活でも、力を加減して生活、行動するのでなく

力を出し切ってこそ、成長が出るのだと思います。

力を出し切らない仕事や生活は、本当に自分の成長を抑制しますよ。

思いっきり、力を今日から出し切ってみませんか。

追伸; 「私の気づきを・・・・」

私は、思いっきり力をだして、生きたいと考えています。

しかも、自分の仕事においては、人一倍思いが強いので・・・。

そうした場合、スタッフへの思いも強くなりすぎで、

つい、モチベーションをあげる為に強い言葉になり、反省をします。

思いっきり、力を出し切って生きること、確かに大切です。

しかし、対人関係においては、必ずしもそれが良いわけでありません。

相手の状況や立場や人間性を考え、十分お互いが心底認めてからでないと

誤解が生じるものだと、感じました。

人生は、いつまでも勉強ですね。

投稿者 inoue : 00:13 | コメント (8) | トラックバック

2006年05月28日

夢・目標・感謝・・・・

おはようございます。院長の井上です。

昨日は、DVDを5本観ました。(9時間くらいでしょうか)

・中谷彰宏氏の「人生を豊かにする5つの力」

・畠中平八氏(証券界伝説の男)の「与えるものは王者なり」

・渡邊美樹氏(ワタミ株式会社)の「夢・感動・情熱の経営学」

・小川善美氏(インデックス)の「チャンスを逃すな」

・堀 義人氏(グロービス)の「可能性を信じる」

・孫子の兵法・・・

など、DVD倍速で、ずっと深夜まで観ていました。

休みの日は、まとまってこのような時間が取れますので、

すごく充実感のある時間です。

私は、とにかく目的を持って情報を収集・吸収すること、そこから

自分が何を生み出せるか 考え続けることを大切にします。

そして、何ができるかも考えます。

気づいたら、行動も大切です。

いのうえ歯科医院、スマイルNEWSもセミナー後、すぐ実行。

来月で12回目です。早いものだと、感じました。

そこで、昨日、感じたこと・・・・

夢や目標・感謝の大切さです。今さらですが。

そうなんです。

流れ星に思いを・・・きっとかないますよ!

その理由は、流れ星の瞬間に自分の思いを伝えられるくらい、

思い続けている願望があるということです。

それって、毎日、いや、寝ながらも持ち続けているくらいの

強い思いですよね。

ここで、聞きたいと思います。

今、お読みくださっているあなたが、

流れ星に思いを言えるくらいの何かがありますか・・・・・

殆どの人は、もう間に合わないのではないでしょうか。

目標も本当に考え抜かれた目標は、まったく違います。

ナポレオン・ヒルは、90%ほど「人は、真の目標を持っていない」と

書いています。

私の昨日DVDで観た全ての方は、夢・目標が明確であり、

今まで生きてきた自分の人生・人に感謝の気持ちがあります。

すごい事だと思いませんか?この簡単なキーワードを心から

すごいと思えたとき、その人は真剣に取り組んできたからこそ

感じるキーワードなのかもしれません。

私もスタッフに夢や目標を聞きます。

結婚・旅行・買い物・・・・それは、本当の目標でしょうか?

夢なのでしょうか?

夢・目標・感謝の大切さを人が、心から気づいたとき

それぞれの人が、人生の成功者になると思います。

投稿者 inoue : 10:10 | コメント (4) | トラックバック

2006年05月22日

FMウイングにでます・・・・

おはようございます。院長の井上です。

今朝、知人から電話をもらいFMウィングのラジオ番組

出演してくれないかと連絡がありました。

20:30からの「ラジオの時間」という番組に出演します。

「なぜ、学び続けるのか」というテーマです。

この質問も良くされます。

10~15分程度ですが、少しでも学ぶことの大切さについて

お伝えできたらと思います。

 

そこで、質問です。 よく、よく考えてくださいね。

・皆さんは、学ぶことは大切だと考えますか?

・いや、そんな必要はないと思いますか?

 

この質問に、学ぶ必要がないと考えた人は、どうしてでしょうか?

そのような人も、普段の生活で感謝や喜びを感じることが

あると思います。

そうしたとき、とっても心地よい、このような人に会えて良かったという

嬉しい気持ちになりませんか。

その気持ちを自分が他の人と分かち合えたとしたら、どう思いますか。

きっと最高ですよね。そんな、自分を想像してください。

他には・・・

毎日、充実するでしょうし、きっと最高の人生になるのと違いますか。

それは、学んでいる人だから送れる最高の人生なんです。

逆に学びが無く、成長の無い人は、出来ない人生なんです。

是非、学び続けようでありませんか。

最高の人生を送るためにも・・・

投稿者 inoue : 11:03 | コメント (2) | トラックバック

2006年05月15日

予期せぬ出来事・・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日の帯広は、20度以上になるそうです。やっと夏という感じでしょうか。

こういう天気が続くと気持ちが良くて最高の気分ですよね!

人の気持ちは、周りの環境や体の姿勢に大きく影響を受けると言われています。

いいですか。周りの環境と姿勢ですよ。

ですから、明るい環境と背筋を伸ばした姿勢、 これが実に大切です。

             意識して下さいね。

さー今日のテーマは予期せぬ出来事です。

皆さんの生活の中で予期せぬ出来事があると、どう感じていますか。

大抵は、やー困ったと思われることが多くありませんか。

そうでよね。それが、普通だと思います。

しかし、この予期せぬ出来事こそが、物凄く価値がありチャンスなんです。

ディズニーランドでは、予期せぬ出来事を集めて、

         それに対して改善する仕組みが できているんです。

ディズニーランドへ行かれた方なら、本当にすべてに環境や気配り・・・

さすがと思われたのではないでしょうか。

予期せぬ出来事をどう仕組み取り入れるかで、物凄いチャンスになるし、

それは、理想への仕組みづくりには必要なものだということです。

どうか、皆さんの生活の中で予期せぬ出来事があれば、これは面白いぞと

思い、少しそのことについて考えてみては如何でしょうか。

 全ては、偶然でなく必然です。その必然をどうか生かしてみて下さい。

投稿者 inoue : 11:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月14日

健康の大切さ・・・

今晩は、院長の井上です。

今日は、みなさんどのように過ごされましたか???

私は、帯広文化ホールで行われた、「ワンディカイロスクール」に参加してきました。

実際にカイロの手技もペアになって教わる、実践入門編といったものでした。

皆さんは、カイロプラクティックが何かをご存知でしょうか?

骨盤や背骨などの歪を取り、神経系や血液循環系を正常にできるだけ戻し

健康を促進するというものです。当然、その後にも栄養補強や維持する体操も必要です。

アメリカでは、4年の大学教育を受けてからなる、医者としての扱いを受けています。

日本では、まだ専門職的な扱いですが、とても健康によいと感じています。

私は歯科医ですが、噛む位置のズレなども全身の骨盤の歪の影響を受けることを

知っています。

当然、顎関節にもすごく影響があります。

私の考えですが、本当の健康とは、生活習慣病からくる全身の歪を取り、

その後に局所の治療に入るべきだと思います。

西洋医学は、いつも局所的な対応が多く、全身的な診断要素が加味されていない

ように感じます。多くの専門家が話し合いを持ち、総合的な医療が行われるべきです。

私は歯科治療における全身的な不定愁訴の関係に興味があり、

頭蓋骨矯正や頚椎調整法 などセミナーやビデオなどで学びました。

そういった経緯からも私は、カイロプラクティックを高く評価しています。

実際に私は、腰痛などの時はカイロに行きますが、全身調整をすることで、ほぼ完璧に

一度で治ります。

 皆さんも一度カイロプラクティックの治療を受けてみては、いかがでしょうか。

本当に勉強は尽きないものです。咬合から全身を見れば、生体も学びたくなりますしね。

(以前には、このような全身系の解剖、書籍、セミナーなどには、ものすごく参加しました。

いのうえ歯科医院に先生をお招きして患者様の全身について学びもしました)

 今日は、帯広でこのようなセミナーに参加でき、とても充実した一日でした。

それと、本当に久しぶりに、週末にとかちプラザや文化ホールへ行きましたが、こんなに

色々なカルチャースクールやセミナーがあることに驚きました。

 皆さんも積極的に何かを学ぶことをお勧めします。では、明日・・・・・・

追伸:財界さっぽろが明日発売です。P115に掲載されますので、

    ご覧をいただけましたら 大変嬉しく思います。

投稿者 inoue : 20:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月13日

考えるとき・・・

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、週末をどのように過ごされますか。

私は、ゆっくりと色々な課題に取り組みたいと思います。

ところで皆さんは、自分自身の行動計画を立てたことがありますか。

 それは、考えただけでなく、実行できましたか。

そう、それがなかなか難しいですよね。きっと誰でも同じだと思いますよ。

 では、なぜ、考えたことが行動に移せないのでしょうか。

そう、同じ場所で、同じ問題を考えていても、自分自身の気持ちや思考に

新鮮さがなく、やっぱり中途半端になるんですよね。

 そこで、私が行っている方法に・・・

私は、同じものを考えるときでも、行動に移せないことなどあるときは、

場所を変えて考えるようにしています。

不思議と場所を変えて考えると 気持ちが変わるので、新鮮な気持ちになり

なぜか行動できなかったことが、リセットされたような気持ちですごく元気に取り組めます。

カフェとかにパソコンを持ち込み、考えごとをする・・・

(何だかいつもと違う雰囲気でとても良いものですよ)

どうしても考えごとや計画的なことになると、部屋に閉じこもりですよね。これって、習慣的なものなのでしょうね。

 少し、場所など環境を変えて考える。 是非、参考にしてください。

外は天気が良いし、ドライブでもしながら郊外のカフェで少し考えごと・・・

 きっと素敵な時間になると思います。

投稿者 inoue : 12:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月12日

ブログを更新しました・・・

こんにちは、院長の井上です。
ブログを更新しました。

ブログをさらに充実させたいと考えています。
今週末までには、さらに完成度が高いものになりますので、
どうか楽しみにお待ち下さい。

経歴にも、私の学んできたプログラムの一部をご紹介しています。

ブログでは、これらプログラムやセミナー参加での情報を
                      皆さんと分かち合いたいと考えています。

どうか、これからも宜しくお願いいたします。

追伸:来週の月曜日発売の財界さっぽろに
    いのうえ歯科医院のスーパーデンチャーが記事として掲載されます。
    ご覧いただけましたら、嬉しく思います。

投稿者 inoue : 11:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月11日

時間管理・・・

今晩は、院長の井上です。
今日は、本当に暖かい一日でしたね。
私もたまには、日に当たりたいとおもいます。
仕事柄外に出ませんので、いつ日に当たったか記憶にありません。

最近、患者さんに小冊子をお渡しするのですが、皆さんから
「先生はどの様に時間管理をしているのですか?」と聞かれます。

そこで、私の時間管理についてブログに書かせていただきます。

基本的にまずは時間管理を含めた勉強をしました。

●ナポレオン・ヒル プログラム
 http://www.n-hill.com/top.html
●ブライアントレーシー プログラム <タイム・マネジメント>
 http://www.success-factory.co.jp/brian.html
●ポール・J・マイヤー 時間の創造
 http://www.pjm-japan.co.jp/SMI-Japan/Founder.html
●ピーター・ドラッカー
 http://drucker.diamond.co.jp/ye.html

など、他に数多くのプログラムや書籍、セミナーで学びました。
詳しくは、来週にはブログが更新され、その中の私の経歴に 今まで
学んだプログラムの一部を紹介させていただきますので、興味のある方は
是非、ご覧下さい。

では・・・

1、まず、人は毎日が100パーセントで頑張っているのですから、
  優先順位を決めること。80対20の法則です。

2、新しい事を始めるときは、現在の行っているものの一部を捨てること。
  そうすることで、時間ができます。

3、自分でできないことを、無理してしないこと。
  自分よりできる人は沢山います。任せることです。

4、したいことだけをする。本当にしたくないことは断る。

5、取り組むときには、真剣に集中して行う。

6、隙間の時間を無駄にしない。どんな小さな時間でも活用する。

7、常に本気で生きる。明日は、無いと思う気持ちで取り組む。

 以上が、私の考えている時間管理です。

時間管理だけでも相当に勉強しましたが、
       なぜ、海外のものを中心に学ぶのか???

世界中で成果の出ているものを学んだほうが、誰にでもできるからです。

伝言ゲームのような周りの情報は、個人の主観が多く、
                     真の情報でありません。

私は、原著を大切にします。

私の時間管理の考えは、私なりのものです。

参考にしていただければ大変嬉しいです。

しかし、私が紹介したものを皆さんもご興味があれば学ばれ、
皆さんなりの時間管理を作られるのも良いと思います。

 最後に限られた人生を、有効な時間管理で過ごすことは重要です。

投稿者 inoue : 01:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月10日

人間関係で大切なこと・・・

今晩は、院長の井上です。
最近は小冊子を読まれた方から、本当に読みやすく良かったという
お声を沢山いただき、嬉しくなります。

少しでも多くの方にお読みいただき、
   健康に前向きな取り組みをして欲しいと思います。
 
       http://www.inoue-dental.jp/book/

今日は、スタッフに人間関係で大切なことは・・・
              という話を朝礼でしました。

最近は、悪い情報がテレビやラジオ、新聞などたくさん入ってきます。
そのような情報が人に複雑な価値観を与え、複雑な人間関係を作る種に
なっていると考えます。

では、どうすることで、そのような複雑な人間関係の改善ができるの
でしょうか???

まずは、自分自身を知ることです。自分自身を知らずにして、
      他人との良好な人間関係など築けるはずなどありません。

            次に相手を知ること。

         そして、自分と相手の違いを知ること。

        最後に、その違いを認め話をすることです。

簡単そうですが、意外と出来ていないものですよ。

私は自分自身を知るために、自己分析カウンセリングを受けています。
物凄く自分自身が客観的に分かりますし、バイオリズムも明確になり
人生の行動するべき時期もはっきりしてきます。

私は、人間学に特化した勉強をかなりしています。
時々、頼まれ みることもありますが、その的中率に驚かれます。

皆さんも、自分自身を知ることをしてみては如何でしょうか。

投稿者 inoue : 01:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月09日

新しいものを生み出す思考・・・

こんにちは、院長の井上です。
今日の帯広は天気がよく、病院の中も暑いくらいです。

今朝一便で東京ら戻り、仕事をしていますが、
客観的にスタッフをみていますと、色々なことに気づきます。

特に感じることは、〈結果と原因の法則の重要性〉に心から気づいていないと
いうことでしょうか。

この法則に従い、改善・変革していくことで、も凄い成長があります。

私もセミナーを受講してきまして、良かったことの結果に対して、
悪かったことへの結果に対して原因(理由)を考え、
より良くなるための改善をどうすべきかを考えました。

考えることは、とても大切です。成長するためには、必須です。

例えば、新しいものを生み出すときも、考えることが大切です。
しかし、理論思考だけではダメです。

すなわち、写真型または映像型思考の両方がなければなりません。

さらに、両方での思考したものがどうなるかを、
時には統計的な解析などの実験をすることも大切なのです。

では、インスピレーションが天から降りてくるまでは、
どうしたらよいのか???

とことん最初は考えることが大切です。

このようにして、世の中にない新たなものを生み出すのです。

 私も常に考えるようにしています。

皆さんも、何か新しいものを生み出す思考をしてみては、いかがでしょうか。

投稿者 inoue : 15:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月08日

小冊子・・・、セミナー報告・・・

今晩は、院長の井上です。
今、ホテルに戻りました。明日の朝一便で帰り、さー猛烈に仕事です。

小冊子のことが新聞に掲載されたようですね。

小冊子は、少しでも歯科治療に迷われている患者様の背中を
       押して上げることができたらという気持ちで書きました。

出来れば、一人ひとりに私の考えをお伝えした上で、
                   手渡ししたいと考えています。

 さー今日で第一回目のセミナー?(何の?)が終わりました。
       とても充実したセミナーでした。

 自分としては、反省と学び、そして今後の課題を見つけた、
価値ある時間でした。
 
 セミナーから学んだこと・・・

 伝え方の大切さです。よくコミュニケーション・スキルという言葉を
聞きますが、スキルでのコミュニケーションは、説得にしかなりません。

 真のコミュニケーションは、相手をいかに知り、相手の心にどう自然に
伝えるかだと思います。
 納得レベルでも強要ではないでしょうか?

 <自然に>が大切です。この<自然に>の究極の方法を、これから 後8回に渡り
学びます。きっと努力は、相当に必要でしょうが・・・。
 学ぶのと、学んで活用できるのでは、かなり違いますからね。
   しっかり、活用できるように頑張ります。

自分を磨き、学び、自然に伝える努力、
小冊子などを通じて客観的に考えてもらうツール、

 歯で悩んでいる患者様が、自然に健康を獲得したくなるような、そんな
歯科医師であり、病院でありたいと思います。

 皆さんは、相手に自然に伝える方法をご存知でしょうか。

真摯にセミナーで学び資格を取得し、皆さんにも早くお伝えできるように
なりたいと思います。

 それまで、もう少しお待ち下さい

投稿者 inoue : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月07日

試験・・・・、体験とは・・・

今晩は、院長の井上です。
東京は、時々雨が降るなど、一日不安定な天気でした。

 さてさて、明日は試験だそうです。
この3日間の内容について試験を行い、合格者がアドバイザー認定
になるそうです。
 400ページ近いテキストをこれから復習するのは大変ですが、
頑張って 今から勉強したいと思います。

 私は、数多くの経験よりも、考え抜かれ、一つ一つに意味を持たせた
体験こそが成長の上で大切だと考えています。
 
 数多くの経験は、時間の経過とともに出来ますが、考えていなければ
意味がありません。すなわち成長に必ずしも繋がるとは、限りません。

 しかし、一つ一つに意味を持たせた体験は、違うと考えます
         すなわち、大きな人間力とともに成長ができます。
 
  よく何年もしているから・・・
  こんなに多くの・・・だから、成長しているとは限りません。

   成長するためには、経験と体験をどのように生かすべきか 
         もう一度考えてみませんか?

     意味を持たすことで、物凄い成長に繋がると思います。

投稿者 inoue : 22:47 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月06日

コミュニケーション・・・・

今晩は、院長の井上です。
今日は、朝9時から夕方9時過ぎまでセミナーでした。
明日も明後日も同じです。

今回は、コミュニケーションを中心とした勉強です。
企業分析や人間関係、家族分析・・・のコミュニケーションを
中心に学ぶものです。

私は認定コンサルタントの資格まで勉強しますが、
第一回目のテキストだけでも、350ページ以上あります。
9回もあるのですから、3000ページ以上のテキストでの勉強と宿題
など、もの凄く厳しいと感じています。

全てそうですが、人と違う能力を身に付けることは、本当に大変ですよね。
しかし、大変だからこそ、挑戦しがいがあると思います。

知識や技術がお金で買えたとしたら、
   恐らく私自身が満足感・充実感が得られないように思います。

大きな投資と努力による成果が得られてこそ、意味ある価値だと思います。

まだまだスタートですが、達成しましたら皆さんにも、詳しく報告をしたい
と思います。

挑戦・・・いつまでもしたいものです。

よくスタッフにも挑戦するように話します。
今年一年間を振り返り自分の小説を書いたとき、
 何か自分で誇れるような、頑張ったようなことが書けますか?と話します。

そう考えると、少し厳しいことにも「挑戦をしなくては…」と
                  そんな気持ちになれます。


さー明日に向けて少し復習をしてから、休みます。

正直、少しプレッシャー感じています(^^)

頑張りますね!

投稿者 inoue : 22:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月05日

自分に出来ることを・・・(特別号)

おはようございます。院長の井上です。
5月5日は、子供の日です。
皆さんは、子供の頃どのように過ごされましたか。
きっと、こんな仕事をしよう・・・
大きな夢を胸に秘めながら、頑張っていませんでしたか。

そこで今日は少し長くなりますが、私が現在書いている本の一部を
抜粋して贈りたいと思います。

そして、共に考え、自分に出来ることを何か始めませんか。

---------------------------------------------------------------------

ケニア出身の女性環境保護活動家のワンガリ・マータイさんという人がいます。

1940年にケニアに・まれた彼女は、・物学者を志して米国に留学。
米ピッツバーグ大学で修士号を取得したあとケニアに帰国しました。
贈1年、ケニアのナイロビ大学で東アフリカ出身の女性として初の博士号を取得。
贈贈年に祖国を砂漠化から救うために、有志と「グリーンベルト運動」(非政府組織)を創設し、植林運動を開始しました。

02年得票率98%の圧倒的支持を得て国会議員に当選し…
04年、その実績が認められ、ノーベル平和賞を受賞した人です。
地球環境を守る世界共通語として「もったいない」(MOTTAINAI)を世界各地に訴えている人で、テレビのニュースなどで見たことがある方も多いかもしれません。

彼女は、南米に伝わるあるお話が好きらしいのですね。

どんな話なのかというと…。
昔々、ある森で火事が起こりました。
火はどんどんと燃え広がり、森に住んでいた動物達は、みんな森から逃げ出しました。
焼け死にたくないのですから、当たり前のことですね。

でも、この森にたった一匹だけ逃げずに残った動物がいました。
それは、小さな小さなハチドリでした。
ハチドリは、森の中にある池まで飛んでいき、水を口いっぱいに含みました。
そして火事の所まで飛んでいき、口いっぱいに含んだ水を燃え盛る火にかけたのです。

口いっぱいに含んだ水といっても、それは、体の小さなハチドリのこと。それは、ほんの一滴ほどの水滴に過造ませんでした。
それでも、ハチドリは、何度も何度も、池と炎を往・し、水をかけ続けたのです。

逃げ出した森の動物達は、ハチドリを見て笑って言いました。
「その程度の水で火事を消すことは出来ないよ」

でも、ハチドリは、池と炎を往・することを止めませんでした。

何度も、何度も、何度も、何度も…。
諦めずに池と炎を往・して、水を運造続けるハチドリを見て、今度は森の動物達が質問をしました。
「本当に、そんな水で、火事を消せると思っているのかい?」

ハチドリは答えました。
「それは分からない。でも僕は、今、自分が出来る最善のことをしているだけなんだ」


世界中を回って講演活動をしているワンガリ・マータイさんは、どの講演会場でも、この話をするそうです。
彼女の地球環境を守る戦いは、ケニアに襲い掛かる砂漠化に、有志達と木を植えるというところから始まりました。

「環境の悪化で砂漠化をし始めたところに、わずかな木を植えることで、一体何ができるのか?」。多くの人がそのように思ったはずです。
でも、彼女は諦めずに続けました。そして、それと同時に、多くの人に資源の無駄遣いを止め、地球環境を守ることを訴えたのです。

彼女の経歴を見ると、ある意味、華々しく見えるかもしれません。
でも、彼女は、自分でできる最善のことを、常に実践しているだけなのです。
大きなことをしているように見えるかもしれないけど、たったそれだけのことなのです。

私は、この話を聞いて、とても感動をしました。
そして、共感を覚えたのです。

ワンガリ・マータイさんの話を聞いて…。
けっして、あなたにノーベル賞を取ってくださいと言っているわけでもなければ…。
医療業界を変革するような運動を一緒にやりましょうと言っているわけでもありません。

あなたが自分の健康を守るために、できる最善のことをできる人になって欲しいのです。
ただ、それだけのことなのです。

----------------------------------------------------------------------
皆さんは、お読みになり どう感じていただけましたでしょうか。

今、私は本を書いていますが、それは 皆さんと共に健康について本気で考え、
幸せを共に過ごしたいという思いです。

どうか、完成までもう少しお待ち下さい。

では、素敵な休日を・・・・・

投稿者 inoue : 10:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月04日

記録の面白さ・・・

院長の井上です。
今日の帯広は暖かく、気持ちが良かったですね。
明日は、午後から雨だということです。明日から東京ですので、少し天候が
心配です。
連休中は格闘技のテレビが多く、楽しんでいます。
結構、格闘技好きなんですよ(^^)

さて、本題です。

皆さんは、色々な記録をどのようにしていますか。

私は、デジタルカメラで面白いと感じたものを撮り、記録しています。
例えば、電車の中の広告なども、デジタルカメラで保存。
他にも・・・。

書くのも良いのですが、画像での記録はイメージが凄く残り最高です。

昨年、ソニーの超薄型のデジタルカメラを購入しましたが、
手振れ補正が付いていないので、すぐに画像がブレてしまいました。

そこで仕方なく、最新の手振れ補正のものを購入しました。

デジタルカメラが出てきて、記録の保存の仕方と面白さが飛躍的に変わりましたね。

そう、もう一つ記録の面白さについて。

最近、10年日記、5年日記・・・ありますが、とても面白いですよ。

昨年の今日は、3年前の今日は・・・読むと、こんなことしていたんだと
振り返りながら毎日を楽しむことができますよ。

皆さん、毎日必ず書くとか考えずに、自分のペースで書ける時に書くくらいで
続ければいいですよ。

記録が無いよりはある方が、ずっと楽しいですから。

どんな方法でもよいですが、記録を残すことで面白い発見が、
あとできっと沢山ありますよ。

是非、記録というものに拘ってみて下さいね。

追伸:もう少しでブログが更新します。
        楽しみにしていてください。

 皆さんは、どんな連休をお過ごしですか??
私は、朝9から夜9時まで毎日研修です。頑張ります。

投稿者 inoue : 22:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月03日

感じることの重要性・・・

院長の井上です。
ゴールデンウィーク、皆さんはどう過ごされますか?
私は、少しノンビリ勉強と、5日から9日までは 東京でセミナーに参加します。
 いのうえ歯科医院スマイルNewsにも書きましたが、いよいよ認定コンサルタントコースが始まります。
 かなりハードな半年間のプログラムですが、気合を入れて頑張ろうと決意しています。
 
 昨夜、横浜出身のある方と病院でお会いしていました。
話の途中、ラーメンの話になり、札幌ラーメンや旭川ラーメン、函館ラーメン
・・・あるのに 帯広ラーメンは無いですよの言葉、
私もあまり考えたことがありませんでしたので、そうだなーと思いました。
 焼き豚が豚丼風とか、ヘルシーに十勝の大豆を使った麺など… 十勝帯広に拘る帯広ラーメン
確かにあっても面白いと思いました。
  
さすが横浜出身の方だから感じるものですよね。


さて感じることの重要性・・・

スタッフには、連休出かけたら、あらゆる場面で感じてきてくださいと
話しました(^^)


たとえば、お店に行って、感動したら何故かな?
食事に行って、接客の親切さなど すごいと感じたら、何故かな???

そう、常に自分の心で感じたら何故かを考えることです。

そして、自分の仕事を通じて、どうしたらこの感じたことを伝えられるかを
考えてください。

これが、連休を迎えるにあたっての、スタッフへのアドバイスでした。

成長するって、日常の中でどう感じるかなんですよね。

私は、24時間そんなことを思いながら、生活しています。

だから、もう楽しくて仕方ありませんよ。

どうか、皆さんも、楽しい休日をお過ごし下さい。

もしかして、いのうえ歯科のスタッフは、プレッシャーかも(^^)

投稿者 inoue : 00:42 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月02日

捨てる(廃棄する)勇気・・・

こんにちは、院長の井上です。
今、ブログを新しく更新するための準備をしています。
まもなく更新になりますので、楽しみにしていて下さい。

また、HPのスマイルNewsが更新されました。
   是非、ご覧下さいね(^^)

今日の帯広のお天気は、最高ですね。
残念なことに仕事をしていますと、外になかなか出られませんが・・・

さー今日は、捨てる勇気について、お話をします。

よく、多くの方から先生は、どうやって時間を作るんですか?
と聞かれます。

そうですよね。時間を作るって大変なことだと思います。

少し、考えてみてください!

新しいことを始める前に、今の自分の使っている時間で
無駄な時間や仕事、用事・・・無いでしょうか?

今、時間を100%使っているのですから、当然、新しい事を
始めるのは、無理ですよ。

ですから、無駄と思うものを捨てる(廃棄する)ことから始めるという
ことです。そして、その捨てた分だけ新しい事に挑戦すると良いですよ。

こんな簡単なあたり前のことですが、やられていないんです。

どうでしょうか?この連休に自分の時間を見つめなおし、
連休明けから新しいものへ、挑戦してみてはいかがですか(^^)

以前に書きましたが、成長するにはイノベーションが重要です。

是非、頑張って下さいね。 

投稿者 inoue : 13:44 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月29日

情報提供・・・

こんばんは、院長の井上です。
今日は、久しぶりに週末に帯広でした。
さすが、昨日までの手術の激しさもありましたので、
少しゆっくり本を読みながら、体を休めました。

情報提供、情報発信・・・
私がいつも 歯科医療に関しての情報提供で考えていることは、
少なくても日本中のどこで私の情報が提供されても
それは、歯科医師というプロとして価値あるものでありたいということです。
当然、そのような情報提供をするには、自分自身の歯科医師としての世界での
ポジションや知識・技術を高める努力をしなければなりません。。

患者様は素人ですから、何でも信じてしまいます。その情報の本質を見極められるほど、真剣に、深く捉えられる人は20%くらいでないかと思います。

では、自分の提供する情報の価値の判断をどうしているか?

私の場合、勉強をすることで、<真の医療の実践者>となり、
「事実に基づいた良い情報ですね」と言ってもらえるように、自分自身に問い 情報提供したいと考えています。

一度、私のホームページのPDFをダウンロードしてお読みいただけたら、
ご理解をいただけると思います。

インプラントの患者様の声もスタッフが一人一人にインタビューしてのお声ですので、私は殆どかかわりません。このような事実が価値を持つと信じています。

ですから、私はブログでも本当に今の自分で価値あると思ったものを
提供しています。当然、読み側の興味によっても違うかもしれませんが。

私たちは、情報によって判断をしています。

歯科治療の情報を簡単に判断するには、その病院に行くことが一番早いです。
もしくは、お知り合いの歯科医師や衛生士、技工士など、歯科関係者に聞くのが良いのでないでしょうか

いのうえ歯科医院の患者様が もしこのブログを読まれていましたら、
どこにも無い最高の情報と何が真実かをお伝えしますので、
どんなご質問も遠慮なくしてくださいね。

一番困るのは、考えていない人の治療をすることですから・・・

では、良い休日をお過ごしください。

投稿者 inoue : 21:39 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月28日

手術を終えて・・・☆☆☆

こんばんは、院長の井上です。
昨日と今日で80本のインプラント手術を行いました。
本当に・・・???
きっとそう思われるでしょうね。

何故、これを読まれている方で本当に?と思われたのですか。
それは、そう思った方の常識で判断したからでしょうね。

常識は本当に怖いものです。

人は、すぐに環境や年齢などで、判断します。
しかし、何も関係がありません。もちろん学歴なんて全くです。
一番大切なのは、その人の常識がどうかです。

常識は、いくらでも自分で変える事のできるものなんですよ。

80本も手術して疲れませんかとも良く聞かれます。
どんな難しい手術も原則を積み重ねるだけですから、
淡々と行うだけです。普段と何も変わりありません。
かえって、周りが疲れていないか心配になりますよ(^^)

何でも考え方だと言うことです。

常識が常識と思わず、常識すらも人が勝手に作り上げてきたものだと
したら、常識も本当に意味あるものと、無いものを区別して
自分自身がどう判断するかが大切なのです。

どんなことも無限の可能性を信じて、まずは頑張ることです。
頑張る上で一番大切なのが、自分の価値ある状態での常識を持つことです。

明日からはお休みですが、もの凄く勉強することがあります。
少しだらだらしながら、普段出来ない勉強を加速学習でおこないたいと
思います。

皆さんにも、とても良い休日になりますように。

投稿者 inoue : 23:38 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月27日

インプラント手術・・・☆☆☆

こんばんは、院長の井上です。
今日は、インプラント手術日一日目でした。
6名40本の手術を行いましたが、明日も引き続き手術日です。
当日は、いつも10時過ぎまでスタッフが頑張ってくれます。
本当に嬉しいことですよね。

手術をしていて感じることですが、それはチームワークの大切さ。

それぞれが それぞれの役割をしっかり果たしてくれる事で、最高の環境が出来上がり
最高の仕事ができるのです。

では、最高のチームワークは、どのように作るのでしょうか。

それは、使命を共有するということでしょうか・・・・

いのうえ歯科では、スタッフ全員が使命を明確に書き出しています。

明日も最高のチームワークで、頑張りたいと思います。

明日も6名40本のインプラント手術です。

では、明日も頑張ります。

投稿者 inoue : 23:38 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月26日

科学的根拠とは・・・

こんにちは、院長の井上です。

最近、歯科医療の世界では、科学的根拠があるから正しい治療ですよと、
言われる先生が多くいます。
まー,そうお話される先生は、まだ良いほうだと思いますが・・・

しかし、科学的根拠とは、絶対的なものでしょうか?

少し研究をした先生なら 科学的なデータも、ある条件での研究結果でしか
ないということを知っています。

何を伝えたいかと言いますと、その先生が論文をどう読み、十分な考察をし、
それぞれの患者様において、どのように活用するのか判断をして、
初めて科学的な根拠という言葉の意味が価値あると思います。

最近は、一般の患者様向けの雑誌にも、科学的根拠という言葉を
使うことで、説得力があるかのように書かれているのを観ますと、
どれだけ理解して使われているのか、言葉だけが一人歩きしているようで、
恐ろしいと思います。

すなわち、使っている側も、読んでいる側も お互いが、真の理解をせずに
納得しているのですから。

 セミナーもそうですが、よく理解していない先生が 複雑、難解に
話しているのを聞いて、理解ができずそこにまた人が集まる。
 そんなことがよくあります。

 皆さんも、何が真実かの目をしっかり養いませんと、なりません。
  真実の無い世界に、変に納得して入り込まないようにして下さいね。

   何を見るにも、聞くにも、洞察力を持つことです。

 読まれている皆さんは、どれほどの洞察力で
                歯科治療にかかられていますか。

   自分の健康を、しっかりとした出会いから勝ち取って下さい。

投稿者 inoue : 17:37 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月25日

為という言葉・・・

こんばんは、院長の井上です。
今朝一便で東京から戻りました。

今週は、とても激しい週になります。
明日から長崎大学の友人の先生が来られ、
明後日から2日間で12名約80本のインプラント手術を行います。
簡単な手術ならよいのですが、上下顎骨移植(骨の無い患者さんには、骨を作ることです)など、かなり高レベルの治療が殆どです。

難しい治療にリスクは・・・。決して無いと言えません。
ですから、高いレベルの技術研修・数多くの症例・最新の手術環境・
優秀なスタッフなどが必要になります。

いのうえ歯科では、各分野のスペシャリストのチームで行います。
恐らく、世界中でも2日間で80本のインプラント手術をする病院は、
殆ど無いと思います。

楽しみですが、体調をベストに頑張ります。

さて、今日は、・・・・の為。

この言葉は、なんと実にいい加減な言葉なんですね。

仕事の為、患者さんの為、為、為、為・・・・。

具体的な目的の無い言葉なんです。

具体性が無い言葉なんです。

言葉の意味を調べるために、辞書を引きますと、
              実にそれがまた曖昧なんです。

言葉の意味の明確化、この事をしっかりしましょう。

何故、改善が無く、良い結果がでないのか?

使っている言葉自体が、曖昧だからです。

言われてみると、気付くこと多くないですか?

☆言葉の明確化が成長に比例しますよ☆

投稿者 inoue : 21:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月24日

情報の価値・・・

今晩は、院長の井上です。

今日は、NPO法人理事長で フジテレビなどのプロデューサーをしていた方とお会いしました。

その中でのお話から・・・

世の中には情報が沢山あります。テレビ・新聞・広告・インターネットなど
本当に多くの情報が、私たちの中に入ってきます。

世の中には、価値のある情報と無いものが沢山あるが、それを見分けられない人が多いんだよね。そんな事をお話されていました。

では、皆さんは、どのような情報が価値あると考えていますか?
すなわち価値をどう見分けているかということです。

情報の全てを真実として受け留めていたら、とんでもないことになります。

すなわち、情報にコントロールされた人間になったとしたら、
あなたの意志は、情報にコントロールされた意志でしかないのです。

それって、ものすごく怖いことですよね。

私は、全ての情報は本当に価値があるのか、真実なのかという疑いから
見るようにしています。

仮に 私が勉強に行くときには、講師の経歴、受講生や周りの方の評判、
実際にしていることでの成果、その講師の情報がどのような経緯からのものか、他との違いがどこにあるのか・・・・講師の人格も大切ですね。

大事故に遭ったときは、全ての検査値を熟知し、権威あるお医者さんにセカンド・オピニオンとして聞いていました。
医療が、お医者さんがローカルで低レベルだから、死んだのではたまりませんからね。

日経新聞を読むなら、もと日経の記者が書いた、日経の読み方というCDプログラムで勉強してから、日経ならではの記事の価値の部分を理解して読むと違います。このように、情報の価値をどう見分けるかは、重要です。

私は年間100日以上勉強に行きますが、少なくとも上に書いたことくらいは調べてから参加します。

新聞やテレビ、広告、インターネットの情報をどう見分けるか大切です。

みなさんは、毎日の情報をどのように見分けていますか???

価値ある情報をきちんと取り入れてくださいね。

投稿者 inoue : 22:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月23日

コーチング・・・・

こんばんは、院長の井上です。

今回のセミナーは、一人での受講でしたので、講師の先生と
本当に色々お話をすることができました。

今回のセミナーは、何か???

自己分析を含めた、人の分析をどのようにするかというものでした。

一人での講義ということもあり、講師の先生に二日間
私自身の分析やコーチングをしてもらいました。

すっごく、この二日間は充実した時間でした。

自分の目指す方向性が明確になったように思います。

皆さんも自己分析やコーチングなど受けてみてはいかがでしょうか。

何も意固地になって、誰の力も借りず 自分探しをするのでなく、プロの力を借りることで、
本当の自分自身の発見、将来のバイオリズムからの人生の予測、目標の明確化・・・・
とても自分一人で考えるより、加速して多くのことに気付けますよ。

     今回は、本当に充実した2日間でした。

   明日もセミナーと打ち合わせのために、東京です。

投稿者 inoue : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月22日

学習スタイルを・・・

こんばんは、院長の井上です。

先程、ニューヨーク大学第三期生参加予定者16名とお会いしてきました。
皆さん、とても感じがよく、6月ニューヨークで再会するのが楽しみです。
2年間のプログラム・リーダーとして 少しでも役に立ちたいと思います。

さて、今日は、こんなことが・・・

セミナー会場へ行きましたら、
「今日は、井上さん1名です。このコース始まって以来ですが、
社長がどんな方が参加なのと聞かれ、井上さんのお話をしましたら
井上さん一人でよいので開催してください」と言われたそうです。

 東京の麻布の会場を貸切で マンツーマンのセミナー、
             緊張と共に、もの凄く勉強になりました。
 今日は、インストラクター資格認定コースですが、
           明日も5時まで マンツーマンで勉強をします。

 私は、今までに何度かマンツーマンのコースを受けています。

何故か???

 学習する前に、自分の学習スタイルを知ることです。
すなわち、自分にとって学習効果が
        もっとも高くなるスタイルを知ることです。

 私は、技術を習得し、実践するには、
        マンツーマントレーニングと考えています。

 先生の考えを深く知るために、また、モチベーションを高く上げるために、
 先生にマンツーマンでの指導を直接お願いをします。

通常、10万のセミナーを30人行えば、300万ですよね。

 その先生にマンツーマンでお願いする人など、常識的にいませんし、
そのような先生はお忙しく時間が取れません。

      しかし、私は平然とお願いをします。

 そうしますと、殆どの先生が気持ちよく、
       しかも価格もそれ程高くなく、お受けしてくれます。

 当然、そのように学んだものは、今も大きな自分の力になっています。

 本気で学びたければ、自分が確実に学べる
                学習スタイルで取り組むべきです。

 今日は、偶然にも一人でした。
 とてもやる気になります。このように対応してくださった、
     会社の対応に、感謝とやる気もでます。
 会社としても10年以上のセミナー開催で初めてだそうです。

 講師の方の知識は、もの凄く圧倒されます。本当に素晴らしい方です。
   普段では学べない多くを学ばせてもらいました。

 明日も、しっかり学び、講師の期待に応えたいと心から思いました。

       皆さんも、自分の効果的な学習スタイルを
         まずは、知ることが大切ですよ。

投稿者 inoue : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月21日

小冊子の一部を・・・

おはようございます。院長の井上です。

この度、小冊子を製作しました。
いのうえ歯科に悩んで来院される患者様に、直接わたしが、歯科治療についてのご相談をお受けし、その後に小冊子を読んで、しっかり自分の人生について考えて欲しいと思い、製作しました。

病院で話を聞いても、緊張もしますし、今後の歯科治療のことを冷静になんて考えられないですよね。

小冊子があれば、じっくり自分自身で考え、意思決定し治療にかかれると思います。

今回の小冊子は、30分もあればいっきに読めますよ。

この小冊子が、歯で悩まれている方のお役に立てばと思います。

  ここに、小冊子の『はじめに』の部分をブログをご覧の皆さんに
いち早くご紹介をしたく思います。

詳しくは、HP:http://www.inoue-dental.jp/をご覧下さい。
 
 インプラントの患者様のお声も新しく掲載しています!

はじめに

いつまでも元気に長生きしていたい!
毎日を楽しく、生き生きと楽しみたい!
大切な家族、友人・知人に囲まれて、生きがいのある有意義な日々を過ごしたい!

あなたもきっとそうお考えでしょう。人間なら、だれもが豊かな人生を送りたいと願っているはずですね。

しかし、実際のところはどうでしょう。
小さなことでくよくよしてしまったり、つまらないことでイライラしてしまったり・・・
多かれ少なかれ、そんなふうに毎日の時間を過ごしてしまっているのではないでしょうか。

「ああ、もっと時間を大切にすればよかった!」
「もっと楽しく過ごせるようにすればよかった!」
そう後から反省することも多いものですね。

私は、いのうえ歯科医院、院長の井上裕之と申します。
「毎日を豊かに過ごしたい、でもなんとなくうまくいかない」
そんなふうにお思いの方に向けて、ぜひお伝えしたいことがあり、この小冊子を書くことにしました。

私は歯科医師ですから、この小冊子の中で、歯の大切さについてお話ししようと思っています。
でも、本当にお伝えしたいのはそれだけではなくて、そこから毎日を心豊かに過ごす方法、ひいては、これからの人生をもっと楽しく有意義に過ごす方法をお話しすることで、よりよく生きるヒントにしていただきたいと思っています。

突然このようなことを申し上げると、
「なぜ歯医者さんがそんな話をするの」
「歯の治療と人生と、いったいどんな関係があるの」
そう驚いている方もいらっしゃるかもしれませんね。

少しだけ想像してみてください。
もしもお口の中がボロボロに汚れてしまっていて、鏡を見るのもつらい状態だとしたら、どのような気持ちになりますか。

きっと悲しくて鏡を見る気も失せてしまうでしょう。
またそれだけでなく、食べることも楽しくなくなって、お料理しようという意欲も失くしてしまうのではないでしょうか。
ご家族やお友達と会話する楽しみ、笑い合える喜び、毎日の生活を楽しむ余裕。身なりを整えたり、おしゃれしたり、いろんなところに出かけたり・・・
そういうすべてのことに対して、興味も関心も持てなくなってしまうとは思いませんか。
歯はただ単に食べ物を噛むためだけにあるのではありません。
歯はあなたの大切な体の一部。歯の健康と美しさは、人生のすべてに影響するのです。

なんだかズキズキ痛むけれど、忙しくて時間がないから。面倒だから。お金がかかるから。
そういった理由で歯の治療を先延ばしにしていませんか。
噛めなくなったり歯が抜けてしまったりするのは老化のせいだから仕方ない。
そんなふうにあきらめてしまっていませんか。

もしそうだとしたら、それはとても残念なこと。
簡単にあきらめてしまうのはもったいないことだと思います。

食べること。
それは、ただ栄養を補給するだけではありません。

どうか少しだけ手を休めて、この小冊子をお読みください。
そして、歯の健康、お口のケアの大切さを、今しばらくの間、私と一緒に考えてみていただけませんか。

あなたにその時間をいただけるとしたら、これほどうれしいことはありません。


2006年4月吉日
医療法人社団 いのうえ歯科医院 歯学博士 井上 裕之

投稿者 inoue : 09:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月20日

受け止め方とは・・・

p>おはようございます。院長の井上です。
帯広の天候は、雨です。
やはり、晴天のほうが気持ちよくて 最高ですよね。

     私は、明日から東京です。予定がびっしり・・・。
 セミナー以外に大学教授や6月のニューヨーク大学セミナーに参加する
     受講生との顔合わせ、NPO法人の方との会議など・・・

     朝は、9時から6時までセミナー、その後も
               毎日このようなスケジュールです。

       <今日は、受け止め方ということで書きます>

       自分の考えや行動、発言、同じように
   相手の考えや行動、発言が どのように受け止められるかは、
           本当に分かりませんよね。

     良くも、悪くもその時の状態や状況で変わります。

       相手の受け止め方は、こちらからいくら努力しても
            変えることが出来ません。
   
          そして、どちらの受け止め方が
       絶対に正しいということではないのです。
             
               ここが大切です。 

          決めつけて考えないことです。

     私は、どんな意見も基本的に「聞くことが大切」と考えます。
     
         特に親の意見は、今でも参考にしますね。
      親の子へ持つ、感じる力は特別と考えるからです。

      考えるのと、そのように意思決定するのは別ですよ。
       しかし、受け止めて意思決定をするのと、
      受け止めずに意思決定するのでは大きく違います。
   
       それは、全ての意見に対しても言えるでしょう。

    最後にそれは、何故だと思いますか。その答えを書きますね。

    『私は、相手の全ての意見を決めつけずに受け止める、
     無我の気持ち・・・これが、もの凄く大きく よい方向へ
     導かれると考えています。
     また、一度素直に受け止めることで、自分自身の潜在意識に
     入り、受け止めた数だけ、それに対応できるように
準備ができている、そんな自分になれるからです。』

        どうか、皆さん、全てを判断することなく
          一度、素直に受け止めてください。

     そうすることで、全てが素晴らしい方向へ進みますよ。

      では、今日も素晴らしい一日を過ごしましょうね。

投稿者 inoue : 08:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月19日

アイデアの素晴らしさ・・・

院長の井上です。
皆さんは、毎日をどのようにお過ごしですか。
充実した毎日を送りましょう!

さて、昨日は患者様から贈物をいただきました。
それは、もの凄い便利なもの。実は、私が偶然にも毎日の学習中に
こんな物があればと思っていたものを、偶然にもいただきました。

それは、BOOK STOPPER(ブック ストッパー)というものです。

本のページを押さえてくれる優れものです。

DSC00475.JPG

凄く便利ですよ。

拡大して、さらに・・・

DSC00476.JPG

   そこで、私が考えたのは、どうしてこのような発想を
             製作者は持つことができたのか???

   どうすれば、優れた発想ができるのか???と考えました。

     優れた発想をするには、ルールがあるんです。
 
    元船井総研の副社長で、ソニーの盛田さんなど日本の歴史的な
   大企業を指導してきた方とご縁があって、2度ほど東京でお会いし、
      明け方までお話をさせていただいたことがありました。

  井上さん、私が彼らや多くの成功者とお会いして気付いた発想方法を
  井上さんにお教えしますねと言い、話してくれました。(感激でした)

     ただ幅広く考えていても、優れた発想はできませんよ。

            まずは、範囲を決めること・・・
  
     本が読みにくい、どうしたらいいだろうか???とします。
  その時、「いつでもどこでも簡単で便利」とか
      「すぐに使えて、手は使わない楽できるもの」というような、
   何でも良いのでルールを決め、その範囲から発想するというもの。

   何か範囲を決めないと、漠然と広すぎて何も前に進みません。
   まずは、先のようにルールを持ち 発想の範囲を決めることで、
   沢山のアイデアが生まれ、その中に優れたものも出てきます。

  BOOK STOPPER は、どのような発想で生まれたか分かりませんが、
            凄く便利で感動しました。

  皆さんも、ただ漠然と考えるのでなく 何かルールを決め、
            その範囲でまずは発想してみると良いですよ。
 
      凄い人に会うと、本当に勉強になりますよね。
      私は、この方に教えていただいた発想法の数々を
      常に活用しています。本当に学ぶこと知ることへの
          喜びは、尽きないものですよね。
 

投稿者 inoue : 01:14 | コメント (0) | トラックバック

まずは、実践と行動・・・

院長の井上です。

      昨日、出村邦彦さんの
         「全国手書きチラシ実例集」が出版されました。

チラシ本.JPG

           ご注文はこちらへ・・・

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4938907348/qid=1145283613/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/503-7515167-9586346
 

  その本のP49には、いのうえ歯科科医院の実例も紹介されています。

書籍事例.JPG

       何だか、すっごく嬉しいですよね(^^)

    実は、昨年2泊3日で出村さんのセミナーに参加し、
         色々と教えていただきました。

       まずは、習ってきたらすぐに実践です。

 どんなセミナーでもそうですが、聞くだけでは何の意味もありません。

   これってセミナーに限らずに、どんないい話を聞いても、
    またアドバイスを受けても、何も実践をしなければ
         変わらないということです。

  とにかく成果を出したいのであれば、
             何でもいいからとにかく実践する。

        このことが、物凄く大切なんです。

 今回、出村さんの本に紹介していただいたことも、とにかく実践と思い
  取り組んだ結果です。

     とにかく何でもいいから、良いと思ったことは行動です。

 そして上手く行かなければ、アプローチの改善をすればよいと思います。

         皆さんは、行動していますか???

        行動しないと、何も変わりませんよ!

 もう一度言います。考えることも大切ですが、
              良いと思ったらそこで行動です。
  
          行動、実践しないと成長もしません。

      ですから、一番大切なのは、行動、実践なのです。
      
            お互い頑張りましょうね。
 

投稿者 inoue : 00:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月17日

感性を磨く・・・

院長の井上です。
皆さんは、どのように週末を過ごされましたか。
私は、久しぶりに帯広にいましたので、少しゆっくり出来た感じがします。
今週末は、また金曜日から東京で、火曜日の朝一便で戻る予定です。

さて、今日は、感性を磨く事の重要性について書きます。
皆さんは、自分自身の感性を磨くために、何か工夫や努力をしていますか。

私は良く、男性・女性ファッション雑誌や東京でも歩きながら、ウインドやお店のディスプレイや歩いている人、ポスター・・・出来るだけ感性を高めるために、意識して見る様にしています。

  やはり、流行もありますから。

何故、そんなことするか???

私は歯科医師ですが、審美的治療などは確かに学術的な原則で行うことが必要です。
しかし、歯を一つ削るにしても、例えばメスを持って手術し縫合(縫う)するにしても、全て 学術的な要素の他に感性を持って行うことで、物凄くセンスの良い仕事になるものです。

歯科医師の世界は、知識・技術、芸術性と美的感性が必要だと考えています。

ですから、私は常に芸術性と美的感性を磨くことを 普段の生活から取り入れるように努力しています。

 そうですよね。自分の歯が汚く、髪がぼさぼさで清潔感がなく、なんとなくセンスの悪そうな歯科医師の先生が、綺麗な仕事をしているようには思えないですよね。

 昔は、それでも良かったかもしれませんが、今は患者様も出来るだけ、
学術的な治療に高い芸術性と美的感性の仕事を望むというのが、普段の仕事を通じての実感です。

 では、歯科医師だけ 感性が必要でしょうか。

 そんなことは、無いですよね。お料理を作ったり、お洋服のコーディネートなどやはり高い感性を持っているほうが、きっと色彩感もバランスも良いですよね。

 是非、皆さんも普段の生活から感性を磨く、そんな視点で色々なものを
見ては如何でしょうか。
 
 きっと今日からは、何を見ても気になりますよ(^^)。

投稿者 inoue : 00:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月16日

広さと深さの大切さとは・・・

院長の井上です。
久しぶりの週末、美容院で髪を切ってきました。
ゆっくり出来るかと思いきや 10月の国際学会発表の講演抄録を書いたり、
今月末のインプラント患者様12名の手術の最終解析をするなど、やることは沢山ありました。

 最近は 易学の勉強を もの凄くしています。
特に 師範の免許をいただいた後、教授免許のための<四柱推命>の勉強をしていたのですが、どうしてもまだ 基礎の深さの理解が十分でないのか行き詰まり,
もう一度、基礎からしっかり復習することにしました。
 早く進むことも良いのですが、あるレベルからは、速さより深さが大切だと実感しました。
初めは、少しでも早く進んで、多くを学ぶことが目的。でそのための勉強が手段!でしたが、
教授免許取得レベルの目的は、本当に理解し 卓越して使えることが目的。で、手段が勉強!です。
 常に目的と手段をしっかり考えることも重要ですよね。

  しかし、古来の易学は大変に奥が深いものです。
    まさに、生涯学習的といった深さです。

 どんな勉強もそうですが、幅広く学ぶと同時に
             深く学ぶことはとても重要です。

 しかし、集中して全体を把握しても、深く洞察できる力をつけるには、
             時間とコツコツ積み上げる努力が必要です。

      だからこそ、価値があるのかもしれません。

 世界が、歴史が作り上げてきたものを、
       そう簡単に自分のものに出来るほど 甘いものではありません。

 
         そして、全てを深く学ぶことも無理です。

 そういった意味では 初め浅く広く、バランスを取りながら学び、そこから自分の人生でさらに深く追求するものを決意し、何に取り組むのが良いかを早く決めることが大切です。

 私は、皆さんが想像できないくらい、投資と行動をしてきました。
それは、多くをバランスよく学び、真の価値あるものに自分の人生をかけ、深く追求したいという気持ちから、悔いない選択をしたいと考えたからです。そして、それが自分にとって何かが、いくつか決まってきました。

 初めは浅くても幅広く、そしてその中から深く追求していくものを
           早く決めるとよいです。
 深く、時間をかけ追求している人の迫力と魅力は、もの凄いですからね。

  ただ、その時、指導を受ける必要があるなら、人としても尊敬でき  
  相性が合う人に受けなければ長く続かないと思います。
    
    指導を受けていますと、
          人間性までが鏡のように似てきますから(^^)

            本当に大事ですよ!

 皆さんも、早く何か深く追求し、集中できるものを見つけて下さいね。

投稿者 inoue : 01:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月15日

相手の視点に立って・・・・

おはようございます。院長の井上です。
昨日で、今回の宿泊のP.ドラッカー・トップマネジメントが終わりました。
今回もレポート課題がでました。(今年9月までです)

 いつも感じることですが、素晴らしい考えの、情熱ある方と学ぶことは 自分自身の意識をさらに高めてくれます。

 同じ学ぶなら世界レベルの最高峰の知識と技術、
   そこに集まる人の情熱を感じて生きていくことが、大切だと感じます。

 いのうえ歯科に来院される患者さんとは、学んだ全てのことを共有していきながら、ともに真の健康を取り戻したいと思います。

  今回、学んだことを少しお伝えします。

          イノベーションの大切さ。

 イノベーションとは、新たなものへの挑戦とでも捉えてください。

 既存のものを大切にすることも必要ですが、
              必ず時代と共に古くもなります。

       イノベーションがないと進化しません。

 皆さんは、今の自分の生活の中で 何かイノベーションを考えていますか。

 私は、歯科医師であり、経営者です。ですから、
          イノベーションを考えなくてはいけません。

          その時、どのように考えているか。

 それは、自分にとって新しいと思わなくても、患者さんにとって新しい事であり、患者様にとって喜んでもらえることへのイノベーションなのか、を考えます。

 すなわち、自分の価値や立場でなく、
    一番大切な患者さんの立場でどうか、が大切だということです。

    今年は、その事業の一環に増改築を行います。
 その中には、いのうえ歯科医院に来られた、又来られている患者様の要望も多く取り入れています。
 
 完全個室・クリーニングルームと一般診療室を別にする、最新の手術室を2室(録画もでき、スクリーンに映し出すこともできます)、最新のマクロスコープ(現在、いのうえ歯科と同じ高いレベルの機種は北海道でも大学を含め数台の顕微鏡です)による根の治療などの環境。

      他にもヨーロッパの最新の消毒システム。
 恐らく、まだ日本に入ってきていません。これからは、高いレベルの消毒が必要です。いのうえ歯科医院は、現在でも脳外科レベルの消毒器を導入していますが、通常の消毒レベルは 正直、私には納得できません。

     ここが、”自分が患者なら”の考えにもなります。

 さらに、最新インプラント手術や他にも多くのイノベーションがあります。

 さてここお伝えしたいのは、このイノベーションするにも
      相手の立場・視点を考えませんと、上手くいきません。

 人間関係も同じです。常に相手の立場・視点で考えませんと
         上手くいかないと思います。

 世界のマネジメントも人間関係も医療も全てにおいて 大切なことは
同じなんですよね。

 ですから、本当に価値あるものを学ぶことは、自分自身の全てを育てます。

 最後に、皆さんも自分自身のイノベーションを考えてみてください。
      その時、相手の立場や視点を考えて・・・・
 きっと、その先には自分の想像できないような、成長がありますよ。

  いいですか、何も変化も成長もない、自分にならないで下さいね。

        では、これから帯広へ戻ります。

  週末、美容院へ行ったり、買い物へ行ったり、時間が取れます。  

        何だかこういう事が、ワクワクしますね(^^)
 

投稿者 inoue : 09:28 | コメント (2) | トラックバック

2006年04月14日

トップの社長の思いとは・・・☆☆☆

おはようございます。院長の井上です。
今朝の東京は、少し曇っています。昨夜は、強い雨のようでした。

昨日は、P.ドラッカー・トップマネジメントの中間発表会でした。
参加者は、私他、8名の 物凄く情熱と勉強をされている企業経営者です。
もちろん、年齢も格差ありますが、50歳以上の従業員が500名以上の社長さんや 業界ではトップの方、パイオニアの方、世界をマーケッティングにしている方など職種は色々です。

 当然、そのような立場の方ですから物凄く、時間の過密なスケジュールで過ごされています。
 
          そこで何を感じたか・・・・。


●この過密な生活を過ごされているのに 疲れなど感じさせず、情熱が凄い。
 8時間以上の小さな部屋での合計30分程度の休憩しかないのに、誰一人
 バテタ顔もすることなく、一人ひとりの発表を真剣に聞き、質問や意見を
 しっかりする。

         この当たり前の事ですが。。。いかがでしょうか???
 
    皆さんは、1時間の会議でもそれだけ気力を持って参加し、
        しかも質問や意見を述べていますか?

●物凄く発表に対しての内容を深く考えていることの驚き。
  いつ、それだけ考える時間と作業をしているのかということ。

●話を聞いたり、質問すると、とにかくやると決めたら必ずやる。
 そして、仕事に妥協することなく、早い。

●内容が、とにかく緻密であり、過去の検証、未来への予測が
 とにかく出来ている。
 しかも、『ドラッカーマネジメント』とフォーマットされた用紙にビッシリ書かれている。

 8時間の発表内容を書くことは、朝6時から書いても終わるのがお昼になりますからね(^^)・(^^)

       皆さんが共通して強調して言われていたこと・・・。

●人として挨拶と返事をしっかりできないと、もう終わりだね。

●出来ない人間は、人から言われないと仕事をしない、仕事をさせていただいている
 社会への感謝がない、もうこれは人として駄目だな。

●頭が良くても使い物にならない、例え東大でも・・・要するに、社会に出てからは違うんだよ、
 柔軟な対応だよ。自分のことばかり考えて、守りに入って、どこかで仕事をなめている、
 こういうのは伸びないね。自分で優秀だと勘違いしているんだよ。

●とにかく、笑顔と感謝、そしてお客様へ最高のおもてなしを考えて
 生きていないと成功しないし、成功しても喜ばれないよ。

   これだけ仕事も出来、活躍している社長が皆さん言うのは、
         生き方と人間性の話でした。


   
 参加して私が感じたことは、まだまだ人間として学び、知識を磨き、
 時間を惜しまず行動すること。まだまだ、43歳の私が挑戦をやめたら
 恥ずかしいですよね。
 素晴らしい仲間と出会い、心から感謝をしています。

 昨日は、宿題もでました。1年後、2年後・・・そして最終目標における
 自分の仕事におけるビジョンです。
 
     本当に出来る人は、出来るだけのことをしてるんですね。

   さーこれから朝食してきます。今日も引き続きセミナーです。

          他の方も動き始めたようです。

 最後に考えることは、医療人として、人として、本当に大切なことは何か?なんです。
 ビジネス以上に大切ですね。
  私は、ドラッカーを今度大学の講義でもしたいと思っています。

          さー気合をいれて頑張ります。

投稿者 inoue : 07:27 | コメント (2) | トラックバック

2006年04月13日

疲れないためには・・・☆☆☆

おはようございます。院長の井上です。
今日は、東京です。
東京は、快晴でとっても気持ちが良いです(^^)
しかし、今日からは青山のホテルでドラッカー塾の合宿ですので、
明日の午後6時までは、外に出ることも殆どないと思います。
事実、これだけ東京へ来ていましても、車庫から車に乗って
帯広空港→羽田空港→電車→ホテル→セミナー会場→電車→ホテル→
朝、羽田空港→帯広空港→車に乗って病院へ戻り、すぐ診療です。
こんな生活に時には、海外へ・・・。
(殆ど夜は出ません。お酒飲めないしね秊)

まー疲れないわけないですよ(^^)

だから、すぐに元気になるんですね。自分でも不思議です。

みんなに、「先生、疲れないですか」と聞かれますから・・・
「そうだよなーこんなに聞かれるんだから、疲れるはず。気づかないだけで疲れているのかなー」と考えてしまうこともあります。

そこで、感じたこと・・・

疲れている人は、
●疲れたーとか あーー大変だよね-とか・・・そういう言葉をよく使うんですね。
 しかも、黙りがちで、笑顔が無い。
●そして、忙しいと疲れる と決め付けているんです。
●さらに言えば、あまりにも、 自分より 周りに気を遣ってしまい、
 長距離ランナータイプの自分なのに、短距離ランナーの周りのペースに合わせてしまい、
 自分のペースを崩しているんです。
●あまりにも、現象の一つ一つを気にしすぎかな・・・だから疲れる。
 たとえ今からサンパウロへ移動しようとも、
        移動までの同じ時間を楽しく使えば疲れませんよ。
 あー長いと思った瞬間から疲れます。
●全てがやらされていると考えている。

 こう書かれると何だか全てが共通しているのがあるように思いませんか。

     そして 何か疲れた と思わない方法が見えてきませんか。

       けど、その答えは自分で見つけて下さい。

  何故だか分かりますか・・・答えは自分の心の中にしかありません。
   そして人に与えられた方法では、真の答えになりません。

 私は、全ての意志決定は自分だと考えています。頼まれてやっていること
 参加しているもの・・・最後は、全て自分が意志決定しているからしている
 です。いやなら、絶対にしない。
  そうは、いかないかもしれませんね。

 それなら、全てを,自分の成長のため、社会の貢献のため、
 次へのステージに上がるためのワクワクする世界に向かい、今を過ごしている
と考える。。。そしたら、元気がでます。

  それでも、精神的にも 肉体的にも意識の世界で対応できない、肉体に
 休めと反応がでたなら、その時は少しペースを落としています。
  止まると、また動くのに何倍もエネルギーを使いますからね。

          ペースダウンですよ。
          決して、止まらない。

 もう少し楽しく書きたいのですが、24時間すべてがこのような生活
 思考、行動・・・読んでいる人には、重いのかな・・・

  まー飲みに行っても楽しくない自分、遊びに行くより学習に投資したい
 自分を客観的に見て、「まずいなーーー(^^)」と思うんですけど。
  学んだこと、伝えると喜んでもらえると嬉しくて、
                また学ぼうと思うんですよね。

        要するに、人が好きで、人が元気になるのが
     たまらないんですよ。だから、歯医者は転職と思っています。

              では、出かけますね。

投稿者 inoue : 08:26 | コメント (2) | トラックバック

2006年04月12日

留まらない?・・・☆☆☆

p>おはようございます。院長の井上です。

今日はもう少ししましたら、東京へ行きます。
今年は特に自分の成長・病院の発展・患者様への貢献に向けて努力と行動を、時代に恐れることなく挑戦したく思います。

よくされる私への質問は・・・

●先生は、病院を不在にすることに不安がないのですか?
●そんなに行動して、疲れないのですか?
●どうしてそんなに学ぼうとするのですか?

 他にも多くの人から、共通の質問をされます。

不安など持たない人は、いないと思います。
それは、私も同じです。

ロバート・ブラウニングの言葉に、

『人は常に限界に挑戦すべきである。手持ちの能力の範囲内に安住していては、人生の醍醐味を味わうことはできないのだ・・・』

という言葉があります。

  皆さんは、この言葉を読んでどうお感じになりましたか?
 
 安住という感覚ですが、私は医療の現場に出ている間は、安住よりも
常に挑戦して、多くの方に貢献する人生を送りたいと考えています。

   ある意味、生きている限りにおいて、安住ということは
        本当の意味で無いのかもしれません。

私は、交通事故の体験から、治せない、結果の出せない、人間的にも
優しい声もかけられない 多くのお医者さんとも会いました。

しかし、数は少なかったですが、技術も人柄も素晴らしいお医者さんとも出会いました。

 その結果の出せないお医者さんと
           結果の出せているお医者さんの違いは何かを
         その時、徹底的に考えました。

 その結果、先生の行動力と勉強へ行く時間と姿勢、そして何よりも、患者さんへ貢献に対する強い意志 すなわち使命を持って、時代を怖がらずに挑戦する姿勢です。

 私は、そのようなお医者さんと会えて、人生が大きく変わりました。

  ですから、私は、常に向上するために前に進もうと決意しました。

    私の不在が多いことに批判的な方もいるかもしれません。

しかし、留まっていたのでは、いのうえ歯科の患者様に貢献できる医療が
出来ないことも理解して下さい。

 水も溜めていて放置していれば、ボウフラが湧き出てきます。
 流れが、すなわち行動が大切なのです。インターネットや書籍では得られないものは沢山あるんですよ。

 留まっていることや 留まっているお医者さんや
                 病院が好きなら別ですが・・・

 初めの3つの質問への答えが、少しはお解りいただけたでしょうか。

 情熱を持って常に、常に前進していく、そんな人生を送りたいですね。

私の周りには、本当に素晴らしい、情熱あるビジネスパートナーが沢山いてくれます。
 
 そのパートナーの人たち、家族・・・・多くの人たちのリーダーとして
とにかく、何でもいいからやれ、問題が解決できなければ、別のアプローチで・・・・

           そんな精神で頑張っています。

           では、土曜日に帯広へ戻ります。

投稿者 inoue : 10:24 | コメント (4) | トラックバック

2006年04月11日

あなたの求めている歯科医師とは・・・☆☆☆

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、どのような歯科医師を求めていますか。

1、優しくて親切なだけの歯科医師。
2、近くて便利な歯科医師。
3、安いと??言われている歯科医師。
4、早い治療の歯科医師。
5、自分の視野が狭いのにも気がつかず、自信満々の歯科医師。
6、腕は良いが、愛想のない歯科医師。

1〜5の歯科医師を選ぶとしたら、何が目的で病院へ行っているのかを、
ご自身でもう少し明確にすべきでしょう。(治りませんよ)

6を選択した人は、まだご自身の目的を明確にしているのでないでしょうか。(治りますよね)

 病院へ行くことが目的でなく、それは目的を改善するための手段です。

多くの人は、手段と目的の区別がついていないと思います。
        手段は、問題解決をしないのです


 そんな目的と手段の違いを、日常生活の中でもしていませんか。

理想的な歯科医師とは、使命を明確にしていること。人格・人間性が高い。
知識・技術が高い。それを身につけるための習慣と行動がともなっていることです。

 恐らくこのことは、患者さんにとっても理想的な
                 歯科医師ではないでしょうか。


   いくら通っても知識や技術、環境がなければ治りません。

   1〜5で歯科医師を選択していたのなら、時間の無駄です。

 こう書くと、「そう言われても、私たちには選び方が分かりませんから」と、         
そう応える人が殆どです。
 
          それなら言わせてもらいますね。
  
      もし、生きるか死ぬかの時には、どうしますか。

       情報がないからと待っていて死にますか????

    そんなことは無いですよね。情報を自分がどう探すかですよ。

 ただそれではと思い、今、小冊子を書いています。
         5月からはブログやホームページで紹介をします。

  ですから、それまでは、今日書いたことを肝に銘じておいて下さい。

    決して私が理想を満たしているとは、思っていません。
       それだけは、誤解しないで下さい。
    ただ、そうありたいと思っているから書いているのです。
   思っていない人は、書くことも、伝えることもしないと思います。
      
       いいですか。自分の健康を人のせいにしても
   困るのは、自分だということをしっかり認識してくださいね。

        代わりは、誰にもできないのですから。

  今日は、少し厳しい内容ですが、きっと今の時代これくらい
    ストレートなこたえを望んでるのでないでしょうか・・・・・

    くれぐれも目的と手段を間違えないようにしてください。

投稿者 inoue : 15:23 | コメント (3) | トラックバック

2006年04月10日

ドラッカー5つの質問・・・☆☆☆

こんにちは、院長の井上です。
今日は、朝一便で東京から戻りました。

帯広は暖かいですね。診療室では、少し汗ばむ感じです。

さて、今日はドラッカー5つの質問というテーマで書きます。

5つの質問とは・・・

�われわれの使命は何か?
�われわれの顧客はだれか?
�顧客は何を価値あるものと考えるか?
�われわれの成果は?
�われわれの計画は何か?

 昨年から、ドラッカー・トップマネジメントコースを受講しています。
6回目が終わり、今週の木・金宿泊で 参加者の経過報告の発表とセミナーが行われます。

 私も数多くのマネジメントコースを学びましたが、
  ドラッカーのコースほど刺激を受けたものはありません。
 
 毎回、かなりのワークシートが出されますが、
            それを書き込むだけでも大変です。

    いかに、普段自分たちが頭では考えていても、
    本当に手を動かし書き込むのでは大きな違いです。

 恐らく、ドラッカーの勉強は今後も継続しなければ、到底組織に浸透できるものではないと感じています。

しかし、ドラッカーのマネジメントは、時間がかかっても組織に浸透させる価値が 十分あります。

何故か・・・それは、真の医療人と医療組織の構築を同時にできるマネジメントだからです。

将来は、ドラッカーマネジメントを医療組織に浸透すべき、仕組み作りを構築し、広められたらと思います。

さー日本を代表するような8名の経営者と共に経過報告発表、
歯科医としてしっかり行い、皆さんから助言をもらうことで、
自分自身の壁をさらに取り払い、地域に貢献できる真の病院を目指したいですね。

   時間はかかりますが、応援してくださいね。

投稿者 inoue : 16:22 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月09日

出会いとは・・・☆☆☆

こんばんは、院長の井上です。
今日は、セミナー終了後に少し時間がありましたので、
青山の書斎館へ行ってきました。
http://www.shosaikan.co.jp/

基本的に文房具が好きなんですが、最近は万年筆にはまっています。
羽田空港第二ターミナルの書斎館には時々寄るのですが、
本店は初めてで、以前から店長さんに本店にもと言われていたので、
行って来ました。

 本当に色々な種類があり、見ているだけで楽しいです。

ドイツやイタリアのものや日本の素晴らしい蒔絵のペンなど、
どれも魅力があります。
 
 もう、色々語ると切がありません。

さて、今日は出会いとは・・・について書きます。

 今日、ある方と名刺交換をしました。その方の名刺には名刺交換をしても、
個人の場合、もう一度連絡するには、そのうちの10%ぐらいだと書いてありました。10枚交換すれば、9枚は名刺入れに入ったままということです。
 
    人は人とのかかわりなしには生きていけません。
   人との出会いが、新しい自分へのチャンスにもなります。
  そういう意味では、人との出会いを
          決して無駄にしてはいけないと思います。 
 
 私も最近は、積極的に名刺交換をするようにしています。
名刺は、自分の顔ですから、やはり相手に覚えてもらえるような名刺でなくては
意味がありません。
ですから、名刺も考えて製作する必要があると思います。
また、名刺交換をした人には、簡単でもお返事を書くようにしています。

    皆さんは、積極的に名刺交換していますか???
     人との出会いを大切にしていますか????

自分の世界に留まることなく、色々な方との出会いを大切にしましょう。

 私は、今日も素晴らしい出会いを沢山セミナー会場でしました。
皆さん、情熱のある素晴らしい方ばかりでした。
 
 人との出会いは、本当に自分自身を成長させてくれると
                 今日も心から感謝をしました。

 明日は、朝一便で帯広へ戻ります。

投稿者 inoue : 20:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月08日

人に欠点などないよ・・・☆☆☆

こんばんは、院長の井上です。

今日は、セミナーで東京に来ています。月曜日の朝一便で帯広へ戻ります。
学ぶことは楽しいですね。専門的学習と人間的学習などバランスが大切です。

今日は、人には欠点などないですよ(^^)というお話です。

かりに地球儀が壊れたとしますね。破片の中には、先がとがって危ないもの(人の場合一般的欠点)、丸い破片(長所と考えましょう)など色々あります。
しかし、復元するためには、全ての破片が必要です。
そして、全てがあって地球儀がもとに戻ります。

すなわち、人にも全ての要素があって、バランスよく成り立っているということです。

他人から見て、欠点もある意味長所かも知れません。

見方や捉え方で、まったく逆になる訳です。

今日は、ある方から人の捉え方次第では全てが長所、どれもが無くては人として成り立たないのですから、壊れた地球儀を復元する破片と同じですよと言われました。

           確かにそうですね

 どんな人も全て認められる、それも自分の心がけなんですね。

投稿者 inoue : 19:20 | コメント (1) | トラックバック

2006年04月07日

Today for Tomorrow・・・☆☆☆

こんばんは、院長の井上です。
今、東京のホテルです。

今日は、Today for Tomorrowとう意味について、書きますね。
「明日(未来)のために、今日一日、その時その時を
               大切に真剣にひたむきに生きる」

 皆さんは、Today for Tomorrowの気持ちで毎日を過ごされていますか。

 私は、今日の努力は未来への貯金、その貯金が未来には大きな財産となり
成果を出すと考えていました。そして、その成果の結果は、自分の過去すらも変えるのだと考えています。

すなわち、Today for Tomorrowの気持ちで毎日を送っていると、必ず大きな成果が出るでしょうし、未来のその時の姿を見て多くの人が、昔も・・・・
過去の自分の姿すらも変わって表現されるであろうと思います。

 今日のひたむきな生き方は、未来も過去も変えることが出来ます。

私は、今を精一杯生き、挑戦することが好きです。

 大学院も多くの先生が6年近くかかりましたが、4年に挑戦し終えました。

今日は、私の運命鑑定士の尊敬する先生からも
「前の課程の進み方にも驚きましたが、この師範課程を、これほどの速さで提出されるとは予想も出来ませんでした。最短記録でして多分、今後もこの記録を破る人は出ないでしょう。「師範」の免状を発送させていただきます。」

 早いことが良いとは思っていません。しかし、目的を持ち精一杯の挑戦をすることが大切なのです。まずは、頂上を上り詰め、そこからは深く・深く、
時間をかけながら学ぶことが全てにおいて大切です。

 ☆Today for Tomorrow☆の考えで、精一杯、力を出し切る挑戦を毎日してみて下さい。。きっと素晴らしい未来がありますよ。

         私は、そう信じています。

投稿者 inoue : 22:19 | コメント (1) | トラックバック

2006年04月06日

ある雑誌者との出来事・・・約束とは

こんにちわ、院長の井上です。

最近、ある雑誌社の方と色々と話をしていました。
そんな中で少し感じたこと、また、普段から感じていることを
お書きしますね。

最近は殆どの連絡がE-mailで行われます。
私は、海外とのやりとりもE-mailでしますが、
本当に仕事の出来る人は、世界中どこにいても連絡への
対応が早いというのが感想です。

逆に近くても、出来ない人は出来ません。

では、早ければよいのかと思う人もいるかも・・・

そうですね、しかし、仕事のできる人、きちんと業績を上げて充実した
仕事を社会に提供しているところに勤務している人は、
連絡が早く約束ごとをしっかり守れています。

えーーそんなこと出来ているよと思われるかもしれませんが
思うのと、出来ているのは大違い。

昨日のブログのツキを呼ぶ言葉と同じです。
皆さんは、ツキを呼ぶ言葉が使えていましたか・・・

私は、ある雑誌者の方や今、このブログを読み、
あー連絡遅いな。約束の返事できていないな。
相手のメールの趣旨に対応した返信ができていないな・・・と
感じる方は、少し改めてみては如何でしょうか。

きちんと対応が出来ていると言うのは、物凄い信頼関係ですよ。

私もほぼ毎日やり取りをしている方々の中には、活躍している大学の先生や海外の関係者がいます。

お返事がないと、どうしたのかな・・・と思いますよね。
それだけ信頼しているし誠実だと知っているからです。

今日、ある雑誌社の方には、お電話で少し厳しい意見をさせていただきました。
 それは、上記のことが出来ていないからです。
けど、それはそれだけ信頼をしているという気持ちからです。
 早く気付いて欲しいからです。

そうですよね。そんな気持ちがなかったら、どうでも良いことですよね。

  今日、書いたことから、少しでも皆さんの気付きになればと
 思います。普通が物凄く難しいし、大切だということですね。

             では、また・・・・・・

投稿者 inoue : 12:19 | コメント (1) | トラックバック

ツキを呼ぶ言葉とは・・・

こんばんは、院長の井上です。

今日は、診療・保険講習会 その後、東京からのインプラントの会社の方と
大事な会議を行いました。

今回の保険改正は、本当に大きな改正であり、患者さんにとっても ある意味負担の大きなものになると思います。

一般の方には理解できないかもしれませんが、保険医療制度が かえって
医療を悪くしているのが実態だと思います。
私が医療について大切な人に相談されたら、本当に 健康に大切だと価値をもてるなら、投資をすべきとアドバイスするでしょう。

このことをどう受け止めるかは、皆さんの判断にお任せします。

さて、ツキを呼ぶ言葉・・・
ある方が私に雑誌のコピーとCDを送ってきてくれました。
そこには、ツキの呼ぶ言葉として、有難うと感謝が書かれていました。
どんな時でもこの言葉を使うことが、ツキを呼ぶそうです。

言霊というように、言葉の持つ力はもの凄く大きいと私は思います。

厳しい時代に大変と捉えるか、チャンスと捉えて取り組むかも同じです。

常にプラスの言葉、思考がツキを呼ぶ、良い運勢すらも引き寄せます。

ですから私は、大変とか、困ったとか・・・言葉は使わないようにしています。

同じ生きていくのなら、ツキや良い運勢を呼ぶような言葉や思考を持つようにしては如何でしょうか(^^)

簡単そうで、多くの方が出来ていませんよ・・・

投稿者 inoue : 00:18 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月04日

手書きチラシ・・・

おはようございます、院長の井上です。

今日は、ご紹介です。

出村邦彦さんの『手書きチラシを知ってる!』の事例集が全国の書店で
4月17日販売されます。

この中には、いのうえ歯科医院の事例も報告されています。

現在、HPや病院でのニュースレターも出村さんのセミナーに参加して
始まりました。

今では、患者さんが「先月のももらえますか?」
            と言われるくらい定着しています。

   それって、すっごく嬉しいことですよね(^^)

このブログを見てくださっている、歯医者さん、お店をしている方・・・
いくら高額な広告やチラシをしても 反応があると限りません。

      これって、私の体験でもあります。

 ぜひ、この事例集を参考にしてください。4月17日発売です。

   いのうえ歯科医院の秘密も出ているので・・・

 そこで出村さんから・・・

 4月11日から13日まで、アマゾンに予約してください。
ご予約したフォームをメールで info@kiduki.comまでお送りいただいた方に、6か月分のサンキューレター 毎月の挨拶状に使える、絵はがきの線画をプレゼントいたします。

   実は、私は出村さんのメルマガも登録して、読んでいます。
 分かりやすく、すごく実践的です。どうか、皆さんもすぐに登録を・・・
          http://www.kiduki.com/prof.html   

       さらに詳しくは、こちらをご覧くださいね。

手書きチラシ.doc

        では、今日も一日頑張りましょう。

  今日は、東京からお客様が来て、病院の増改築のMeetingです。

投稿者 inoue : 08:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月03日

My Bithday NO2・・・

   今、スタッフからクラッカーの鳴り響く音とともに
  
    『先生、おめでとうございます』の言葉・・・・

  だんだん年をとると、感動も大きくなるように思います。

DSC00364.JPG

 スタッフからのBithday ケーキ


DSC00370.JPG

 寄せ書きです秊

今年は、病院を増改築します。
インプラント手術を2室・完全個室クリーニングルーム室・完全個室一般診療室など、さらに
ヨーロッパの最新消器械や消毒室も完備した、最新の病院にします。
殆ど外観以外は、完全リニューアルです。

患者さんも、スタッフも心から喜んでくれる、
      そんな病院を共に目指そうと決意しました。

人と人とが手を握りしめ、共に夢に向かえば、
      達成できない夢はないと信じています。

        みんな、本当に有難う。

     感動を、ブログをお読みの皆さんにも・・・

 

投稿者 inoue : 21:16 | コメント (0) | トラックバック

My Birthday・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日は、私の43歳の誕生日です。

みなさんに、ご紹介したいものがあります。

DSC00344.JPG

 それは、東京からクール宅急便で届いた、生花のフラワーアレンジ

DSC00359.JPG

  長崎から届いた、抱きかかえるくらいの大きな栗饅頭

 本当に感動するようなものが、日本には沢山あるんですね。感謝です。

 それと、母から母子手帳と臍(へそ)の緒を渡されました。
実は、以前から母に私の生まれた時間を正確に教えて欲しいとお願いを
していましたので・・・
 43歳になって初めて自分の母子手帳と臍の尾を見ましたが、
とても、神秘的な不思議な感動を持ちました。

 43年前の私の原点ですから・・・・。

そう考えると生んでくれた母と父には、感謝の気持ちでいっぱいです。

  何故、私がそのような感謝の気持ちを持てるのか、当然のことですが
 そこには、秘密があります。それを、今日はお伝えしますね。

  皆さんは、死から自分の人生を振り返り考えたことがありますか?

 実は、2日間一歩も外出せず、徹底的に、自分に関係する人について、
今の自分がどのような思いで接していくと、自分が死ぬときに相手に感謝され<出逢えてよかった>と感じてくれるかを 考えました。

             真剣にですよ!

 考えるときは、紙に手書きで一人一人への思いを含め書くんです。
そうすると、相手に対し嫌な気持ちでなく、感謝の気持ちが湧き出てきますよ。もしかしたら、涙も出てきますよ・・・。 

 誰も死ぬときに自分の周りから憎まれたり、恨まれたりしたくないでしょ。

  目標や夢を持つことも大切ですが、死から一度人生を振り返ると 
 きっと、充実した人間関係、生き方ができますよ。
  
 私は、歯科の勉強、マネジメント、人間学・・・得た収入の殆どを
 惜しむことなく投資をしています。休むことなくです。

   何故か、たった一度の人生を悔いなく生きたいからです。

 明日が健康で、明日が今日の延長だと考えているのなら、それは
 どうでしょうか。一度、大病や事故・・・体験した人には理解して
 もらえると思います。

    最後に悔いない人生は何かを・・・

  死から振り返り、いいですか、真剣に考えてください。

   

投稿者 inoue : 18:15 | コメント (3) | トラックバック

2006年04月02日

新たな一歩・・・

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、ニューヨーク大学同窓会立ち上げのMeetingで
東京へ行ってきました。

東京タワーの凄く近くのうかい亭というお店で会議を行いました。

あまりにも東京タワーが綺麗なので、写真を撮りました。

DSC00332.JPG


今日、帯広へ戻りました。

東京は、桜が満開で最高の時期ですが、十勝平野を飛行機から見ますと、まだ沢山雪があります。気温差も15度ですから、物凄い寒暖の差ですね。

さて昨夜のMeetingですが、今後のニューヨーク大学卒業生と最新の情報交換や、症例発表、ニューヨークでの卒業生だけの特別な勉強会などを中心に活動していくことを 概略決めました。

どうしても地域密着型の医療基準になりすぎて、国際感覚を失いがちです。
そういった意味でも、たとえ地域密着型であっても、ニューヨーク大学卒業生には、最新のインプラント知識・技術を持って、実践の場が地域という貢献をして欲しいと考えます。

充実したMeetigができましたので、リーダーとしてほっとしています。

このような会議も 普段の仕事も 人間関係においても、
相手にとってのベネフィット(それが相手にとって、どういう意味があるのか)を考えることが、大切と思います。

 明日は、私の誕生日です。43歳になります。
最近、自分の年も・・・???
 70歳でも80歳過ぎても、すぐに年を言える人は、
結構、それだけでも凄いと感じることがあります(^^)

投稿者 inoue : 16:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月01日

知識と技術の重要性・・・・

おはようございます。院長の井上です。

今朝は、天気が良いですね。

HPのスマイルNewsも更新されました、是非、ご覧下さいね秊

 私は、スタッフにとにかく勉強してまずは
       きちんとした知識を持ちましょうと言います。

         それから、実践できる技術です。

 そうすると、自然に患者様からも感謝をされ、人間的にも成長します。
いきなり、人間的成長を期待しても、
         感謝されない自分にやる気はできませんから。

 最後は、『喜びの言葉や感謝の言葉のシャワー』を沢山浴びられるようになれば
 それは物凄く充実した人生でないでしょうか。

 私は、事故の体験があります。人間、生きるか死ぬかの時は、
       治してくれるかどうかが大切です。
多くのアンケートの結果からも患者様の真理は、同じようです。

しかし、現実には知識も技術も高める努力が、
        医療の現場でどれくらい行われているのでしょうか。

いや、その事実を本当に理解している人が・・・

何故か?

習慣化された生活環境にそのような意識を持つことは、不可能です。

皆さんも、目標が実現できないのは、習慣化した生活環境を変化させられないからですよね。

ですから、私は、繰り返しスタッフには知識と技術そして人間性の重要性を話します。

 自分で、自分の心の中でその事に気付き習慣を変えれば、想像もできないような素晴らしい感謝される仕事ができるようになるのですから。

 毎日言い続ける習慣化、これが大切です。

投稿者 inoue : 09:13 | コメント (2) | トラックバック

2006年03月31日

素直な心になるために・・・

こんにちは、院長の井上です。

 今日は、85歳でインプラント上下顎16本、しかも骨移植しての手術を受けられた患者様の治療が完成しました。
この方は、農業機械を開発するなど、ある意味゛匠゛の方です。
インプラントの形態にもとても拘りがあり、形態一つ一つをその場で直しながら、本日完成しました。

 この患者様から学んだこと・・・
 ●患者様の希望の中には、まさに聞くことで
            良い方向に向かうこともある事実。
 ●いくつになっても気持ち一つで、今が青春であるという生き方。

 そこで、私が最近読んだ松下幸之助の本
    「素直な心になるために」から

 ☆素直な心を養うための10項目の実践内容☆

1、素直な心になりたいという強い願いを持ち続ける。
2、自分自身を客観的に観察し、正すべきは正す。
3、日々、自分の行いを反省し、改めるべきは改める。
4、素直な心になるということを、絶えず口に出して唱える。
5、自然と親しみ、大自然の素直な働きに学ぶ。
6、先人の尊い教えに触れ、それを学び、帰依する。
7、素直な心を養うということ自体を常識にする。
8、素直な心になることを忘れない工夫を凝らす。
9、各々の素直な心の実践体験の内容を発表し、研究し合う。
10、素直な心を養う仲間同士で協力し合う。

今日は、母から贈られた『無我』という字を 木に彫刻された額を
院長室に掛けました。

 我を捨て、無心で、素直な心で、毎日過ごすような心を養いたいと
思いました。

 最後に今日、スーパーデンチャーの患者様が完成しました。
奥様と本当に喜んでくださり、私も胸が熱くなりました。
 少しでも多くの患者様と喜びを分かち合えたなら、すごく幸せです。

明日は、NY大学会議で東京へ行きます。

投稿者 inoue : 16:12 | コメント (1) | トラックバック

2006年03月30日

今日の治療から・・・ 今日の入れ歯の患者様・・・

こんばんは、院長の井上です。

やー雪には参りましたね。今日の患者様は、みんなすごく疲れていました。
 シャーベット状の除雪は、本当に大変です。

さて、今日は診療のことを書きますね。

 今日のスーパーデンチャー・システム(詳しくは、HPのPDFをお読み下さい)の患者様、すごく難しい治療でした。
 今まで、かなり入れ歯に苦労されていたようで、噛み合わせがすごく不安定になっています。
 合わない入れ歯を長く入れていますと、このような状態になることがあります。
 しかし、奥様が付き添いで来られ、涙ながらにお願いしたいと言われました。
  本当に苦労されている患者さんは、沢山いるんですよね。
 
 もっと早くにきちんとした・・・・しかし、これは、患者様の責任だけでありません。

 私の小冊子の一冊が書きあがり、4月中旬には完成です。もう、一冊も
4月中旬の完成を目指しています。

 この中に歯科医院の見分け方と健康の大切さが、書かれています。
他のどこにも書いていない 極秘の内容までを思いっきり盛り込んでいます。

 今日の患者様のように苦労しないためにも、HPやブログにも紹介しますので、興味のある方は是非読んでください。

 明日は、完成です。必ず今までの苦労を、涙を 笑顔に変えてあげたいと思います。

 結果は、明日 報告しますね。

投稿者 inoue : 23:11 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月29日

昨夜の銀座でのMeetingから・・・

こんにちは、院長の井上です。
今朝、東京から戻りました。 帯広は雪がすごく、帯広空港上空で1時間も
天候待ちをしました。
無事に帰ることができ、ホッとしています(^^)

さて、昨夜は、有名なビジネスの成功された方が ロサンゼルスから来て、私たち仲間とのパーティーと,最新の情報についてお話がありました。

実際にお会いするのは初めてでしたが、やはり凄いの一言ですね。
目の力が違います。せっかくの機会なので、私も直接質問をさせていただきました。

そこでまた凄いの一言ですね。

私の質問に・・・。
「ところで、Partrikさんは、あなたなら・・・・」と逆に質問されました。
(私はNYの名前がPartickと言います。NY大学へ一人で通ったとき、副学長のKenが、今日は、Patrick Day だよ。君の名前をNYでは、Patrickに名付けましょうということで、それからNY大学関係者はすべて私をPatrickと呼びます)

物事を考えるとき、自分はどうして・・・、自分なら・・・など自分に置き換えて考えると 答えが明確になるということです、凄いでしょ。
(他人に聞くのも良いですが、本音ではないこともありますから)

私の頭の霧が一瞬にして消えました。

その後の最新の情報も凄くて、昨夜は、頭の中が〔どうしたらこの情報を自分に活用できるか〕と 考えたくなくても頭の中によみがえり、殆ど寝ることができませんでした。

この興奮が、世界の最新情報の凄さなんでしょうね。

人間的な魅力のある人に会うと、本当に自分の人生が変わります。

皆さんも、憧れている人がいるなら、どこまでも行ってその人に会うべきですよ。

 きっと人生を変えてくれますから・・・。

投稿者 inoue : 13:10 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月28日

愛とは、優しさとは・・・

おはようございます。院長の井上です。
今、長崎空港です。
空港まで長崎大学の先生に送っていただきました。
車中、すっごくいい話をしたので、みなさんにもお伝えしたく書きます。

それは、愛が大切だよねということでした。
誤解しないでくださいね。特に日本では、すぐに誤解しますから・・・

人は知らない間に 人をもの凄く傷つけているのでないでしょうか。
特に頑張りすぎると、人にエゴになることがあります。
どんな時でも、人に愛を持って接することが大切ですよねという話を
してきました。

そうですよね、愛を持って生きていれば、接していれば、
言葉のかけ方、物のわたし方、お願いの仕方・・・・
すべてに出てきますよね。

多くの人に愛を持って接して生きていくこと、是非、心がけたいものです。

人は、自分の心の鏡が 相手の現象、そして作用反作用の関係です。

 すなわち、自分が相手に思う気持ちが 相手の対応としてでますし、
 その時、相手が受けた気持と同じ気持ちが 自分にも返ってきます。
 
 自分がいやな思いをした場合は・・・どう自分に言い聞かすか・・・
そうですよね。その場合は、相手が気づいていないと、相手を受け止め、認めてあげることです。そうすることで、相手も気づくのです。 

 是非、全ての人が幸せになれるそんな生き方を、まずは一人一人がすることに 素晴らしい世界・社会・組織・人間関係を作るのでないでしょうか。

長崎大学の先生との車の中で、真剣にこのような話をして来ました。

どこの世界でも人間関係が大切なんですね。

自分が人を知らない間に人を傷つけることがないように、常に自分と接する人の気持ちを捉え、共に価値観を共有し、幸せになれるように、意識を持ち続けたいと思いました。

 そして最後に長崎大学の先生と「愛に満ちた、そんな医療が理想ですね」と、 男同士 熱く語り合いました(^^)

投稿者 inoue : 10:10 | コメント (2) | トラックバック

2006年03月27日

こだわりと長崎大学???・・・

こんばんは、院長の井上です。

今、長崎にいます。無事に長崎大学での講演を終えることが出来ました。
このような機会を与えていただき、井口教授、関根先生には感謝しています。

さて、以前から長崎に行った時には、マツヤ万年筆病院へ行きたいと思っていました。
ここのお店の万年筆の拘りは、日本でも一番でないかと思います。
実際、お店でお話を聞きますと、その拘りには感動しました。
一本、一本の万年筆を私の癖や好みに合わせて調整してくれるのですが、
つめ先を使いほんの少しの調整でまったく、書き味が変わります。
まさに、これこそが「たくみの世界」だと思いました。

ここで講演記念に、ペリカンの万年筆をプレゼントしていただきましたが、
万年筆とともに、ご主人が、「この私が調整した万年筆は、どんな高価ものにも負けない最高のの書き味に調整しましたよ」と自信を持って言われたときは 感動でした。

やはり、どんな仕事もここまで卓越すると、感謝から感動になると身を持って感じました。

お店は、http://www.jyomon.com/shop/matuya/matuya.htmです。

是非、万年筆が好きなら 一度行かれるとよいと思います。

明日は、東京です。明日の夜は、また・・・・明日の晩にご報告しますね。

投稿者 inoue : 22:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月26日

結婚式・・・

こんにちは、院長の井上です。

今、羽田空港のラウンジでブログを書いています。

先程まで結婚式でした。今朝のブログに、私の大変お世話になった方と
書いたと思いますが、
彼女は、ナポレオン・ヒルを私にご紹介してくれた方です。
ナポレオン・ヒルといえば世界最高峰の成功哲学で有名です。

 彼女には、その後もブライアントレーシー・ロバートシュラー・・・・
多くのプログラムを、その時の私の状況と能力に応じてご紹介をしていただきました。

 今、すごく有名なジェームス・スキナーの会社を初期に立ち上げ、現在の基礎も作り上げた、ものすごいパワーの女性です。

 結婚式の同じテーブルには、ジェームス・スキナーやジェームスのお兄様、現在、社長の私の友人と私は思っていますが(^^)稲葉さん、周りには、もの凄いエネルギーの方がいました。

 彼女は、2年前に世界旅行へ行く前に、素敵な友人を数名、私にご紹介をしてくれました。一人は、SSIで現在能力開発の中心的なポジションの久家さんと 先程書いたジェームス事務所社長の稲葉さんです。

 今日は、お二人とも話ができ、さらに元気が出ました。

 本当に彼女との出会いがなければ、
    今の私の人生は変わっていたかもしれません。

 今日も、結婚式で素晴らしい出会いがありました。

 彼女を通じて多くの素晴らしい方と知り会え、とても幸せな気持ちです。

 今日は、これから長崎へ行きます。
     ここでも、また素敵な出会いがあると思います。

 本当に毎日が楽しいですよ。さー明日の講演頑張らなくては・・・・

投稿者 inoue : 15:08 | コメント (1) | トラックバック

情熱・・・・

おはようございます。院長の井上です。

情熱は、年齢でないと感じました。

昨日東京で、総入れ歯で日本一有名な深水先生と午前3時まで
品川の喫茶店でお話をしていました。
 
7時からですから・・・・それでも尽きなくて

深水先生は確か60歳ですが、情熱はものすごいものがあります。
恐らく、朝までお話をしていても平気だったと思いますよ。

話は、歯科治療の考え方、総入れ歯の考え方など多義にわたり話しました。

サムエル・ウルマンの青春という詩の中にも、「人生希望に満ちていれば
80歳であっても青春であり、20歳であっても希望を持たなければ、
決して青春とは限らない」と書かれています。

まさに、深水先生は青春だと感じました。

年齢の差を超えて価値観を共有し、さらなる成長のために私に情熱を持って
お会いしてくださった先生には、心から感謝します。

今日は、これから青山で結婚式。この方にもすごく人生のアドバイスをいただきました。その後は、長崎大学講演のために、長崎へ移動です。

情熱をもって、いつまでも青春でいられるように、
             今日も全力で前に、前に進みます。

   皆さんは、今、青春をしていますか・・・・・

投稿者 inoue : 10:07 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月24日

出村さんを知っていますか・・・

こんばんは、院長の井上です。

皆さん、出村邦彦さんを知っていますか?

汚いチラシ作りですっごく有名な方です。

今日、お電話がきまして、「井上さんの以前の新聞記事を本に掲載していいでしょうか」というお話でした。
 当然、喜んで・・・・!(出村さんのセミナーでのことを実践したら、取材を受けました)

昨年、出村さんと妹尾さんとの2泊3日の合宿に参加しました。

そこでは、チラシやニュースレターの書き方、筆字での葉書の書き方・・・
ものすごく親切に指導していただきました。(合宿は楽しいよね)

そう、何だか習わなくても出来そうに思いませんか???

 実は、このセミナーに参加したのとしないのとでは、今のいのうえ歯科は
かなり違ったと思います。
 
  決して、売込みをしているのでありませんよ。

 今日、お電話で声を聞いたら、ものすごく元気が出てきました。

やっぱり、活躍している出村さんは違うと思いましたよ。

 是非、このブログを読んでいる200名以上の方(アクセス解析では・・)参加してみてください。

 HP:http://www.kiduki.com/prof.html です。

私は、明日から水曜日まで東京、長崎、東京、帯広です。

 また、出先から報告させていただきますね。

投稿者 inoue : 19:06 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月23日

歴史の凄さとは・・・

こんばんは、院長の井上です。

 最近は、運命鑑定士の免許を取得したので、さらに師範の勉強をしていま す。
 運命鑑定士の勉強には、九星気学・宿曜占星術、姓名判断、四柱推命
 姓名判断、手相判断などの基本を学び、さらに深く学ぶのが師範としての
 勉強になります。

 このような勉強をしていますと、歴史の凄さを感じます。
 それは、数百年も前のこのような考えが、現代においても応用できる
 その凄さです。

 時代も歴史とともに繰り返すと言います。
 時代は、大雑把に15年周期、もう少し正確には17.5年周期と言われ ています。
 このような、歴史的な背景から現在をどのように推測するかによっても、
 未来を予測できます。

 いずれも、歴史の凄さを認め、それを現在にどのように生かすかです。

 しかし、歴史的な凄さと共に、現在の情報も冷静に捉える
 バランスも忘れていけません。

 今日は、私の色々な学習から歴史から学ぶ価値と現在にそれをどう生か 
 すかについて、書かさせていただきました。

 私は、自分自身が動くとき、決断するときは、そのような総合的な判断を するようにしています。

 本当に学ぶことは沢山ありますよね。やはり、判断を間違わないためにも
 幅広い多くの学習を柔軟にすることが大切です。

投稿者 inoue : 18:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月22日

インプラント治療を通じて・・・・

今晩は、院長の井上です。

 今週は、9名のインプラント手術をしました。
 年間400本以上のインプラント手術をしますが、
 やはり、全ての患者さんに神経をものすごく使います。

 インプラント手術を仮に1000本して、1本の失敗でも
 1本の手術の患者さんが、その1本だとすれば100パーセント
 の失敗になります。

 それだけに、最新の解析と手術環境、スタッフの力との
 総合力が必要です。いや、不可欠です。
 
 時々思うのですが、私が患者さんなら
 「先生のインプラント経験と本数、最近いつごろ手術されましたか」
 それくらいの質問はしますよね。

 明らかにその先生の経歴や状況を知っているのなら、聞く必要もないと
 思いますが・・・

 時々思いますが、自分の健康も無関心な取り組みだと感じます。
 お医者さんも、歯科医者さんも特別な時代は、終わりました。
 いや、全ての職業でそうだと思います。

 質問することが大切です。遠慮せず、病院では何でも聞いてください。
 患者さんの質問にも、誠意を持って、分かりやすく説明もできないのでは
 プロと言えないと思います。

 特にインプラント治療は、あとでやり直しができません。
    ですから、慎重に対応して下さい。

    歯科医療のかかり方と本質については、
 4月中旬には小冊子2冊でお伝えしたいと思います。
 
 小冊子については、HPとブログで出来ましたらお伝えします。
 恐らく、日本の初の患者さんの立場で書いてある、
 本当に分かりやすいものです。
 全国の人に読んでもらえるような、かなり完成度が高いものです。

      どうか楽しみにしていて下さいね。

投稿者 inoue : 18:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月21日

Think globally /Act locally とは・・・

皆さん、こんばんは。院長の井上です。

 昨夜は、風が強く寝ていましても、どうなるかと思いました。
今日は、日本の野球チームが世界一になり、少し興奮しました。
昔は野球と言えばアメリカでしたが、時代が大きく変わってきたと
いうことでしょうか。

 今日は、Think globally /Act locally について書きますね。
この言葉は、1953年頃にドラッカー博士が言った言葉です。
 「情報や思考は、世界から、行動・実践は地域すなわち、
         別な言い方をすれば足元から」という意味です。

私は、この言葉を聞いて次のように感じました。

 今、患者さんは、世界中から情報を獲得できる時代になりました。
そういう時代だからこそ、私たち歯科医は、世界からの情報を吸収し、
世界水準で、患者さんに何ができるかを、地域・自分の病院で実践、貢献することが大切だということです。

 しかし、日常の生活の中でこのような考えに気付くことは、不可能に近いかも知れません。

 すなわち、いくら本やオーディオ・プログラムで学んだとしても、
真の意味で気付き、行動に移すことは難しいのでないでしょうか。

 私は、ドラッカー塾やNYU関係者など多くの世界という視野で考え、行動している方とお会いしますが、そのような人からのメッセージは、自分の意識を変え、大きな壁さえも乗り越えさせてくれます。

 本当に最近は、人との出会いに心から感謝をしています。

 Think globally /Act locally  まずは、帯広で歯科医院をしていても
この考え方を忘れることなく、スタッフと共に前進したく思います。

 どうか、素晴らしい出会いで、人生を変えてみてください。

投稿者 inoue : 19:04 | コメント (0) | トラックバック

親友とは・・・

こんばんは、院長の井上です。

今日は、学生時代の親友が家族とスタッフと共に
熊本から来てくれました。

親友とは、大学の6年間、大学院の4年間と青春を共に
過ごしました。

今、このように帯広まで見学に来てくれたことは、
とても嬉しいことです。
お互いに北と南で離れていますが、見学を通じて
スタッフ間でも刺激を与え合い、成長できることは、
素晴らしいことだと感じます。

7年ぶりに会い、親友とは素晴らしいものだと心から思いました。

皆さんにとって親友は何人いますか???

皆さんも親友に久しぶりに会ってみては、いかかでしょうか。

きっと、青春をほんのひと時かもしれませんが、取り戻せる
素敵な時間になると思いますよ・・・

そして、心をゆるしあい、心底大笑いできるよなそんな話をしてみては
如何でしょうか。

あーこんなに心からリラックスして大笑いしたのは久々・・・
そんな気持ちになりますよ。

では、おやすみなさい。

投稿者 inoue : 00:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月19日

私の頭の整理法・・・・

おはようございます。院長の井上です。

昨夜は、午前2時まで原稿を書いていました。
現在は、6時半ですが、東京は少し雨が降っています。

さて、ブログを読んでいただいている方は、お分かりでしょうが
本当に毎週末、東京や時には大阪へ行っています。
6月には、ニューヨーク大学インプラントコース第三期が始まりますので、
私もニューヨーク大学へリーダーとして行きます。

そこで、よく聞かれるのですが、先生はそんなに動いていて、

1、忙しく感じないのですか?
2、疲れないのですか?
3、頭をどのように整理しているのですか?

と聞かれます(^^)。実は、数日前もあまりにも多くのことを
しているので、よく分からないと言われました。

そこで、大きな紙に脳の絵を中心に書き、放射状に今、考えていること
それぞれがどのように連動しているか、
どのように発展させていこうとしているのか
その結果、何が成果として得られるのかを、囲んだり、色分けして
地図の形にしました。

すごく、自分の脳の中が鮮明化されますし、相手にも伝わり
素晴らしい方法と思います。

皆さんも、やってみてはいかがでしょうか。

問題は、問題と思うから問題だし、解決方法を知らないから悩むんですよね。
必ず解決する方法があります。
基本的に解決できないときは、解決できないパターンにはまり込んでいます。
そんな時は、頭の中の問題を地図にして書きだし、もう一度冷静に考えるとよいですよ。

では、シャワーでも浴びて、仕事して、セミナーに参加し、帰ります。
帰ったら、日曜日ですが、夜は、熊本の病院の先生やスタッフとお食事、勉強会、すごく楽しみです。実は、熊本の先生は、私の大親友です(^^)

投稿者 inoue : 07:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月18日

患者さんの求める歯科医院とは・・・

こんばんは、院長の井上です。今日は、東京です。

今日は、大学院の卒業式でした。今、戻りました。
私は、経営学博士(D.B.A)の研究として、歯科医院の組織学特性について
カナダの経済学者H.ミンツバーグの研究との比較検討を行い論文として   まとめました。
論文は、70ページになりました。
論文製作にあたり、全国80件の歯科医院にアンケート調査も行いました。
個人的にこれだけたくさんのアンケート調査でき、90%以上の回答をしていただいた、ニューヨーク大学やセミナー関係の仲間には、心から感謝しています。

この研究は、理想的な歯科医院についての研究です。
この研究を基礎に、さらにドラッカーのマネジメントを学ぶことで
物凄く自分自身の成長になっていると思います。
いずれこれらにさらにマーケッティング理論を含め、まとめたいと
考えています。

さて、今日は、全国の歯科医師の先生とMeetingを行いました。
テーマは「患者さんの求める歯科医院とは・・・」について、
色々な手法を使い 検討しました。

一人20項目をカードに書き出し、それをテーマ別に分類し、まとめ
話し合い、患者さんの求める歯科医院について答えを出します。

すごく勉強になりました。
答えに関して、さらにスタッフと検討したいと考えます。

今日の学びで大切なことは、常に患者さんのことを考えることは、医療人として持つべき大事な思考だということです。

今日も、朝から勉強、お昼は、コーヒーショップでホットドック
・・・・まともな食事も無く、Meetingと卒業式に出ていました☆☆

明日は、午前中セミナーに参加し、午後帯広へ戻ります。
明日は、熊本から先生とスタッフが来ます。
夕方は、病院で私から何かをお伝えできたらと思っています。

毎日このような生活です。今日は、これから小冊子の原稿を書きます。
きっと、今まで日本中どこにもない小冊子なると確信しています。
楽しみにしていて下さい。

さー今晩も2時頃でしょうか。では、これから頑張ります。

投稿者 inoue : 22:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月17日

成果とは・・・

こんばんは、院長の井上です。

今日は、東京です。ドラッカー塾トップマネジメントコース受講です。
ドラッカーに関しては、ただ凄いにつきます。

ドラッカー第4の質問に「成果とは・・・」という問いがあります。

いのうえ歯科医院では、われわれの使命や患者さんにとっての価値、
求めているものなど病院全体で取り組んできました。

今度は、それらについての成果指標を持たなければなりません。

成果とは、病院と患者さんにとって共通であることが重要です。
よく売り上げいくら・・・このことは、患者さんには、価値を示せない
ことですよね。ですから、共通の価値の中で定数的、定量的なもので
考えなくてなりません。

とても大切なことですので、スタッフには2週間での課題にしています。
(一度、考えたのですが、もう少し深く考えることにしました。)

本当に学ぶことで大きな気づきを得ます。

学べば、学ぶほど、未熟な自分に気がつきます。

十勝、帯広に少しでも充実した病院を作りたい。そんな思いで必死に
取り組んでいますが、まだまだ話になりません。

しかし、諦めるわけにいきません。

粘り強く、少しでも前に前にスタッフと共に進もうと思います。

今、品川駅のスタンドでカレーを食べて、ホテルでブログを書いています。
これから、今晩は、まだまだ多くの課題がありますので、
真剣に取り組みたいと思います。

必ず、多くの人と喜びを分かち合える病院にしたいと思います。
どうか、見守っていてください。

投稿者 inoue : 19:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月16日

本気か・・・・

おはようございます。院長の井上です。

今日は、これから東京です。

今日の朝のミィーティングから・・・

君達は、本気で仕事に取り組んでいるか!

  すごく大切なことです。

毎日のミーティングで、私がスタッフに望んでいること、
期待していることは、患者様のために本気になろうということです。

私が今から15年ほど前にある先生からセミナーで

「君達は本気で医者として恥ずかしくない真剣な取り組みをしてるのか。 患者様のために泣けるような本気の仕事をしているか」と言われました。

大学を卒業し、少しでも早く大学院で博士号を取得したいと必死に生きてきた私には、ある意味、歯科医師として真の気付きを与えられた時でした。

    今もその言葉を忘れません。

その先生は、本当に素晴らしいと今も尊敬しています。

その先生の名前は、藤本順平といいます。

今年は、アメリカの学会で30年間経過観症例の講演をされたそうです。
 
 時代は変化しても、本気で取り組んでいる人には、世界も確実に高く評価するのだと感じました。

 今日の朝のミィーティングでは、本気の意味と価値を伝えました。

私が、衝撃を受けた本気の意味と価値が、
     スタッフにいつの日か伝わることを願って・・・・

 

投稿者 inoue : 11:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月15日

歯科医療の真実とは・・・・

皆さん、こんにちは! 院長の井上です。

 今日は、今月の27日長崎大学で行う講演準備と
 明日からのドラッカー塾の課題を行いました。
 
 長崎大学では、歯科医師としての使命とインプラント治療をテーマに
 講演をしてきたいと思います。
 また、ドラッカー塾は6回目ですが、
 今回は「第五の質問、我々の計画は何か?」について学びます。
 明日から月曜日まで東京ですが、成果ある時間を過ごしたく思います。
 
 歯科医療の真実とは・・多くの人は医療の真実を知りません。
 今日、スーパーデンチャーの患者様からもっと早くにこの治療を
 知っていたなら・・・(実は、よく言われます)

 私は、別に宣伝をしたく書いているのでありません。

 医療の真実を知らない責任は、歯科医師にも患者様にもあると考えます。
 
 私は、今 小冊子を2冊製作しています。

 医療の真実を明確にして、
 患者様に伝えたいと心から思うからです。
 全国どこをさがしても、この小冊子ほど医療の真実を
 はっきり書いてあるものはないと思っています。
 4月までには、完成する予定です。

 医療の真実を知りたいと心から思う人は、楽しみにしていて下さい。

 もし、自分が「もっと早くこんな治療があったのなら・・・。」
  こんな思いをしたら、悔しいですよね。

 小冊子ができる前に、このような思いをしないために
 一つだけ質問の方法をお教えします。

 「どれくらいの人数の患者様が、この治療で喜ばれていますか」
 
 私が言いたいのは、患者様がしっかりした質問もできないようでは、
 患者様が望んでいる医療など受けられる訳がありません。

  是非、自分の健康は自分の質問力で獲得してください。
  
   もう、依存型の医療を受ける時代は終わりました。

投稿者 inoue : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

素敵な笑顔で★ スタッフ 北谷

 朝晩の冷え込みは多少ありますが
 最近はめっきり暖かくなり春が近づいてきています。


 4月もすぐです。
 4月は入学や新天地での生活と
 新しい気持ちでスタートしたいものです。


 そんな方々をサポートしようと
 3月から漂白を始めました。
 もちろんそれ以外の方にも!


 近日中に新聞や旬(しゅん)でもお伝えします。
 興味の湧いた方、
 ぜひ一度いらしてください!!

 そして、白い歯の素敵な笑顔でスタート★

投稿者 inoue : 21:58 | コメント (0) | トラックバック

自分のペースで・・・

 こんにちは、院長の井上です。
今晩、スタッフがブログを書きますので、
 簡単に・・・・

 実は、今日ある試験に合格しました。
恐らく、全国で数百名以上の申し込みがあったと思います。
 ペーパー試験と小論文でしたが、何と合格の通知!!
このあと、試験合格者は、今年一杯かけて資格トレーニングを徹底的に
受けることになります。
 現時点で、申し込みを検討しています。
認定されましたら、詳しくご報告しますね。

 最近、患者様でもストレスを抱えている方が多くいます。
本当にストレスの時代ですよね。

 何故、ストレスになるのでしょうか。
恐らく、人との比較や 相手の決め付けた見方・・・・沢山あると思います。

 そこで、今までの最悪に辛かったことを考えてください。
 数ヵ月間、数年間 ずっと毎日の生活に影響を与えているほどのことは
 無いと思います。

そこで、今のストレス(悩み)は、未来の立場から見ればたいしたことがないと考えればよいと思います。
 少しは、楽になりますよ。

所詮、自分と他人は同じでは無いわけだし、何が正しいか、正しくないかも
相手の過去の教育や社会環境が作り上げたものだから・・・

 そう思えば、自分が一番楽なような、スーパー楽天思考が一番です。

  まー自分のペースで・・・
    苦しくなったら、そう考えてはいかがですか。

投稿者 inoue : 00:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月13日

意志決定の重要性とは・・・

 おはようございます。院長の井上です。

 今朝は、朝5時半の起きて、一便で東京から戻りました。
 昨夜は、素晴らしい体験をすることができました。

 自治医大の教授と会食をしながらお話をさせていただきましたが、
 大学の教授から、「これからは、お互いの強みを生かし、
 地域連携の医療を推進したい」とのお話でした。

 私の今までの考えでは、大学と開業医という文化の違いが
 難しい感じを受けていましたが、お互いの強みと弱みを明確にし
 患者様のために貢献・発展することは、素晴らしい時代と思います。

       ★今日は意思決定の重要性です★

 人が、成果を出すために一番大事なことは、使命です。
 使命に連動した、生き方が大切です。
 しかし、多くの人の場合、何故、その使命を持ったかという
 理由を より明確にする必要があります。

 明確にすることで、自分自身の意志がしっかりとぶれなくなります。
    すなわち、一貫性を持った、強い意志となるわけです。

 その時の環境・意見・・・に振り回されないということです。

 一つ事例をあげましょう。(これは、私の体験です)

 私も病院での仕事も大好きです。しかし、他にも歯科医療を通じた
 社会貢献ができるのではと 悩みに悩みます。

 自分で考えても同時に二つも出来る訳がないと・・・・
 
  そこで、大成功している外国の方に こんな質問をしてみました。。。


〜〜〜〜
  その時、彼は私に言いました

 『井上さん、それは同時にできますか』『難しいから悩んでいるんです』

 『井上さんは、本当にそのことをしたいのですか』『当然したいから、悩んでいます』

 『井上さん、それならやってください』『どう、やってですか』

 『両方同時にできることだけ、考えて書き出してください』

 『井上さんは、できない前提で悩んでいるではありませんか』

 『井上さんが、そのことをできたら、周りはどう見ますか』『すごいと思いますよ』

 『そうなれた時の感情(気持ちを)書き出してください』

 『必ずできます。そう、強い意思決定をすることです。周りの価値観でなく、

       あなたの意志がすべてです
〜〜〜


 本当に、無理なことを考えるのでなく、何ができるかを考えるべきなんですね。

  やられたと思いました。一日4時間で数千万も収入を上げ、社会に貢献する思考を痛感しました。 

   では、また・・・・

投稿者 inoue : 11:56 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月12日

習慣化とは・・・

 おはようございます。院長の井上です。

 今日は、宇都宮に来ています。インプラント勉強です。
 夕方、自治医大教授・医科歯科大学の先生と会食です。

  学び方として、日本の大学の考え方・海外の大学の考え方
 国内外の素晴らしい臨床医の考え方など、バランスよく学び
 十勝・帯広の方に客観的かつグローバルな思考での医療を提供することが
 とても、大切だと考えています。

  さて、スタッフのブログを読み、習慣化することが大切だと
 書いてありました。

         習慣化ーーー潜在意識にどう入れるか

  科学的には、習慣化するには21日間続けることと書かれています。
 すなわち、それくらい続けることが大切だということです。
  皆さんも、日記をつけたり、ダイエット挑戦したことあると思いますが、

          21日間いかがでしたか?????


         ☆それと、ここが重要なポイントです☆

  習慣化、潜在能力に入れるには、繰り返し反復トレーニングすることです。

  自動車の運転を意識してしていますか。いつもまにか、無意識にハンドルを
 操作していますよね。

         繰り返し反復トレーニング、ここがポイント!
  
  誰でも話を聞くと、気付きはあります。しかし、反復トレーニングしていないから
 すぐに、いつもの自分になってしまうんですね。
   
       そこで、3月10日のブログ読んでみてください。

       聞くことで、どれだけ身につくと書いてありましたか?

   
             今日は、ここまでにします。 

    このブログを通じて、今まで多く学んできた私の思考を分かち合え
          お役に立てましたら、光栄と感じています(^^)

投稿者 inoue : 11:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月11日

いのうえ歯科医院 スタッフ 北谷です。

今日の帯広は肌寒い曇天です。

 帯広ではまだまだ風邪も流行っているみたいですので、
 皆さんも気をつけてくださいね。

 院長から考え方や情報の発信がありますが
 ご覧になっていかがでしたでしょうか?

 私が今日院長から教わったことは、
 ひとつの事をするにも、
 固定された視野・考えで見てしまうことが普通であるが
 目線を変え、新しいものに気づくことで
 さらなる成長があるということです。

 そして、それを習慣化させてこそ
 意味があるというものでした。

 院長は日々勉強をし私たちスタッフに
 考え方の切り口を伝えてくれます。
 教わることで終わらずに
 自分の財産にしていければと思います。


 コメントをくださった皆さん
 ありがとうございます。

 皆さんのお声を聞かせていただけることで
 皆さんに届いていることが実感されます。
 また、お声を聞かせてくださると嬉しいです★ 

投稿者 inoue : 15:54 | コメント (1) | トラックバック

患者様の価値とは・・・

おはようございます。院長の井上です。

 今日は、午後から東京です。
 いつものように月曜日朝5時半起き、朝一便で
    帯広へ戻り、すぐに仕事します。

 一年中、このような生活をしています。

 ただ、国内は本当に楽ですよね。
 一時間半から2時間の飛行時間ですから・・・・。

  現在、ニューヨーク大学日本のリーダーをしているので、
 年間数回ニューヨークへも行きます。片道13時間です。
  また、昨年は、サンパウロの学会の際は、色々トラブルもあり
 約25時間かかりました。

 皆さんは、すごい疲れるだろうなと、読んで思いませんでしたか???

             『これも考え方一つです』

  こんな、自由な時間を持つことができと考えると、本当に充実した時間ですよ。

      『どこにいても時間というものは、同じだと考えることです』

  動きのとることのできない時間だからこそ、
 そこでしかできないことやれば、もう、最高の時間として価値を生みます。

       では、先生は、どう過ごしているのか。

 私は、ひたすら寝る(^^)、消音装置付きのBOSEのヘッドホンでプログラムCDを聞く
  (今は、MP3でCD100枚以上入りますから、知識貯金している銀行との移動ですね)
            ・・・すっごく充実ですよ!

 また、詳しくは、後日お話します。

 患者様の価値について・・・私たち医療人は、患者様の求めている価値を
 どれくらい、本気で考えているのでしょうか?
        これは、「ドラッカー第二の質問」です。

 このことは、、仕事をしていく上でとても大切なことです。
 多くの人は、自分の知識・技術・会社なら商品に惚れてしまい、
 患者様、お客様の求めている価値への提供がないように感じました。

 ドラッカーを学び、人生終わりの無い学ぶ世界を知った感じです。
 
  自分からの視点を一次元思考、反対からの視点を二次元思考・・
 これを、三次元、四次元思考をもつことで、相手の価値をよりとらえることでき、
 多くの気付きがるのでないでしょうか。

 私のスーパーデンチャー・システム、(詳しくはHP)もその思考から生まれました。
 今、インプラントもその思考から、新たなものが生まれます。(もう、実現可能です)
 他にも・・・・

 歯科医師という立場でなく、患者様の求めている価値という思考を持ったとき
 無限の可能性を秘めた、医療とうものが見えてきました。

 この思考法は、きっとどのような立場の方でもお役に立つと思いますよ。

 でじゃ、今日も達成感の得られる一日にしましょう。

投稿者 inoue : 08:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月10日

今日の朝のミィーティングから・・・

おはようございます、院長の井上です。
今日は、少し早めに・・・

いのうえ歯科では、毎朝ミィーティングを行います。
一日の患者さんの報告や連絡事項です。
その後に、私からスタッフへの情報発信を行います。

 今日は学ぶことの重要性とどんなに学んでも
結果はでないとう話をしました。

 え・・・何故なの、学んでいるのにと思わるでしょうね。

 本を読む(10%)、話を聴く(20%)、目で見る(30%)
 見聞きする(50%)議論する(70%)経験する(80%)
 教える(95%)  

 ここに、答えがあります。
 もう、気付かれた方もいるかもしれませんね(^^)

 スタッフには、毎日どの段階で自分が情報を吸収し
 学んできるのか、取り組んでいるか考えるように話をしました。

 自分がいくら情報を得て、学んだと思っても
 その学び方が本当に力になって、行動できるレベルかを
 知ることです。

 得た情報や学習したことを、人に話して初めて自分の
 力になり、行動につながるということです。
 
 ですから、スタッフには情報や学習したことを、全員、
 いや患者さんと共有するように伝えました。

 ちょっと考えてみてください。いかに、原則を知らずに過ごす時間の
 無駄を考えてみてください。
 一所懸命は、必ず身にならないこともあるんですよね。
 本を読むだけの満足、聴くだの満足、何%の学習効果でしたか???
 
 私も世界中の成功や思考のプログラム、セミナー、書籍・・・
 徹底的に取り組んできました。
 恐らく、皆さんが車や海外旅行、ショッピング、グルメに投資を
 した、何倍の投資をしてきたと思います。

 さらに、毎日、加速学習もします。速聴(3倍速)、速見(2倍、DVD)、
 速読、朝は、7時から夜は、午前2時近くまで・・・
 寝るときは、速聴しながらの睡眠。
 週末、東京へ移動中の時間、ホテル、
 月の情報教材7種類、セミナーへの参加・・・・
 こんな、生活をずっとしてきました。(好きだからしているんですけど)

 そこで、知ったのが、学ぶ原則です。
 原則を知らないと、学びも無駄になることもあります。

 一番は、学んだら伝えるが、一番の学習効果
 を高めることなんです。

 だから、いのうえ歯科のスタッフ
 患者さんと話すのが楽しんですよね。確実な成果を感じるから・・・
 患者さんも喜んでくれますしね!

 今日は、朝のミィーティングからの話と
 よく質問される
 「先生は、どんな生活しているんですか」について
 少しだけ、お答えしました。

投稿者 inoue : 12:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月09日

心の状態を満たす4つのエリアとは・・・

 皆さん、こんにちわ!院長の井上です。

 さて、私事の報告からしますね。
 私は、冗談(いや本気)で、占い師になろうかと話していましたが、
 今日、運命鑑定士の資格を取得しました(^^)

 実は、毎日夜中2時過ぎまで、ずっと講座の課題に取り組みました。
 もう、腕がちぎれるくらい、毎日・毎日・・・
 しかも、週末の東京のホテルや移動中も勉強と課題に
 取り組みました。

 指導してくださった先生から今日こんなお返事をいただきました。

 「本業でも幅広くご活躍なのに、経営博士まで取得とは
 驚きました。また、本当に井上さんのように正確な内容の課題を書き
 こんなに早く終了された方は初めてで驚くばかりです。」

 目標を持って頑張ることは、とても楽しいです。

  実は、次の目標も決まっています。これは、インプラント治療の
 最新の治療方法です。きっと、すっごく驚かれますよ!

  いのうえ歯科医院に来られている患者さんで、これからインプラント
 お考えの方は、ご相談を下さい。

 さて、本題です。

 心の状態を満たす4つのエリア???

   何だと思いますか!

■仕事・お金 ■人間関係 ■健康 ■精神・人格 の4つです。

 この4つのエリアを10段階で評価してみるとよいです。
 
     今の自分を評価し、バランスよいと
 心の状態も満たされた、充実した人生を過ごせるということです。

  皆さんも、時々自分自身を見つめなおし、バランスを保つように
 努力をされては如何でしょうか?
 

投稿者 inoue : 20:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月07日

成功曲線とは・・・

 今日は、天気がよく、本当に暖か気持ちが明るくなります。
こんな日は、外に出ると気持ちが良いのでしょね(^^)

 昨日は、「使命(ミッション)」の重要性について書きました。
成功を達成することは、本当に強い自分の意志が大切です。
 いいですか・・・重要なのは、「自分の意志」です。

 よく価値観だと考える人もいると思いますが、価値観は、すぐに
周りの環境や人の影響、社会通念によって変わってしまいます。

 ですから、成功を達成するするためには、
 1、意志 2、価値観 3、判断 4、決断 5、行動の順番が重要です。

では、目標達成は、努力に伴い直線的に達成できると思いがちですよね。
そう、考えてしまうので、多くの人が挫折するんです。
 地道な努力の結果として、あるとき加速的な成功曲線を描きます。

 私も使命を達成するために、この原則をスタッフに伝え共に頑張っています。

    今日の努力は、未来への貯金だと思って頑張りましょう!

*実は、先日 ロサンゼルスの方と電話会議をしました。
 事前に資料をパソコンに送ってきて、それを見ながら1時間半の講義
 その後、電話での質疑応答です。その時の一部を今回皆様に書かせて
 いただきました。世界と帯広が結ばれて、学べる時代だということです。


 
 

投稿者 inoue : 15:48 | コメント (1) | トラックバック

2006年03月06日

ホームページを更新しました。

皆さん、こんにちわ!
ホームページを更新すると同時にブログを始めることにしました。

 このブログでは、歯科治療に関することだけでなく、
現在、私が参加しているP.ドラッカートップマネジメントで
学んだこと、世界中の成功哲学や営業プログラム、セミナーで
学んだことなどを書いていこうと思います。
また、時々、スタッフにも協力してもらいます。

 私は、年間100日以上国内外のセミナーに参加していますので、
最新の情報もお伝えすることが出来ると思います。
どうか、楽しみにしていてください。

 今回は、「われわれの使命は・・・」について書かせていただきます。
私は、昨年からP.ドラッカーのコースを受講していますが、
 一番初めに教わるのが、「使命」の重要性についてです。。
確かに、使命なく仕事をしていたとしたなら、その目的が明確でないことに
 なりますよね。そうだと、すれば、今日何をすべきかも不明確になります。

「われわれの使命は・・・」使命を明確にすることで、日々の仕事も使命に
連動して行動することができます。
 だからこそ、確実に成果をだすこともできるということです。

 いのうえ歯科医院では、使命を明確にします。
スタッフは、病院の使命に連動するかたちで、自分たちの使命を明確にし、
 さらに、使命への思いをレポートで提出しています。

 将来は、ドラッカーの考えの浸透した病院組織ができることを、
 目標としています。まだまだ、一歩を踏み出したばかりですが、
 諦めることなく頑張りたいと思います。
 
*今回は、「仕事における使命」について書きましたが、
 皆さんもそれぞれの立場で使命をもつことが、豊かな人生を送る上でも
 とても大切だと思います。

 では、次回を楽しみにしていて下さい。

投稿者 inoue : 20:47 | コメント (1) | トラックバック

2006年03月03日

こんにちは、いのうえ歯科医院です。

インプラント治療に400症例以上の実績を持つ、いのうえ歯科医院のブログを開設しました。

投稿者 inoue : 09:41 | コメント (1) | トラックバック