« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

情報提供・・・

2006年04月29日

こんばんは、院長の井上です。
今日は、久しぶりに週末に帯広でした。
さすが、昨日までの手術の激しさもありましたので、
少しゆっくり本を読みながら、体を休めました。

情報提供、情報発信・・・
私がいつも 歯科医療に関しての情報提供で考えていることは、
少なくても日本中のどこで私の情報が提供されても
それは、歯科医師というプロとして価値あるものでありたいということです。
当然、そのような情報提供をするには、自分自身の歯科医師としての世界での
ポジションや知識・技術を高める努力をしなければなりません。。

患者様は素人ですから、何でも信じてしまいます。その情報の本質を見極められるほど、真剣に、深く捉えられる人は20%くらいでないかと思います。

では、自分の提供する情報の価値の判断をどうしているか?

私の場合、勉強をすることで、<真の医療の実践者>となり、
「事実に基づいた良い情報ですね」と言ってもらえるように、自分自身に問い 情報提供したいと考えています。

一度、私のホームページのPDFをダウンロードしてお読みいただけたら、
ご理解をいただけると思います。

インプラントの患者様の声もスタッフが一人一人にインタビューしてのお声ですので、私は殆どかかわりません。このような事実が価値を持つと信じています。

ですから、私はブログでも本当に今の自分で価値あると思ったものを
提供しています。当然、読み側の興味によっても違うかもしれませんが。

私たちは、情報によって判断をしています。

歯科治療の情報を簡単に判断するには、その病院に行くことが一番早いです。
もしくは、お知り合いの歯科医師や衛生士、技工士など、歯科関係者に聞くのが良いのでないでしょうか

いのうえ歯科医院の患者様が もしこのブログを読まれていましたら、
どこにも無い最高の情報と何が真実かをお伝えしますので、
どんなご質問も遠慮なくしてくださいね。

一番困るのは、考えていない人の治療をすることですから・・・

では、良い休日をお過ごしください。

投稿者 inoue : 21:39 | コメント (0) | トラックバック

手術を終えて・・・☆☆☆

2006年04月28日

こんばんは、院長の井上です。
昨日と今日で80本のインプラント手術を行いました。
本当に・・・???
きっとそう思われるでしょうね。

何故、これを読まれている方で本当に?と思われたのですか。
それは、そう思った方の常識で判断したからでしょうね。

常識は本当に怖いものです。

人は、すぐに環境や年齢などで、判断します。
しかし、何も関係がありません。もちろん学歴なんて全くです。
一番大切なのは、その人の常識がどうかです。

常識は、いくらでも自分で変える事のできるものなんですよ。

80本も手術して疲れませんかとも良く聞かれます。
どんな難しい手術も原則を積み重ねるだけですから、
淡々と行うだけです。普段と何も変わりありません。
かえって、周りが疲れていないか心配になりますよ(^^)

何でも考え方だと言うことです。

常識が常識と思わず、常識すらも人が勝手に作り上げてきたものだと
したら、常識も本当に意味あるものと、無いものを区別して
自分自身がどう判断するかが大切なのです。

どんなことも無限の可能性を信じて、まずは頑張ることです。
頑張る上で一番大切なのが、自分の価値ある状態での常識を持つことです。

明日からはお休みですが、もの凄く勉強することがあります。
少しだらだらしながら、普段出来ない勉強を加速学習でおこないたいと
思います。

皆さんにも、とても良い休日になりますように。

投稿者 inoue : 23:38 | コメント (0) | トラックバック

インプラント手術・・・☆☆☆

2006年04月27日

こんばんは、院長の井上です。
今日は、インプラント手術日一日目でした。
6名40本の手術を行いましたが、明日も引き続き手術日です。
当日は、いつも10時過ぎまでスタッフが頑張ってくれます。
本当に嬉しいことですよね。

手術をしていて感じることですが、それはチームワークの大切さ。

それぞれが それぞれの役割をしっかり果たしてくれる事で、最高の環境が出来上がり
最高の仕事ができるのです。

では、最高のチームワークは、どのように作るのでしょうか。

それは、使命を共有するということでしょうか・・・・

いのうえ歯科では、スタッフ全員が使命を明確に書き出しています。

明日も最高のチームワークで、頑張りたいと思います。

明日も6名40本のインプラント手術です。

では、明日も頑張ります。

投稿者 inoue : 23:38 | コメント (0) | トラックバック

科学的根拠とは・・・

2006年04月26日

こんにちは、院長の井上です。

最近、歯科医療の世界では、科学的根拠があるから正しい治療ですよと、
言われる先生が多くいます。
まー,そうお話される先生は、まだ良いほうだと思いますが・・・

しかし、科学的根拠とは、絶対的なものでしょうか?

少し研究をした先生なら 科学的なデータも、ある条件での研究結果でしか
ないということを知っています。

何を伝えたいかと言いますと、その先生が論文をどう読み、十分な考察をし、
それぞれの患者様において、どのように活用するのか判断をして、
初めて科学的な根拠という言葉の意味が価値あると思います。

最近は、一般の患者様向けの雑誌にも、科学的根拠という言葉を
使うことで、説得力があるかのように書かれているのを観ますと、
どれだけ理解して使われているのか、言葉だけが一人歩きしているようで、
恐ろしいと思います。

すなわち、使っている側も、読んでいる側も お互いが、真の理解をせずに
納得しているのですから。

 セミナーもそうですが、よく理解していない先生が 複雑、難解に
話しているのを聞いて、理解ができずそこにまた人が集まる。
 そんなことがよくあります。

 皆さんも、何が真実かの目をしっかり養いませんと、なりません。
  真実の無い世界に、変に納得して入り込まないようにして下さいね。

   何を見るにも、聞くにも、洞察力を持つことです。

 読まれている皆さんは、どれほどの洞察力で
                歯科治療にかかられていますか。

   自分の健康を、しっかりとした出会いから勝ち取って下さい。

投稿者 inoue : 17:37 | コメント (0) | トラックバック

為という言葉・・・

2006年04月25日

こんばんは、院長の井上です。
今朝一便で東京から戻りました。

今週は、とても激しい週になります。
明日から長崎大学の友人の先生が来られ、
明後日から2日間で12名約80本のインプラント手術を行います。
簡単な手術ならよいのですが、上下顎骨移植(骨の無い患者さんには、骨を作ることです)など、かなり高レベルの治療が殆どです。

難しい治療にリスクは・・・。決して無いと言えません。
ですから、高いレベルの技術研修・数多くの症例・最新の手術環境・
優秀なスタッフなどが必要になります。

いのうえ歯科では、各分野のスペシャリストのチームで行います。
恐らく、世界中でも2日間で80本のインプラント手術をする病院は、
殆ど無いと思います。

楽しみですが、体調をベストに頑張ります。

さて、今日は、・・・・の為。

この言葉は、なんと実にいい加減な言葉なんですね。

仕事の為、患者さんの為、為、為、為・・・・。

具体的な目的の無い言葉なんです。

具体性が無い言葉なんです。

言葉の意味を調べるために、辞書を引きますと、
              実にそれがまた曖昧なんです。

言葉の意味の明確化、この事をしっかりしましょう。

何故、改善が無く、良い結果がでないのか?

使っている言葉自体が、曖昧だからです。

言われてみると、気付くこと多くないですか?

☆言葉の明確化が成長に比例しますよ☆

投稿者 inoue : 21:36 | コメント (0) | トラックバック

情報の価値・・・

2006年04月24日

今晩は、院長の井上です。

今日は、NPO法人理事長で フジテレビなどのプロデューサーをしていた方とお会いしました。

その中でのお話から・・・

世の中には情報が沢山あります。テレビ・新聞・広告・インターネットなど
本当に多くの情報が、私たちの中に入ってきます。

世の中には、価値のある情報と無いものが沢山あるが、それを見分けられない人が多いんだよね。そんな事をお話されていました。

では、皆さんは、どのような情報が価値あると考えていますか?
すなわち価値をどう見分けているかということです。

情報の全てを真実として受け留めていたら、とんでもないことになります。

すなわち、情報にコントロールされた人間になったとしたら、
あなたの意志は、情報にコントロールされた意志でしかないのです。

それって、ものすごく怖いことですよね。

私は、全ての情報は本当に価値があるのか、真実なのかという疑いから
見るようにしています。

仮に 私が勉強に行くときには、講師の経歴、受講生や周りの方の評判、
実際にしていることでの成果、その講師の情報がどのような経緯からのものか、他との違いがどこにあるのか・・・・講師の人格も大切ですね。

大事故に遭ったときは、全ての検査値を熟知し、権威あるお医者さんにセカンド・オピニオンとして聞いていました。
医療が、お医者さんがローカルで低レベルだから、死んだのではたまりませんからね。

日経新聞を読むなら、もと日経の記者が書いた、日経の読み方というCDプログラムで勉強してから、日経ならではの記事の価値の部分を理解して読むと違います。このように、情報の価値をどう見分けるかは、重要です。

私は年間100日以上勉強に行きますが、少なくとも上に書いたことくらいは調べてから参加します。

新聞やテレビ、広告、インターネットの情報をどう見分けるか大切です。

みなさんは、毎日の情報をどのように見分けていますか???

価値ある情報をきちんと取り入れてくださいね。

投稿者 inoue : 22:36 | コメント (0) | トラックバック

コーチング・・・・

2006年04月23日

こんばんは、院長の井上です。

今回のセミナーは、一人での受講でしたので、講師の先生と
本当に色々お話をすることができました。

今回のセミナーは、何か???

自己分析を含めた、人の分析をどのようにするかというものでした。

一人での講義ということもあり、講師の先生に二日間
私自身の分析やコーチングをしてもらいました。

すっごく、この二日間は充実した時間でした。

自分の目指す方向性が明確になったように思います。

皆さんも自己分析やコーチングなど受けてみてはいかがでしょうか。

何も意固地になって、誰の力も借りず 自分探しをするのでなく、プロの力を借りることで、
本当の自分自身の発見、将来のバイオリズムからの人生の予測、目標の明確化・・・・
とても自分一人で考えるより、加速して多くのことに気付けますよ。

     今回は、本当に充実した2日間でした。

   明日もセミナーと打ち合わせのために、東京です。

投稿者 inoue : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

学習スタイルを・・・

2006年04月22日

こんばんは、院長の井上です。

先程、ニューヨーク大学第三期生参加予定者16名とお会いしてきました。
皆さん、とても感じがよく、6月ニューヨークで再会するのが楽しみです。
2年間のプログラム・リーダーとして 少しでも役に立ちたいと思います。

さて、今日は、こんなことが・・・

セミナー会場へ行きましたら、
「今日は、井上さん1名です。このコース始まって以来ですが、
社長がどんな方が参加なのと聞かれ、井上さんのお話をしましたら
井上さん一人でよいので開催してください」と言われたそうです。

 東京の麻布の会場を貸切で マンツーマンのセミナー、
             緊張と共に、もの凄く勉強になりました。
 今日は、インストラクター資格認定コースですが、
           明日も5時まで マンツーマンで勉強をします。

 私は、今までに何度かマンツーマンのコースを受けています。

何故か???

 学習する前に、自分の学習スタイルを知ることです。
すなわち、自分にとって学習効果が
        もっとも高くなるスタイルを知ることです。

 私は、技術を習得し、実践するには、
        マンツーマントレーニングと考えています。

 先生の考えを深く知るために、また、モチベーションを高く上げるために、
 先生にマンツーマンでの指導を直接お願いをします。

通常、10万のセミナーを30人行えば、300万ですよね。

 その先生にマンツーマンでお願いする人など、常識的にいませんし、
そのような先生はお忙しく時間が取れません。

      しかし、私は平然とお願いをします。

 そうしますと、殆どの先生が気持ちよく、
       しかも価格もそれ程高くなく、お受けしてくれます。

 当然、そのように学んだものは、今も大きな自分の力になっています。

 本気で学びたければ、自分が確実に学べる
                学習スタイルで取り組むべきです。

 今日は、偶然にも一人でした。
 とてもやる気になります。このように対応してくださった、
     会社の対応に、感謝とやる気もでます。
 会社としても10年以上のセミナー開催で初めてだそうです。

 講師の方の知識は、もの凄く圧倒されます。本当に素晴らしい方です。
   普段では学べない多くを学ばせてもらいました。

 明日も、しっかり学び、講師の期待に応えたいと心から思いました。

       皆さんも、自分の効果的な学習スタイルを
         まずは、知ることが大切ですよ。

投稿者 inoue : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

小冊子の一部を・・・

2006年04月21日

おはようございます。院長の井上です。

この度、小冊子を製作しました。
いのうえ歯科に悩んで来院される患者様に、直接わたしが、歯科治療についてのご相談をお受けし、その後に小冊子を読んで、しっかり自分の人生について考えて欲しいと思い、製作しました。

病院で話を聞いても、緊張もしますし、今後の歯科治療のことを冷静になんて考えられないですよね。

小冊子があれば、じっくり自分自身で考え、意思決定し治療にかかれると思います。

今回の小冊子は、30分もあればいっきに読めますよ。

この小冊子が、歯で悩まれている方のお役に立てばと思います。

  ここに、小冊子の『はじめに』の部分をブログをご覧の皆さんに
いち早くご紹介をしたく思います。

詳しくは、HP:http://www.inoue-dental.jp/をご覧下さい。
 
 インプラントの患者様のお声も新しく掲載しています!

はじめに

いつまでも元気に長生きしていたい!
毎日を楽しく、生き生きと楽しみたい!
大切な家族、友人・知人に囲まれて、生きがいのある有意義な日々を過ごしたい!

あなたもきっとそうお考えでしょう。人間なら、だれもが豊かな人生を送りたいと願っているはずですね。

しかし、実際のところはどうでしょう。
小さなことでくよくよしてしまったり、つまらないことでイライラしてしまったり・・・
多かれ少なかれ、そんなふうに毎日の時間を過ごしてしまっているのではないでしょうか。

「ああ、もっと時間を大切にすればよかった!」
「もっと楽しく過ごせるようにすればよかった!」
そう後から反省することも多いものですね。

私は、いのうえ歯科医院、院長の井上裕之と申します。
「毎日を豊かに過ごしたい、でもなんとなくうまくいかない」
そんなふうにお思いの方に向けて、ぜひお伝えしたいことがあり、この小冊子を書くことにしました。

私は歯科医師ですから、この小冊子の中で、歯の大切さについてお話ししようと思っています。
でも、本当にお伝えしたいのはそれだけではなくて、そこから毎日を心豊かに過ごす方法、ひいては、これからの人生をもっと楽しく有意義に過ごす方法をお話しすることで、よりよく生きるヒントにしていただきたいと思っています。

突然このようなことを申し上げると、
「なぜ歯医者さんがそんな話をするの」
「歯の治療と人生と、いったいどんな関係があるの」
そう驚いている方もいらっしゃるかもしれませんね。

少しだけ想像してみてください。
もしもお口の中がボロボロに汚れてしまっていて、鏡を見るのもつらい状態だとしたら、どのような気持ちになりますか。

きっと悲しくて鏡を見る気も失せてしまうでしょう。
またそれだけでなく、食べることも楽しくなくなって、お料理しようという意欲も失くしてしまうのではないでしょうか。
ご家族やお友達と会話する楽しみ、笑い合える喜び、毎日の生活を楽しむ余裕。身なりを整えたり、おしゃれしたり、いろんなところに出かけたり・・・
そういうすべてのことに対して、興味も関心も持てなくなってしまうとは思いませんか。
歯はただ単に食べ物を噛むためだけにあるのではありません。
歯はあなたの大切な体の一部。歯の健康と美しさは、人生のすべてに影響するのです。

なんだかズキズキ痛むけれど、忙しくて時間がないから。面倒だから。お金がかかるから。
そういった理由で歯の治療を先延ばしにしていませんか。
噛めなくなったり歯が抜けてしまったりするのは老化のせいだから仕方ない。
そんなふうにあきらめてしまっていませんか。

もしそうだとしたら、それはとても残念なこと。
簡単にあきらめてしまうのはもったいないことだと思います。

食べること。
それは、ただ栄養を補給するだけではありません。

どうか少しだけ手を休めて、この小冊子をお読みください。
そして、歯の健康、お口のケアの大切さを、今しばらくの間、私と一緒に考えてみていただけませんか。

あなたにその時間をいただけるとしたら、これほどうれしいことはありません。


2006年4月吉日
医療法人社団 いのうえ歯科医院 歯学博士 井上 裕之

投稿者 inoue : 09:33 | コメント (0) | トラックバック

受け止め方とは・・・

2006年04月20日

p>おはようございます。院長の井上です。
帯広の天候は、雨です。
やはり、晴天のほうが気持ちよくて 最高ですよね。

     私は、明日から東京です。予定がびっしり・・・。
 セミナー以外に大学教授や6月のニューヨーク大学セミナーに参加する
     受講生との顔合わせ、NPO法人の方との会議など・・・

     朝は、9時から6時までセミナー、その後も
               毎日このようなスケジュールです。

       <今日は、受け止め方ということで書きます>

       自分の考えや行動、発言、同じように
   相手の考えや行動、発言が どのように受け止められるかは、
           本当に分かりませんよね。

     良くも、悪くもその時の状態や状況で変わります。

       相手の受け止め方は、こちらからいくら努力しても
            変えることが出来ません。
   
          そして、どちらの受け止め方が
       絶対に正しいということではないのです。
             
               ここが大切です。 

          決めつけて考えないことです。

     私は、どんな意見も基本的に「聞くことが大切」と考えます。
     
         特に親の意見は、今でも参考にしますね。
      親の子へ持つ、感じる力は特別と考えるからです。

      考えるのと、そのように意思決定するのは別ですよ。
       しかし、受け止めて意思決定をするのと、
      受け止めずに意思決定するのでは大きく違います。
   
       それは、全ての意見に対しても言えるでしょう。

    最後にそれは、何故だと思いますか。その答えを書きますね。

    『私は、相手の全ての意見を決めつけずに受け止める、
     無我の気持ち・・・これが、もの凄く大きく よい方向へ
     導かれると考えています。
     また、一度素直に受け止めることで、自分自身の潜在意識に
     入り、受け止めた数だけ、それに対応できるように
準備ができている、そんな自分になれるからです。』

        どうか、皆さん、全てを判断することなく
          一度、素直に受け止めてください。

     そうすることで、全てが素晴らしい方向へ進みますよ。

      では、今日も素晴らしい一日を過ごしましょうね。

投稿者 inoue : 08:32 | コメント (0) | トラックバック

アイデアの素晴らしさ・・・

2006年04月19日

院長の井上です。
皆さんは、毎日をどのようにお過ごしですか。
充実した毎日を送りましょう!

さて、昨日は患者様から贈物をいただきました。
それは、もの凄い便利なもの。実は、私が偶然にも毎日の学習中に
こんな物があればと思っていたものを、偶然にもいただきました。

それは、BOOK STOPPER(ブック ストッパー)というものです。

本のページを押さえてくれる優れものです。

DSC00475.JPG

凄く便利ですよ。

拡大して、さらに・・・

DSC00476.JPG

   そこで、私が考えたのは、どうしてこのような発想を
             製作者は持つことができたのか???

   どうすれば、優れた発想ができるのか???と考えました。

     優れた発想をするには、ルールがあるんです。
 
    元船井総研の副社長で、ソニーの盛田さんなど日本の歴史的な
   大企業を指導してきた方とご縁があって、2度ほど東京でお会いし、
      明け方までお話をさせていただいたことがありました。

  井上さん、私が彼らや多くの成功者とお会いして気付いた発想方法を
  井上さんにお教えしますねと言い、話してくれました。(感激でした)

     ただ幅広く考えていても、優れた発想はできませんよ。

            まずは、範囲を決めること・・・
  
     本が読みにくい、どうしたらいいだろうか???とします。
  その時、「いつでもどこでも簡単で便利」とか
      「すぐに使えて、手は使わない楽できるもの」というような、
   何でも良いのでルールを決め、その範囲から発想するというもの。

   何か範囲を決めないと、漠然と広すぎて何も前に進みません。
   まずは、先のようにルールを持ち 発想の範囲を決めることで、
   沢山のアイデアが生まれ、その中に優れたものも出てきます。

  BOOK STOPPER は、どのような発想で生まれたか分かりませんが、
            凄く便利で感動しました。

  皆さんも、ただ漠然と考えるのでなく 何かルールを決め、
            その範囲でまずは発想してみると良いですよ。
 
      凄い人に会うと、本当に勉強になりますよね。
      私は、この方に教えていただいた発想法の数々を
      常に活用しています。本当に学ぶこと知ることへの
          喜びは、尽きないものですよね。
 

投稿者 inoue : 01:14 | コメント (0) | トラックバック

まずは、実践と行動・・・

院長の井上です。

      昨日、出村邦彦さんの
         「全国手書きチラシ実例集」が出版されました。

チラシ本.JPG

           ご注文はこちらへ・・・

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4938907348/qid=1145283613/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/503-7515167-9586346
 

  その本のP49には、いのうえ歯科科医院の実例も紹介されています。

書籍事例.JPG

       何だか、すっごく嬉しいですよね(^^)

    実は、昨年2泊3日で出村さんのセミナーに参加し、
         色々と教えていただきました。

       まずは、習ってきたらすぐに実践です。

 どんなセミナーでもそうですが、聞くだけでは何の意味もありません。

   これってセミナーに限らずに、どんないい話を聞いても、
    またアドバイスを受けても、何も実践をしなければ
         変わらないということです。

  とにかく成果を出したいのであれば、
             何でもいいからとにかく実践する。

        このことが、物凄く大切なんです。

 今回、出村さんの本に紹介していただいたことも、とにかく実践と思い
  取り組んだ結果です。

     とにかく何でもいいから、良いと思ったことは行動です。

 そして上手く行かなければ、アプローチの改善をすればよいと思います。

         皆さんは、行動していますか???

        行動しないと、何も変わりませんよ!

 もう一度言います。考えることも大切ですが、
              良いと思ったらそこで行動です。
  
          行動、実践しないと成長もしません。

      ですから、一番大切なのは、行動、実践なのです。
      
            お互い頑張りましょうね。
 

投稿者 inoue : 00:31 | コメント (0) | トラックバック

感性を磨く・・・

2006年04月17日

院長の井上です。
皆さんは、どのように週末を過ごされましたか。
私は、久しぶりに帯広にいましたので、少しゆっくり出来た感じがします。
今週末は、また金曜日から東京で、火曜日の朝一便で戻る予定です。

さて、今日は、感性を磨く事の重要性について書きます。
皆さんは、自分自身の感性を磨くために、何か工夫や努力をしていますか。

私は良く、男性・女性ファッション雑誌や東京でも歩きながら、ウインドやお店のディスプレイや歩いている人、ポスター・・・出来るだけ感性を高めるために、意識して見る様にしています。

  やはり、流行もありますから。

何故、そんなことするか???

私は歯科医師ですが、審美的治療などは確かに学術的な原則で行うことが必要です。
しかし、歯を一つ削るにしても、例えばメスを持って手術し縫合(縫う)するにしても、全て 学術的な要素の他に感性を持って行うことで、物凄くセンスの良い仕事になるものです。

歯科医師の世界は、知識・技術、芸術性と美的感性が必要だと考えています。

ですから、私は常に芸術性と美的感性を磨くことを 普段の生活から取り入れるように努力しています。

 そうですよね。自分の歯が汚く、髪がぼさぼさで清潔感がなく、なんとなくセンスの悪そうな歯科医師の先生が、綺麗な仕事をしているようには思えないですよね。

 昔は、それでも良かったかもしれませんが、今は患者様も出来るだけ、
学術的な治療に高い芸術性と美的感性の仕事を望むというのが、普段の仕事を通じての実感です。

 では、歯科医師だけ 感性が必要でしょうか。

 そんなことは、無いですよね。お料理を作ったり、お洋服のコーディネートなどやはり高い感性を持っているほうが、きっと色彩感もバランスも良いですよね。

 是非、皆さんも普段の生活から感性を磨く、そんな視点で色々なものを
見ては如何でしょうか。
 
 きっと今日からは、何を見ても気になりますよ(^^)。

投稿者 inoue : 00:30 | コメント (0) | トラックバック

広さと深さの大切さとは・・・

2006年04月16日

院長の井上です。
久しぶりの週末、美容院で髪を切ってきました。
ゆっくり出来るかと思いきや 10月の国際学会発表の講演抄録を書いたり、
今月末のインプラント患者様12名の手術の最終解析をするなど、やることは沢山ありました。

 最近は 易学の勉強を もの凄くしています。
特に 師範の免許をいただいた後、教授免許のための<四柱推命>の勉強をしていたのですが、どうしてもまだ 基礎の深さの理解が十分でないのか行き詰まり,
もう一度、基礎からしっかり復習することにしました。
 早く進むことも良いのですが、あるレベルからは、速さより深さが大切だと実感しました。
初めは、少しでも早く進んで、多くを学ぶことが目的。でそのための勉強が手段!でしたが、
教授免許取得レベルの目的は、本当に理解し 卓越して使えることが目的。で、手段が勉強!です。
 常に目的と手段をしっかり考えることも重要ですよね。

  しかし、古来の易学は大変に奥が深いものです。
    まさに、生涯学習的といった深さです。

 どんな勉強もそうですが、幅広く学ぶと同時に
             深く学ぶことはとても重要です。

 しかし、集中して全体を把握しても、深く洞察できる力をつけるには、
             時間とコツコツ積み上げる努力が必要です。

      だからこそ、価値があるのかもしれません。

 世界が、歴史が作り上げてきたものを、
       そう簡単に自分のものに出来るほど 甘いものではありません。

 
         そして、全てを深く学ぶことも無理です。

 そういった意味では 初め浅く広く、バランスを取りながら学び、そこから自分の人生でさらに深く追求するものを決意し、何に取り組むのが良いかを早く決めることが大切です。

 私は、皆さんが想像できないくらい、投資と行動をしてきました。
それは、多くをバランスよく学び、真の価値あるものに自分の人生をかけ、深く追求したいという気持ちから、悔いない選択をしたいと考えたからです。そして、それが自分にとって何かが、いくつか決まってきました。

 初めは浅くても幅広く、そしてその中から深く追求していくものを
           早く決めるとよいです。
 深く、時間をかけ追求している人の迫力と魅力は、もの凄いですからね。

  ただ、その時、指導を受ける必要があるなら、人としても尊敬でき  
  相性が合う人に受けなければ長く続かないと思います。
    
    指導を受けていますと、
          人間性までが鏡のように似てきますから(^^)

            本当に大事ですよ!

 皆さんも、早く何か深く追求し、集中できるものを見つけて下さいね。

投稿者 inoue : 01:29 | コメント (0) | トラックバック

相手の視点に立って・・・・

2006年04月15日

おはようございます。院長の井上です。
昨日で、今回の宿泊のP.ドラッカー・トップマネジメントが終わりました。
今回もレポート課題がでました。(今年9月までです)

 いつも感じることですが、素晴らしい考えの、情熱ある方と学ぶことは 自分自身の意識をさらに高めてくれます。

 同じ学ぶなら世界レベルの最高峰の知識と技術、
   そこに集まる人の情熱を感じて生きていくことが、大切だと感じます。

 いのうえ歯科に来院される患者さんとは、学んだ全てのことを共有していきながら、ともに真の健康を取り戻したいと思います。

  今回、学んだことを少しお伝えします。

          イノベーションの大切さ。

 イノベーションとは、新たなものへの挑戦とでも捉えてください。

 既存のものを大切にすることも必要ですが、
              必ず時代と共に古くもなります。

       イノベーションがないと進化しません。

 皆さんは、今の自分の生活の中で 何かイノベーションを考えていますか。

 私は、歯科医師であり、経営者です。ですから、
          イノベーションを考えなくてはいけません。

          その時、どのように考えているか。

 それは、自分にとって新しいと思わなくても、患者さんにとって新しい事であり、患者様にとって喜んでもらえることへのイノベーションなのか、を考えます。

 すなわち、自分の価値や立場でなく、
    一番大切な患者さんの立場でどうか、が大切だということです。

    今年は、その事業の一環に増改築を行います。
 その中には、いのうえ歯科医院に来られた、又来られている患者様の要望も多く取り入れています。
 
 完全個室・クリーニングルームと一般診療室を別にする、最新の手術室を2室(録画もでき、スクリーンに映し出すこともできます)、最新のマクロスコープ(現在、いのうえ歯科と同じ高いレベルの機種は北海道でも大学を含め数台の顕微鏡です)による根の治療などの環境。

      他にもヨーロッパの最新の消毒システム。
 恐らく、まだ日本に入ってきていません。これからは、高いレベルの消毒が必要です。いのうえ歯科医院は、現在でも脳外科レベルの消毒器を導入していますが、通常の消毒レベルは 正直、私には納得できません。

     ここが、”自分が患者なら”の考えにもなります。

 さらに、最新インプラント手術や他にも多くのイノベーションがあります。

 さてここお伝えしたいのは、このイノベーションするにも
      相手の立場・視点を考えませんと、上手くいきません。

 人間関係も同じです。常に相手の立場・視点で考えませんと
         上手くいかないと思います。

 世界のマネジメントも人間関係も医療も全てにおいて 大切なことは
同じなんですよね。

 ですから、本当に価値あるものを学ぶことは、自分自身の全てを育てます。

 最後に、皆さんも自分自身のイノベーションを考えてみてください。
      その時、相手の立場や視点を考えて・・・・
 きっと、その先には自分の想像できないような、成長がありますよ。

  いいですか、何も変化も成長もない、自分にならないで下さいね。

        では、これから帯広へ戻ります。

  週末、美容院へ行ったり、買い物へ行ったり、時間が取れます。  

        何だかこういう事が、ワクワクしますね(^^)
 

投稿者 inoue : 09:28 | コメント (2) | トラックバック

トップの社長の思いとは・・・☆☆☆

2006年04月14日

おはようございます。院長の井上です。
今朝の東京は、少し曇っています。昨夜は、強い雨のようでした。

昨日は、P.ドラッカー・トップマネジメントの中間発表会でした。
参加者は、私他、8名の 物凄く情熱と勉強をされている企業経営者です。
もちろん、年齢も格差ありますが、50歳以上の従業員が500名以上の社長さんや 業界ではトップの方、パイオニアの方、世界をマーケッティングにしている方など職種は色々です。

 当然、そのような立場の方ですから物凄く、時間の過密なスケジュールで過ごされています。
 
          そこで何を感じたか・・・・。


●この過密な生活を過ごされているのに 疲れなど感じさせず、情熱が凄い。
 8時間以上の小さな部屋での合計30分程度の休憩しかないのに、誰一人
 バテタ顔もすることなく、一人ひとりの発表を真剣に聞き、質問や意見を
 しっかりする。

         この当たり前の事ですが。。。いかがでしょうか???
 
    皆さんは、1時間の会議でもそれだけ気力を持って参加し、
        しかも質問や意見を述べていますか?

●物凄く発表に対しての内容を深く考えていることの驚き。
  いつ、それだけ考える時間と作業をしているのかということ。

●話を聞いたり、質問すると、とにかくやると決めたら必ずやる。
 そして、仕事に妥協することなく、早い。

●内容が、とにかく緻密であり、過去の検証、未来への予測が
 とにかく出来ている。
 しかも、『ドラッカーマネジメント』とフォーマットされた用紙にビッシリ書かれている。

 8時間の発表内容を書くことは、朝6時から書いても終わるのがお昼になりますからね(^^)・(^^)

       皆さんが共通して強調して言われていたこと・・・。

●人として挨拶と返事をしっかりできないと、もう終わりだね。

●出来ない人間は、人から言われないと仕事をしない、仕事をさせていただいている
 社会への感謝がない、もうこれは人として駄目だな。

●頭が良くても使い物にならない、例え東大でも・・・要するに、社会に出てからは違うんだよ、
 柔軟な対応だよ。自分のことばかり考えて、守りに入って、どこかで仕事をなめている、
 こういうのは伸びないね。自分で優秀だと勘違いしているんだよ。

●とにかく、笑顔と感謝、そしてお客様へ最高のおもてなしを考えて
 生きていないと成功しないし、成功しても喜ばれないよ。

   これだけ仕事も出来、活躍している社長が皆さん言うのは、
         生き方と人間性の話でした。


   
 参加して私が感じたことは、まだまだ人間として学び、知識を磨き、
 時間を惜しまず行動すること。まだまだ、43歳の私が挑戦をやめたら
 恥ずかしいですよね。
 素晴らしい仲間と出会い、心から感謝をしています。

 昨日は、宿題もでました。1年後、2年後・・・そして最終目標における
 自分の仕事におけるビジョンです。
 
     本当に出来る人は、出来るだけのことをしてるんですね。

   さーこれから朝食してきます。今日も引き続きセミナーです。

          他の方も動き始めたようです。

 最後に考えることは、医療人として、人として、本当に大切なことは何か?なんです。
 ビジネス以上に大切ですね。
  私は、ドラッカーを今度大学の講義でもしたいと思っています。

          さー気合をいれて頑張ります。

投稿者 inoue : 07:27 | コメント (2) | トラックバック

疲れないためには・・・☆☆☆

2006年04月13日

おはようございます。院長の井上です。
今日は、東京です。
東京は、快晴でとっても気持ちが良いです(^^)
しかし、今日からは青山のホテルでドラッカー塾の合宿ですので、
明日の午後6時までは、外に出ることも殆どないと思います。
事実、これだけ東京へ来ていましても、車庫から車に乗って
帯広空港→羽田空港→電車→ホテル→セミナー会場→電車→ホテル→
朝、羽田空港→帯広空港→車に乗って病院へ戻り、すぐ診療です。
こんな生活に時には、海外へ・・・。
(殆ど夜は出ません。お酒飲めないしね秊)

まー疲れないわけないですよ(^^)

だから、すぐに元気になるんですね。自分でも不思議です。

みんなに、「先生、疲れないですか」と聞かれますから・・・
「そうだよなーこんなに聞かれるんだから、疲れるはず。気づかないだけで疲れているのかなー」と考えてしまうこともあります。

そこで、感じたこと・・・

疲れている人は、
●疲れたーとか あーー大変だよね-とか・・・そういう言葉をよく使うんですね。
 しかも、黙りがちで、笑顔が無い。
●そして、忙しいと疲れる と決め付けているんです。
●さらに言えば、あまりにも、 自分より 周りに気を遣ってしまい、
 長距離ランナータイプの自分なのに、短距離ランナーの周りのペースに合わせてしまい、
 自分のペースを崩しているんです。
●あまりにも、現象の一つ一つを気にしすぎかな・・・だから疲れる。
 たとえ今からサンパウロへ移動しようとも、
        移動までの同じ時間を楽しく使えば疲れませんよ。
 あー長いと思った瞬間から疲れます。
●全てがやらされていると考えている。

 こう書かれると何だか全てが共通しているのがあるように思いませんか。

     そして 何か疲れた と思わない方法が見えてきませんか。

       けど、その答えは自分で見つけて下さい。

  何故だか分かりますか・・・答えは自分の心の中にしかありません。
   そして人に与えられた方法では、真の答えになりません。

 私は、全ての意志決定は自分だと考えています。頼まれてやっていること
 参加しているもの・・・最後は、全て自分が意志決定しているからしている
 です。いやなら、絶対にしない。
  そうは、いかないかもしれませんね。

 それなら、全てを,自分の成長のため、社会の貢献のため、
 次へのステージに上がるためのワクワクする世界に向かい、今を過ごしている
と考える。。。そしたら、元気がでます。

  それでも、精神的にも 肉体的にも意識の世界で対応できない、肉体に
 休めと反応がでたなら、その時は少しペースを落としています。
  止まると、また動くのに何倍もエネルギーを使いますからね。

          ペースダウンですよ。
          決して、止まらない。

 もう少し楽しく書きたいのですが、24時間すべてがこのような生活
 思考、行動・・・読んでいる人には、重いのかな・・・

  まー飲みに行っても楽しくない自分、遊びに行くより学習に投資したい
 自分を客観的に見て、「まずいなーーー(^^)」と思うんですけど。
  学んだこと、伝えると喜んでもらえると嬉しくて、
                また学ぼうと思うんですよね。

        要するに、人が好きで、人が元気になるのが
     たまらないんですよ。だから、歯医者は転職と思っています。

              では、出かけますね。

投稿者 inoue : 08:26 | コメント (2) | トラックバック

留まらない?・・・☆☆☆

2006年04月12日

p>おはようございます。院長の井上です。

今日はもう少ししましたら、東京へ行きます。
今年は特に自分の成長・病院の発展・患者様への貢献に向けて努力と行動を、時代に恐れることなく挑戦したく思います。

よくされる私への質問は・・・

●先生は、病院を不在にすることに不安がないのですか?
●そんなに行動して、疲れないのですか?
●どうしてそんなに学ぼうとするのですか?

 他にも多くの人から、共通の質問をされます。

不安など持たない人は、いないと思います。
それは、私も同じです。

ロバート・ブラウニングの言葉に、

『人は常に限界に挑戦すべきである。手持ちの能力の範囲内に安住していては、人生の醍醐味を味わうことはできないのだ・・・』

という言葉があります。

  皆さんは、この言葉を読んでどうお感じになりましたか?
 
 安住という感覚ですが、私は医療の現場に出ている間は、安住よりも
常に挑戦して、多くの方に貢献する人生を送りたいと考えています。

   ある意味、生きている限りにおいて、安住ということは
        本当の意味で無いのかもしれません。

私は、交通事故の体験から、治せない、結果の出せない、人間的にも
優しい声もかけられない 多くのお医者さんとも会いました。

しかし、数は少なかったですが、技術も人柄も素晴らしいお医者さんとも出会いました。

 その結果の出せないお医者さんと
           結果の出せているお医者さんの違いは何かを
         その時、徹底的に考えました。

 その結果、先生の行動力と勉強へ行く時間と姿勢、そして何よりも、患者さんへ貢献に対する強い意志 すなわち使命を持って、時代を怖がらずに挑戦する姿勢です。

 私は、そのようなお医者さんと会えて、人生が大きく変わりました。

  ですから、私は、常に向上するために前に進もうと決意しました。

    私の不在が多いことに批判的な方もいるかもしれません。

しかし、留まっていたのでは、いのうえ歯科の患者様に貢献できる医療が
出来ないことも理解して下さい。

 水も溜めていて放置していれば、ボウフラが湧き出てきます。
 流れが、すなわち行動が大切なのです。インターネットや書籍では得られないものは沢山あるんですよ。

 留まっていることや 留まっているお医者さんや
                 病院が好きなら別ですが・・・

 初めの3つの質問への答えが、少しはお解りいただけたでしょうか。

 情熱を持って常に、常に前進していく、そんな人生を送りたいですね。

私の周りには、本当に素晴らしい、情熱あるビジネスパートナーが沢山いてくれます。
 
 そのパートナーの人たち、家族・・・・多くの人たちのリーダーとして
とにかく、何でもいいからやれ、問題が解決できなければ、別のアプローチで・・・・

           そんな精神で頑張っています。

           では、土曜日に帯広へ戻ります。

投稿者 inoue : 10:24 | コメント (4) | トラックバック

あなたの求めている歯科医師とは・・・☆☆☆

2006年04月11日

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、どのような歯科医師を求めていますか。

1、優しくて親切なだけの歯科医師。
2、近くて便利な歯科医師。
3、安いと??言われている歯科医師。
4、早い治療の歯科医師。
5、自分の視野が狭いのにも気がつかず、自信満々の歯科医師。
6、腕は良いが、愛想のない歯科医師。

1〜5の歯科医師を選ぶとしたら、何が目的で病院へ行っているのかを、
ご自身でもう少し明確にすべきでしょう。(治りませんよ)

6を選択した人は、まだご自身の目的を明確にしているのでないでしょうか。(治りますよね)

 病院へ行くことが目的でなく、それは目的を改善するための手段です。

多くの人は、手段と目的の区別がついていないと思います。
        手段は、問題解決をしないのです


 そんな目的と手段の違いを、日常生活の中でもしていませんか。

理想的な歯科医師とは、使命を明確にしていること。人格・人間性が高い。
知識・技術が高い。それを身につけるための習慣と行動がともなっていることです。

 恐らくこのことは、患者さんにとっても理想的な
                 歯科医師ではないでしょうか。


   いくら通っても知識や技術、環境がなければ治りません。

   1〜5で歯科医師を選択していたのなら、時間の無駄です。

 こう書くと、「そう言われても、私たちには選び方が分かりませんから」と、         
そう応える人が殆どです。
 
          それなら言わせてもらいますね。
  
      もし、生きるか死ぬかの時には、どうしますか。

       情報がないからと待っていて死にますか????

    そんなことは無いですよね。情報を自分がどう探すかですよ。

 ただそれではと思い、今、小冊子を書いています。
         5月からはブログやホームページで紹介をします。

  ですから、それまでは、今日書いたことを肝に銘じておいて下さい。

    決して私が理想を満たしているとは、思っていません。
       それだけは、誤解しないで下さい。
    ただ、そうありたいと思っているから書いているのです。
   思っていない人は、書くことも、伝えることもしないと思います。
      
       いいですか。自分の健康を人のせいにしても
   困るのは、自分だということをしっかり認識してくださいね。

        代わりは、誰にもできないのですから。

  今日は、少し厳しい内容ですが、きっと今の時代これくらい
    ストレートなこたえを望んでるのでないでしょうか・・・・・

    くれぐれも目的と手段を間違えないようにしてください。

投稿者 inoue : 15:23 | コメント (3) | トラックバック

ドラッカー5つの質問・・・☆☆☆

2006年04月10日

こんにちは、院長の井上です。
今日は、朝一便で東京から戻りました。

帯広は暖かいですね。診療室では、少し汗ばむ感じです。

さて、今日はドラッカー5つの質問というテーマで書きます。

5つの質問とは・・・

�われわれの使命は何か?
�われわれの顧客はだれか?
�顧客は何を価値あるものと考えるか?
�われわれの成果は?
�われわれの計画は何か?

 昨年から、ドラッカー・トップマネジメントコースを受講しています。
6回目が終わり、今週の木・金宿泊で 参加者の経過報告の発表とセミナーが行われます。

 私も数多くのマネジメントコースを学びましたが、
  ドラッカーのコースほど刺激を受けたものはありません。
 
 毎回、かなりのワークシートが出されますが、
            それを書き込むだけでも大変です。

    いかに、普段自分たちが頭では考えていても、
    本当に手を動かし書き込むのでは大きな違いです。

 恐らく、ドラッカーの勉強は今後も継続しなければ、到底組織に浸透できるものではないと感じています。

しかし、ドラッカーのマネジメントは、時間がかかっても組織に浸透させる価値が 十分あります。

何故か・・・それは、真の医療人と医療組織の構築を同時にできるマネジメントだからです。

将来は、ドラッカーマネジメントを医療組織に浸透すべき、仕組み作りを構築し、広められたらと思います。

さー日本を代表するような8名の経営者と共に経過報告発表、
歯科医としてしっかり行い、皆さんから助言をもらうことで、
自分自身の壁をさらに取り払い、地域に貢献できる真の病院を目指したいですね。

   時間はかかりますが、応援してくださいね。

投稿者 inoue : 16:22 | コメント (0) | トラックバック

出会いとは・・・☆☆☆

2006年04月09日

こんばんは、院長の井上です。
今日は、セミナー終了後に少し時間がありましたので、
青山の書斎館へ行ってきました。
http://www.shosaikan.co.jp/

基本的に文房具が好きなんですが、最近は万年筆にはまっています。
羽田空港第二ターミナルの書斎館には時々寄るのですが、
本店は初めてで、以前から店長さんに本店にもと言われていたので、
行って来ました。

 本当に色々な種類があり、見ているだけで楽しいです。

ドイツやイタリアのものや日本の素晴らしい蒔絵のペンなど、
どれも魅力があります。
 
 もう、色々語ると切がありません。

さて、今日は出会いとは・・・について書きます。

 今日、ある方と名刺交換をしました。その方の名刺には名刺交換をしても、
個人の場合、もう一度連絡するには、そのうちの10%ぐらいだと書いてありました。10枚交換すれば、9枚は名刺入れに入ったままということです。
 
    人は人とのかかわりなしには生きていけません。
   人との出会いが、新しい自分へのチャンスにもなります。
  そういう意味では、人との出会いを
          決して無駄にしてはいけないと思います。 
 
 私も最近は、積極的に名刺交換をするようにしています。
名刺は、自分の顔ですから、やはり相手に覚えてもらえるような名刺でなくては
意味がありません。
ですから、名刺も考えて製作する必要があると思います。
また、名刺交換をした人には、簡単でもお返事を書くようにしています。

    皆さんは、積極的に名刺交換していますか???
     人との出会いを大切にしていますか????

自分の世界に留まることなく、色々な方との出会いを大切にしましょう。

 私は、今日も素晴らしい出会いを沢山セミナー会場でしました。
皆さん、情熱のある素晴らしい方ばかりでした。
 
 人との出会いは、本当に自分自身を成長させてくれると
                 今日も心から感謝をしました。

 明日は、朝一便で帯広へ戻ります。

投稿者 inoue : 20:21 | コメント (0) | トラックバック

人に欠点などないよ・・・☆☆☆

2006年04月08日

こんばんは、院長の井上です。

今日は、セミナーで東京に来ています。月曜日の朝一便で帯広へ戻ります。
学ぶことは楽しいですね。専門的学習と人間的学習などバランスが大切です。

今日は、人には欠点などないですよ(^^)というお話です。

かりに地球儀が壊れたとしますね。破片の中には、先がとがって危ないもの(人の場合一般的欠点)、丸い破片(長所と考えましょう)など色々あります。
しかし、復元するためには、全ての破片が必要です。
そして、全てがあって地球儀がもとに戻ります。

すなわち、人にも全ての要素があって、バランスよく成り立っているということです。

他人から見て、欠点もある意味長所かも知れません。

見方や捉え方で、まったく逆になる訳です。

今日は、ある方から人の捉え方次第では全てが長所、どれもが無くては人として成り立たないのですから、壊れた地球儀を復元する破片と同じですよと言われました。

           確かにそうですね

 どんな人も全て認められる、それも自分の心がけなんですね。

投稿者 inoue : 19:20 | コメント (1) | トラックバック

Today for Tomorrow・・・☆☆☆

2006年04月07日

こんばんは、院長の井上です。
今、東京のホテルです。

今日は、Today for Tomorrowとう意味について、書きますね。
「明日(未来)のために、今日一日、その時その時を
               大切に真剣にひたむきに生きる」

 皆さんは、Today for Tomorrowの気持ちで毎日を過ごされていますか。

 私は、今日の努力は未来への貯金、その貯金が未来には大きな財産となり
成果を出すと考えていました。そして、その成果の結果は、自分の過去すらも変えるのだと考えています。

すなわち、Today for Tomorrowの気持ちで毎日を送っていると、必ず大きな成果が出るでしょうし、未来のその時の姿を見て多くの人が、昔も・・・・
過去の自分の姿すらも変わって表現されるであろうと思います。

 今日のひたむきな生き方は、未来も過去も変えることが出来ます。

私は、今を精一杯生き、挑戦することが好きです。

 大学院も多くの先生が6年近くかかりましたが、4年に挑戦し終えました。

今日は、私の運命鑑定士の尊敬する先生からも
「前の課程の進み方にも驚きましたが、この師範課程を、これほどの速さで提出されるとは予想も出来ませんでした。最短記録でして多分、今後もこの記録を破る人は出ないでしょう。「師範」の免状を発送させていただきます。」

 早いことが良いとは思っていません。しかし、目的を持ち精一杯の挑戦をすることが大切なのです。まずは、頂上を上り詰め、そこからは深く・深く、
時間をかけながら学ぶことが全てにおいて大切です。

 ☆Today for Tomorrow☆の考えで、精一杯、力を出し切る挑戦を毎日してみて下さい。。きっと素晴らしい未来がありますよ。

         私は、そう信じています。

投稿者 inoue : 22:19 | コメント (1) | トラックバック

ある雑誌者との出来事・・・約束とは

2006年04月06日

こんにちわ、院長の井上です。

最近、ある雑誌社の方と色々と話をしていました。
そんな中で少し感じたこと、また、普段から感じていることを
お書きしますね。

最近は殆どの連絡がE-mailで行われます。
私は、海外とのやりとりもE-mailでしますが、
本当に仕事の出来る人は、世界中どこにいても連絡への
対応が早いというのが感想です。

逆に近くても、出来ない人は出来ません。

では、早ければよいのかと思う人もいるかも・・・

そうですね、しかし、仕事のできる人、きちんと業績を上げて充実した
仕事を社会に提供しているところに勤務している人は、
連絡が早く約束ごとをしっかり守れています。

えーーそんなこと出来ているよと思われるかもしれませんが
思うのと、出来ているのは大違い。

昨日のブログのツキを呼ぶ言葉と同じです。
皆さんは、ツキを呼ぶ言葉が使えていましたか・・・

私は、ある雑誌者の方や今、このブログを読み、
あー連絡遅いな。約束の返事できていないな。
相手のメールの趣旨に対応した返信ができていないな・・・と
感じる方は、少し改めてみては如何でしょうか。

きちんと対応が出来ていると言うのは、物凄い信頼関係ですよ。

私もほぼ毎日やり取りをしている方々の中には、活躍している大学の先生や海外の関係者がいます。

お返事がないと、どうしたのかな・・・と思いますよね。
それだけ信頼しているし誠実だと知っているからです。

今日、ある雑誌社の方には、お電話で少し厳しい意見をさせていただきました。
 それは、上記のことが出来ていないからです。
けど、それはそれだけ信頼をしているという気持ちからです。
 早く気付いて欲しいからです。

そうですよね。そんな気持ちがなかったら、どうでも良いことですよね。

  今日、書いたことから、少しでも皆さんの気付きになればと
 思います。普通が物凄く難しいし、大切だということですね。

             では、また・・・・・・

投稿者 inoue : 12:19 | コメント (1) | トラックバック

ツキを呼ぶ言葉とは・・・

こんばんは、院長の井上です。

今日は、診療・保険講習会 その後、東京からのインプラントの会社の方と
大事な会議を行いました。

今回の保険改正は、本当に大きな改正であり、患者さんにとっても ある意味負担の大きなものになると思います。

一般の方には理解できないかもしれませんが、保険医療制度が かえって
医療を悪くしているのが実態だと思います。
私が医療について大切な人に相談されたら、本当に 健康に大切だと価値をもてるなら、投資をすべきとアドバイスするでしょう。

このことをどう受け止めるかは、皆さんの判断にお任せします。

さて、ツキを呼ぶ言葉・・・
ある方が私に雑誌のコピーとCDを送ってきてくれました。
そこには、ツキの呼ぶ言葉として、有難うと感謝が書かれていました。
どんな時でもこの言葉を使うことが、ツキを呼ぶそうです。

言霊というように、言葉の持つ力はもの凄く大きいと私は思います。

厳しい時代に大変と捉えるか、チャンスと捉えて取り組むかも同じです。

常にプラスの言葉、思考がツキを呼ぶ、良い運勢すらも引き寄せます。

ですから私は、大変とか、困ったとか・・・言葉は使わないようにしています。

同じ生きていくのなら、ツキや良い運勢を呼ぶような言葉や思考を持つようにしては如何でしょうか(^^)

簡単そうで、多くの方が出来ていませんよ・・・

投稿者 inoue : 00:18 | コメント (0) | トラックバック

手書きチラシ・・・

2006年04月04日

おはようございます、院長の井上です。

今日は、ご紹介です。

出村邦彦さんの『手書きチラシを知ってる!』の事例集が全国の書店で
4月17日販売されます。

この中には、いのうえ歯科医院の事例も報告されています。

現在、HPや病院でのニュースレターも出村さんのセミナーに参加して
始まりました。

今では、患者さんが「先月のももらえますか?」
            と言われるくらい定着しています。

   それって、すっごく嬉しいことですよね(^^)

このブログを見てくださっている、歯医者さん、お店をしている方・・・
いくら高額な広告やチラシをしても 反応があると限りません。

      これって、私の体験でもあります。

 ぜひ、この事例集を参考にしてください。4月17日発売です。

   いのうえ歯科医院の秘密も出ているので・・・

 そこで出村さんから・・・

 4月11日から13日まで、アマゾンに予約してください。
ご予約したフォームをメールで info@kiduki.comまでお送りいただいた方に、6か月分のサンキューレター 毎月の挨拶状に使える、絵はがきの線画をプレゼントいたします。

   実は、私は出村さんのメルマガも登録して、読んでいます。
 分かりやすく、すごく実践的です。どうか、皆さんもすぐに登録を・・・
          http://www.kiduki.com/prof.html   

       さらに詳しくは、こちらをご覧くださいね。

手書きチラシ.doc

        では、今日も一日頑張りましょう。

  今日は、東京からお客様が来て、病院の増改築のMeetingです。

投稿者 inoue : 08:17 | コメント (0) | トラックバック

My Bithday NO2・・・

2006年04月03日

   今、スタッフからクラッカーの鳴り響く音とともに
  
    『先生、おめでとうございます』の言葉・・・・

  だんだん年をとると、感動も大きくなるように思います。

DSC00364.JPG

 スタッフからのBithday ケーキ


DSC00370.JPG

 寄せ書きです秊

今年は、病院を増改築します。
インプラント手術を2室・完全個室クリーニングルーム室・完全個室一般診療室など、さらに
ヨーロッパの最新消器械や消毒室も完備した、最新の病院にします。
殆ど外観以外は、完全リニューアルです。

患者さんも、スタッフも心から喜んでくれる、
      そんな病院を共に目指そうと決意しました。

人と人とが手を握りしめ、共に夢に向かえば、
      達成できない夢はないと信じています。

        みんな、本当に有難う。

     感動を、ブログをお読みの皆さんにも・・・

 

投稿者 inoue : 21:16 | コメント (0) | トラックバック

My Birthday・・・

こんにちは、院長の井上です。

今日は、私の43歳の誕生日です。

みなさんに、ご紹介したいものがあります。

DSC00344.JPG

 それは、東京からクール宅急便で届いた、生花のフラワーアレンジ

DSC00359.JPG

  長崎から届いた、抱きかかえるくらいの大きな栗饅頭

 本当に感動するようなものが、日本には沢山あるんですね。感謝です。

 それと、母から母子手帳と臍(へそ)の緒を渡されました。
実は、以前から母に私の生まれた時間を正確に教えて欲しいとお願いを
していましたので・・・
 43歳になって初めて自分の母子手帳と臍の尾を見ましたが、
とても、神秘的な不思議な感動を持ちました。

 43年前の私の原点ですから・・・・。

そう考えると生んでくれた母と父には、感謝の気持ちでいっぱいです。

  何故、私がそのような感謝の気持ちを持てるのか、当然のことですが
 そこには、秘密があります。それを、今日はお伝えしますね。

  皆さんは、死から自分の人生を振り返り考えたことがありますか?

 実は、2日間一歩も外出せず、徹底的に、自分に関係する人について、
今の自分がどのような思いで接していくと、自分が死ぬときに相手に感謝され<出逢えてよかった>と感じてくれるかを 考えました。

             真剣にですよ!

 考えるときは、紙に手書きで一人一人への思いを含め書くんです。
そうすると、相手に対し嫌な気持ちでなく、感謝の気持ちが湧き出てきますよ。もしかしたら、涙も出てきますよ・・・。 

 誰も死ぬときに自分の周りから憎まれたり、恨まれたりしたくないでしょ。

  目標や夢を持つことも大切ですが、死から一度人生を振り返ると 
 きっと、充実した人間関係、生き方ができますよ。
  
 私は、歯科の勉強、マネジメント、人間学・・・得た収入の殆どを
 惜しむことなく投資をしています。休むことなくです。

   何故か、たった一度の人生を悔いなく生きたいからです。

 明日が健康で、明日が今日の延長だと考えているのなら、それは
 どうでしょうか。一度、大病や事故・・・体験した人には理解して
 もらえると思います。

    最後に悔いない人生は何かを・・・

  死から振り返り、いいですか、真剣に考えてください。

   

投稿者 inoue : 18:15 | コメント (3) | トラックバック

新たな一歩・・・

2006年04月02日

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、ニューヨーク大学同窓会立ち上げのMeetingで
東京へ行ってきました。

東京タワーの凄く近くのうかい亭というお店で会議を行いました。

あまりにも東京タワーが綺麗なので、写真を撮りました。

DSC00332.JPG


今日、帯広へ戻りました。

東京は、桜が満開で最高の時期ですが、十勝平野を飛行機から見ますと、まだ沢山雪があります。気温差も15度ですから、物凄い寒暖の差ですね。

さて昨夜のMeetingですが、今後のニューヨーク大学卒業生と最新の情報交換や、症例発表、ニューヨークでの卒業生だけの特別な勉強会などを中心に活動していくことを 概略決めました。

どうしても地域密着型の医療基準になりすぎて、国際感覚を失いがちです。
そういった意味でも、たとえ地域密着型であっても、ニューヨーク大学卒業生には、最新のインプラント知識・技術を持って、実践の場が地域という貢献をして欲しいと考えます。

充実したMeetigができましたので、リーダーとしてほっとしています。

このような会議も 普段の仕事も 人間関係においても、
相手にとってのベネフィット(それが相手にとって、どういう意味があるのか)を考えることが、大切と思います。

 明日は、私の誕生日です。43歳になります。
最近、自分の年も・・・???
 70歳でも80歳過ぎても、すぐに年を言える人は、
結構、それだけでも凄いと感じることがあります(^^)

投稿者 inoue : 16:13 | コメント (0) | トラックバック

知識と技術の重要性・・・・

2006年04月01日

おはようございます。院長の井上です。

今朝は、天気が良いですね。

HPのスマイルNewsも更新されました、是非、ご覧下さいね秊

 私は、スタッフにとにかく勉強してまずは
       きちんとした知識を持ちましょうと言います。

         それから、実践できる技術です。

 そうすると、自然に患者様からも感謝をされ、人間的にも成長します。
いきなり、人間的成長を期待しても、
         感謝されない自分にやる気はできませんから。

 最後は、『喜びの言葉や感謝の言葉のシャワー』を沢山浴びられるようになれば
 それは物凄く充実した人生でないでしょうか。

 私は、事故の体験があります。人間、生きるか死ぬかの時は、
       治してくれるかどうかが大切です。
多くのアンケートの結果からも患者様の真理は、同じようです。

しかし、現実には知識も技術も高める努力が、
        医療の現場でどれくらい行われているのでしょうか。

いや、その事実を本当に理解している人が・・・

何故か?

習慣化された生活環境にそのような意識を持つことは、不可能です。

皆さんも、目標が実現できないのは、習慣化した生活環境を変化させられないからですよね。

ですから、私は、繰り返しスタッフには知識と技術そして人間性の重要性を話します。

 自分で、自分の心の中でその事に気付き習慣を変えれば、想像もできないような素晴らしい感謝される仕事ができるようになるのですから。

 毎日言い続ける習慣化、これが大切です。

投稿者 inoue : 09:13 | コメント (2) | トラックバック