« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

寿谷先生との出会い・・・

2006年07月31日

おはようございます。院長の井上です。

昨日の朝一便で東京へ来ました。

私の尊敬する寿谷先生(ロマリンダ大学教授、目白でご開業されていた先生)

のスタディーグループ発足の記念パーティーのためです。

先生は、私が最も歯科医師として影響を受けた方です。

DSC00551(1).JPG

          〈先生との記念写真〉

 

先生の主催します、「3年間の歯科総合コースと1年間の外科矯正コース 」

を受講しました。

3年前の12月30日、2回目の歯科総合コース受講をしていた途中、

脳出血で倒れられ、現在までリハビリをしています。

寿谷先生は、天才的な先生です。さすが、世界が認める人は、

違います。

先生のコースはとても厳しく、私の時には2名しか

卒業をしませんでした。

本当に厳しく、物凄い緊張感で学びに学んだことを 今も忘れません。

だからこそ、今の自分があると感謝しています。

DSC00552.JPG

 〈今も、変わることなく眼光鋭く、お話される先生〉

 

私は、歯科医師としての知識・技術・生き方を学びました。

知識と実践する事を教え込まれました。

「能書きはいらない。患者様に本物の医療を実践できる歯科医師になりなさい。」

これが先生のお言葉でした。

 

今回、先生にお会いすることができ、本当に嬉しく感動しました。

最後に先生の私たちへの言葉は、

「正しい診査・診断・治療計画を立案できれば、必ず正しい答えがでます。

後は、生体が健康へ導いてくれる。君たちは、患者様への

プロとして最高のサポートをしてあげなさい。

また、時代や環境に一喜一憂して心を乱すことの無い、振り回されない、

自分の意志をしっかり持った自分の生き方をすること。

そして、寿谷と出会った人として、輝(ひかる)人になって欲しい。

これが、私の心からの願いです」

という言葉を涙を流しながらお話して下さいました。

 

私は、寿谷先生への感謝の気持ちを生涯忘れることなく、

先生から教えて頂いた、数多くの素晴らしい知識・技術・言葉を胸に、

今度は、先生に恩返しをしたいと考えています。

どんな状況になろうと、恩師への感謝を忘れるべきでは

ありません。

 

今日は、皆さんにも 自分に影響を与えてくれた方への恩師への

感謝の気持ちを思い出して頂けたら幸いです。

投稿者 inoue : 10:56 | コメント (2) | トラックバック

昨日は涙の感動が・・・

2006年07月29日

p> おはようございます。院長の井上です。

昨日は、涙の感動がありました・・・・

今朝、このようなメールを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井上先生

人生の記念すべき日を先生のお力添えで作ることができたことに御礼を申し上げま
す。
またその時間を井上先生と共有できたことを大変嬉しく思っております。
突然の無理な予定の中で、関根先生をはじめ、工藤先生やいのうえ歯科医院のスタッ
フの方々に支えられてなんとか乗りきることが出来ました。
今回自分が受けた感動を、近い日のうちに患者様に感じてもらえるように努力いたし
ます。
母親も井上先生のところでオペが出来たことを大変喜んでおります。
両親に感謝をし、親孝行をしていきます。
何度お礼の言葉を言っても足りませんが、この丸2日間本当にありがとうございまし
た。
では昼過ぎに東京へ戻ります。
皆様によろしくお伝えくださいませ。

●● ●

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は、昨日の午後3時頃に、

「もしお母様の手術をするのなら、今から帯広へ来られますか・・・?」

そのように、話したところ、彼のニューヨーク大学卒業ケースプレゼンテーションのために

お母様が治療に急遽、東京から来院することになりました。

彼は、大変優秀で、多くの先輩も認める素晴らしい歯科医師ですが、

インプラント治療の経験がありません。

(当然、NY大学他、多くの素晴らしい先輩やセミナーでは、勉強をしています)

昨日の私たちの手術終了が 22時頃ですから、

そこからお母様の鎮静ですので、0:00時からのスタートで 深夜2時半の終了。

30分お休みいただき、深夜3時半に終わりました。

彼は、周りのサポートもありましたが、立派にお母様の手術を果たしました。

まさに、「多くの勉強してきた結果」だと思います。

彼も感動して泣いていました。私たちも感動しました。

当然、お母様の目にも涙がありました。

母親の子を思う気持ちは、尊いものです。

彼には、ご両親への感謝と この感動の気持ちを忘れず 、

頑張って欲しいと思います。

私も素晴らしい感動の時間を信頼できる仲間と共有でき、

心から幸せでした。

昨夜は、午前4時就寝・・・明るかったですね(^^)

投稿者 inoue : 09:58 | コメント (2) | トラックバック

インプラント手術から感じたこと・・・

2006年07月28日

おはようございます、院長の井上です。

昨日は、手術終了が10時15分、スタッフが帰ったのは、

0::00時近くでした。今日も、8時スタートですから

スタッフは、7時前には病院へ来ています。

今日も、21時30分終了予定です。

今日は、九州からNY大学の後輩や東京から銀座で開業されている

総義歯の大家の先生も来られます。

沢山の方とエキサイティングな時間を過ごせること、

とても幸せな気持ちになりますね。

 

さて、インプラント手術から感じたこと・・・

患者様、スタッフの人間的魅力と暖かさです。

患者様が、本当に自分のある意味人生をかけて取り組んだ姿を

見たとき、私たちも患者様の人生の一端に本気で係わろうという

気持ちになります。

また、そのことが、何にも変えがたい、大きな喜びと感謝の気持ちに

なります。

歯の無い人が、自分の歯のように何でも食べられる、インプラント治療。

私は、この治療の素晴らしさを本当に感じています。

歯の無い多くの人が、インプラント治療が受けられる事を

心から願っています。

 

インプラント治療は、とても奥が深く、どれだけの教育と経験を

積んできたがとても大切です。

やっているのと、出来ているのは、どの職業でも同じですが

かなりの違いがあるのでないでしょうか。

また、スタッフの患者様や私たちへの気づかい。

きっと患者様にもスタッフの気持ちが、伝わっていると

そう思いたいです。

朝早くから、深夜まで、しかも今日もですから・・・。

 

最後にインプラント手術から感じたことは、

本気で取り組むことでのエネルギーと仕事の素晴らしさ、

そして、チームワーク、仲間の大切さ。

私は、素晴らしい患者様、スタッフ、真剣に見学してくれている先生たち

もチームともいえる専門医の仲間たち、

こんな環境で仕事をさせて頂ける事に感謝の気持ちで一杯です。

今日も、骨移植、全顎インプラント患者様などです。

 

今日も患者様の人生を変えられるように、一丸となって力を出し切ります。

人生は、一度です。悔いは残したくありませんし、

プロとしての使命を果たしたいと思います。

 

投稿者 inoue : 07:00 | コメント (0) | トラックバック

悩みは抱え込まない・・・・

2006年07月27日

おはようございます、院長の井上です。

今日は、朝8時から手術が始まります。

スタッフは、6時半から準備をしています。

終了は、23時を予定。スタッフのこの根性と意欲には、

院長として感謝以上のものです。

さー気合を入れなくては・・・・

 

今日は、「悩みは抱え込まない」をテーマに書かせて頂きますね。

 

 

人は、多かれ少なかれ 悩みを持っています。

その人の意識や感じ方でも違うと思いますが。

例えば、自分の問題は、多くの人も持っている問題だから

今は少し辛いけど、頑張らなくては・・・という人。

もう、問題に悩んで、苦しくて、落ち込んでしまう人。

自分は、強いし、前向きだし、不可能はないから、自分で解決すると

考えている人・・・・さまざまですよね。

 

ただ、そこで私が感じることは、

人は、一人で突っ張って生きていけないということです。

最後は、周りに支えられ、生かされている自分に気がつく時が来ます。

ですから、どんなに強い人でも悩みを抱え込まないで、

人に相談したり、遠慮しないで聞いてもらうとよいですよ。

そんな素直な自分を出すからこそ、絆も深まると思います。

そして、受け止めてもらえないとしたら、それは大切な人としての

絆でありません。

ある意味、人は 頼って欲しいと思っているんです。

頼られるということは、自分を信じてくれている、自分が生きていて

役立てている喜びでもあるんですよ。

 

では、何故、悩みを抱え込まないことが大切なのか???

それは、自分の気づかないうちに、悩みがどんどん広がり

体や精神すらも侵食されていくからです。

生ゴミと同じですよ。貯めておくと、どんどん腐り、

自分も周りも凄く辛いし、困りますよね。

多くの人は、この現象に気づいていません。

ですから、吐き出すことは凄く大きな意味を持っているんです。

 

いいですか、悩みは抱え込まないこと。

吐き出すことで、心も精神も健康になれるのです。

この原則を少しでも多くの人が気づいてくれることを

心から願って・・・・

投稿者 inoue : 07:02 | コメント (1) | トラックバック

常識は、洗脳・・・

2006年07月26日

おはようございます。院長の井上です。

エキサイティングな日が、今日からスタートです。

何が???

 

明日から 朝8時から夜11時近くまでの

インプラント手術のスタートだからです。

しかも、連日・・・・

さすがに気合ですよね。

通常の病院なら、1名で2~3本で、1時間くらいでしょうか。

では、何故、先生の病院は、そんなに沢山の患者さんで、

しかも、たくさん一度に手術ができるのですかという声が聞こえてきます。

常識ってどうやって自分の中に取り込まれてきましたか?

きっと、ご両親、お友達、先輩、環境、勉強・・・etcです。

もし、そこから与えられてきたもの、受けてきた影響が

全く違っていたとしたら、今のあなたは、同じ常識を持っていましたか??

きっと違うと思います。

必ず違います。

そうなんですよね。常識は、周りからの洗脳の結果かもしれませんよ。

私は、そのことに気づいていましたので、

友達、先輩、環境、勉強の場所・・・・全てを自分の常識を超えさせてくれる

というところを選んできました。

ある意味、素晴らしい人との出逢いが自分の常識を変えてくれた

ということです。

ですから、私の周りは、スタッフも含め、当然のように受け止めています。

患者様もです。

九州や東京からも見学に来てくださいますが、きっと彼らも常識が変わる

のかもしれません。

常識とは、洗脳かも・・・

自分の可能性や限界は、いくらでも変わるということです。

皆さんも今の常識を捨ててみて、新しい常識の世界に変えて

みては、いかがでしょうか。

投稿者 inoue : 08:03 | コメント (1) | トラックバック

スケジュール管理・・・

2006年07月25日

みなさん、おはようございます。

院長の井上です。

最近は、息つく暇もないようなスケジュールです。

昨日も診療終了後、病院増改築に伴う器材関係の

打ち合わせを0:00時過ぎまで行っていました。

今週は、今日からも連日来客、木・金とインプラント手術13名です。

その後は、週末から学会・・・来週まで東京です。

当然、他にもいくつかの課題があります。

 

では、このような状況で全てをやり遂げるためには

どうすればよいのでしょうか。

簡単です。

必要以外のことは、何もしないということです。

無駄と考えることを全てしない。自分以外でできることは、極力しない。

ある意味、自分だからできること、自分の強みをいかせること

に集中する生き方をすることです。

自分のだからできる、自分の強みを明確にすること

このことはとても大切です。

さらに、短い時間を上手く活用し、集中すること。

まとまった時間など 現実には、とることができません。

多くの人は、短い時間を生かし切れていないと思います。

短い時間だからこそ、集中でき、また、高い価値を生むのです。

今日は、強みを活かし、短い時間の活用による

スケジュールの組み立てと管理について書かせて頂きました。

頑張りましょう。

投稿者 inoue : 09:04 | コメント (0) | トラックバック

ドラッカー塾の仲間から・・・

2006年07月23日

今晩は、院長の井上です。

今日は、ドラッカー塾の仲間から教えていただいた

「幸せ三か条」
奪うより与える!(人の役に立つ心)
現状に満足して常に感謝する!(感謝の心)
人の喜びを自分の喜びにする!(祝福の心)

をシェアーしたいと思います。

この幸せ三か条を教えてくれた方は、ドラッカー塾の丸山さんです。

もの凄くバイタリティーがあり、尊敬できる経営者です。

実際、会社も素晴らしいのですが・・・

皆さんは、この「幸せ三か条」をどのように受け止めましたか。

私の気づき・・・

この「幸せ三か条」が常に実践できている人で成功していない人は

絶対にいないと思います。。

人に尊敬と感謝をされる成功者になる必須の三か条だと

丸山さんを通じて感じました。

私は、この幸せ三か条を真摯に受け止めようと決意しました。

 

投稿者 inoue : 23:05 | コメント (1) | トラックバック

過去を振り返ると・・・・

2006年07月22日

こんにちは、院長の井上です。

全国的に天気が本当に悪いですね。

十勝は農業王国ですから、患者様の中にも

農業をされている方がいます。今年は、実がならず

大変だと言うことです。

何か、自然現象がおかしくなってきている・・・

そんなふうに年を追うことに感じませんか。

 

さて、今日は、過去を振り返ると・・・

褒められながら頑張った記憶と 辛かったけど頑張った記憶

どちらが、しっかりと憶えていますか???

私は、辛かったけど頑張って結果を手に入れられた記憶のほうが

鮮明で、心地よく憶えています。

今の時代、課題は駄目、怒るのも駄目、怒っても優しく・笑顔で、

・・・・本当に厳しい事を言わない時代になりました。

大学でも医局会で学生への厳しい対応を控えてくださいと

医局長が話したのを憶えています。

教育実習に母校に行くと、あまりにも教育に情熱が無いと

感じたそうです。

そうですよね。すぐ非登校やら、親からの苦情ですから。

ある、進学高校では、先生が親に勉強が出来ても目立ったり、

あまり、質問すると、いじめもありますので 控えたほうが・・・

私もスタッフへの注意には、気を使います。

今は、常識が違ってきているのでしょうか。

しかし、私の過去の人生を振り返ると、叱咤激励をしてくれ、

辛くても頑張ったときに、大きな成果と自信が得られたように思います。

ですから、今でも辛いとき、そこを頑張ることでの大きな結果と

自信を得られると思うと やる気が出ます。

何も言われず、自分のペースの人生を悪いと言っているのでは

ありません。

ただ、過去の先輩たちが感じてきた、価値観や意味を

私を含め、若い人たちは 時代ということで片付けるのでなく

少しその意味を考えてみてはどうでしょうか。

所詮、どんな人も 人は変わるのではありません。

人生の最後には、きっとそう思うのでないでしょうか。

そうであれば、素直な気持ちで、もう一度、時代を振り返り

見直し、若い人は受け止め、先輩は伝えることをしてみては

と思います。

厳しいこと、辛いことは、振り返ると大きな喜びと感謝であることに

気づける日を願って・・・。

投稿者 inoue : 08:06 | コメント (2) | トラックバック

相手の心の奥を認めること・・・

2006年07月21日

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、毎日どのようにお過ごしですか。

最近、色々の方とお会いしたときに、

「先生のブログを毎日見ていますよ。

      すごく毎日の気づきになるので・・・」とよく言われます。

とても嬉しいことです。

毎日よく書けますねとも言われますが、自分は好きなんでしょうね。

多くの人とお会いしたとき、今日の先生とのお話で 

とても元気が出ましたと言われることが多くあります。

しかし、毎日の生活や自分の目標に向かい 過ごしていますと

お会いできる人は、ほんの僅かな人なのです。

私のブログと出会って、元気になったり 楽になったり、気づきを持てたり

してくれたなら、それはとても幸せなことですよね。

 

 

今日は、相手の心の奥を認めること・・・・

 

これは、どういう意味かということです。

人は、相手の表面的な現象で判断をしがちです。

あの人の言葉は 失礼だとか、あの態度は横柄だとか、

あの人の服装はだらしないとか・・・・・

要するに、自分の感じた主観で 相手を決めつけ

 表現してしまう傾向があります。

それって、本当に正しいことでしょうか。

反対の相手の目で自分がそう見られたとしたら、

不快な気持ちに なりませんか。

そんな、あなたの主観で 私を決めないで欲しいと。

 

思いますよね。

そのような相手への見方は、絶対的な自分の価値観を

心の中に持っているからです。

もっと、相手の心の奥を認めようでありませんか。

 

心の奥に無限の優しさや思いがあるから、時として反動が一時的に

表面に出ているだけかもしれませんよ。

もう少し相手を認める、しかも見えない心の奥を認めることです。

どんな人も必ず素敵な人なんです。

たまたま、環境や状況が 今のその人の態度や言葉に出ているだけなんです。

私たちは、相手の全てを知らないのですから・・・

また、相手の態度や言葉の原因、あなたが作らせているのかもしれませんよ。

 

今日は、最高の人間関係作りのための、

相手の心の奥を認める大切さについて書かせて頂きました。

全ての人との出会いに、感謝を込めて・・・・

 

 

投稿者 inoue : 08:07 | コメント (1) | トラックバック

お葬式で感じたこと・・・

2006年07月20日

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、子供の頃から大変お世話になった、叔父の

お葬式に行ってきました。叔父は、71歳の若さで亡くなりました。

しかし、人は死という道を必ず通るのですから、そのことを

受け止めなければなりません。

受け止めるのは、亡くなった本人と、周りのことです。

自分の人生は、長くても短くても運命を精一杯

自分の意志で生きたと考えるべきでしょう。

しかし、残された周りがその現実を受け止めるには、

生前、笑顔で毎日過ごしていたとしてくれたのなら、、

それは、きっと最高の人生だったと受け止め、

見送ることができるのでないでしょうか。

 

ここで、私が感じたことは、

人は、毎日を楽しく、精一杯生きることで

たとえ何が起きても、自分も周りも悔いなく、幸せだったと

人生を受け止めることが出来るということです。

 

そのように考えますと、叔父は、とても楽しく、素晴らしい人生を

送ったように思います。

私の記憶には、笑顔しかありません。

きっと家族も親族も友人も・・・・・全ての人がそう思っています。

自分の生き方が、残された人の人生にも影響を与えるのです。

楽しく笑顔の記憶の叔父は、最後まで、それ以降も、私たちの

人生に 笑顔と言う最高の人生の生き方を教えてくれた

感じました。

自分の生き方は、自分にだけのものでなく、

例えこの世からいなくなったとしても

人の人生に大きく影響を与えるのです。

自分も満足した人生であり、周りの全ての人にも自分の人生を

通じて、幸せや生き方を伝えられる・・・・

そんな人生を過ごせることを意識してみてはいかがでしょうか・・・

 

最後に、叔父には 今まで伝えてくれた多くのことを

心から感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

 

投稿者 inoue : 07:08 | コメント (1) | トラックバック

積極的な心構えって、苦しくない?

2006年07月19日

こんにちは、院長の井上です。

帯広は、毎日寒いです。夏を感じる間もなく

街ではバーゲンですから、衣料品店など大変だと思います。

今は、本当にどんな仕事も大変な時代ですよね。

まさに、こういう時代だからこそ

積極的な心構えで、時代に向わなくては ????

本当に、そうなのでしょうか。

私は、この積極的な心構えについて少し、考えていました。

 

いくら、人からこのような心構えを言われても、

自分の心の底で不安や恐怖・・・があったら 受け入れられ

ないと思いませんか。

積極的な心構えを、頭から無理矢理 理解しようとしても、

結果として 心との葛藤になり精神のバランスが崩れると考えます。

いくら、素晴らしい話を聞いたり、プログラムで学んでも、

心の中が素直に受け止められる環境になれることが大切です。

そうしませんと、維持的に 積極的になっても

すぐに戻ってしまうのが現実です。 

そのような経験を多くしていませんか。 心当たりありますよね。

私は、あまりガツガツ目標や数字とか決め付けることなく、

まずは、毎日を楽しく過ごすことが大切だと思います。

 

何かを決めるのでなく、毎日の成長を楽しむことです。

そうすることで、心中に躍動感が出てきて、自然と全ての事に

取り組む姿勢が変わる、そうすることで、積極的な行動になり、

その行動が、積極的な心を生み出すのです

一番大切なことは、今の自分、生活を楽しむこと・・・

これがキーワードです。

楽しめていない人、心に不安や恐怖・・・持っている人に

積極的な心構えがあれば、全てが解決できるといった

そのような自分の価値観は、全てが正しいということではないことを

理解することが大切です。

最後に、毎日楽しく過ごすこと・・・これが全てですよ。

投稿者 inoue : 07:09 | コメント (0) | トラックバック

患者さんへの思い・・・

2006年07月18日

こんにちは、院長の井上です。

今日は、患者様への思いについて・・・・

 

来週は、激しいインプラント手術を2日間行います。

おそらく、朝8時頃から 夜10時過ぎまでずっと手術を

行う予定です。協力してくれるスタッフや 九州や東京からも

見学に来てくださる先生にも感謝です。

 

今回は、難しい患者様ばかりですが、主に若い女性で

全顎インプラント治療、上顎洞や鼻腔底挙上など、さらに

骨を移植しながら 同時に埋入したり、大変やりがいのある手術です。

このような、激しい手術を受けてでも、健康を取り戻したいと

頑張ってくださる患者さんへ、さすがに、一人の人(歯科医師)として

最高の笑顔と美味しい食事できる生活を取り戻すお手伝いをしたい

そう思います。

 

患者様から「先生を信頼していますので、何の不安もありませんよ」

本当に嬉しく思うとともに 心の中で手を合わせるような感謝です。

やはり、病院側と患者様とも、一人の人としての心の絆が大切であり、

その共有している、お互いの信頼と思いがあるからこそ、

どんなことでも共に立ち向かえるのだと強く感じます。

 

 

そこで、皆さんは、どんな思いを持って、周りの人と対応していますか???

思いなんて・・・・と考える人もいるかもしれませんが、

実は、このことがとても大切だということです。

 

昨日、病院へ見学に来た、前向きな素晴らしい先生に私が伝えたこと

それは、患者様への思いです。

思いがあれば、必ず自分を高め貢献できるようになる、行動を

するからです。

皆さんは、どう感じになられましたか。

投稿者 inoue : 12:10 | コメント (1) | トラックバック

命を懸けて守るもの・・・

2006年07月17日

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、映画を観てきました。しかも、帯広で映画を

観たのは、30年振りでしょうか。

「日本沈没」 http://www.nc06.jp/ を観てきました。

 

もし、皆さんは、日本が1年もしないで沈没すると分かったら

どうしますか???

 

日本から逃げますか、それとも日本と共に死を迎えますか。

とても難しい質問ですよね。

この映画からの私の気づきは・・・

人は、最後は自分のことよりも社会に貢献できることに

自分の命にも代わる価値を見出すと感じました。

健康で元気な時は、自分を中心に 自分の利益を

考えるのかもしれませんが、

究極の心理での生き方の基準は、

「愛」と「貢献」なのかもしれません。

この映画での最後は、「草薙剛」が日本を救うために

命を捨てることになります。

そこで、皆さんは、自分の命を捨ててまで守るもの、

守りたいと思うものは、何でしょうか。

 

それは、人によって違うように思います。

家族・恋人・知的財産の継承、お金、地位・・・・・

そして、無限にあると思います。

 

この映画を通じて、いつ何が起きても悔いない人生を、

毎日生きよう。と思うと同時に、自分にとって命を捨ててまで

守るべきもの、守りたいと思うものを考えさせられました。

皆さんは、この質問に迷わず応えることが出来ますか?

死から見た時の自分の人生の充実感については、

以前に2日間ほどかけて考えましたが、

今回は、新たな視点からの気づきで 考えることをしたいと思いました。

投稿者 inoue : 12:11 | コメント (1) | トラックバック

客観的に見るとは・・・

2006年07月16日

こんにちは、院長の井上です。

昨日で、サイグラム・ビジネススクールが終わりました。

そこで感じたこと・・・・

 

客観的に見ることの大切さです。

 

多くの人は、自分を客観的に見ることができません。

何故でしょうか?

それは、とても難しいことだからです。

しかし、いくら知識やスキルを持っていても、

自分のビジネスがいくら成功していても、自分を客観視できて

いるかというと、決してそうではありません。

そのために、相手との行き違いのあることは、多くあるのではないでしょうか。

 

では、何故、客観的に見ることが出来ないのでしょうか???

また、出来るようになるためには、どうすれば良いのでしょうか???

 

私が考えるには、多角的であり 世界的な視点からバランスよく学ぶということです。

人の判断は、学んでいるものの価値の影響が、大きいと思います。

例えば、一つだけを求めて、認めている価値の物か、

それとも日本、または世界の価値観の物なのかによっても違います。

すなわち、自分が今、どの範囲の価値を持っているかで、

自分にとっての最大限と考えるものも、小さな独りよがりしかない物か、

または、素晴らしい物かということになります。

客観的に見ている自分も、自分の見ている価値観の影響でしかないのです。

そう、考えると本当に客観視することは、難しいことですよね。

 

そのことに気づいたのなら、

常に相手の立場の気持ちになって考え、行動することで、

きっと客観視したとき、間違えのない態度や行動ができていると思います。

 

あまり、自分のレベルや成功に過信することなく、

相手の立場の気持ちになって考え、行動することで、間違えのない

人間関係コミュニケーション、そして最良の人間関係が出来ます。

投稿者 inoue : 00:11 | コメント (2) | トラックバック

成長の喜びと感動とは・・・

2006年07月15日

こんにちは、院長の井上です。

昨日のサイグラム・ビジネススクールは、約12時間かけ、

全員が実際の講義状況を想定しての 実技試験が行われました。

 

そこで、強く感じたこと・・・

昨日の試験をむかえるまでに、100時間以上の講義と実技練習を

してきました。

スクール以外で受講生全員が、仕事の合間にどれだけの勉強や練習を

してきたかは、想像できません。

きっと、もの凄く努力をしていることは、昨日の結果を見れば分かります。

全員が、初めのころとは、比較にならないほど成長をしていました。

これは、昨日も書きましたが、開発者の吉井先生の考え抜かれた

講座の組み立てと、受講生に対し 愛があるからだと思います。

(サポートしてくれる多くの協力者の愛もあるでしょう)

 

それと同時に、受講生同士の連帯感も 成長の原動力になっていると思います。

ここで、私が皆さんと考えたいことは・・・

なぜ、ビジネス・スクールの受講生は、こんなに短期間で成長が

出来ているのでしょうか?

 

今まで書いてきただけの理由だけでしょうか???

 

私は、違うと思います。

多くの犠牲と負担をにないながら、本気でサイグラムを学びたい

そういう受講生が集まってきたからです。

受講生の気持ちが素直に学びたいと心の扉を開いたから、

吸収できているのだと思います。

人は、素直に本気で学ぼうとすれば、必ず成長ができることを

まさに体験しました。

全員で成長できている感動は、格別な感動です。

これで、終わりではありません。当然、さらに成長を求められ、受講生が

挑戦を続ける気持ちを忘れてはいけないと思います。

このスクールは、まだまだ続きます。

私たちは、更なる成長への努力をしたく思います。

 

最後にブログで伝えたかったことは、

成長するために、今の自分の取り組み方も含め、何が必要かを

謙虚に考える機会になればと思い、書かせていただきました。

そろそろ、自らの可能性に本気になって挑戦してみませんか。

投稿者 inoue : 00:12 | コメント (0) | トラックバック

愛の教育とは・・・

2006年07月14日

こんにちは、院長の井上です。

今日も、東京でサイグラム・ビジネススクールに参加しています。

昨日は、論述試験、今日は、プレゼンテーションの試験です。

このスクールの素晴らしさは、以前にも書かせていただきましたが、

仲間との一体感です。

今の世の中、個人を尊重するあまりに、仲間との協調性が欠落

しているように思います。

しかし、仲間の協力なしでは、何も成り立ちません。

以前は、そういった意味から仲間の素晴らしさを書きましたが、

今回は、愛の教育というテーマで書かせていただきます。

 

愛の教育・・・・

なぜ、そのようなテーマで書こうと思ったのか???

 

サイグラム開発者である吉井先生のセミナーの組み立ては、

実に全員が学びことができ、全員が実力を高め、

全員が試験に合格し卒業できるように、愛に満ちた教育の組み立てに

なっているからです。

吉井先生は、セミナーの組み立てについて詳しくは、お話をしません。

しかし、今日、お食事をする機会があり、お話をしましたところ、

やはり、私が感じていたように、受講生への深い愛情が伝わるお話でした。

教育とは、教育者が寡黙な中に深い愛情を持っているからこそ、

受講生全体に 自然な形でそのことが伝わり、連帯感が生まれてきているのだと

強く感じました。

 

学校教育も社会の教育も、最終的には「愛がいかに大切か」ということを知る

素晴らしい機会を与えていただきました。

サイグラムビジネススクールに参加したことで、多くの仲間との絆、

吉井先生からは、愛の教育の大切さなど、沢山の感動を得ました。

皆さんも、子供や仲間、会社の従業員・・・・

必ず愛を持って教育することで、 素晴らしい気づきを持ってもらえると思います。

皆さんも、愛の教育の素晴らしさを信じてみませんか。

投稿者 inoue : 01:13 | コメント (0) | トラックバック

立場の違い・・・

2006年07月13日

こんにちは、院長の井上です。

東京に来ています。東京は、物凄く蒸し暑いですよ。

今回は、日本産業心理コンサルティング協会の

サイグラム・ビジネススクールの参加です。

毎回、本当に吸収することが多くあります。

サイグラム開発者の吉井先生が受講生に、

「私と受講生の一番の違いが分かりますか???」

という問いをされたことがありました。

答えは、立つ位置が180度違うということです。

立場が全く違うということです。

 

私は、病院で毎日、朝礼を行います。

そこで、私が話をするのですが、今週からは交代で

することにしました。

何故か、分かりますか???

立場が代わると、気づきも変わるからです。

すなわち、人に話をすることの責任、伝えることの大変さ、

聞いている人の態度をどう感じるか・・・・です。

人に話をするという事は、責任があります。

一生懸命に話をしているときに、姿も隠れて、下を向いて、

笑顔やうなずきもない・・・

きっと、もう話したくない気持ちになりますね。

逆もあります。

前に出て、笑顔でうなずきながら聞いてくれたとしたら・・・

話をしていても、最高の気分で朝から仕事が出来ますよね。

すなわち、人にされて嬉しいこと、不愉快なこと・・・・

立場を180度変えないと、きっと気づかないと思い、

朝礼を交代で行うことにしました。

 

相手の立場でと、よく言いますよね。

そのように考えられる人は、かなり少ないと思います。

これは、正直な私の気持ちです。残念ですが。

立場の違いが理解でき、相手の立場で考えられるようになれば

自分から望まなくても、社会から豊かさや幸福感が

与えられるのでないかと思います。

 

このことに気づかない限り、いつも狭い視野の思考と価値で

自分中心の評価をしたり、または転職し、自分の認めてくれる場所を探すのです。

本当に愚かです。

転職の意味を理解していないと思います。

(転職を悪いと言っているのでなく、一度、自己を客観視することです。

自分で考える姿と他人から見る姿とは、大きく違うことがありますから。

その時、類友の意見では、参考になりませんよ)

現状で成果が出せない一番の理由・・・

相手と立場の違いが理解でき、相手の立場で考えられるようになる。

この素直さと謙虚さ、これしか、ありません。

皆さんは、どうのように思いますか???

投稿者 inoue : 00:14 | コメント (1) | トラックバック

素晴らしい経営者思考を・・・

2006年07月12日

こんにちは、院長の井上です。

最近は、本当に多忙な毎日を過ごしています。

4次元の世界で生活している感じです。

過去の記憶が無くなるくらい、多くのことをしています。

それでも、まだまだしたいことが沢山あり、

本当に人生の楽しみは尽きないというのが実感でしょうか。

 最近の私の楽しみは、素晴らしい経営者の

                       思考を学ぶことです。

 中村天風や松下幸之助の経営100話、安岡正篤・・・

 本当に勉強になりました。

 そこで、最近、やっと手に入れたのが、京セラの稲盛和夫の経営講和

1~55巻のCDです。何度か聞いたことがあったのですが、

徹底的に聞きたいと思い 購入しました。(すごく、嬉しいですね)

 また、さらに最近、はまっているのが、孫子の兵法など、さらに

古典に学ぶ考え方です。 

       「言志四録」の講話も聞いています。

勝海舟、坂本竜馬、山岡鉄舟、西郷隆盛も影響を受けたと言われています。

過去の素晴らしい人が大きな影響を受けたものです。

現在、多くの経営者に影響を与えている人の講話を聞くことは、

とても勉強になります。

 

現在の流行のマーケッティングの世界も大切ですが、

やはり、幅広く、バランスよく、学ぶことは、さらに重要です。

素晴らしい経営思考を持つようになるためには、素晴らしい

経営者が影響を受けたものを、私たちも学ぶことで成長することができ、

多くの気づきを持つことができると思います。

人が学んだ、人の思考で解釈されたことを、単に受け入れるのでなく

自らの思考で解釈すること、受け入れることは大切です。

 

私は、原著の大切さをすごく感じています。

 是非、自分の尊敬する人、興味のある人が、何に影響を受け、

何を学んだかを探ってみてください。

 そして、影響受けた書物や人物を徹底的に調べてみると

そこには、きっと大きな何かを発見できると思います。

 私は、歯科医療の勉強に関してはいつもそうしてきました。

小手先の価値のない、長続きしない情報に惑わされている時間は、

あとで後悔すると思います。本質で生きること・・・

 すごく大切だと感じています。

投稿者 inoue : 00:15 | コメント (0) | トラックバック

諦めないこと・・・・

2006年07月11日

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、先週のインプラント手術後の患者様から

すごく嬉しいメールをいただきました。

ご紹介させてください。

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

いのうえ歯科医院  井上先生 様


昨日インプラントの手術を受けた●●●●です。

本当に最高の治療、手術ありがとう御座いました。いのうえ歯科医院に出会えた事に感謝 いたします。

私自身数年前から歯では悩みに悩んでいましたから手術が終わり安心し、ほっとし ています。


いのうえ歯科医院に出会えていなければ・・・

今考えただけでぞっとします。

私は2年程前からインプラントを考えはじめ歯科医院にも三ヶ所ほど行きましたが 何処も納得する説明をして貰えず(何処もインプラントの事聞くと見積書を帰りに渡さ れる)、ネットでインプラントの事を調べると安心、信頼出来る歯科医で治療したほ うが良いと書かれていますが本当に信頼できる歯科医を見つけるのは大変な事を知りました。正直、帯広市の歯科医は遅れていると思っていました。本当に悩みに悩んで いたので札幌での治療も考えていましたが、たまたま●●でいのうえ歯科医院のを見 つけアドレスにアクセスしましたニューヨーク大学プログラムリーダーと書かれてい ましたのでここなら納得できるインプラント治療をしてくれるのではないかと祈る気持ちで予約を入れたことを今でも覚えています。(正直、当時大変申し訳御座いませ んがこれほどすばらしい先生が帯広に居る訳が無いと思っていました) そして昨日、世界的権威ある井上先生の手術が受けることが出来て井上先生、スタッフの方々 に感謝いたします。

またこの帯広に素晴らしいいのうえ歯科医院が有った事に感謝します。
なぜ世界的権威ある井上先生が帯広に居るのか不思議です。でも地方だから、田舎だから最新の治療が受けられない、素晴らしい先生が居ないのはおかしいと思いま す。本当は都会だから地方だからではなく同じ志をもって治療して頂けない事はとても悲しい事だと思います。

今では本当にいのうえ歯科にめぐり合えたことに感謝しています。先生の書いた小冊子、ブログも毎日楽しみにしています。
毎日、あたらしい発見、気付など日々行動にも大変役立っています。

本当に有難う御座いました。
またこれから続く治療も宜しくお願いします。

お忙しいところ申し訳御座いません 一言お礼が言いたくメールにて失礼いたします。


●● ●●(男性)

追伸 
本当に安心、信頼できる病院を見つける事は大変です、私も最後の方は諦めていま した。でも諦めなかった事に幸運が訪れたと思います。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 私たち、いのうえ歯科医院のスタッフ全員、このような患者様の

お手紙やメール、お声にいつも元気とやる気を戴いています。

私は、自慢をしたくて出しているのでありません。

私は、世界的権威でもなく、ただの帯広の歯科医師です。

しかし、素直に私もスタッフも 患者様のお声に喜び、

このことを糧に さらに努力したいと感じています。

 このような患者様のお声は、さらに私たちの成長への意欲を与えくださり、

患者様のために新しいことへの挑戦・貢献をしたいという気持ちになります。

 

 今、私も、サイグラムという勉強に挑戦していますが、日常の多忙な中

とても大変です。しかし、価値あるものへの挑戦は、将来必ず多くの人に

役立つと確信しているからこそ、多くを犠牲にしてできるのだと思います。

患者様の追伸に、諦めない事に幸運が訪れたという言葉・・・

 私も大事故の体験から同じく思います。

 

 私たちは、すぐに何でも諦めてしまいます。

諦めない素晴らしさ、本当に大切です。

 毎日を安住していては、人生の醍醐味を知らずに終わります。

最高の人生を送るために、何か共に挑戦しようでありませんか。

 感謝を込めて・・・今日は、書かせて頂きました。  

投稿者 inoue : 07:17 | コメント (2) | トラックバック

ビジネス・マナーについて・・・

2006年07月10日

こんにちは、院長の井上です。

昨日、P.ドラッカー学会(http://www.drucker-ws.org/)から

いのうえ歯科医院をリンク(http://drucker-ws.org/links.htm

させていただきましたと連絡を受けました。

今、ドラッカー塾のトップマネジメントコース(http://www.dcbs.jp/djt/

を受講している、ドラッカーファンの私には、嬉しい連絡でした。

 

 

さて、今日は、ビジネスマナーについて・・・

 

 皆さんは、西出博子先生をご存知でしょうか。

先生は、英国でビジネスマナーを学ばれ、日本でセミナーを

されている、素晴らしい方です。

HP:http://www.erh27.com/

実は、スタッフから「先生お休みが欲しいんですけど」と言われ、

西出博子先生のビジネスマナーに参加したいとのことでした。

基本的にいのうえ歯科では、新人教育の一貫として、

私の友人の奥様で、元スチュワーデスさんの方から、

5回~8回病院でのマナー講座を受けてもらっています。

しかし、今回、西出先生のセミナーの話を聞きまして、

まさに、実践できるレベルの素晴らしいセミナーと感じました。

セミナー自体も素晴らしいのですが、参加者の意識の高さが素晴らしい

と感じます。

 

私も早速、書籍(一流になる人のビジネスマナーの本)を読みましたが、

自分を振り返る、素晴らしい機会となりました。

西出先生の本は、単なるビジネスマナーの本ではなく、

人としてどうすることが、相手にとって心地よさを与えるのか 教えてくれるものです。

私も英国紳士のようなビジネスマナーを身に付けたいと

本当に心から思いました。

知識やトレーニングを積んでのマナーと 感覚的なマナーでは、

全く違うということを 

是非、深く認識して欲しいと思います。

是非、皆さんも西出先生のセミナーに参加してみては、 如何でしょうか。

きっと、西出先生が言われるように、素晴らしいマナーは、

人生を変えると思います

 

私も本当に そう思います。

 

皆さん、目を閉じて想像してみてください。

素晴らしいビジネスマナーの人と聞かれ、浮かぶ人がいますか???

そう、それが現実です。

 

私もスケジュール調整をして 英国紳士ビジネスマナー講座を

一度、参加してみたいと思います。

そして、人生を変えてみたいとも思います。

投稿者 inoue : 08:18 | コメント (2) | トラックバック

モチベーション・・・・

2006年07月09日

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、夕方、手術で疲れましたので、フット・マッサージと

足の裏の角質ケアをしてきました。

角質を取ると、こんなに綺麗になるのかと驚きました。

歯でもそうですが、見えない足の裏が 綺麗になるだけでも

気持ちがよく、嬉しい気分になります(^^)

今日は、久しぶりにゆっくりします。

DSC00469.JPG

*昨日、手術後に麻酔科医の工藤先生との写真です。

 

さて、今日は、モチベーションについて書きます。

 

私への多くの方の共通の質問に、

どのようにしてモチベーションを保っているのかと聞かれます。

多くの方からもメールをいただきますが、やはり一番の悩みは

モチベーションを上げられないということです。

私は、勤務医に話をするとき、

「最近、君は心の刺激を求め、何か行動をしましたか?」と聞きます。

すなわち、初めは、何か刺激を求める行動をするように意識することです。

映画・コンサート・ドラマ・雑誌・自己啓発書・能力開発プログラム・

成功者のDVD・セミナーへの参加・・・何でも良いのです。

何かを求めるのです。

今の自分の現状に留まっていたのでは、モチベーションは上がりません。

私は、常にそうしてきました。今もそのように意識して生活しています。

モチベーションの低い人で、刺激を求める行動をしていません。

 

ここが、すごく重要ですので、聞いてください。

 

行動することが、気持ちを変えるのです。

気持ちが変わるのを待って、行動するのでありません。

行動すると気持ちが変わるのですよ。

多くの人は、心と体の関係に気づいていません。

気づいていても出来ていません。

 

私の今のモチベーションの原動力について、最後にお伝えします。

この世に生まれた自分を、人のために役立てたいという気持ちです。

自分の行動が 少しでも多くの人と喜びを分かち合うために、

少しでも成長したい という気持ちです。

喜びを受ける側でなく、与える側でありたいと考えています。

そして、思考ですべてが変えられると感じた時から、

その気持ちは、さらに大きく、強くなりました。

 

皆さんも、まず初めは、行動から・・・

そして、最後は、自らが生み出せるモチベーションを見つけて下さい。

少しでもこのブログが気づきになればという思いで、

いつも精一杯 書かせていただいています。

今日も素敵な一日を・・・・。

投稿者 inoue : 10:19 | コメント (0) | トラックバック

仲間の大切さ・・・

2006年07月08日

こんにちは、院長の井上です。

今日もインプラント手術日です。

いつも思いますが、

インプラント手術は、まさに仲間で行うものです。

それぞれの担当スタッフ、ドクターが役割をしっかり果たすことで

最高の医療を提供できます。

例えば、来客対応スタッフ。待ち時間対応のスタッフ。

インプラント関係器材準備担当、手術サポートチーム3名、

術後対応スタッフ、アシスタント・ドクター、麻酔科医・・・です。

それぞれのスタッフは、いつも同じ担当ですので、本当に仕事が

スムーズです。

 

私は、手術に集中するだけです。

本当に仲間の大切さを強く感じます。

一人では、無力だということです。

 

志の高い志事(仕事)を目指すには、仲間が大切だということです。

ただし、ここで大切なのは、志が高いということです。

 

今月末は、長崎大学口腔外科の友人(ウメオ大学臨床教授として留学します)

と2日間で14人の手術をします。(しかも、全員、静脈内鎮静で難症例)

仲間が力を合わせたとき、常識では考えれないことが、

普通に行うことができるのです。

仲間がいることで、人生が何倍、何十倍、何百倍の楽しさも体験できます。

 

今日は、仲間の大切さをお伝えしたく書きました。

最後に、毎回、素晴らしい麻酔で患者さんに注射一つの苦痛もなく

手術を提供してくださる、工藤先生に感謝を込めて・・・。

 

投稿者 inoue : 10:20 | コメント (0) | トラックバック

仕事が本当に楽しい・・・

2006年07月07日

こんにちは、院長の井上です。

今日は、インプラント手術日です。

仕事って本当に楽しいと思います。

 

しかし、仕事にも・・・

私事・志事・・・色々ありますが、

志を高く持っての、志事は、本当に楽しいです。

では、どうしたらそんなに仕事が楽しいと思うのか???

先程も書いたように、"志を高く持って 仕事をする"ということ。

"私事の勝手な世界の仕事"では、駄目だと思います。

他には、

自分の専門を卓越するくらい、知識や技術を高めることは、

ある一定の時期には、必ず取り組むべきです。

仕事をしているということは、その道のプロフェッションということ

ですから、知識や技術が高いのは当然でなけらばなりません。

では、他には

人間の脳は、大脳皮質の3%しか活用していないことを考えますと、

まだまだ能力に可能性があるように思います。

私の体験から 専門以外の知識やスキルを 高めれば高めるほど

専門分野の知識や技術に対しても視点や発想が広がり、

より、完成度も高くなるように感じています。

見える世界、感じる世界が飛躍的に変わるということです。

世の中の全てのものは、連動しているという原則に気づくと違ってきますよ。

その中で、自分に価値と成果の高いものかを考え、取り組むと良いです。

 

すなわち、3%の脳の開発を バランスよく開発することで、

必ず世界が変わってきます。

できたら、さらに3%以上の開発をしたいですが(^^)。

仕事を通じての人間的な成長・・・・。

仕事の時間は、人生のかなりの時間をしめます。

皆さんも、仕事と睡眠以外の残りの人生を計算してみてください。

そうすることで、仕事を通じての成長と価値を生むことが

いかに大切かに気づくと思います。

投稿者 inoue : 11:21 | コメント (2) | トラックバック

人に好かれるコツ・・・・

2006年07月06日

こんにちは、院長の井上です。

今日の帯広は雨で、少し寒いくらいです。

やはり、快晴のほうが、気持ちも明るくなりますよね。

昨日は、USPについて書かせていただきました。

簡単に言いますと、会社、商品、自分の一番の魅力を知り

どう伝えるかと言う事です。

 

今日は、そこで人に好かれるコツについて・・・

 

いくら自分の魅力を知っても、人に嫌われたら話になりませんもね。

答えは、簡単ですよ。

● 笑顔でいる ● 人を好きになる ●真のサービス精神

 

これしかありません。

 

●笑顔は、相手から見ると「好感の持てる人」そんな印象を強く

 持たれます。

 第一印象は、最初の3秒で決まります。

 素敵な笑顔をいつも心がけてくださいね。

●人を好きになること。自分が相手を好きでないのに、

 好かれるわけがありませんよね。鏡の法則です。

 また、自分を愛せない人も、相手が好きになれないと思います。

 自分を愛し、人を好きになる。そうすれば、必ず相手も

 好きになってくれるという法則です。

●真のサービスです。自分の我を捨てて、人に喜んでもらうためには

 何が出来るかを考え行動する。

 相手が、ワクワクするサービスの提供。自分もワクワク必ずするはずです。

 

今日一日、どうか心がけて見て下さい。

 

投稿者 inoue : 08:23 | コメント (2) | トラックバック

USPをご存知ですか・・・

2006年07月05日

みなさん、こんにちは。院長の井上です。

私も先月の出張の疲れか、肩がすごく凝り

二回もマッサージにかかりました。やっと元気で回復です(^^)

 

昨日、近くの美味しい鳥を中心とした「味咲(みさき)」という

お店へ 食事に行きました。(TEL 35-0008)

本当に美味しいですよ。最近の情報誌は、美味しくないお店も

沢山でていますからね・・・

情報に惑わされない、真の情報を手に入れてください。

 

今日は、USPについて・・・

USPとは、ユニーク・セールス・プロポジションです。

他にも色々な言い方があります。

簡単に言いますと、自社や商品の特徴でしょうか。

個人で考えれば、自分の魅力です。

よく、流行らない会社は 注目されたい為の行動が

かえって、それが逆の効果を生んでいることがあると思います。

それは、自社の特徴、個人の魅力について分析ができて

いないからです。

 

すなわち、USPを知ることで、

客の利益・競合との優位性・・・

この時、客観的に”自分がお客さんならどう感じるか、見えるか”で、

考えられているかが重要なポイントです。

 

今日は、USPについて本当に簡単に書きました。

そうですね。情報誌など見て、USPを考えられている

広告や情報があるでしょうか。

私から見て、ほとんど無いですよね。

一生懸命も方向を間違うと、加速して転落することも

あるかもしれません。

今日は、USPについて簡単ですが書かせていただきました。

投稿者 inoue : 09:24 | コメント (3) | トラックバック

イメージする力・・・

2006年07月04日

こんにちは、院長の井上です。

毎日、本当に暑いですよね。

最近は、ブログを紹介してくださる方が多く、

毎日多くの方に読んでいただき、嬉しく思います。

 

今日は、イメージ力について・・・・

 

日本人の行動特性として、まずは・・・という行動が多いように

思います。

周りがこうだから、私たちもそうしようという行動です。

 

しかし、それでは上手くいくはずがありません。

 

アメリカンフットボールの選手や一流のプロゴルファーなど

必ずイメージトレーニングをするそうです。

例えば仕事も戦術を立てて行うにしても、あらゆるこれから

起きるかもしれないことに対して、ただ紙の上で考えるのではなく、

イメージ(映像として)することがとても大切だということです。

 

あらゆる状況におけるイメージ力を高めること、

それは、絶対に負けない結果を出すためには、とても大切です。

 

世界中の結果を出している人は、この「イメージすることの

大切さをいち早く気づいたから、成功した」といっても過言でありません。

皆さんは、今、自分の取り組んでいる全てのことに、

高いイメージ力をお持ちでしょうか???

投稿者 inoue : 17:25 | コメント (0) | トラックバック

話の伝え方・文章の書き方・・・

2006年07月03日

こんにちは、院長の井上です。

今日も帯広はとても暖かく、気持ちの良い天気でした。

先月、お休みが多かったこともあり、

毎日、物凄く忙しく仕事をしています。

患者様も毎日ブログを読んでくれている人もいて、

ニューヨークの話題など、本当にブログもコミュニケーションツール

として素晴らしいものだと感じています。

 

今日は、話の伝え方・文章の書き方について・・・

皆さんは、コミュニケーションや文章の書き方を学んだこと が

ありますか???

私は、DVDの教材、セミナー、E-ラーニングの通信講座で

学びました。

 

話の伝え方、文章の書き方にも必ずルールがあります。

そこで、とても効果の高い素晴らしいものをシェアーしましょう。

 

人に話すときでも 文章を書くときでも、

ネガティブな内容は初めに、そして終わりはポジティブな内容

でしめる。

これが逆だと、とても感じが悪くなります。

本当に効果が違いますよ。

 

例えば

「先日のお店の定員さん、すごく感じ悪いですよね。

もう少し丁寧な接客ができるとよいのに。

必ず、接客を指導してください。

しかし、お店の雰囲気は素敵だし、品揃えも豊富なので

必ずまたお伺いさせていただきますね。」

 

最後にポジティブな内容を書くことで、

全く人の反応が違うものです。

話しの伝え方・文章の書き方も、順番を間違うと

本当に受け止められ方が違うので、ぜひ、

参考にしてみてくださいね。

投稿者 inoue : 21:47 | コメント (3) | トラックバック

説得力とは・・・

こんばんは、院長の井上です。

もう、7月なんですね。本当に時間の過ぎるのが速いですね。

いのうえ歯科医院スマイルNewsも更新しましたので、

是非、ご覧下さい。

http://www.inoue-dental.jp/smile/index.htm

 

今日は、説得力について・・・

説得力、あまり好きな言葉では、ないです。

今日の説得力という意味は、相手に伝えるにどうすることが

一番の最高の方法かということです。

 

皆さんは、どのように思いますか???

 

たくさんの知識を持ってスキル高く話をすること。

そう、思われる人が多いと思います。

確かにそれも相手に伝えるためには、大切かもしれませんね。

しかし、それは、最高の方法でありません。

では、最高の方法をお伝えしますね。

 

「自分の信じていることを自分の言葉で伝えるということです。」

 

なんだ、そんなこと・・・そう、思いませんでしたか。

しかし、このことは、物凄く大切なことです。

結果としてどんなに相手に伝えても、成果がでないのは、

自分が信じていることを自分の言葉で伝えていないからです。

その時、情報や知識、経験が多ければ多いほど、

相手に伝わると思います。

 

最高の説得力とは、そのようなことだと思いますよ。

是非、心の留めておいて下さいね。

投稿者 inoue : 00:48 | コメント (3) | トラックバック

楽しい人生とは・・・

2006年07月01日

おはようございます。院長の井上です。

昨日は、インプラント手術でした。

とても楽しい時間を過ごしました。

毎日が手術でもよいと思います。それくらい、楽しいです。

人に貢献できて、しかも、楽しい、まさに、天職と感じています。

 

しかし、仕事だけが楽しいわけでありません。

生きていることが楽しくて仕方ありません。

 

それって、少し変でありませんか???

そんな声が聞こえてきそうですね(^^)

 

本当に嘘でありませんよ。 心からそう思います。

多くのことに「興味と好奇心」を持つことで楽しくなると思います。

そして、その興味と好奇心は、自分の心で生み出すのです。

そうですよね。

他人に押し付けられたものに、興味や好奇心は持てないですよね。

 

昨日は、インプラント手術でしたが、

事前に骨の状態・・多くの検査をCTなどで行います。

その検査データと手術時のイメージが100%と同じですから、

楽しいですよね。

そのとき思うことは、科学的データと数多くの体験をすれば、

実際にイメージの世界が、現実の世界と 完璧に一致することの事実です。

そう考えると、データがあるだけで、イメージ手術、すなわち、

実際の手術の感触と変わらないのですから、

いつでも、場所を問わず、いくらでもトレーニングが出来るということです。

それって、電車や飛行機の中でも、手術が沢山できるということですよ。

それは、インプラント手術に限らず、全ての治療でも同じです。

また、それくらいの感性をもてないと、プロになれませんよ。

 

さらに、街に出てお買い物したら、

なぜ、自分はこの商品に興味を持ったのかな?

この商品の魅力は、何なのかな???

こんなことを考えていたら、沢山、マーケッティングのヒントが

湧いてきます。

 

常に、なぜ、どうして、そして、それを他に生かすとしたら、

それをより良くするには・・・

興味と好奇心を持って生きていると、

生きていることが楽しいということです。

そして、そう生きていることで、成長もできます。

 

楽しくない人生の人は、興味や好奇心の持てない人だと思います。

そこで、一言・・・

 

同じ興味や好奇心を持つのなら、自分のことのためよりも

人の幸せに繋がることが楽しいですよ。

人生は、一人で生きても楽しくないですから・・・

この思考が少しでも皆さんのお役に立てば、幸いです。

投稿者 inoue : 08:49 | コメント (2) | トラックバック