« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

ビジネススクールのもたらす影響・・・

2006年08月31日

こんにちは、院長の井上です。

今日は、大阪から患者様が日帰りで 治療に来て下さいます。

本当に嬉しいことです。私は、患者様に「先生に感謝していますよ」

そう言われると「私も感謝していますよ」と必ず伝えます。

それは、どんなに勉強して知識や技術を高めても、そこには、

私を信じて力を発揮させてくれる患者様がいないと、価値の無い

知識と技術だからです。

本当に現場の感動は、言葉で語れない醍醐味がありますよね。

今日は、ビジネススクールのもたらす影響についてです。

私の経営学博士論文の軸となった本は、ヘンリーミンツバーグの

「人間感覚のマネジメント」という書籍です。

彼が、「MBAが会社を滅ぼすと」という本を出版しました。

ミンツバーグは、2000年には、米国経営学会から優秀研究者に選ばれた

最も影響にある経済学者の一人です。

彼の本の中に、空前の人気を誇るMBAを教育するビジネススクールへの

疑問と問題が書かれています。

マネジメントは、本来、「経験」・「直観」・「分析」の3つのブレンドしたものを

行っています。また、MBA教育は、分析ばかりを教える教育に終始し、

本来の現場からの生の声の大切さと実際の経験が重要であると言っています。

分析は、確かに必要だと思います。しかし、人間力を高めることや現場の大切さ

を知らない、分析をマネジメントと勘違いさせてしまうようなビジネススクールが

沢山出来たとしたら大きな問題を社会にもたらすかもしれません。

私は、今、サイグラムビジネススクールで学んでいます。

ここでは、MBAのような分析を学ぶものではありません。

人を現場で何千、何万と検証し、素の人間性に目を向けた、

現場からの経験と統計的科学分析、学問をブレンドした、素晴らしいものです。

組織を考える上で最後は、人の強みをどう活かすかにかかってきます。

そのような意味で、人に焦点をあてた勉強は、多くの人にとって必須と考えます。

ビジネススクールは 今多くありますが、何が本質なのか、本質をきちんと教育

してくれるスクールはどこかを、私たち自身がしっかり見極めることが大切です。

最後に、なぜ 先生は経営学博士を取得したいと思ったのですか???

そういう質問をされます。

MBAは、実質的に企業など現場を体験した人が学び、

はじめてその価値を見いだせると 考えました。

経営学博士(DBA)は、そのような体験がなくても、組織を徹底研究することで、

ドラッカーマネジメントやサイグラムなどを学んだ際に、とても役立つ知識

と思ったからです。

今日は、少しビジネスの話になりましたが、さー仕事を始めますね(^^)

投稿者 inoue : 08:50 | コメント (5) | トラックバック

気づきと納得することが大切・・・・

2006年08月30日

こんにちは、院長の井上です。

今日、東京から戻りまして、早々に仕事をしています。

不在中は、勤務医もスタッフも本当に良く頑張ってくれています。

全員の意識をどう高め、持ってもらうことが大切です。

そこで、今日は、午前中の受付との会話から、納得することが

大切というテーマで書かせていただきます。

いのうえ歯科医院には、二人の受付がいます。

今年から受付をしているスタッフと色々と雑談をしました。

(私の雑談は、長いのですが・・・・(^^))

スタッフから「院長不在のときに、患者さんが勤務医の●●先生のことを、

物凄く親切で、他に行けないと感動していました」と報告を受けました。

そこからが、私の質問!!

患者様の言葉から何か気づいたことは・・・?

その言葉で気づいた事を、自分で生かすとしたら・・・・。

その患者さんの言葉、嬉しいことだけど、本当にただ喜んで

いいことなのかな・・・?

質問が続きます。

次に、自分の仕事や患者様との対応で、納得できていないことは・・・・?

このような質問で考えて応えていると、とても素直な疑問を私に

投げかけてくるんですね!

また、その疑問が素晴らしい(^^)。

当然、しっかり応えますよ。

どうですか問いに「納得できたことで、価値観がかわりました。」

と応えて いました。

常に、一つ一つの出来事からの気づきを持ち、成長の糧にすること、

疑問を納得する解決をすることで、さらに自信に変えること、

スタッフとのこのような時間は、とても価値ある時間だと感じました。

このスタッフの成長を見守りたいですね。

投稿者 inoue : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

なぜを考える・・・・

2006年08月29日

こんにちは、院長の井上です。

私は、12時間もホテルに缶詰でセミナーですので、

天候を感じることもなく、学んでいます。

学ぶことは、人生の今日の成長と考えると 楽しいといいますか、

幸せな時間です。

 

さて、今日は、なぜかを考える・・・・

 

例えば、マーケッティング思考ですと、見るもの、聞くこと全てに

なぜを考えることは、すごく大切です。

なぜ、スーパーでは、野菜や果物を入り口の近くに高く積んであるの???

季節感ですよね。

人の感情は、とくになぜかを考えること、今後の人間関係や自分を見つめ直す

意味でも大切です。

例えば、なぜ、怒っているの???なぜ、決断をいつも急ぐの???

それは、その人の環境や素質にあるのかもしれませんね。

そうだとしたら、人の資質を学ばないと相手を理解できません。

 

このように、なぜを常に考えることは、社会状況を知る、人間関係を高める上で

とても大切です。当然、他の分野でも同じですよ。

 

皆さんは、事実を状況に対して、なぜを考えず、そのままを受け止めていませんか?

この考えも間違えではありません。しかし、なぜを考えることが大切だということを

少し意識してください。

もしかしたら、知人が約束に遅れてきたとき、なぜかを考えることで、さらに

パラダイムシフト(視点移動)すると、相手に対する怒りや腹立ちがなくなり、

優しい思いやりになることで、友情関係がさらに深まりますよね。

 

なぜを考える、このことを常に意識してください。

きっと、あなたの思考がものすごく変わり、目の前の世界も大きく変わる

そんな瞬間を感じるときが必ずありますよ。

では、今日もセミナーです。

皆さんも、充実した時間をお過ごしくださいね。

投稿者 inoue : 08:52 | コメント (1) | トラックバック

暇つぶしとは、どんな意味・・・

2006年08月28日

こんにちは、院長の井上です。

昨日のサイグラム開発者の吉井先生の印象的な言葉を

皆さんと・・・

 

吉井先生は、生死をさまよう病気の体験者で、そのころ読んだ本の中に

「人生とは暇つぶし」という言葉があり、凄く心に残ったそうです。

私も事故の体験がありますので、何だか共感できるものがありました。

その言葉の中に感じたことは、仕事も何もしないで適当にのんびりという

ことではありません。

人生は、暇をつぶすような、自然体の心で、自然の法則で過ごす。

例えば、日が昇り 起き、今日中(PM11頃までに)に休むような

そんなふうに生きるといいですよと伝えてくれているように受け止めました。

 

厳しい時代だからこそ、「人生とは暇つぶし」くらいの大らかさが、

自分も周りも 癒し、実は、もの凄く時代の波に乗り、

成長できるのかもしれませんね。

投稿者 inoue : 07:53 | コメント (1) | トラックバック

セミナーでどう学ぶか・・・

2006年08月27日

こんにちは、院長の井上です。

今日は、サイグラム・ビジネススクール・コンサルタントコースです。

21時までセミナーで、その後も皆で情報をシェアーします。

さらに翌日まで宿題?テスト準備?予想がつきませんが、

いつも3日間、サイグラム漬けです。

 

そこで、もう少しでセミナーが始まりますので、簡単な気づきを・・・

 

セミナーは、参加すれば学べるものでありません。

学ぶ方法を勉強してから、参加すると効果が大きく得られます。

本も速読やフォトリーディングなど多くの読書法がありますよね。

何でも〈方法〉というものがあります。

 

通常のセミナーで実践するのは、多くて20%だそうです。

参加満足型の人が多いようです。

しかも、記憶のメカニズムから24時間以内の復習が必須です。

 

学んでも成長できるかどうか、セミナーの学び方、学んだ後の復習など

によって違います。

学ぶことと、実践できること 「知行一致」 という言葉がありますが、

大切なことですよね。

 さー「知行一致」を目指し頑張ります。

皆さんも、充実した週末をお過ごしください。

 

投稿者 inoue : 07:54 | コメント (1) | トラックバック

褒めること・・・・

2006年08月26日

こんにちは、院長の井上です。

最近は、朝の天気が良く、とても清々しい気持ちになります。

人の気持ちって、些細なことが影響しているんですね。

そう、考えたとき、自分の気持ちに影響しているものを知れば、

気持ちのコントロールも出来るということになります。

逆転の発想でしょうか・・・・

少し考え、気持ちが高まるとき、下がるとき、その時、

何に影響を受けているか、書き出してみてはいかがですか。

 

今日は、褒めること・・・・

 

自分を褒める、相手を褒める、

褒めることは、とても大切なことだと思います。

しかし、自分を褒めるときは、当然、よく自分の気持ちを理解したうえで

自分で褒めているので、何も問題なく、受け止められると思います。

しかし、自分でない相手を褒めるとき、相手がどのような感情の特性が

あるかなど、相手の気持ちを理解した褒めかたを意識しているかという

ことが、大変重要なんです。

 

褒めること、大切です。長所伸展法も大切です。

しかし、・・・・

相手の人柄など十分に理解し、認めた上で褒めたり、アドバイス

することがさらに大切です。

そう、相手を理解しない対応や行動は、ある意味こちらの考えとは

共有していないことがあることを意識しておくとよいです。

(この意識が、あなたのストレスを軽減します)

そして、相手をいつも意識し、感心をもつことで、

ちょっとした相手の行動や発言などから、相手の持つ価値などしっかり理解する

ことが出来るようになりますよ。

 

このような意識をしている人は、素晴らしく、相手の心に響く褒めかたが

ができ、お互いが幸せな気持ちになります。本当ですよ!

 

今日も何か気づきが、ありましたか。

気づきを皆さんで、シェアーしましょう。

皆さんのコメントに コメント欄に >> な形で私もコメントの感想も

書かせていただきますね。

投稿者 inoue : 08:55 | コメント (1) | トラックバック

人の好き、嫌い・・・・

2006年08月25日

こんにちは、院長の井上です。

毎日、ブログのアクセス数を分析していますが、

昨日は、本当に大きな反響がありました。

コミュニケーションの問題を多くの人が抱えているという

事実なのかもしれませんね。

メールにも「ブログを読ませてもらい、自分を客観的に見ることの大切さに

気づきました」・・・・の言葉を頂きました。

毎日、ブログを書いていますと、本当に反応が嬉しくなります。

 

今日は、人の好き嫌い・・・・

 

この人は、好きだ、この人は、嫌いだと、心で思うことがきっと

あると思います。

その時の判断基準は、何で決めていますか?

所詮、自分を中心に、自分にとって都合が良い人、

何か利益のある人、自分との考えや気の通じ合う人・・・

そんな、理由で決めていませんか。

 

それも大切なことですが、ある意味、くだらない基準だと思います。

そうは、思いませんか。そう言うことでの 好き、嫌いの判断基準は、

要するに、自分の一方的立場からの勝手というものです。

言われてみて、気づく方も多いと思いますよ。

 

もし、その考え方で職場で仕事をされたら、誰もが不愉快になります。

しかし、好き、嫌いの自分の判断基準が何かを知らない人にとっては、

その周りの不愉快も相手のせいになることが多いのではないかと思います。

そして、このことは、職場でなくても家族や友人関係、学校などでも同じです。

 

もう一度、自分自身の好き、嫌いの判断基準を

客観的に考えてみては如何でしょうか。

好き、嫌いは、生理的に仕方がないものだと思います。

しかし、それを他人に分かるように表すものでないと言う事です。

 

社会の一員として、この世に生きているのなら、そんな好き、嫌いよりも

どうしたら、自分も相手も楽しい、心地よい状態になれるのかという

考えを大切にすべきです。

 

病院なら全員が、自分たちの仕事が患者様にとって、本当に役立ち

喜んでもらえるかを考えるのと同じように。

相手の立場で考える事をしていれば、好き、嫌いの関係など

存在しなくなると思います。

 

一度、好き、嫌いの基準となっている考えや気持ち、価値を捨ててみてください。

きっと、凄く楽になりますよ。

所詮、好き、嫌いの判断基準なんかは、未熟な自分の基準で、

意味のないものなのですから・・・・

投稿者 inoue : 00:56 | コメント (5) | トラックバック

逃げないコミュニケーションの大切さ・・・・

2006年08月24日

こんにちは、院長の井上です。

今日は、私の大切な親友である長崎大学の関根先生が、

ウメオ大学へ留学のため出発されます。

何だか、寂しいものです。(凄く寂しいです)

 

今日は、逃げないコミュニケーションの大切さについて・・・・

 

いのうえ歯科医院には、目安箱のようなものをスタッフルームに

置いてあります。

私は、知らなかったのですが(数ヶ月間)、その中に辞めたスタッフが手紙を

書いて入れてありました。(他のスタッフもそれをどう受け止めてよいか、

戸惑っていたようです。)

辞める人が書くのですから、自分の立場からの意見と少しの感謝です(^^)

私がいつも思うこと、3年続かない人は、基本的にコミュニケーションができない

のが理由です。(その理由は、この後に書きますね)

それを読んで感じたこと・・・それは、コミュニケーションの大切さです。

そのスタッフの手紙を読んで感じたことは、全てコミュニケーションで

解決する意見でした。

それを読んだ他のスタッフも、何を伝えたいのでしょうかと話していました。

(私が手紙をスタッフに渡しましたら、私の目の前で破って捨てていました。

 そしてスタッフが、「先生、いつか気がつくことですよ」と話し、

 寂しそうな顔をしていました。)

すなわち、

コミュニケーションの3つの基本

1、自分を知る

2、相手を知る

3、自分と相手との違いを知り、違いを認める

上記の3つを理解している人は、普段から

疑問を持った時も、相手と自分は違って当然と考え、

疑問があれば、それは何故ですかと聞く対応をします。

上記の3つの基本を理解していない人は、コミュニケーションを避け

自分の視点や価値観が優先され、それを心の中に溜め込んだり、

手紙で受け止めて欲しいという行動をします。

したとしても、納得いかない、意見が違う場合、もう自分の価値でしか

判断せず、もうコミュニケーションをしないことが多いようです。

(手紙も直接渡すのでなく、黙って置いていくだけなんです)

それでは、いつまでたっても 人として社会に調和して生きていく

ことができません。

コミュニケーションが出来ない人は、自分勝手な思想で生きてる自分になります。

そこにあるのは、エゴや傲慢・・・自分の価値からの解釈だけなんです。

このことで感じたことは、コミュニケーションの3つの基本の大切さと、

逃げないコミュニケーションの大切さでした。

本当に人の考え方、話し方、生活そして生き方を見ていますと、

その人の人生が見えてくるように思います。

 

深みある生き方をしたいですね。そして、

人生の幸せの結果は、コミュニケーションが出来て、

人間関係を理解して生きている人に与えられる

のかもしれませんね。

投稿者 inoue : 00:56 | コメント (2) | トラックバック

生きている価値と存在・・・・

2006年08月23日

こんにちは、院長の井上です。

昨夜は、病院の増改築の件で打ち合わせをしました。

素晴らしいものになるという確信と さらに細かな希望・・・

尽きないものです。

 

何故、増改築するのか????

自分に何度も問いました。 

今の私は、素晴らしい多くの人との出会い、協力・・・のお陰です。

国際学会や記念カンファレンスなど、一流の先生と講演の機会も

頂くようになりました。そして、何よりも多くの患者様が私を

育ててくださいました。

そう、思ったとき、十勝帯広にない、他にもない

安心・快適な・最新設備の理想的な病院があるという喜びを

十勝の人と感じたかったという思いに尽きません。

私は大事故の体験から、都会に行けば治る、良い環境があるという

常識を変えたかった、そんな思いからの挑戦でもあります。

もしかしたら、今のこんな思いと行動に、生きている価値と存在を

感じているのかもしれません。

 

さて、生きている価値と存在の本題です。

少し、視点を変えて考えてみましょう。

 

私は、どんな小さなこと、誰にでも出来ることでもよいですから、

世界一だと思えるものを自分自身に持とうということを提案したいですね。

それって、凄いことですよね。

何だか、自分自身の生きている価値と存在を凄く感じませんか。

 

例えば、朝のおはようの挨拶では世界一、笑顔では、裁縫では・・・・

何でもよいのです。

そして、それは人に認めてもらうのでなく、自分が心で意識するということが

大切だということです。

そうすることで、自らの心のエネルギーを高める、自分を心から輝かせる原動力に

なるということです。

 

どうでしたか。どんな小さいことでも世界一を目指す。

少し、お役に立てましたでしょうか。

投稿者 inoue : 08:58 | コメント (1) | トラックバック

基準を持つ・・・

2006年08月22日

こんにちは、院長の井上です。

昨日の高校野球は、感動しましたね。

少し、観ていて疲れましたが・・・・(^^)

 

今日は、スタッフの朝礼でも話したのですが、

基準を持つことの重要性についてです。

 

〈状況や物の良し悪しを決めるのは、何かということです。〉

 

すなわち、その人自身の基準によって決まるということです。

例えば、ニューヨークへデパートの視察に行くとしますね。

せっかく、ニューヨークに行っても何も発見がない。

〈何故かと言う事です。〉

行く前に、日本のデパートを徹底的に観察し、日本のデパートの

基準をしっかり持つことで、ニューヨークのデパートとその基準で

比較できるということになるわけです。

そういう基準の大切さを知らない人は、視察しても無駄ということです。

 

すなわち、高いレベルで、幅広い基準を持っている人は、

多くの気づきが得られるということです。

 

また、ある意味、基準の低い人は、あまり気づきもないでしょうし、

その気づきは、すでに多くの人が気づいていることにしかすぎません。

頑張りについても同じですね。

基準の高い人は、さすがという頑張りと成果・・・

基準の低い人の頑張りは、燃費の悪い車の成果・・・

 

こう考えると、基準の持ち方は、すごく大切です。

どうか、基準を高めることを意識されては、いかがでしょうか。

その時から、世界が変わるかもしれませんね。

投稿者 inoue : 08:59 | コメント (1) | トラックバック

廃棄すること・・・

2006年08月21日

こんにちは、院長の井上です。

昨日の高校野球決勝戦、すごい試合でしたね。

特にピッチャーの精神力には、感動しました。

 

今日は、廃棄すること・・・・

 

私たちの周りには、本当に余分なものが多く有ります。

病院にも本当に普段使わなく、以前に購入したのもがたくさんあります。

取っておくべきか、廃棄すべきか????

半年以上、使っていないものは廃棄です。

机の中でも、何でも、余分なものは、

廃棄することがすごく大切です。

 

例えば、コスト削減を考えるときも、まずは、現在、購入しているものや

あるものを、本当に無くて困るかをよく考え、

「まーどちらでも」のような答えなら、廃棄です。

 

その結果、購入を決めることが大切です。

多くの場合、廃棄せず、購入ばかりするので 無駄なものが

増えるのです。

しかし、一番大切なのは、廃棄することを考えなくていいように

予防することがもっと大切です。

1kgのダイエットよりも1kgの予防の方が、ずっと楽だし、効率的ですよね。

 

時間管理でも同じです。

新しいことを始める時は、現在の何かを廃棄する必要があります。

それを、廃棄せずに始めるから 100%以上の時間管理で無理がでてきます。

廃棄するという考えは、全ての場面で考える とても必要なことだということを

忘れないでください。

 

無駄なく、効率よく、しかも、ストレス無く、物事を進めるために

廃棄という考えを取り入れてみては、如何でしょうか。

意外と気づいていない、出来ていない事だと思いますよ。

投稿者 inoue : 08:00 | コメント (1) | トラックバック

自分を褒める事・・・

2006年08月20日

こんにちは、院長の井上です。

久しぶりに日曜日を帯広で過ごしています。

いいものですね(^^)

今日は、北海道代表、駒大苫小牧と早稲田実業の決勝戦、

楽しみにしています。

どちらが勝つかでなく、本気が気持ちよいですね。

皆さんは、見ている人が気持ちよくなる<本気>

で、生活、仕事していますか・・・・

いきなり、厳しいですね(^^)

 

さて、今日は、自分を褒める事・・・

自分で自分を褒めるなんて、そう思われる人も

いるかもしれませんね。

しかし、自分の強みも、弱みもすべてを知っているのは、

自分だけです。

(もし、考えたことがないのなら考えてください。自己カウンセリングもお勧めです)

だからこそ、自分で自分を褒めてあげるとよいのです。

そして、何一つ、自分を責めないという考え方をもつというのが

一番大切です。

 

人は褒められることで、心も身体も元気になってきます。

それを責めてしまうと、本来 元気でありたい心も身体も

自らが苦しめていることになります。

 

〈何を自分に責めるのですか???〉

 

責めなくていけない、反省しなくていけない・・・・

それは、完璧という前提があるからです。

人は、人生をかけて気づきをもって成長していけばよいと思います。

ですから、上手くいっても、いかなくても、全てに感謝です。

上手く行かないような事に気づけたことに感謝ですよね。

自分に感謝をして生きていたら、心も身体も感謝に対して、

ありがとうと、元気になってきますよ。

 

考え方なんですよ。

 

よく、「先生は、なぜそんなに元気なんですか」と聞かれ、

実は、自分でも分からないことがあります(^^)

しかし、考えてみると、色々と実はあります。

サプリ・・コエンザイムQ10他、スーパー青汁、プラセンタ・・・

まー考え方が一番でしょうか。(^^)。

最近は、シャンプーまで拘っていますよ。(^^)。

とにかく、感謝していますよ。学べば学ぶほど、そのような気持ちの

大切さを実感しています。

要するに、感謝もできない、前向きにも考えられない、貢献も考えられない、

そのような人が自分自身に良いことなど ある訳がありません。

こういうことは、誰でもわかると思います。

そんな理由を考えるより、真理として受け止めるとよいです。

 

自分を褒めて、笑顔で楽しくすごす事、すごく大切です。

きっといつも元気な心と体、そして無限のエネルギーが湧いてきますよ。

今日も、素敵な週末ををお過ごし下さい。

投稿者 inoue : 09:00 | コメント (2) | トラックバック

成長とは、考えること・・・

2006年08月19日

院長の井上です。

ブログの気づき、皆さんからコメントやメールでいただき、

感謝しています。

気づきをシェアーして頂けると、私も物凄く勉強になります。

 

昨日は、ドラッカー塾に参加してきました。

本当に世界のドラッカー・マネジメントは、内容が深く、自分自身の

器の小ささを感じます。参加されている方も素晴らしいので、

課題をシェアーする時のアドバイスなども とても価値あり、

言葉に出来ない充実感です。

さすがに、成長している一流の企業トップは、成功すべきして

成功している、その一言につきます。

ビデオや本で読むのとは、格段に違う真実を体験しています。

 

今回は、事業計画策定シートを頂きました。このシートには、今まで

ドラッカー塾で学んできたことが体系的にまとめられています。

しかし、これを持っていても何も意味がなく、これをどう生かすかは、

どこまで本気で考えに、考えて、まずは自分自身に落とし込むかに

かかっています。成功し、今も成長もしている社長の本気は、

命を懸けている本気が伝わってくるんです。

自分の甘さに、自分が悔しくなります。

 

私は、最高の歯科医院の組織作りがしたく、ドラッカーを学びに来ました。

今、確信していることは、考えに、考え、スタッフと共に真剣に実践できれば

世界でも他にないような、病院組織ができるということです。

ドラッカー・マネジメントには、世界を動かしてきた力が本当にあります。

 

過去を検証しながらも、過去に拘るのでなく、未来設計図をどう描くかを

しっかりと目標による管理を行い、そして、達成すべき生き方をしたいと思います。

上手くいかないのは、その解決する知識と方法を知らなく、知っていても実行しない

、考えていない。ただ、それだけなのかもしれません。

 

例えば、

●組織全体の成果を上げるために、何が課題なのか?

 そのために自分の仕事に何を求められているのか?

●自分の仕事の成果を上げるために、今、何が必要か?

 それは、組織全体にどのような貢献をもたらすのか?

たったこの二つの問いにしても、これが会社全体に浸透して

考えられているところが、どれだけあるでしょうか。

仮に、これだけでも実践できていたら、どれだけ成果があがるでしょうか。

こんな事にも気づかず、実践できていなくて、社会に貢献できる組織も

成功する組織にもなるはずがありません。

 これが事実なのです。

学ぶことの大切さ、気づきになればと思います。

投稿者 inoue : 00:01 | コメント (0) | トラックバック

スピード感を持つこと・・・

2006年08月18日

院長の井上です。

台風が来ているようで、心配です。

ドラッカー塾のため 東京に来ていますが、

昨夜の夕方は、ものすごい雨でした。

 

今日は、スピード感を持つこと・・・

 

日本国内に限らず、海外の一流の方と連絡を取って感じること・・・

仕事のできる人は、まず連絡が早いということと、行動力があるという

確実に両方の資質を持っています。

どちらか、一方だけということが決してありません。

何故なのでしょうか、とても不思議ですよね。

そして、スマートで、まとまりがよいというのが感想です。

 

そう考えますと、一流の人から学ぶことは、文章一つからも多くの気づきがあります。

仕事のできる人には、当然、多くの仕事があり、連絡もあります。

その瞬間・瞬間に対応をしなければ、後にまた仕事や連絡が

終わり無く 来ますので、早い対応が要求されるということでしょう。

 

ある意味、スピード感が無く、連絡対応の悪い人と行動力の無い人は、

それなりの対応で成り立っているか、チャンスを逃している人だということです。

また、こういう人に限って拘りがあるんですね。(意味があるかは別ですが。)

例えば、必要以上に長い返事を書いている。まとまりがないのに など・・・

 

私は、メールを開くと すぐに不要と感じたものから削除を始めます。

そして、大切なものから瞬時に返信するようにしています。

このことをニューヨーク大学の方とお話をしましたら、「世界的に有名な

ターナー先生も移動中の電車の中で、メールは削除からしていましたよ」と聞き、

そうなんだと、あたらためて自分の対応にも納得したものでした。

 

世界中の人に神様は、同じ時間を与えています。

しかし、人生の成果には 大きな違いがあります。

成果を大きく上げるためには、スピード感と行動力です。

自分には、無理だと決め付けるのではなく、出来ている人との違いを

見つけることをしてはいかがでしょうか。

投稿者 inoue : 00:02 | コメント (3) | トラックバック

自分の役割とは・・・

2006年08月17日

こんにちは、院長の井上です。

お盆休みがあけて、本気で残り4ヶ月 仕事を精一杯

頑張っていきましょう。

 

 さて、今日は、自分の役割について・・・・

 

皆さんは、自分の役割が明確になっていますか。

役割・・・・????

仕事、プライベート、人生・・・・???

そうですね。人には、色々な役割がありますよね。

色々な役割があるからと言って、どの役割も明確ではなく 、

なんとなく日々を過ごしていませんか。

 

私は、今、ドラッカー塾の事前課題に取り組んでいました。

テーマは、「目標による管理とは・・・」についてのレポートです。

そこで、気づいたこと、自分の役割とは、すなわち使命だと思いますが、

使命に連動した 「目標と管理」 が必要だということです。

その結果、自分の役割がはっきりしてくると感じました。

 

皆さんは、会社の使命が何かを知っていますか?

ちょっと待ってください! 知らないなんてすぐに言わないで下さい。

そんな人任せの言い方をしているようでは、話になりませんよ。

きっと、そう思った人は、全く今まで目標というものを持ったことが無い

と思います。

 

自分の役割を真剣に考えてください。そして目標による管理をしっかりしてください。

それが出来たとき、本当の意味で全ての人との関係が上手くいき、

人としても感謝をされるようになります。

 

よく話をすることですが、相手の望むこと 求めることと、役割がずれていては

カレーライスの嫌いな人に、一生懸命に何日も仕込んで食べて欲しいと

思っている自分ということになります。

それほど、虚しいことはありませんよね。

ですから、真剣に時間をとって、

自分の役割をもう一度、しっかり考えてみては如何でしょうか。

投稿者 inoue : 11:03 | コメント (1) | トラックバック

言葉の解釈・・・

2006年08月16日

こんにちは、院長の井上です。

最近、私は【安岡正篤先生】にはまっています。

 

安岡先生は、不朽の人間学によって社会を啓発し、

昭和を指導しました。安岡正篤氏は、孔子・孟子や老子・荘子ほか

東洋先哲の教訓に潜む 普遍の真理を国家の歴史と指導者像を

介して現代に敷衍し、人の道そして国家と指導者のあり方を

論じた人です。 

安岡正篤が論じるテーマは、陽明学に代表される東洋の思想、西洋哲学、

国家治乱興亡の歴史、英雄・先覚者の人間像、科学と産業、教育と道徳、

人生と家庭、経営と行政、文学と芸術、自然と環境など、実に多領域

にわたります。 その凝縮したものが人の道と指導者のあり方に

関する教えであり、安岡人間学(人物学)といわれるゆえんです。

 

この安岡先生の講和の中にこのような、言葉がありました。

「いつみてもお若いと口々に

           褒めそやさるる歳ぞ悔しき」

いつ見てもお若いということは、すなわち歳をとったということで、

歳をとる事は良いことだが、やはり言われると、歳をとったのだなあ

と感慨もよおして気になると話されていました。

言葉の相手に与える意味は、解釈により全く変わるものですね。

安岡先生のお話を聞きながら、考えさせられました。

 

私は、今、サイグラムというコミュニケーションを相手と自分との違いを

認め、伝えるという素晴らしい考え方を学んでいますが、

あらためて、安岡先生の講和からコミュニケーションの大切さ、

言葉の使い方の大切さなど、多くの気づきを持つことができました。

安岡先生の世界はとても深いですが、とても魅力的な世界です。

皆様も安岡正篤先生の世界を学ばれては、いかがでしょうか。

 

 

投稿者 inoue : 00:05 | コメント (0) | トラックバック

高校野球から学ぶ精神・・・

2006年08月15日

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、お盆休みをどのようにお過ごしでしょうか。

私も今日までお休みで、明日からは仕事です。

お墓参りや勉強など、充実した時間を過ごすことができています。

 

さて、今日は、駒大苫小牧高校と青森山田の試合がありました。

大逆転、さよならで駒大苫小牧が勝ちましたが、この試合と

試合後のインタビューを聞いて感動しました。

皆さんは、試合が7-1になった時点で、もう試合は決まったと

思いませんでしたか。

今、この話を聞いても、その状況ならそう思われたに違いありません。

試合後に選手が、「ピッチャーも頑張っているし、どんな状況でも

盛り上がりながら、信じて戦っていた」というインタビューでした。

 

絶対に諦めないことの大切さ、暗い環境と気持ちでは、チャンスが来ない

という、環境と気持ちの大切さですね。

 

私の〈心の指針の言葉〉に、ナポレオン・ヒルの 【挑戦】 という言葉があります。

私は、この言葉を額に入れて、いつも目に入るところに飾っています。

DSC00540.JPG

この言葉は、私が事故で一番辛かった時に、

安達亜由美さん(ナポレオン・ヒル・夏目先生のところでも仕事をされ、

その後は、ジェームス事務所の立ち上げに協力した素晴らしい女性で、

現在は独立し、朝倉千恵子さんなど多くのサポートもしています)

という、今も親しくさせている方から贈られた言葉です。

 

この言葉の大好きなところは、諦めない、自分を信じることの大切さです。

私は、多くの勉強をした結果、気づいたこと・・・

それは、心の持ち方で人生が変わるということでした。

 

今日の試合もまさに心の持ち方が、勝利を導いたと言えるでしょう。

皆さんも、〈心の指針の言葉〉を何か持たれてはいかがでしょうか。

きっと、その言葉が、皆さんの人生を変えることになります。

投稿者 inoue : 12:06 | コメント (1) | トラックバック

自然に生きる・・・

2006年08月12日

こんにちは、院長の井上です。

皆さんは、お盆休みをどのように過ごされますか。

私は、のんびり読書をしようと思っています。

人は、のんびりもよいし、慌しく働くのもよいし、

何がよいということは、ありません。

好きな事を、したいときに自然に行えばよいと思います。

このお盆休みも、自分が感じたままの生活をすれば よいでありませんか。

自然の現象にはかなわないように、自分の気持ちに無理をしても

あまり、良いことがありません。

すなわち、そうできるときは、そうしていて困らないからそうしているんですよね。

本当にそう思いませんか。

 

困るから・・・、そうしないと・・・・、辛いから・・・

 

そのような言葉を使いながら、その状況を変えない人ってたくさん居ますよね。

本当に困れば、人は気持ちも、行動も 変わります。

 

今、好きな事をしたいとき、自然に出来るのであれば、

その状況は、できるからしているのであって、出来なければしていないということです。

 

お盆休み・・・

少し、そんな自然の法則のような気持ちで、過ごしてみていかがでしょうか。

投稿者 inoue : 11:07 | コメント (0) | トラックバック

現実を認めること・・・

2006年08月10日

こんにちは、院長の井上です。

台風の大きな被害もなく、今回は一安心ですね。

お盆休みも全国的に天気がよく、どこかに出かけるのも

良いかもしれません。

私は、サイグラム・コンサルタント講座が始まりますので、

勉強でしょうか・・・

さて、今日は現実を認めること・・・

このことの意味は、過大解釈も過小解釈も、自己解釈も他者解釈でもなく

目的とすることに対しての 〈現実と結果〉 を認めることの大切さです。

人は、現実から目をそらす、逃げる特性を 誰もが持っています。

例えば、仕事に関していえば、自分は一生懸命働いていると感じていても、

成果、一番分かりやすいのが数字でしょうか、

確かに数字で評価できないものが あることも事実ですが、

まずは、数字ですね。

その数字が低いのであれば、それは現実を認め 改善すべきということです。

すなわち、燃費の悪い車みたいなもの。本人は、汗だくで走っていても、

成果で評価した場合には、ただの鈍足で、自分よがりの

なんでもないということです。(きついですが、そうなんですよ)

 

きっと、これを読んでいる方は、きついよなー。そんな声が聞こえてきます。

しかし、実際に気づいている人は、このブログを読んで、確かにそうだと

納得して読んでいると思います。

先に書かれているのを読んだ時の読み手がどんな気持ちになったかが、

今、どの位置に自分が居るかの評価です。

 

私の伝えたいこと、それは、「気持ちは大切ですが、気持ちだけでは

何も意味を持たない」ということです。

また、自己分析をして、現実を見つめ、現実から評価し、認めることが

大切です。

 

あなたは、自分の評価をしたことがありますか。

評価をしなくて、何をどうしたいと考えているのでしょうか。

 

私は、フルコミッションの営業に魅力を感じます。

それは、成果がでないと野宿の現実があるからです。

今、世の中を見ていますと、そこを乗り切ってきた人が、本も出版しています。

よーするに、今求められてるものは、無いものは無い、あるものは有る

教育も受けず、努力もせず、考えない人には、何も無いということです。

そこが自信と勇気になるからです。

私も時々、色々な意見を言われることがあります。そこで感じた事を

最後に・・・

 

結果が悪ければ、全て人は悪く言います。結果が良くなれば、全てを良く言います。

それだけでありません。過去の解釈も変えるので、過去も良くなります。

そんな、人に振りまわされるのではなく、本当に人のために良いことと

自ら自信があるのなら、突き進めばよいのです。

昔、あーしとけばよかった、そんな、話をよく聞きますね。

どの道を選択するか、それは自分(あなた)が決めることですよ。

               

投稿者 inoue : 09:08 | コメント (1) | トラックバック

自ら考えること・・・

2006年08月09日

こんにちは、院長の井上です。

いよいよサイグラム・ビジネススクールのコンサルタントコース

が 明日から始まります。

アドバイザー、インストラクターと学び、最後のコンサルタントコースです。

今までの何倍もの情報と勉強になるそうですので、

少し緊張をしています。しかし、もうここまできたら、やるだけです。

時々、サイグラムとは???という質問をされますので、

講座のご紹介をさせていただきます。詳しくは、以下をご覧下さい。

http://www.psygram.jp/tokyokisokatsuyou/

 

さて、今日は自ら考えること・・・

 

ブログでも毎日、私の考えている事を書いていますが、

決して結論付けるような書き方を出来るだけしないようにしています。

それは、それぞれ立場も仕事も、全てが同じではないからです。

人には相手を理解することが出来ても、全く同じく共有することは

とても難しいと考えるからです。

情報をインプットし、自らの脳で考え、自分自身に落とし込むことが

大切だと考えるからです。

人の物まねでは、自分らしさがなく、気づきも生きてきません。

 

最近は、自ら考えることなく、すぐに答えを求める人が多いと思います。

その裏には、自己責任への逃避もあるかもしれません。

しかし、人から何でも与えられ、ゆだねていても仕方ありません。

素晴らしい助言や情報は、背中を押してくれているのですから、

あとは、自ら考え、必要な時は行動する事が大切です。

全ての答えは、自分の心にしかないのですから。

投稿者 inoue : 00:09 | コメント (0) | トラックバック

意思決定・・・・

2006年08月08日

こんにちは、院長の井上です。

昨日、朝のワイドショーでプロボクシング亀田の

お父様が出ていました。

その話題は、今朝のスポーツ新聞も一面のようですね。

私も仕事前に少し観ましたが、物凄い激論でした。

亀田の世界戦や、その前の態度や対応をどう受け止めるか、

それぞれではないでしょうか。

        正しいものは、ありません。

しかし、私の意見は、誤解を与える原因については、真摯に

受け止めるべきです。それは、試合も態度もです。

その結果、どうするかは、本人の意思決定しかありません。

しかし、その意思決定は、本当に価値あるレベルでの意思決定でしょうか。

子供同士のレベルでも、大人同士でも、企業レベルでも、国家レベルでも

それぞれに意思決定が行われています。

しかし、その違いは何かということです。

その違いをよく考え、受け止めることが大切です。

例えば、私は、ドラッカーマネジメントで9ステップの意思決定を

教わりました。

その瞬間、この意思決定を知ることがなければと、怖くなりました。

他にも素晴らしい意思決定のプロセスがあるでしょう。

しかし、いずれにしても、学んでいない人には、個人感の意思決定基準しか

持ち合わせていないということです。

これは、本当に恐ろしいことであり、そこでの思い込みを周りが押し付けられたら

とても大変なことになりかねませんからね。

今日わたしは、病院の増改築について設計士、器械関係の人と最終的な

話し合いと意思決定を行ないます。

とても重要な決定になります。後悔は許されません。

しかし、自分を信じ、学んだことでの意思決定基準やプロセスは、

きっと素晴らしい未来への意思決定になると信じています。

最後に、自分の心を支えてくれるものは、学びと体験だと思います。

投稿者 inoue : 08:10 | コメント (1) | トラックバック

読書の大切さを・・・

2006年08月07日

こんにちは、院長の井上です。

毎日、暑い日が続きますね。

昨夜は、町内会の焼肉でした。私の家の裏で行われました。

年に一回の このような町内の集まりも、人との繋がりという意味で

大切なことだと感じています。

 

今日は、読書の大切さを・・・

 

最近、皆さんは、読書をしていますか。

一時、本屋さんが凄く暇な時代がありましたが、

今は、読書ブームといいいますか、本屋さんには

いつも沢山の人がいます。

皆さん、情報を求めているのでしょうね。

私も東京の浜松町駅構内の本屋さんに、時々、立ち寄りながら

本を見ます。

目的の本がある時もあれば、無い時もあります。

ただ、眺めているだけでも、時代背景や流行、どういう言葉に

目が引かれるのか・・・マーケッティングとしても勉強になります。

 

私は、月に10冊 本の要約をして送ってくれる会員雑誌やレポートなど

毎月取っています。

本当に本から学ぶことは、多いですよね。

それと、尊敬する人、成功している人の読んできた本にも

とても興味がありますね。

 

先日は、サイグラム開発者の吉井先生にも数冊ご紹介を頂きましたので

週末に2冊ほど読みました。

さすがに、素晴らしい本です。

吉井先生のバックグランドを 少しでも共有できたことで、

話される言葉の深さを少し読み取れたらと思いました。

このように、相手を寄り知るためには、その方の影響を受けた本、

感銘を受けた本を紹介して頂くとよいですよ。

このように、読書をすることは、情報としても、相手を知るためにも

とても大切です。

是非、この夏休みに読書をされては、如何でしょうか。

投稿者 inoue : 08:11 | コメント (0) | トラックバック

軸の大切さ・・・

2006年08月06日

こんにちは、院長の井上です。

昨日は、大阪からいらした、ドラッカー塾で一緒に勉強している

コンサルタント会社副社長さんの治療後、ゆっくり自然を

感じながら、楽しいお話を聞かせて頂きました。

600名以上いる会社で、しかも体験からのお話は、

ものすごい私の財産になりました。

 

そんな素晴らしい方から「井上さん、大阪で知らない病院へ行くよりは、また通いますよ。

何回くらいですか。距離の時代は終わりました。健康は大切ですからね。」

本当に考えが違うと思いました。さらに・・・

「井上さん、帯広は素晴らしい自然と環境ですね。どこからでも患者さんが

来ますよ。」とても勇気つけられます。

 

そこで、今日は、軸の大切さです。

 

軸とは、本質・原点、そのようにイメージして下さい。

サイグラム開発者の吉井先生も 私たちに、「自分らしさを出して講義をしなさい。

しかし、軸をずらさないこと。」とおっしゃいます。

昨日のコンサルタント会社の副社長さんも、「自分の仕事の軸をずらさず、

自分の強さをしっかり認識し、魅力的になる。そのようして成功していることは、、

他の業種でも共通の価値観や共感を得られる」と話してくださいました。

 

〈本当にそうだと感じました。本質をしっかりしなさいという深い言葉ですよね〉

 

全ての物を考え、見る時に、軸が何かをしっかり認識することは、

とても大切です。

軸がしっかりしていれば、迷うことがありません。

軸がしっかりしていると、大きく話が広がっても、生き方を広めても・・・

聞いていて、見ていて、安定感と安心感があります。

 

もう一度、軸というものを意識してみては、如何でしょうか。

軸がなく、ふらふらとしている、魅力的ではないと思いますし、

そういう匂いがやはりするんですよね。

これは、昨日、副社長さんと共通の意見でした(^^)

さー今日は、軸について書かせていただきました。

AM 5:00からブログ書いている、私です。

これから、勉強でもしますね(^^)。学ぶことは、楽しいです。

投稿者 inoue : 05:12 | コメント (1) | トラックバック

今日、2回目の配信です。

2006年08月05日

ニューヨークの知人からこんなメールが・・・

皆さんもニューヨークの気分を お感じ下さい。

ニューヨークもとても暑いんですね(^^)

こんにちは。
NYは連日猛暑で、今日の気温は38度、
アパートのエレベーターが節電のため半分しか稼動していなかったり、
大学のエレベーターは数時間止まってしまったり(外来8階なのに!)、
研究所の-80度のサンプル用冷凍庫を守るために、電気を消して
デスクランプとPCスクリーンの明かりだけで仕事をしたり、
外来ではDental CharのSaction吸引が全館動かなくなり、仕方ないので診療が全
面的に停止になったり・・しています。
もともと夏ばてはしないのですが(むしろ冷房に負けるタイプ)、先週から
暑さ対策に果実酢を飲み始めました。
(日本で流行っているって聞いたので・・。)

それで、仕事がなくなった(早上がりになった)のをいいことに文字通り
炎天下のなかYankeesの試合(しかもデーゲーム)を見に行きました。
ちなみにその野球は、観光客のためにチケットを取ったのですが、余りの
暑さに行きたくないというので、もったいないので代わりに行ったのですが、
こんな日に誰が野球に行くの?と思っていたら意外にも球場は混んでました。

1イニング終わるごとに「水分補給をしてください」のアナウンスが流れて
いて、各階にHydration stationが設けられて、水を配っていました。
ジムのサウナでもこんなになったことがない!というほど汗をかきました。
町でもスターバックスが無料でアイスコーヒーを配ったり、せめて水分くらい
は十分にとりなさい、ということなのだと思うのですが、NY市の一部では
停電が続いたりと、ここまで来ると生命に関わるのでは、と思います。
(ちなみに昨冬のストライキのときもそう思った気が・・。)
毎年毎年、電力不足に陥るNY, 少し学習して節電とかリサイクルとかすれば
いいのに、とこれまた毎年思う私なのでした。

                                                                                                            日本も暑いことと思います。水分補給をして乗り切ってください。

投稿者 inoue : 10:13 | コメント (0) | トラックバック

行動力、実行力・・・

こんにちは、院長の井上です。

帯広も連日、もの凄く暑い日が続いています。

私は仕事柄、外に出る時間がありませんので、

一番暑さを感じるのは、寝る時です。昨夜は、本当に

ベットで 何もかけずに寝ました。(お腹を冷やしますよね)

 

さて、行動力と実行力について・・・

 

行動力のある人に 成功している人、人生を豊かに生きている人が

多いように感じています。

今日は、大阪から600名近く社員がいる会社の副社長さんが来院します。

メールが来て「井上さん、歯が欠けて心配です。一度診察していただけませんか。

空いている日程をお知らせてください」

今日、関西空港から帯広へ来て、明日一便で帰るそうです。

 

しかし、最近は 異業種の方ともよくお会いしますが、

さすがに成功している人の求める行動力と実行力の

凄さに大きな学びを得ます。

 

成功者は、成功者に学べ・・・昔からよく言いますよね。

私が気づいた共通していることの一つに、行動力と実行力の違いです。

本気なんですよね。そこまでする人は・・・

 

サイグラム・ビジネススクールにも、物凄く困難を乗り切り 学びに来ている

人が多くいました。九州から北海道まで・・・深夜バスで通われている方も

いました。ですから、卒業式でも多くの方が涙をするんです。本気なんです。

きっと、この仲間は成功すると信じています。

 

 

そうですよね、行動力と実行力があるのですから・・・本気なんですよ。

皆さんは、今の生活で何か行動と実行しているものがありますか?

留まることは、澱むことなんです。

運勢がいい。この言葉の解釈は、運のよい人には、勢いがあるということ

です。すなわち・・・・・行動力と実行力です。

今日のブログから何かを感じていただけたら、嬉しいです。

投稿者 inoue : 07:14 | コメント (1) | トラックバック

プロとしての自覚・・・

2006年08月04日

こんにちは、院長の井上です。

今回は、サイグラム・ビジネススクール(インストラクター)

の卒業式でした。

主催者側から1000名の申し込みがあり、62名が選ばれた受講生と

の話がありました。

インストラクター・コースは、62名で140時間以上の勉強をしてきました。

課題などもありましたので、受講生はかなり勉強したと思います。

最終的には、日本産業心理コンサルティング協会認定の

インストラクターとして 12名が選ばれました。

幸いにも、私も12名の中の一人に選ばれましたが、嬉しさ・感動と

同時に、与えられた責任の重さを強く感じました。

(呼ばれた時は、胸が熱くなり・・・・感動です)

 

私は、歯科医師としてプロです。ですから、当然、患者様から

お金をいただいています。

今後、サイグラム認定インストラクターとしての活動は、受講生から

お金をいただくことになります。

 

〈プロと素人の違い〉は、お金をいただいて仕事をするということです。

ある番組で たけしが「お金をもらい喜ばれ、感謝されるのがプロ、

プロとアマの違いは、お金をいただいて仕事をするかどうかだ。」

 その話を聞いて、本当にお金をいただき 仕事することの責任を

強く感じました。

多くの仕事をしている人は、お金という報酬を得ているにも係わらず 、

プロとしての意識でなく、素人の意識の人が多いように思います。

例えば、病院に行って患者さんの支払う代金は、

どの先生やスタッフに診てもらっても同じですよね。

それなら、下手な医者、スタッフには、触られたくないと思います。

 〈これは、患者様の正直な気持ちだと思います。〉

そこで大切なのは、一生懸命努力し、ある一定以上の基準を

達成している人なら 受け止められるかもしれません。

 

私は、認定インスラクターとして名前を呼ばれた時、物凄い責任を

感じました。それまでの、受講していた気持ちと全く変わりました。

それは、専門が歯科医師だから・・・こんな言い訳を受講に来た人が

聞きたくないという現実を想像することができるからです。

プロとしての自覚をしなくてはいけないと、歯科医師として

自立した時以来、強く決意しました。

 

皆さん、お金という報酬をいただいた時からプロだということです。

そしてプロは、喜びと感動を与えなければいけないということです。

それは、パートやアルバイトでも同じです。

もう一度、自分の仕事を振り返ってみて、心に説いてみては如何でしょうか。

投稿者 inoue : 12:15 | コメント (1) | トラックバック

生きていく上で大切なこと・・・

2006年08月01日

こんばんは、院長の井上です。

今、東京でサイグラムの勉強に来ています。

金曜日に帰ります。

今回で <インストラクター・コース>は、最後です。

来週からは、いよいよ <コンサルタント・コース>が始まります。

今日も素晴らしい多くの学びがありました。

そこで少しシェアーしたいと思います。

生きていく上で大切なこと・・・

1、志を高く持つこと(時代と共に変わってもよいのです。まずは、持つことです)

2、評論家にならないこと

3、自分が当事者であるという自覚を持つこと

4、自分を時代に応じて変化させていくこと

5、自分らしいこと

このことを、心の中で意識し、自覚することが大切です。

皆さんは、これを読んでどうお感じになりますか???

感じ方も読む側の心のありかたで、変わることでしょう。

私は、お会いする方から「先生のブログは、本を読む以上に学びが

ありますから、毎日読んでいますよ」と言われることがあります。

私も多くの方に少しでもお役に立てればという思いで書いています。

しかし、気づきを持てる人と持てない人は、必ずいることでしょう。

例えば、いのうえ歯科医院のスマイル・ニュースも スタッフにも気づいてもらいたくて

書くことがあります。しかし、気づいて欲しい人ほど、

全く自分には関係ないように感じているのが現実です。

それくらい、自分を客観視できていないのが、多くの人の現実です。

上記の5項目も、自分に置き換えて気づける人は、どれくらいることでしょう。

ブログを読んでいる方は、かなり意識レベルが高いでしょうから、

気づきとして力に変えてくれると信じています。

学ぶ人は、さらに学び成長し、学ばない人は、評論家・当事者意識なし・・・

本当に知識レベル・意識レベルも二極化の時代ですね。

これが、現実です。

投稿者 inoue : 22:16 | コメント (0) | トラックバック