« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

学んだことは、実践する・・・

2007年07月31日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、経営会議をお昼休みに、スカイプで行いました。

今は、世界中、どこの人でも会議が簡単に出来る時代です。

本当に便利な時代です。

しかし、便利な反面、その弊害も多くあるようにも思います。

世の中は、プラス・マイナス、陰・陽などがあってバランスが保たれて

います。この、バランスの重要性を私たちは、いつも意識することが

生きる上で大切です。

 

今日のテーマは、

学んだ事は、実践する・・・

 

人は、いい話を聞いた、教えてもらった、いい本を読んだなど

それで終わってしまいます。

そうではなく、学んだ一つの事でいいから、そのことを生活の中で

少しずつでも実践する事が大切です。

 

「私は、聖書を何万回も読んで、暗記して、全てを理解している・・・」

「じゃあ、それを、そこから学んで何を実践していますか?」

答えられる人は、本当に少ないと思います。

 

このことは、私の病院でのスタッフ教育でも同じです。

レポートを書かせますが、とても素晴らしい内容を書きます。

しかし、では、具体的な行動、実践が、なかなか難しい。

コメントをレポートに付け、返信しても、コメントの内容も再提出の時点で

書けてきませんし、行動、実践というと・・・

それは、かなり、難しいと思います。なかなか、自分の習慣を変えることは、

難しいですから。

 

まずは、一つでもいいから必ず実践するということです。

 

実践してこそ、学んだ事の本当の価値を理解できると共に、

自分自身の存在が、多くの人にも役立つことになります。

 

是非、学んだ知識・気づきを実践し、多くの人に役立て、感謝される

生き方をして下さい。

 

今日も、笑顔で、精一杯の力を出し切り、頑張りましょう。

投稿者 inoue : 00:32 | コメント (0)

人間関係は、積み重ねが大事・・・

2007年07月30日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日、札幌から戻りました。今週は、平日に東京、週末に

札幌と、移動の日が多くなります。

札幌で、財布が無くなり大変でした。一部お金が取られましたが、

無事に戻ってきまして、ホッとしています。

 

今日は、

人間関係は、積み重ねが大事・・・という、テーマで書きます。

 

お互い人間関係が悪くなり始めるのは、大きな問題ではなく、

意外と小さな問題です。

よくあるのは、相手への配慮を欠く、愚痴をこぼす、いやみを言う、

利己的な対応をするなどといったことです。

 

いつも相手の長所へ目を向けていると、強い絆の人間関係が

出来るのですが、短所を協調すれば それと反対の結果になります。

 

しかも、何度も繰り返しているうちに、少しずつ人間関係が崩れ、

知らず知らずに破壊的な言葉で、溝が深まり、取り返しのつかない

方向へ進むものです。

 

お互い、魅力を感じて出会ったことで、今まで受け止められたのです。

また、お互いは、価値ある人間なのですから、冷静に認め合うことを

するように心がけましょう。

 

人間関係は、易しい様で、とても難しいものです。しかし、お互いの長所を

認め合い、お互いを尊重した言葉を伝える事を心がける、そのような習慣を

持つことで、潜在意識が自然と相手に対して、思いやりのある対応を無意識で

するようになるでしょう。

 

どうか、信じて心がけてみて下さい。素晴らしい人間関係を維持していくためにも。

 

今日も素敵な笑顔と大きな声の挨拶で、気持ちよい一日を、お過ごし下さい。

投稿者 inoue : 00:15 | コメント (0)

何のために働くのか・・・

2007年07月29日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、札幌でセミナーの開催を行いました。

私は、北海道でのセミナーをするのが初めてでしたが、

とても気持ちよく、仲間意識を持ってすることが出来ました。

懇親会を含め、マーケッティングから、学術的なことまで

幅広く質問されましたが、とても皆さんの素直な質問に、

私も惜しむことなく、素直に、お答えをさせて頂きました。

是非、大切な出会いにしたく思います。

 

今日は、何のために働くのか・・・

 

北尾吉孝の「何のために働くのか」という本があります。

41Yf7CdAWiL._AA240_[1].jpg

今月のスタッフへの課題が、日本経営のこの本を

読んでの感想を A4に1枚以上書く事です。

院長として、まず、自分自身が読んでいないということには

なりませんので、帯広駅で本を購入し、札幌までの間に読み

ました。

 

この本では、論語や言志四録など中国の古典や安岡先生、中村天風先生の

言葉を解説しながら、人間力の大切さを北尾氏が説いています。

私も以前にそれらの本やプログラムを学んでいましたので、北尾氏の本の内容

には、とても共感しました。

 

その本の中で、

「働くことが人間性を深め、人格を高くする。働くことは、人間を磨くこと、

魂を磨くことだ」と書いています。

 

皆さんは、何のために働いているのでしょうか?

 

皆さんの一日の中で、仕事にあてている時間は、どれくらいですか?

 

人として、充実感のある人生とは、どんな人生でしょうか?

 

私は、お金でないと思います。まさに、人生の多くの時間を仕事に

費やすのですから、仕事を通じて人格を高める事が一番大切

なことと思います。

 

そうすることで、結果として収入も高まるでしょうし、素晴らしい縁も

あると思います。そして、多くの人から、信用や信頼も得られます。

 

どうか、何のために働くのかを、真剣に考えてください。

スタッフが北尾吉孝さんの本を読み、何を感じるのかが、とても楽しみです。

 

今日も笑顔で、楽しい週末をお過ごし下さい。

投稿者 inoue : 00:40 | コメント (1)

何が重要な仕事ですか・・・

2007年07月28日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

今日は、札幌にセミナーをするために来ています。

「メディカル・マーケッティング」というテーマでの講演です。

 

私が仕事をする時に心がけている事があります。

simple:簡単である事

fun :楽しいこと

profit:利益があること

この3つを大切にしています。

 

実は、この3つの考え方は、

ニューヨーク大学の副学長に教えていただいた事です。

確かに、あたり前のことですが、意外と気づいていないことかも

しれません。

 

今日のテーマは、何が重要な仕事ですか・・・・

 

仕事をしていく上で、何が重要な仕事かを明確にしていることは、

とても大切な事です。

常に、今の自分に緊急かつ重要なテーマが何かを理解し、仕事を

していたとしたら、私たちはどんなに大きな成果を、得ている事でしょうか。

 

恐らく、多くの人は、目の前の仕事を業務的に こなしているだけでないかと

思います。

 

しかし、そこで、問題なのは、何も考えずに仕事をしているという事です。

正確には、何も考えずにというより、自分の価値観とペースでの仕事を

しているという事です。

ですから、同じ事を何度も言われても出来ませんし、レポートや言葉で

伝えても、すぐに本来の自分に戻り、成長ができないのです。

このような、人に一番伝えたい事は、

仕事というものは、自分の価値観やペースで行うものでないということです。

職場の使命をしっかり理解した上で、自分の役割は何かをしっかりと

理解、考えて取り組むことが大切だという自覚です。

 

なかなか、出来ている人は、本当に少ないと思います。

 

常に重要な仕事が何かを、明確にしっかり取り組むこと、これが出来て

本当に信頼され、価値ある人として評価がされるのでないかと思います。

ぜひ、この事を忘れずに、仕事を頑張ってください。

今日も素敵な笑顔と謙虚で素直な心で、全力で仕事をしましょう。

投稿者 inoue : 00:04 | コメント (0)

あなたは、どのタイプですか・・・

2007年07月27日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

最近 感じることは、人の話を聞いていない人が多い

ということです。

聞いている振りして聞いていない人、聞くことで満足している人、

聞いていて、自分は出来ていると勘違いしている人、聞いていても

さっぱり行動に移せない人です。

 

昨日CD経営塾で、世界的企業である ジョンソン・エンド・ジョンソン

代表 新 将命氏の話を聞いて、話を聞いてできる人が少なくても

当然なんだと納得しました。

 

新 将命氏の話の中で、次のように人ザイをタイプで分けていました。

 

人ザイをタイプで分けますと

 

①自然型人間

 自ら気づきながら、情熱を持って行動できる人は、5~10%

②可燃型人間

 情熱ある人の傍にいることで、行動する人が、80%

③不燃型人間

 人に言われても、絶対に行動できない人は、3%

④消化型人間

 他人の行動までも、妨げる人は、3%

⑤点火型人間

 人から言われることで、やっと行動できる人は、4%

 

大きく人ザイは、このタイプに分けられるそうです。

しかし、人ザイには、人財・人材・人罪・人在の4つのタイプがあります。

あなたは、どのタイプの人ザイと自分では、思いますか?

 

ここまで読んで、本当に仕事のできている人は、かなり客観的に自分を

捉え、情熱的に5~10%の人財(リーダー)になりたいと思うでしょう。

 

普段評価されていない人、また、現在の自分の状態に気づけていない人は、

何も感じないか、環境や周りのせいにして、現在の自分がどこに当てはまるかを

考える事すらしない、人罪なのかもしれません。

 

すなわち、毎日のブログも 読む側の心の在り方で、大きく変わるのです。

同じ情報を、価値に変えられる人、価値に変えられない人がいます。

そこが、少なからずとも数年後の自分の立ち位置に大きく影響しています。

 

どうして人は、自ら変わろうとしないのでしょか?

 

きっと困っていないからなんですね。

私の尊敬する女性の方が、お電話でこのような話をしてくれました。

その人は、今まで1000人以上の人材育成に係ってきた方です。

 

「井上さん、男性では、自己責任感が無く、依存型の勉強欲のある人、

女性も同じですけど、さらに、女性と言うことで、何とか乗り切ってきた人。

こういう人は、積極的に行動せず、依存で仕事をしているから、

意外と向上心がありそうに見えながら、困らない程度に仕事しているので、

いつまでも本気を出すことなく、変わることができないんですよ」

 

まさに、そうですよね。変われない人は、困らない程度にしか仕事を

して、本当に困った事がないから、変わることができないんですね。

 

ここまで読まれてから、もう一度、自分がどのタイプかを考えてみてください。

 

そして、本気で、自然型人間になると決意して欲しいと思います。

5~10%を目指しても、良いではありませんか。

あなたにとって、今、大切な人がいたとしたら、どのタイプの人であって欲しいですか?

よく、考えてみてください。

 

仕事をしている方で私のブログを読んでいるなら、本気で考え、行動してみてください。

そうすることで、周りの世界がきっと大きく変わるでしょう。

皆さんの、本気を期待して・・・

 

今日も素敵な笑顔と大きな声の挨拶を忘れずに、全力で頑張りましょう。

投稿者 inoue : 06:25 | コメント (0)

相手の長所をリストアップすること・・・

2007年07月26日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、インプラント手術日でした。とても順調に進みました。

手術日は、ある意味、私はそれだけに専念できますので、

とても充実感のある日です。

 

今日は、明後日に札幌でセミナーを行いますので、準備を

したく思います。

いのうえ歯科の仕組みやツールなど、惜しみなく参加された先生に

お話をしたく思います。

 

今日は、相手の長所をリストアップすること・・・

をテーマに書かせて頂きます。

 

まず、初めに次の三つの質問を自分に投げかけてみましょう。

 

・あなたが、相手に初めに感じたイメージと、ひきつけられた理由は何か?

・あなたが、もっとも相手に魅力と感じている特徴は何か?

・相手に対して、後から発見した長所は何か?

 

とても、これらの質問は重要だと思います。

そして、そのことを明確にして、書き出しておくとよいでしょう。

 

当然、人は、相手に対してイライラしたり腹を立てたりすることはあります。

しかし、上記の3つの質問の答えを明確に持っていれば、目の前のイライラや

腹立ちさは、消えるに違いありません。

そして、改めて相手の違った魅力を発見する事にもなるでしょう。

 

私達は、大切な相手へ気持ちを伝えることをしません。

しかし、常に相手の長所を認識し、相手の魅力を忘れないためにも、

気持ちを伝える事は、重要であることを忘れないでください。

伝える方法も、直接 伝える方法、メールやお手紙など、色々とあります。

常に相手に気持ちを伝えながら、共に成長していく努力をしてみて下さい。

 

今日は、あなたの大切な相手の三つの質問を考えてみましょう。

そして、是非、気持ちを伝えてみてくださいね。

今日も素敵な笑顔で、悔いない一日をお過ごし下さい。

投稿者 inoue : 07:01 | コメント (0)

なぜ、ブログを書いているのか・・・

2007年07月25日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

私は、毎日ブログを書いていますが、なぜ、書くように

なったのかを、お伝えしたく思います。

 

以下の内容は、今度 教材を製作している中に

「心に響く気づきの言葉100」の本の おわり に書いたものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                        おわりに 

心に響く気づきの言葉100を、お読みいただいて ありがとう

ございました。

 

 ブログを書き始めるきっかけは、沢山の素晴らしい人たちとの

出会いの中で「井上さんの話を聞いていると、すごく前向きになり、

エネルギーが湧いてきますよ。」というような有り難い言葉を頂く

機会が多くあったからです。

 

私は学ぶことが大好きで、興味を持った分野がありますと、

教材を購入したり、カリキュラムを受講したり、時には直接、

個人的な指導を受けてきたのですが、こうして学んできた内容を、

少しでも関心がある方と分かちあうことが出来ればと 以前から

思っていました。

 

できれば苦しい内容ではなく、もっと身近なものとして共有したいと

考えていましたので、ブログでは毎日の生活と照らし合わせ、気がついた

ことや思いついたことを書きまとめるようにしています。

 

少しずつですが、そんな考えに共感してくださる方が増え、現在では

、日本のみならず、海外からも毎日、多くの方がアクセスしてくださり

読んでくださっています。

 

私事ですが、数年前に大きな交通事故を体験しました。

そのときに今まで医療を提供していた自分が、医療を受ける立場に立つ

経験をさせていただきました。

そのときに痛感したのが、医療に携わるものにとって、一番大切なことは、

「心の在り方」だということだったのです。

 

患者様が求めているのは、医師としてしっかりとしたフィロソフィを持ち、

尚且つ、患者様の目線で考えてくれる医師なのです。

ところが現在の医療教育制度の中には、そのようなことを学ぶことができる

カリキュラムがなく、医師として自立していく中で、自分自身で感じ取り

気づいていくしかないというのが現状です。

 

 仕事をしながら、毎日ブログを更新していくことは時には大変に感じる

こともあるのですが、全ての医師が経験するわけでは無いことを経験させて

いただいたものとして、私が感じたことを発信していくことが、

誰かの気づきとなり、真の医療が世の中に広まっていくきっかけになればと

いう想いを持って書いています。

今回、私のブログから100のテーマを厳選して、こうして本にまとめて

いただきました。この本を読んでいただくことで、何かに気づいていただく

ことができ、それが皆様の少しでもお役に立てばと願います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私は、ブログを読んで頂き、その気づきをノートに、プラス思考で

書き留めて欲しいと思います。

プラス思考とは、自分にとっても、相手にとってもプラスになる事です。

一人でも多くの方が、ブログから気づきを持って頂けることを願って・・・ 

 

今日も素敵な笑顔で、頑張りましょう。私も手術日です。安全を第一に、患者様に

安心して、快適に手術を受けていただきたく、頑張ります。

投稿者 inoue : 00:02 | コメント (1)

潜在意識・・・

2007年07月24日

おはようございます。院長の井上です。

今、羽田空港のラウンジでブログを書いています。

昨夜は、東京歯科教授と名古屋の業者と帝国ホテルで

私のインプラントのアイデアについて話をしました。

また、ニューヨーク大学のプログラムも無事に終わり、

リーダーとして、正直 「ほっと」しています。

 

毎回、感じる事ですが、ニューヨーク大学のプログラムに参加して

している先生は、本当に素晴らしい、協力的な方ばかりで、

助けられています。心から感謝しています。

 

さて、昨日は、「気の道場」の第3回目でした。

今回は、潜在意識をどのように活用するかについて、体験を通じて

学びました。

この講習会は、全国から経営者25名ほど集まり、行われているものです。

DSC04036(1).JPG

*藤平先生から指導を受けている様子です。参加者平均年齢は、

 50歳以上の方で、企業の社長さんばかりです。

 

潜在意識について説明します。これは、藤平光一先生の定義です。

 

「 現在意識は、過去の経験知識の集積である、潜在意識より出された

材料によって組み立てられる。

我が心の倉庫である潜在意識に、以後一切マイナスの事柄を入れる

ことを止めよう。

常にプラスを堅持し、積極的精神で我が人生を闊歩(かっぽ)しよう。 」

 

皆さんは、行動の9割が無意識であることを、知っていますか?

 

多くの人は、この無意識の時に心身分離の状態を起こしている事が

多いのです。

また、私たちの性格は、無意識であるということでもあります。

その性格は、習慣の集まりと言ってよいでしょう。

 

すなわち、日頃からプラス思考(自他共にプラスになる思考)や人格を高める

良い習慣を身につけようと努力し、心の倉庫である潜在意識に蓄積されて

いるならば、無意識の性格もきっと素晴らしく、全てが良い方向に進みます。

 

しかし、普段、悪い週間、マイナス思考や自己中心的思考(利己主義)

の悪い習慣の人は、無意識の性格の時に、悪い行動をしてしまいます。

 

プラスの性格、良い性格になるためには、日頃から意識してプラスの習慣を身に付ける

ことで、心の倉庫の潜在意識に蓄積され、素晴らしい人生を過ごせるのです。

 

 

プラスの習慣とは、プラスの言葉、プラスのイメージ、人格を高める意識、成長を意識

する自分です。そして、より多くの人の貢献を考えることです。

 

潜在意識について、皆さんは、どのように感じましたでしょうか?

 

是非、無意識の9割の状態を、より良い方向に進む、習慣を身に付ける

大切さを感じて頂ければと思います。

 

では、今日も素敵な笑顔と大きな声をだして、頑張りましょう。

今日という、一日に悔いを残さないように・・・・・

投稿者 inoue : 07:24 | コメント (0)

病気という逆境から学ぶ事とは・・・

2007年07月23日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

皆さんは、自分自身が逆境に追い込まれたと、

感じた事がありますか?

ほとんどの人は、大なり小なり、心の中であると

感じたに違いありません。

 

私の病院に来院されている患者様で、重い病気にかかられ

ている人が います。

その人は、とても素敵な方で,私も昔から知っているのですが

その人の発する輝は、特別なものでした。

 

その人は、逆境になっても、とても前向きに病気と戦っています。

そして、その人の言葉を皆さんにもご紹介をしたく思います。

「 先生、病気になったことは、とても辛いことです。

しかし、病気になってどんなに辛い思い、苦しい思いを

しても耐えなければなりません。

病気になった人が、早く治りたいと思うのは、自然の事です。

誰もがそう思うことでしょう。

しかし、病気の今の状態を含めて、それが私の人生と受け止めています。

病気になったことで、本当に多くのことに気づきました。

健康のありがたさ。人への優しさや思いやり、澄んだ空気・・・・

今まで、普通に感じていたこと、全てに感謝が出来るようになりました。

私は、病気に勝ったら、多くの人に恩返しと、ボランティアなどしたいと思います。

私は、毎日をただ目の前の病気と全力で戦うしかありません。

それ以外、自分では、どうすること出来ないのですから。

先生には、まだまだチャンスもあるし、挑戦もできる。だから頑張って欲しいです。

絶対、先生なら何でも出来るから・・・・。

応援してるよ! 」

 

私は、この方と治療をしながら話をしていて、涙が出そうになりました。

そして、この方とお話をしながら、精一杯悔いのない人生を送ろうと

心に誓いました。

 

そして、病気という逆境に立たされながらも、前向きに生きる姿、

そのような状態でも、私に暖かいメッセージを贈ってくださる精神力に

、健康な私たちが出来ないことなど何もないと、心から思いました。

皆さんは、病気もチャンスと受け止められるでしょうか?

 

確かに、病気をすることで、残りの人生を何のために生きたらよいのか、

ゆっくり時間をかけて考えることのできる、チャンスなのかもしれません。

そして、真の愛情と優しさを知ることにもなります。

 

どんな逆境からも、常に人生を前向きに生きることの大切さを、

教えていただいたように思います。

 

今日も東京です。セミナーの後は、大学の教授と業者と、私のアイデアに

ついて聞いていただき、商品化できないかと考えています。

インプラントに関するアイデアですが、世界に貢献できるものと自信を

持っています。

少しでも、前に進む事の出来るよう、全力で頑張ります。

 

では、皆様も笑顔で、素敵な一日をお過ごし下さい。

投稿者 inoue : 08:36 | コメント (0)

NY大学日本セッション・・・

2007年07月22日

皆さん、こんにちは、院長の井上です。

昨日は、NY大学日本セッションで、3期・4期生合同の

セミナーでした。

 

Dr. Giuseppe CARDAROPOLI

Part One:Implant Placement in Fresh Extraction Socket”

Part Two:“How to work on the research paper” 

 

今回の講師は、イエテボリ大学で、Dr.リンデーと共同でリサーチを

してきた経歴を持ち、現在は、NY大学で教えています。

講義の内容は、インプラントだけでなく、ぺリオの講義を最新のリサーチ

など、とてもエキサイティングな内容でした。

ケン挨拶.JPG

*副学長の挨拶の様子

レクッチャー.JPG

*講師のCARDAROPOLI です。

懇親会1.JPG

*講義後、横浜シェラトンホテルでの懇親会の様子です

懇親会.JPG

*NYUディレクターKateと明日の二日目の講師DR.Newtonとの

 記念写真

 

懇親会4.JPG

*記念写真。

今日は、二日目の講義になります。今回、三期生は、卒業論文の

経過報告もあり、多くの先生がお持ちになっていました。

私も確認させて頂きましたが、かなりレベルの高い論文もあり、

あらためて、参加されている先生の意識の高さに、嬉しく思いました。

 

さて、今日は、もう少し・・・

昨夜、イチローの言葉に「自分を殺して相手に合わせることは、

僕の性には合いません。納得せずにやるなんてナンセンスと思います」

 

私は、この言葉と自分の生き方を、重ねてしまいました。

どうして、そんなに周りを気にするのかということ。自分の人生なのに

人にどう言われようが、自分の決意した道を進む事が大切だと思います。

 

そうですよね。

 

そうしたら、どんな結果が出ても悔いがありませんから。

周りの意見を聞くなと言っているのではありません。

自分で納得できる生きかたは、自分を必ず大きく成長させると信じています。

そのような、強い意志と一貫性に、多くの人は、最後、理解と協力をして

くれるのではないでしょうか。

あまりにも、多くの人には、強い意志と一貫性がないように思います。

 

私も日本から一人、NY大学プログラムを受講した時も、プログラムリーダー

として始める時も、強い意志を持ってやると決めました。

今では、多くの人の協力を得られ、本当に良かったと思います。

 

皆さんも、自分にとって、強い意志と一貫性を持つべき大切なものが

何かを、よく考えてみてはいかがでしょうか。

 

日曜日ですし、少しゆっくり、自分と対話する大切な時間にして欲しいと思います。

投稿者 inoue : 00:07 | コメント (0)

それぞれのルールがあるということ・・・

2007年07月21日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日からニューヨーク大学の日本でのプログラム開催のために、

横浜に来ています。

今回は、その他にも大切な打ち合わせが、ビッシリです。

ところで、

皆さんは、毎日の生活でイライラする事ありませんか?

当然、あると思います。

私もあります。

 

そこで今日は、

人には、それぞれのルールがあるということ というテーマで

書かせていただきます。

 

私たちが子供の頃に学ぶ大切なことのひとつには、公平、公正、

礼儀、マナー、調和・・・数々の人として大切な事を身に付けることを

したことでしょう。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

全ての人たちが、自分と同じルールを学んだこととは限らないというこ

とです。

自分にとって正しいと思えることでも、相手にとって間違っている事も

あると思うかもしれません。

 

すなわち、「自分も相手も同じルールに従って生きている」、そう考えると

大きな問題、トラブルと直面する恐れがあります。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

人の多様性を考えると、相手のとる発言や行動に対して、心を開いて

全てを受け止めるという事です。

自分の基準は、相手にとって何の意味も持たないのですから。

 

まずは、一度、相手の全てを受け止めて、お互いの違いを認め合う

ことが、人間関係にとって、とても大切なことだと思います。

 

今日は、いつもより心を開いて、多くの人との出会いをしてみてください。

きっと素敵な笑顔の出会いがあることと思います。

投稿者 inoue : 00:03 | コメント (0)

話し合うことの大切さ・・・

2007年07月20日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

人間関係において、最も大切なひとつに、コミュニケーション

があると思います。

皆さんは、コミュニケーションについて、学んだ事がありますか?

実は、意外と少ない事に驚きます。その結果とは言いませんが、

人間関係に苦労している人が多いのも事実です。

 

そこで、今日は、話し合うことの大切さについて・・・

 

人間関係がうまくいくかどうかは、お互いのコミュニケーション能力と

密接な関係にあります。

お互いに何でも話すことのできる関係の場合は、もし問題が生じても、

それが大きな問題に発展する前に解決できることが多いのです。

 

それに対して、コミュニケーションが上手くいっていない人は、

敵対的な関係にまでになることがあります。

そういった意味では、お互いを長く知りつくし、話し合ってきた場合においては

心配ありませんが、そうでなく、知り合った期間が短かったり、話が十分にでき

ていない関係の場合は、一触即発の危険な状態にすぐになる場合が多いと

思います。

 

すなわち、十分に話し合うことは、よい人間関係を築きあげていく上で、とても

大切なことだと思います。

 

相手に自分の思いを全て洗いざらしに話すことが、決して良い事でも有りませんし

賢明でもありません。

 

しかし、大切な事においては、お互い向かい合い、話し合うことがとても大切です。

せめて、自分にとって大切な人とは、そのような努力をしてみてください。

きっと素敵な関係が、続けられると思います。

 

今日から、東京です。横浜で、ニューヨーク大学のプログラムが開催されます。

今回は、論文の読み方について、イエテボリ大学からニューヨーク大学に

来られた先生に詳しく教えていただく予定です。

 

今日は、コミュニケーションを大切に、笑顔で一日をお過ごし下さい。

投稿者 inoue : 00:04 | コメント (0)

最高の人間関係を満たす条件とは・・・・

2007年07月19日

皆さん、こんにちは、院長の井上です。

昨夜は、院長講演会の日でした。スタッフには、

コミュニケーションについて、東京での有料講座を特別に

行いました。

明日の朝のミィーティングの際にでも、感想を聞いてみたく

思います。

 

今日は、

最高の人間関係を満たす条件とは・・・

 

上手くいく人間関係と上手く行かないことがあるのは、

いったいなぜでしょうか?

 

最高の人間関係を満たすための条件について、考えた事

がありますか?

 

実は、次の条件を満たす必要があるのです。

・相手の目標を大切にしている

・相手に誠意を尽くし、お互いが対等である

・共通のルールにもとづいて行動している

・相手を尊敬し信頼している

・自分らしくいられる

・同じ倫理観や価値観を持っている

・人間的成長をうながしてくれている

・才能を発揮するサポートをしてくれている

・お互い最大の利益を与えてくれる

 

などが上げられます。これが、全てではありません。しかし、

以上の条件を満たせば満たすほど、人間関係の絆は深まり

、最高の関係を構築するに違いありません。

さらに、成長していく事も出来る、理想的な人間関係になるでしょう。

 

皆さんの周りで、このような条件を満たす人がそばにいますか?

何も考えずに、大切な人との出会いをしていませんか?

 

人との出会いで大切なこと、それはお互いが成長し、笑顔で前に進んで

生きて行くことではないでしょうか。

 

今日も素敵な笑顔で、最高の一日をお過ごしください。

投稿者 inoue : 00:07 | コメント (0)

学ぶことの意味を・・・

2007年07月18日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

今日は、ロサンゼルスのコーチとこれからミィーティングです。

コーチからアドバイスを受けた事は、出来る限り行動する

ようにしています。

やはり、行動しないと、結果も付いてきませんから。

また、今晩は、スタッフに向けた院長講演の日です。

夜8時から約40分の講演を行い、その感想を大阪の

コンサル会社へ送ります。少しでも気づきのある、講演

ができたらと思います。

 

 

今日は、学ぶことの意味を忘れないようにしよう 

について書きます。

 

学問を修める、すなわち学ぶ事は、心を正しくするためです。

何か知識を得る事ばかりして、心を正しくするようにということを、

考えられない人が 多いように思います。

何かを学ぶということと、知識を増やすということは、別の事です。

知識を増やすのが悪いわけではありませんが、そのことばかりに終始して

本来の目的を忘れてはいけません。

 

学ぶ究極の目的は、心を正しくするためです。

 

しかし、最近は、学ぶ事すらもしませんから、当然、心を正しくする

ことなどは、出来るわけがありません。

 

もう、常識が全く違います。当然、学ぶ事すらもしていませんから、

的確な表現もできませんし、自分の問題にも気づけていません。

しかも、非常識な行動にも、自覚できていないのです。

事実に対しても、捉え方レベルが違います。また、一つの注意を

他の事に関連付けして、応用もできません。ですから、同じ非常識

行動を他の場面で繰り返してしまいます。

 

学ぶ事は、心を正しくすることが目的ですので、是非、継続して

学び続けて下さい。

 

心を正しくする???

もう、そのような質問も聞こえてきそうですね。

それは、その人のレベルで考えるべきで、答えを求めるもの

でありません。

 

最近、感じることは、学ぶ前に常識を身につけることが大切だと

思いました。

ただ、その常識も学ぶ姿勢を持ててこそ、身に付くことなのかも

しれません。

学ぶという取り組みをしながら、常識を身に付け、心を正し、それから、

知識という順番だと感じました。

 

もう少し、周りの人も、大切な人の事を思うのであれば、気づいたことを

伝えるべきです。周りも、類友で気づけていないのであれば、少し、常識や

教養を身に付ける生き方をすべきです。

少し、厳しいようですが、そのように思いませんか?

 

今日も少しでも成長するような、一日を過ごそうではありませんか。

少しの成長が、将来の大きな成長であることを忘れないで下さい。

では、素敵な一日を 笑顔で・・・

投稿者 inoue : 06:43 | コメント (0)

最後だとわかっていたなら・・・

2007年07月17日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、新潟・長野で大きな地震があり、とても驚き

ました。

天災ですから、誰にもどうすることも出来ません。

 

しかし、いつ、私たちの身にも何が起こるかわかりませんので、

いつも悔いのない、生き方をすべきです。

 

実は、週末、東京の書店で、素晴らしい本と出会い

感動しました。

その本は、「最後だとわかっていたら」という題名の本です。

私は、この本を読み、涙が出ました。

 

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%A0%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%82%89-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4861139066/ref=pd_bbs_sr_1/503-8448683-0742302?ie=UTF8&s=books&qid=1184598450&sr=8-1

 

この本は、゛9.11テロの時゛チェーンメールで、世界中に流され、

多くの人に感動を与えたものです。

 

この本のおわりに訳者が、大切な姉を亡くしたときの体験から、

「あれもしてあげればよかった」「これもできたはずだ」と思いは尽きることなく

あふれて、わたしを責めた。精一杯を捧げたはずなのに、なぜこんなにも

後悔があとから襲うのか・・・・ということが書かれていました。

 

私たちは、大切な人の今日という日が、最後だとわかっていたなら、

どんな接し方、言葉がけ、行動をするでしょうか。

きっと、精一杯の何かをしたいと思うに違いありません。

 

ただし、人は、それだけしても、悔いが残るということです。

だからこそ、人との関係を、もっと大切にしようではありませんか。

 

私は、この本を少しでも多くの人に読んで欲しいと思いました。

このノーマ コーネット マレックの詩と共に、訳者佐川さんの体験

からの最後のメッセージは、私たちに人との関わりにおける、

重要な気づきを与えてくれるものです。

 

きっと、この本は、皆さんの、明日からの生き方を大きく変える

ことになるでしょう。

 

そして、私は、この本からの教訓をいかし、人との出会いに対して、

悔いなく、大切にしていきたいと自分に約束をしました。

 

今日から一週間が始まります。

連休の疲れを出さずに、最高の笑顔で頑張りましょう。

投稿者 inoue : 00:01 | コメント (0)

人は、不完全であるということ・・・

2007年07月16日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、東京歯科大学医局の集まりでした。

久しぶりに会うOBや友人、皆、それぞれの地域で元気に

活躍しています。

一年に一度くらいしか会いませんが、昔、同じ釜の飯を食べた

仲間は、とてもいいものです。

 

今日のテーマ、人は、不完全であるということを受け入れる。

 

よほど有害なものでない限り、相手の不完全さには寛容になるべきです。

完全な人など探し求めるのは、時間と労力の無駄だと思います。

完全な人など、いないのですから・・・。

 

私たちが捉えれおくべきことがあります。

それは、

自分は、不完全な人でいるということを認めることです。自分が気づいて

いなくても相手は、確実に気づいています。

 

さらに、人は、お互いが成長の途中の段階であるということです。

年齢を重ね、経験を積む事で、精神的に成長し、今、考えて無理な事も

必ず可能になるということです。

 

人は、不完全であるということを認め、成長していくことで、今、想像する

以上のことが、必ず出来るようになるということを信じて下さい。

 

これからは、成長して 不可能を可能にする自分を楽しみに、今日も笑顔で

頑張りましょう。

投稿者 inoue : 00:26 | コメント (0)

ツキを呼び起こす秘密を・・・

2007年07月15日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

東京は、昨夜ものすごい雨でした。

しかし、意外と飛行機は、大きく揺れることなく、安心しました。

 

昨夜も多くの人と久しぶりに会い、とても感動しましたが、

今日も、教授との個人的ミィーティングやOBの方々との

久しぶりの再会です。とても、楽しみです。

 

今日は、ツキを呼び起こす秘密を皆様に・・・

 

人は、何をやっても上手くいく事もあれば、いくら努力しても

失敗ばかりの時もあります。

上手くいく時には、ツキがあるといいます。

では、一体 ツキとは、何なのでしょうか???

 

当然、科学的に証明もされていません。

私は、ツキは心構えだと思っています。

 

例えば、何かに望む時に、反射的に、特定の言葉や現象など

ある一定の条件が整うと、いつも同じような心理状態になりませんか。

すなわち、これが心の習慣で、心構えなのです。

心構えのあり方で、ツキの有る無しが決まっていると思います。

 

よくスポーツ選手が縁起をかついで、ヒゲを剃らなかったり・・・色々しますが、

基本的、してもしなくても、勝敗に変わりはないと思います。

しかし、「自分にツキがある」という、その時に強く抱く心理状態の

認識がツキに恵まれているだけです。

 

ですから、現実的に人がいつまでもツキに恵まれないのは、自分にツキ

があるという強い気持ちを、潜在意識に送り込んでいないからです。

「自分には、ツキがる」と思い込めば、かならずそうなります。

 

ただ最後に、そう信じて、努力をしない人、考えない人、

謙虚でない人、感謝の気持ちのない人は、やはり、ツキから見放される

そんな、自然の原理・原則は、忘れていけません。

今日も東京は、大雨です。警報も出ているようです。

皆さんの地域は、如何でしょうか。私は、九州にも沢山の友人がいますので、

とても心配です。

 

どうか、多くの方の被害がなく、今日という日も素敵な笑顔で過ごせる事を

願います。

せっかくの連休です。ゆっくりとお過ごしになられては、如何でしょうか。

投稿者 inoue : 04:25 | コメント (0)

言い訳が上手くなったら・・・

2007年07月14日

こんにちは、院長の井上です。

今日は、東京です。東京歯科大学医局の集まりです。

 

最近の病院の朝のミィーティングは、とても厳しくしています。

それは、スタッフ全員が患者様のために、努力する大切さを

知って欲しいからです。

やはり、病院へ来て下さる患者様には、高い知識と技術、優しさを

持って、全員で対応したいですから・・・

 

 

今日は、

言い訳が上手くなったら一生言い訳で終わるでしょう。

このことをテーマに書かさせて頂きます。

 

 

言い訳は便利なものです。上手く言えば相手は納得してくれます。

非難するどころか、同情さえしてくれます。

 

そこで、知らず知らぬ間に、都合が悪くなると、言い訳ですます癖を

身につけてしまう人がいます。

そして、あまりの便利さに、そこからなかなか抜けられなくなります。

 

言い訳は逃げ口上の一種ですから、そうやって逃げてばかりいると、

益々問題解決能力が失われ、とっさに悪気無く、言い訳で、状況を

回避します。

そした状況を、多くの人は、受け止めてしまいます。

 

何故か?

 

それは、その程度の気持ちでしか、相手を見ていないからです。

また、そういう人が周りに集まってくるのでしょうか・・・。

ある意味、そのように無意識で対応をされるということは、とても

寂しいことでないかと思います。

 

そして、そのような対応の結果、

そのように対応をされる人は、いつまでも考える力がつかないため、

言い訳と愛想をよくすることで、自分の立場を守ろうとします。

 

言い訳は、絶対してはいけません。

自分に与えられた全ての出来事は、必然的なものばかりです。

そして、自己を成長させるよい機会と考えて下さい。

 

いいですか、言い訳のツケは、けっして小さくありませんよ。

ですから、言い訳せず、現実と向かい合ってください。

今日は、朝から東京へ向います。台風が来ていますので、少し

心配ですが、充実した週末を過ごしたく思います。

皆さんも、笑顔で、素敵な週末をお過ごしください。

投稿者 inoue : 00:08 | コメント (0)

おろそかにしないこと・・・

2007年07月13日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

今、過去のブログから100選して、冊子を製作しています。

昨夜は、100選の校正をしていました。

100選を校正していまして、あらためて、気づかされる事が

多いのを感じます。

皆さんも、お時間がありましたら、是非、過去のブログもお読み

頂けましたら、幸いです。

 

今日のテーマ、

おろそかにしないこと・・・

 

人から、何かを指示される。その指示されたことを、その通り

にしっかりとする。そこまではよいけれど、そのやった結果を、

指示された人にきちんと報告するかどうか。

 

すなわち、指示通りにやって、その通りうまくいったのだから、

もうそれでよいと考える人。

報告をすることで、指示した人は、安心するだろうと考える人。

その何でもない心がけ、ちょっとした心の配り方の違いから、

両者の間に、信頼感に対する大きなひらきが出てきます。

 

当然、指示されたことが、出来ているのか、出来ていないのか、

いつ出来るか分からないで平気な人は、仕事の意味を本質的に

理解できていない 困った人です。

 

仕事には、学ぶ事も、知恵も、才能も、努力も 必要かもしれません。

しかし、もっと大事な事は、当たり前のこと、平凡な事を、おろそかに

にしない心がけです。

 

いくら、特別な事が出来ても、いくらパフォーマンスが高くても、人として、

些細なことや平凡なことを積み重ねて、きちんとできてこそ、信頼感が

得られ、仕事の大切さを理解している役に立つ人なのです。

 

どうか、おろそかにしない気持ちを忘れずに、頑張ってください。

 

今日は、久しぶりに 仕事が終わった後何もありませんが、来週のセミナー資料の

製作をしなくていけません。

明日は、朝から東京です。

今日も素敵な笑顔とおろそかにしない、そのことを意識して、精一杯

頑張りましょう。

投稿者 inoue : 07:34 | コメント (0)

一言・意識しない態度が・・・

2007年07月12日

皆さん、おはようございます。院長の井上です。

昨日は、お昼 カイロに行ってきました。

かなり体の軸が歪んでいるという事で、先生も大変

そうでした。しかし、信頼している先生ですし、これから

身体も楽になると思います。

また、昨夜は、取材もありました。さすがに、、11時に休み、

なんだか久しぶりに寝た感じです。

 

今日は、一言・意識しない態度が・・・

 

 

人の心の真理は、ちょっとした日常の挨拶や振舞いにあらわれ、

何でもない行動に、案外人間内容やその背景がでるものです。

このことに気づかないのは、自分自身と対応している無関心な人

だけであり、相手と真剣に向い会っている人には、必ず感じるものです。

 

そのことは、高い人間力として、瞬時に相手に伝わり、素晴らしい

人間関係と信頼を築くこともあれば、

人をだましている、真剣に対応していない、自分しかみていない

などの、不信感として、一瞬に伝わります。

 

このような後者の人に多いのが、人格障害です。

人格障害の人は多く、今、社会の問題になっている、身近なものです。

人格障害については、詳しく触れませんが、以下で、そのことが

書かれていますので、必ずお読み下さい。

http://homepage1.nifty.com/eggs/index.html

 

すなわち、人は、一言・意識しない態度で、人生が決まり、

その人の人間も決定します。

 

常に謙虚に生き、自分の付き合う人のことも考え(類友の法則)、毎日の成長を

真剣に意識して、生き続けていかなければ、自分が気づかないうちに、

誤った方向に進むことになります。

このことを忘れずに、生きていきませんか・・・。

 

毎日が、本当に勉強であり、修行ですね。しかし、楽しく、笑顔で過ごし

いますと、そのことも苦痛になりません。

 

今日も笑顔と元気な挨拶で、楽しく頑張りましょうね。

投稿者 inoue : 07:49 | コメント (0)

気持ちの持ち方・・・

2007年07月11日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨夜は、英会話でしたが、その先生がエッセイを書いています。

日本語と英語の対訳できるものです。話を聞いていまして、

私よりも日本のことが詳しかったり、日本人的な心もあり、

やはり、知性の高い人は、世界中どこに住んでも順応できる

力があることを感じます。

 

今日は、気持ちの持ち方です。

 

時間は、気持ちの持ち方しだいで長くもなり、短くもなり、

場所は、心の持ち方ひとつで、広くも狭くもなります。

 

本当に気持ちの持ち方は、とても大切だと思いませんか?

 

東京で 電車が事故で止まった時があります。

多くの人は、心配したり、イライラしたりして、何とかしようとしています。

そして、うろうろ、きょろきょろ見る、乗り出すなど、一連の動作を何度も

繰り返す。

しかし、自分でどうにか出来るわけでもありません。

 

世の中には、自分でコントロールできることと、出来ないこともあるのです。

 

変える事の出来ない時にこそ、気持ちの持ち方を変える事が大切では

ないでしょうか。

 

気持ちを変える事で、状況に対する見方を変える事で、その状況が

自分に与える影響も変えることができます。

 

私は、電車が止まった時は、ありがたい時間と捉え、読書をします。

まさに、時間を頂いたような得した気持ちになります。

 

すなわち、気持ちの持ち方ひとつで、どんなことも自分にプラスにできる

ということです。

 

最後に、やはり全ては自分の考え方と心にあるということですね。

 

今晩は、取材です。お昼は、カイロへ行ってきます。首が痛くて・・・。

さー今日も元気一杯、笑顔で頑張りましょう。

投稿者 inoue : 07:47 | コメント (0)

相手に伝えるということは・・・・

2007年07月10日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、受付がお休みしましたので、急きょ、

産休中の受付スタッフに出てきてもらい、サポートを

してもらいました。

久しぶりの仕事のようでしたが、経験は力なりで、

さすがに、そつなく業務をしていました。感謝です。

 

今日は、相手に伝えるということは・・・

 

人に気持ちを伝える時に、日本人のコミュニケーションは、

どうしてもストレートに話さず、遠まわしに言う事が多いのではないでしょうか。

 

しかし、私の経験から、伝えたい事を遠まわしに話しては、

伝わらないというのを、身をもって感じたことがあります。

要するに、あまり気を使いすぎない事です。

 

特に難しいのは、常識や感性が明らかに違う人に、気を使って伝えても、

理解してもらうことが出来ないということです。

 

恐らく、自分は、無意識のうちに正しいという感覚を持っているのでしょう。

そのような人には、事実を一つ一つ丁寧に説明し、どうすべきかを

伝えたとしても、理解度15%程度だと思います。

理解しようと心で思う気持ちが、15%程度なのかもしれません。

 

では、どうすれば、そのような人に伝える事ができるのでしょうか?

 

私の結論から、無理です。

そういう人は、自分を見つめなおし、自分と向かい合うことをしようとしませんから。

 

でも、本当に成長を望むのなら、気がつかなくても、気がつくまで、

100回で駄目なら、101回、102回・・・と言い続ける事しかないということです。

これは、斉藤一人さんのお弟子さんの柴村恵美子社長に以前、お会いした時に

教えて頂いたことです。

柴村社長も、斉藤一人さんにそのように育てられたと、話していました。

 

しかし、それを実際に行う事は、並大抵の事ではありません。

きっと、誰よりも本気でその人を思い、考え、真剣に、絶対に諦めないくらい

の決意が、伝える側にも求められます。

 

諦めない・・・

 

相手に伝えるうえでも、人生の夢や目標を達成する上でも、全てにおいて

それは、大切なことのように思います。

 

現在は、人との係わり、仕事・・・何でも思うようにならないと、すぐに諦め

る人が多いように思います。

そうでなく、諦めないで頑張る事をしてみては、いかがでしょうか。

 

今日も素敵な笑顔で頑張りましょう。そして、少しでも成長することを

心に誓いましょう。

では・・・

投稿者 inoue : 07:05 | コメント (0)

ネガティブな態度はしない・・・・

2007年07月09日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

いよいよ、今週も始まりますね。今週のスケジュールを

見ますと、来客・取材・個人レッスン授業、そして、週末

は、東京です。

相変わらずのスケジュールですが、どうも、首を寝違えた

ようで、どこかで、カイロにも行きたいと考えています。

私は、まずカイロで整体をすること、それからマッサージの

順番が、理想と考えています。

 

今日は、

ネガティブな態度はしない・・・・

 

自分の態度が、人生に影響していることを考えた事がありますか?

 

成功した人や運を引き寄せている人の鍵は、態度です

 

人は、何か問題が起きた時、いつも人のせいにしていないでしょうか。

そして、殆どの時間を沈んだ気分で過ごしている人が多いのです。

 

たとえ、すごく前向きな人でも、必ず落ち込む事はあります。

しかし、ネガティブな態度をすることで、何か、状況を変えること

が出来るでしょうか。

 

出来ません。

 

かえって、ネガティブな態度でいることで、自主性も規律もなくなって

しまいます。

 

ですから、何か嫌なことや辛いことがあっても、ネガティブな態度を

するのは、今すぐ辞めましょう。

 

人は、自分の仕事や人生に責任を持ち、人のせいにするのをやめ、

人生に笑顔で、積極的に生きることで、自分自身の取り巻く環境や

状況が良い方向に変化することに気づいていません。

 

私たちが常に忘れてはいけないことは、どんな時もネガティブな態度を

取らないということです。

さらに、自分の仕事、生活、人生に責任を持ってこそ、素晴らしい方向

に進む事、このことも忘れないで下さい。両方が必要なのです。

 

一週間が始まりますね。今日の帯広は、快晴です。

今日も笑顔と明るい挨拶をして、元気に頑張りましょう。

投稿者 inoue : 07:46 | コメント (0)

状況は変えられると信じる・・・

2007年07月08日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

今、羽田空港のラウンジにいます。今週末は、

多くの人にお会いしました。昨日は、教材製作の

打ち合わせで、一日ホテルでした。

 

今日は、

自分たちの状況を変えられると信じる事・・・・

 

人には、必ず大なり、小なりの問題を抱えていると思います。

その問題も、社会状況の変化を受けて抱える問題もあれば、

個人と個人の感情から抱える、人間関係の問題もあり、さまざま

であると思います。

 

そして、問題解決を冷静に考えているようで、実際には、感情で行動

してしまうことが多くあります。

 

そんな時こそ冷静に、現在の状況とその問題を書き出すとよいです。

そして、それぞれの問題点について、改善するために、今できる事を

書く事が大切です。

 

まずは、現状のありのままを理解し、態度を変え、行動しようと決意する

ことが大切です。決意して、行動をしなければ、問題解決はしません。

 

そこで大切なのは、この問題、状況は、必ず変えられると信じる事です。

 

そして変えるにあたり大切な考えとは、

問題解決する方法は、全ての方向性を変えるのでなく、その問題を冷静に

対応することで、過去の努力や蓄積してきた人間関係など、多くの財産を失う

事なく、さらに発展させることも出来るということです。

 

仕事上の問題も人間関係も、問題解決して、新たな方向に進んだ時よりも、

そこで、お互いが真剣に向い合い、理解し、よりよい方向に進める気持ちを

持って解決し、後の充実感と絆は さらに強くなることを誰もが経験している

と思います。

 

状況は変えられると信じる事。

しかし、それは、全てを失う方向でなく、発展とさらなる強い絆につながる

変え方、解決の仕方もあることを忘れないで下さい。

 

今日は、状況を変えられると信じることというテーマについて、書かせて

頂きました。

もし、自分にできないと考えてる人がいるのでしたら、今すぐにその考えを

捨ててください。

絶対に誰にでも変えられるのですから・・・・

 

今日も帰りまして、すぐに仕事をします。

皆さんは、ゆっくりされるといいですよ。では、素敵な週末を・・・

投稿者 inoue : 11:08 | コメント (0)

嘘をつかない・・・

2007年07月07日

こんにちは。院長の井上です。

今日は、教材製作のため、CDの録音をします。

長い、一日になりそうですが、頑張ります。

 

今日は、簡単に

嘘をつかない・・・・・

 

人の行為で一番最悪なことは、嘘をつくということです。

嘘をつくということは、人を騙す行為ですから、ある意味、犯罪です。

しかし、人は、平気で嘘をつくんですね。

しかし、それは、一部の自分で気づかない病気の人です。

何故、病気と言うのか・・・

 

子供でなく、社会人になっての嘘は、常識や秩序を知りながら、

自己コントロールができていないのですから、精神病なのです。

 

ここで問題なのは、嘘をついている人に、全く自覚がないことなんですね。

 

例えば、

質問を相手にされ、無意識に現状から回避するために嘘をつき、

その後も、つじつまを合わすような発言をする、これは、無意識に

行なっているのです。このことが、嘘という自覚もないのです。

 

こういう無意識の病気は、殆どが家庭環境です。

両親が子供の頃に教育ができていない場合。

子供が両親からの心の傷を受け、両親を尊敬できていない場合など

の潜在的な問題が、必ず原因しています。

ですから、時間的経過が長く経っているので、本人が気づくのには、

相当大変ですし、よほどのことが無い限り気づく事もないのです。

 

絶対にしてはいけないこと。それは、嘘をつくということです。

 

自分に正直に生きませんか。

何も自分を飾る必要など、ないのですから・・・

 

週末ですね。どうか、楽しく笑顔で、お過ごし下さい。

しかし、たまには、真剣に誰にも会うことなく、自分を見つめ直す時間に

することも大切ですよ。

投稿者 inoue : 08:05 | コメント (0)

今日という日を最大限に・・・

2007年07月06日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日から東京に来ています。

昨夜は、インプラントコンピュータ・システム会社の社長と

今後について、3時間半程 話をしました。

 

今日は、朝からWEBでとても活躍されている方と、2時間ほど

顔合わせ、午後からセミナー、夕方は、打ち合わせです。

 

私は、

今日という日を最大限に生きたい、生きるという事を

とても大切にしています。

 

私は、毎日、朝起きると、自分にこう言います。

「たった一度の人生なのだから、今日を最大限に生きよう、

そして、今を悔いない人生にしよう」と ・・・・

 

過去も未来もありません。

「今」に気持ちを集中して、本気で、全力で生きれば生きるほど、

とても気持ちがよくなります。

そして、周りの人も、本気で協力してくれますので、

さらに多くの事を成し遂げることができます。

 

皆さんは、今を本気で生きている人を見て、どのように思いますか?

応援したくなりますよね。

 

反対に、朝起きて、食事して、仕事もマイペース、接客もそれなり、

与えられた仕事を淡々と変わりなくこなし、昼食、外出、午後から仕事、

夕方に後片付け、掃除、夕食、お風呂、あー疲れた睡眠。

 

多くの人は、会社に行き、このような生活をしていませんか???

 

こんな生活をしている人は、魅力的でしょうか?

こんな生活の人に協力をしたいと思う人、本当にいるでしょうか?

こんな生活の人に将来のチャンスがあるのでしょうか?

そんな生活の人に夢が叶えられるのでしょうか?

そんな生活の人と、出会う人は、どんな方でしょうか?

類友の出会いでしょうか?

 

私は、多くの活躍している人、チャンスを掴んでいる人、素晴らしい出会い

をしている人などは、今日という日を最大限に生きていると思います。

 

どうにもならないことを悔やんだり、過去をどうかしようと悩み、

まだ分からない未来に不安を持つくらいなら、

たった一度の人生、今日という日を最大限に生きるべきです。

このことを、忘れないでください。そして、そのように、生きて欲しいと願います。

 

今日も素敵な笑顔で、大きな声を出しながら、誰からみても元気よく

頑張りましょう。

投稿者 inoue : 07:32 | コメント (0)

自分の役割を理解する・・・

2007年07月05日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、朝5時に起きまして、ミィーティングでしたので、

さすがに、少し早く休みました。

しかし、それぞれの専門の方からアドバイスを頂くと、

本当に学びがあります。

早速、取り掛かれる事もありますので、仕事の始まる前には、

メールで関係者に連絡を取り、即・行動です。

そうしますと、午前中には、「分かりました。対応します」の回答、

やはり、時間を無駄にせず、行動ですね。

 

今日は、自分の役割を理解するというテーマで・・・

 

調和と発展は、一体です。

調和がなければ発展はないからです。

人間は一人でなく、周りの人々と関りあって生きています。

私たちは、社会・組織の一員として、調和をとり目標に向かい

進んで行くことが大切です。

 

すなわち、目標を達成するためには、素晴らしい組織になるためには、

全体の調和がとれ、それに向って全員で力を出し切れば、必ず発展し、

達成することができます。

 

全体の目標達成や組織の発展のためには、個人的な好き嫌いとかは

言っていられません。

 

例えば、バレーの試合で、人がいない場所にボールが飛んできた時、

自分のポジションでないから、まったく無関心にボールを拾いにいかな

かったら、どうなるでしょうか。

しかし、社会や組織では、自分の仕事以外には、全く無関心な人が

とても多いのです。

一度、胸に手をあてて、一人ひとりが考えてみてください。

 

個人が全体の流れをつかんで、自分のやっている仕事の意味を知る

ことが大切です。

調和とは、それぞれの立場や役割で、自分の個性をだすということです。

個人プレーをするということでは、ありません。

 

毎日ブログを書いていますが、内容にとても共感してくれている人、

しかも、プリントまでしてくれている人、

読んではいるが、全く自分の事に置き換えて考えられない人、

ただ読むだけで、何も心に感じない人・・・・・

本当に色々な人と出会います。

 

残念なことに、どのレベルで読み取っていただけるかは、読む側の

ある意味,学ぶ姿勢や成長したいという教養への探究心、素直な心しか

ありません。

少しでも、このブログが多くの人の、気づきになることを願っています。

 

今日から東京です。今回はセミナーと私が製作する教材のCD録音です。

恐らく、スタジオでのCD録音、かなりの時間がかかると思います。

私も初体験ですので・・・・

今日も元気よく、明るく、笑顔で頑張りましょうね。

投稿者 inoue : 07:26 | コメント (0)

好かれる人になる条件・・・

2007年07月04日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

今週は、木曜日午後から東京です。これから、殆ど週末は、

東京です。

ただ、週末の東京もセミナーや講演ですが、空いている時間に、

ホテルで一人ゆっくりするのも、気分転換になります。

皆さんは、気分転換をどのようにしていますか?

 

さて、今日は、和田裕美さんの好かれる話し方CD アドバンスコース

から、「好かれる人になるための6つの約束」をご紹介します。

 

この話をCDで聴いた時の感想は、まさにその通りと、すぐに納得できる

内容でした。

しかし、この話を自分に置き換えて、どのレベルで出来ているかを

考えれなければ、きっと成長にならないとも思いました。

聴いた内容をしっかり、自分に置き換え評価し、すぐに実践してこそ

学んだ価値を生み出すのですから。

では、ご紹介させていただきますね。

 

☆ 好かれる人になるための6つの約束 ☆

1、 礼儀正しいこと

2、 謙虚であること

3、 やさしいこと

4、 熱心で前向きであること

5、 自信にあふれて活気があること

6、 信頼できること

 

では、皆さんにとって、この6つの約束は、どのように捉えてますか?

例えば、

礼儀正しい人とは、どんな人?

謙虚な人とは、どんな人?

やさしい人とは・・・・・???

 

多くの人は、言葉だけを受け止め、納得して終わります。

そこまで深くは、考えていないのです。

 

では、この事を実践できたとしたら、周りはどのような気持ちに

なるでしょうか?

では、このことが実践できていないとしたら、周りはあなたに対して

どのように見ているでしょうか?

 

是非、今の自分を振りかえってみて、この6つの約束が出来ているかを

自分の心に手をあて聞いてみてください。

そして、本当に気づきたいのであれば、まずは、CDを購入してみては、

如何ですか。購入は、以下のアドレスで出来ます。

http://www.perie-net.co.jp/0400/0413/

自分自身への自己投資をせずにして、成長などはありえません。

半端な投資で辞めるのでしたら、最初からしないであきらめるのもよい

かもしれません。

 

私は、この6つの約束は、人生を成功させるためのキーワードと考えています。

机の上やロッカーなどに、この 好かれる人になるための6つの約束 を

すぐ読めるように置いたり、貼ったりしながら、是非、毎日 実践をしてください。

必ず、素晴らしい成長と成功が出来ると思います。

 

今日は、コーチによる会議、取材などです。とても忙しいですが、

ブログの6つの約束を忘れずに、素敵な笑顔と情熱を持って、頑張っていきましょう。

投稿者 inoue : 00:20 | コメント (0)

真の常識を持った謙虚な人とは・・・

2007年07月03日

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

昨日は、和田裕美さんの「人に好かれる話し方CD」

アドバンスコースを聴いていました。

 

このCDの専門用語を使わずに、いかにお客様に

伝えるかの事例があります(CD4)。

この事例、実は私が投稿したものが採用されたため、

教材「人に好かれる話し方CD」アドバンスコースを、

プレゼントされました。

この教材は、絶対にお勧めですね。必ず勉強になると思います。

http://www.perie-net.co.jp/0400/

 

さて、今日は、真の常識を持った謙虚な人とは・・・

 

日本人は、基本的に謙虚さを美徳と考える傾向があります。

本当に常識を持った謙虚な人は少なく、殆どの人が、そのように

調子よく振舞っているだけです。

極端な見方をすれば、いわゆる大ボラ吹きみたいなものです。

実際、褒められると「いや、私なんか、まだまだですよ」の返答を

しても、本心ではそうではありません。

 

実際に心の中では、全然違うことを考えていることが多いのです。

その証拠に、言葉と行動・行為が違います。

 

例えば

・言われたことに、「はい」と言いながら不愉快な態度

・無意識に上下関係なく、人を使う行為

・職場の秩序と言いながらの、上司の許可なしの私物化

・分かった振りしての、知性のない行為・行動

・申し訳ありませんと言いながら、話を聴きながら不思議な微笑み

 

人は、心の中では、全然違うことを考えていることが多いのです。

それが、自然と、無意識に態度と表情に出るのです。

本当に、常識を持った謙虚な人は、少ないと思います。

 

まだ、褒められたら、「ありがとうございます」と素直に言うほうが、

謙虚です。

 

真の常識を持った謙虚な人とは、

人は生まれながらにして、すべて完全に備わっていないことを自覚し、

自分は、まだまだ未熟であるという、一歩下がって、相手を受け止め、

全ての出来事に感謝しながら、

社会の秩序をしっかり守って生きている人でないかと思います。

 

きっと、これからの時代は、うわべの謙虚は、神様からも見離され、

真の常識を持った謙虚な人のみが、好かれるように思います。

 

皆さんの周りには、このような人が多くありませんか。しかし、そのような

人は、誰からも常識を教えてもらっていなかったから、何が常識かも

気づいていないのです。

自分の行動や行為が、周りに誤解を生じている、悪循環になっている

としか、きっと感じていないのです。

 

真の常識を持った謙虚な人になるには、

年齢など、関係ありません。若い人でも、素晴らしい人もいます。

まずは、日々の生活の中で、どれだけ人の話を素直に聞ける、

きれいな心があるかに尽きると、強く感じます。

 

明日は、朝6時からスカイプでロサンゼルスのコーチと会議です。

今晩は、早く休みますね。

今日も、素敵な笑顔、大きな声での挨拶、そして、成長を誓い、

全力で頑張りましょう。笑顔ですよ。

投稿者 inoue : 06:50 | コメント (0)

新創刊のフリーペーパーに紹介されます

2007年07月02日

今度、十勝で創刊される、フリーペーパー「ポカチ」に紹介されます。
掲載ページはこちらでご覧頂けます。
どうぞご覧下さい。

投稿者 inoue : 15:18 | コメント (0) | トラックバック

本当の愛は、相手を自立させること・・・

皆さん、こんにちは。院長の井上です。

皆さんは、週末どのように過ごしましたか?

私は、とにかく忙しい毎日ですが、精一杯に生きている

という、充実感があります。

さて、今日は、

本当の愛は、相手を自立させること・・・

大切な人に成長してもらいたいとき、あなたならどうしますか。

手を差しのべて、助けるのも愛かもしれませんが、本当に相手の

ことを考えて、相手を自立させようと思えば、自分で立てるように、

愛を持って、リードしてあげることだと考えます。

すなわち、あえて手を差しのべないことも、大切ではないでしょうか。

このように、相手にとって考えさせるという試練を 本気で、深い愛情で

接してくれる機会が、親からさえもないのです。兄弟・姉妹の子育て、

仕事・・・・ 多くの理由で。

ですから、多くの人が大人になって、自立など出来ずに、依存で生きていて

も仕方ありません。

すなわち、依存でなく、自立させるために、

例えば、

お腹を空かしてしている人に魚をあげるのでなく、魚の釣り方を教えて

あげるという発想です。

魚をいつもあげてしまうと、もらうことに依存する人になってしまいます。

愛情を持って見守り、相手に自分で考えさせ、学ぶ機会を作るのです。

 

決して、これは意地悪でありません。相手のことを真剣に思うからこそ、

きっと出来る行為・行動だと思います。

そこで、はじめてその人の本来の力が出てきて、自立心も生まれてきます。

そのためには、伝える側にも相当に深い愛情と忍耐力が大切となります。

 

これからの人生で一番大切なことは、自分で考え、自立心を持った生き方

のできる人です。

 

すなわち、自分の中に全てがそろっているという事を自覚し、自分の足で

立つ事の大切さを知る事が、これから生きて行く上での基本です。

 

人には、能力があるのにも係らず、本当に愛情を持って、成長を考えて

くれる人、環境、友人・・に恵まれず、もったいないです。

 

今の時代、いや、昔からそうかもしれませんが、人に係るほど面倒なことはない、

相手の好きなようにさせる、相手と会わなくなればよい、気にしなければよいと

いうのが一番楽だと人は、考えてしまいます。

 

しかし、そう言わずに本気で、係わる事も大切です。きっと、いつか気がついて

成長してくれますから。

 

今年も前半が終わり、後半のスタートが始まりました。

早いものです。目標に向かい、進んでいますか。

 

もしかして、目標を忘れていませんか。生活環境が、目標すらも忘れさせ、

日々をただ過ごす生活に変えていきます。

 

今年の目標を立てた日の大切な気持ちを思い出してください。

そのための今日は、振り返り、目標に向かい進む、そんな日にしては、

いかがでしょうか。

今日は、気持ちを引き締め、気持ちのよい笑顔と大きな声で、頑張りましょう。

投稿者 inoue : 06:40 | コメント (0)