診療メニューメニューの中のスーパーデンチャーメニューの中の合わない入れ歯の悲劇

合わない入れ歯の悲劇

インプラントとは?

井上理事長に、あまり知られていない入れ歯治療の現場での実情や、医師としての実際に行われている治療への見解についてインタビューしました。

合わない入れ歯は、噛み合わせを取った時点ですでにずれている保険治療でワックスを噛んだときのことですが、口を開けて型を取った時、口を開けて型をとった状態で口はもうゆがんでいるんです。骨は柔らかいものなんです。口を開けた状態、ゆがんだ型の状態で最終的に出来てきた入れ歯というのは、型が合ってないということがあるかも知れませんね。

保険治療で型をとるときのことですが、口を開けた状態と閉じた状態では、口の中の形は違います。そのため保険治療のように口を開けた状態で型とりをすると、普段は口を閉じているので、出来てきた入れ歯が合っていないということがあるかもしれません。

アルジネート

そして、材料によっても精度は違ってきます。例えば、型とりのときに使用するアルジネートという材料がありますが、手で練るか、機械で行うかということでも精度が違ってきます。 このように最善の状態で治療が出来る機械や材料がそろっているかという設備環境もとても重要になります。 材料ひとつにしても、そのこだわりが大事だということです。

材料に問題があるという事実

保険治療で入れ歯を作る際には、型とりのあと噛み合わせの高さを決めるため、歯茎の形に合ったプラスチックの基礎プレートの上に、歯が並ぶ部分へワックス(ロウ)を盛ったもので、噛み合わせをとっていきます。
そのワックスでは精度よく噛み合わせがとれません。なぜかというと、保険治療の範囲内で高い材料費を使い、時間をかけて精度の良いものは作れないので、プラスチックのプレートにワックスをのせたようなもので作らざるを得ないのです。そうすると噛んだときの適合性が非常に良くないわけです。

しかもワックスを温める際に左右均等に軟化されないで噛んでしまうと、ワックスが硬い方は噛み切れないで、ワックスが柔らかいほうは噛み切れて、きちんとした噛み合わせがとれません。しかも多少でもがたつけば、それがねじれた状態で噛めば、歯を並べた時に噛み合わせがずれているということがあるんです。

保険入れ歯の人工歯とは保険治療では、人工歯でも歯がすごく減りやすい柔らかい材料です。

保険治療では、人工歯でも歯がとても減りやすい柔らかい材料です。
保険外の人工歯はとても硬くて、噛み合わせが減りにくいものがあり、形態的にも優れたものがあります。 でも、保険の材料のプラスチックは唾液などを吸水しやすく、臭いもつきやすいし、色も変わりやすいのです。
吸水して色が変わっているということは、もうそこにばい菌が入っているということでしょう。 ばい菌が入っているようなものを口の中にいれて、歯茎に触れていれば、それは歯茎だって炎症がおきやすい状態になってしまいます。

歯に炎症が起きると歯の下の骨の組織にも炎症が広がっていくので、合わない入れ歯や、歯茎に炎症がおきやすい入れ歯を入れていると、だんだん骨がなくなっていくということもあるわけです。
それが進行して骨がなくなっていくと、もっと複雑な状況の中に、入れ歯を入れなくてはいけなくなるわけです。平らな土手のようなところに入れ歯を入れて、スケートのように滑るから、スケーティングデンチャーと言いますが、骨がないと歯が滑って動いてしまうような入れ歯をいれざるを得ないということがあります。

合わない入れ歯の悲劇

口の中にいれた入れ歯というのは、どこが噛んでいるかというのも患者さん自身、わからないことが多いのです。
噛み合わせをみる時だって、カチカチ噛んであたっているところを適当に調整しているから、本来であれば、一番始めにあたっているところを削って、二番目にあたっているところを削ってと、順序正しく調整しなければいけないものが、噛む位置がわからないと、削るべき順序がばらばらになってしまい、気付いたときには噛み合わせが狂っていて、余計に合わなくなってしまったということが起きているんです。
だけど、入れ歯は外から持ってきて口の中に入れているものだから、何となく噛めているような気になっているのです。

そもそも、本当にぴったり合う入れ歯を入れたことがないから、何が正しいのかもわからないんですよ。患者さんにしてみたら、歯が合った経験がない。だからそれでいいと思っているんです。まあこれでいいかなあというような感じになっていく。だから余計悪くなっているんですよ。

そもそも、本当にぴったり合う入れ歯をいれたことがないから、何が正しいのかもわからないんですよ。患者さんにしてみたら、歯が合った経験がない。だからそれでいいと思っているんです。まあこれでいいかなあというような感じになっていく。だから余計悪くなっているんですよ。
例えば、スーパーデンチャーをいれた患者さんが、少し調整する時に、保険の入れ歯でもいいからと仮の入れ歯をいれたら、もうこんなのいれられないと言います。仮のものといっても、本当に合っている歯をいれた人はもう、前の状態には戻れないということです。

本当に合っている入れ歯を経験したことのない人にしてみたら、「あそこの歯医者の入れ歯は合うよ、こっちの入れ歯も合うよ」などという話をしたり、「入れ歯が合わないのは先生の腕が悪いんじゃないの」なんて言うんですが、知らないというのは怖いことですね。

入れ歯への疑問から生まれたスーパーデンチャー

スーパーデンチャーは、それらの問題を全て改善している治療なんです。
口を閉じた状態で最終的な型を取って、しかもワックス噛むのではなく、特殊な装置によって最も関節と筋肉にとって良い状態で、ずれることなく噛み合わせを取り、車のジャッキが空気圧で最も安定した状態から調整するように、少しずつ調整をしていき、最終的に同時同圧で噛めるように調整して噛み合わせを作ることが出来るのです。しかも技工士さんが立ち会いのもとで顔を見ながら歯を並べてくれ、形態が気になるところがあれば、調整をして完成させてくれます。歯科医と技工士が立ち会って全ての工程を行うので、完成したときには最も自分の顔に合った形で、噛み合わせも合っているので、口の中がぴったりな状態で帰ることが出来るのです。

そもそも、本当にぴったり合う入れ歯を入れたことがないから、何が正しいのかもわからないんですよ。患者さんにしてみたら、歯が合った経験がない。だからそれでいいと思っているんです。まあこれでいいかなあというような感じになっていく。だから余計悪くなっているんですよ。

そんな快適な入れ歯を入れたら保険の入れ歯には戻れないですよね。
保険の入れ歯というのは、顔も見ないでゼロから並べるので、当然スーパーデンチャーのようにキレイには並んできませんし、型の取り方がちがうのでしっくりもきません。

入れ歯の気になるところがあっても個人個人に合わせて作っているわけではなく、技工士さんは何もない状態のところでかたちを膨らませたりしているわけですから、実際に口の中にいれると、お顔にも口の中にも合わないかもしれないわけですよね。
それを削って合わせようとしているわけですから、技工士さんに磨かれて出来てきたものも、磨かれた意味がなくなってしまうんですよね。 そんな歯を入れたくないでしょう。
スーパーデンチャーと、保険の入れ歯では、入れ歯そのものの作り方が違うということなんです。

材料を変えても方法が同じなら、合う入れ歯にはならない

作り方が保険の方法で、材料を良いものにすると噛めるようになるという考えもありますが、よくわかりません。保険の入れ歯の作り方で、材料だけを良いものにしたつもりで、噛めないと文句を言う人は結構多いのです。
材料だけが変わって、型の取り方も調整のしかたも同じで、顔も見ないで入れ歯を作っても、方法が同じなんですから当然です。 型を取る材料をシリコンにしたといっても、方法は同じですから、それは合わないでしょう。
ちょっと良心的な先生だと、高い材料で入れ歯を入れてクレームをつけられるのがめんどうなので、保険の入れ歯の作り直しが出来る6ヶ月後に「また作りましょう」というのを何回繰り返せるかというところが勝負なわけです。
そもそもなぜ保険では6ヶ月たったらまた作れるのかというのが不思議ですよね。それが保険のシステムなんです。
6ヶ月しか合わなくていいという話かもしれません。6ヶ月合わない入れ歯で我慢しなさい、6ヶ月を繰り返しなさい、ということかもしれないですよね。 変だと思いませんか。

入れ歯の現場で行われていること

たまに保険の入れ歯で何十年でも持っているよという方もいらっしゃいますが、見せてもらうと、歯がすり減っていたり、実際には合っていないのですが、気がついていないという場合だったりもするんです。
慣れというのは恐ろしいもので、徐々に変化していくものだから、自分の口の中の入れ歯が合っているかどうかもわからないのです。

たまに保険の入れ歯で何十年でも持っているよという場合もあるんですけど、見せてもらうと、すり減っていたり、実際には合っていなかったりしても、気がついていないという場合だったりもするんです。

保険の歯は減っていくんです。でも毎日徐々にすり減っていくからわからない。 知らないうちに、噛み合わせが合わなくなっていて、口のまわりが切れたりしているんですよ。
保険の入れ歯は合わないと調整するんですが、調整料はそんなにずっと取れないんです。 何度も調整に来られても困るから、患者さんに嫌われないようにするためにどうするかと言うと、言われるがままに、目の前で削ってあげるんです。ここ削って欲しいんでしょうと言って、目の前で削ってあげる。そうすると、それでいいような気になってしまうんです。
調整をチェックするものなんて何もいらないんですよ。

調整をチェックするのは患者さんなんです。ひどい場合には患者さんがヤスリで削ってくるのを、上手だねと褒めたりして、磨いておいてあげるねと言って、磨いてあげたりする。
もう医療じゃないですよね。 足りないと言うところを補完しているだけのような状態ですよね。

これからの健康のために考えるべきこととは

医療を行う側が、健康に対するしっかりとした話をしないから、患者さん自身がだんだんからだを壊していくということもあるんですよね。
患者さんが きちんとした話を聞いて、それでもからだを壊してしまったのならしかたがないと思うんです。しかし、医師が勉強もしないで説明もできなくて、自分が出来る治療しかしないので、患者さんもどんどん、悪くなっていく。それはやはり変だと思います。

たまに保険の入れ歯で何十年でも持っているよという場合もあるんですけど、見せてもらうと、すり減っていたり、実際には合っていなかったりしても、気がついていないという場合だったりもするんです。

いのうえ歯科医院には、患者さんが「どれだけお金がかかってもいいから、人生の最後に食べさせてくれないかな」と言ってくることもあるんです。
ここまで悪くなる前に来ないかなとも思うんですが、そうなってしまうともうお金の問題ではなくて、医療として最高の出来るだけのことを提供しようとしますね。
そのとき医療として最高の出来るだけのことを真剣に考えられる、知識と情報と技能を持っているのが医者として一番大切なことなんですよね。 そこまでやれば、食べられるようになりますよ。患者さん自身も後悔しないですしね。

1年以上かけても治らなかった患者さんに、最後に保険外の治療をすすめて、それで治って、本当に良かったといって喜んでくれることもあります。あえて避けて通らないようにしますね。治る可能性があるんですから。

多くの人は、難しいことに手を汚したくないんです。でも、 逆ですよね。難しいことに挑戦して人を治していくのが医者じゃないですか。自分で出来ないのなら患者さんのために出来る医者を紹介すれば良いだけでしょうし。それができない人は、患者さんの人生を抱え込んでいますよね。
勉強をしないのは、それだけのお金がかけられないからです。保険治療では、そこまでの見返りが期待できないということもあるし、保険外治療を行うと自己責任が発生しますから、その責任を負いたくないということでしょう。 めんどうくさいことを避けたいという意識があるんでしょう。

最も望ましい状態にならなくても、患者さんにほどほど満足してもらえればそれでいい、ということもあるのかもしれません。

患者様の声

インプラントメニュー

メール相談とQ&A一覧 いのうえ歯科紹介ムービー 井上裕之理事長が語る、インプラントムービー ISO9001、ISO14001同時取得医院井上裕之理事長の著書一覧北の名医井上裕之のフェイスブック いのうえ歯科医院のフェイスブック
井上裕之理事長のスマイルブログ「本気で行動する人へのメッセージ」 いのうえ歯科医院で働きませんか?採用情報いのうえ歯科医院で働きませんか?採用情報

井上裕之のtwtter

follow me on Twitter

このページのトップへ